CAオサスナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CAオサスナ
原語表記 Club Atlético Osasuna
愛称 ロス・ロヒージョス(Los Rojillos、スペイン語で赤い奴ら),
Gorritxoak(バスク語で赤い奴ら)
クラブカラー 赤と青
創設年 1920年
所属リーグ ラ・リーガ
所属ディビジョン 1部(2020–21
ホームタウン パンプローナ
ホームスタジアム Inside Estadio Reyno de Navarra.JPG
エル・サダール
収容人数 23,576
代表者 スペインの旗 ルイス・サバルサ
監督 スペインの旗 ハゴバ・アラサテ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

クルブ・アトレティコ・オサスナスペイン語: Club Atlético Osasunaスペイン語発音: [ˈkluβ aðˈletiko osaˈsuna])は、ナバラ州パンプローナに本拠地を置くスペインサッカークラブ。プリメーラ・ディビシオンに所属している。

概要[編集]

1920年、パンプローナにあった2つのクラブが合併して設立された。パンプローナを州都とするナバーラ州では最も歴史の深いプロサッカークラブであり、スペインサッカー界ではオサスナを含めた4つのクラブしか許されていないソシオ制度を保っているクラブでもある[1]。Osasunaという単語はバスク語で健康(health)という意味であり、強さ/力強さ(strength, vigor)という意味でも用いられる[2]。ホームスタジアムは1967年に開設したエスタディオ・エル・サダール。練習場や女子チーム、カンテラなどはパンプローナ南の郊外にある「タホナルスポーツ施設」で活動している[3]

クラブのマスコットは「ロヒージョ」と「ロヒージャ」。2人とも大きなベレー帽をかぶっており、2002年に一度姿を消したが、2016年にサポーターの強い希望もあり、デザイン変更を経て再びクラブのマスコットとして復活した[4]

1990-91シーズンと2005-06シーズンには、ラ・リーガの舞台で史上最高となるリーグ戦4位を記録している。国際大会初出場は1985-86シーズンのUEFAカップだったが、2回戦でベルギーのKSVワレヘムに敗れた。2006-07シーズンはUEFAチャンピオンズリーグ・予選3回戦でドイツのハンブルガーSVにアウェーゴールの差で敗れUEFAカップに回った。

歴史[編集]

1920年にパンプローナにあった2つのチームが合併して設立された[2]。1932年にセグンダ・ディビシオン(2部)に初昇格し、3シーズン後の1935年にプリメーラ・ディビシオン(1部)に初昇格した。1984-85シーズンはリーグ戦で6位となり、初めて欧州カップ戦(UEFAカップ)出場権を獲得した。1990-91シーズンにもUEFAカップに出場して3回戦に到達した。1993-94シーズンはプリメーラ・ディビシオンで最下位となり、その後の6シーズンはセグンダ・ディビシオンで過ごした。

2002年に就任したハビエル・アギーレ監督はバスク人を中心とした選手構成を継続し、南米からの効果的な補強と下部組織出身の若手有望選手のトップチーム昇格により、クラブをプリメーラ・ディビシオンに完全に定着させた。2004年にはJリーグ湘南ベルマーレと業務提携を行い、湘南側にコーチなどを派遣している。2005-06シーズンは序盤戦から快進撃を続け、新星のラウール・ガルシアを中心として安定感ある戦いぶりを見せた。最終的には勝ち点68で並んだセビージャFCを直接対決の成績(オサスナの2勝)で上回り、過去最高位タイの4位でUEFAチャンピオンズリーグ予選出場権を獲得する歴史的なシーズンとなった。2006年夏に行われたUEFAチャンピオンズリーグ・予選3回戦でドイツのハンブルガーSVに敗れたため、本選グループリーグ出場は果たせなかったが、代わりに2006-07シーズンのUEFAカップグループリーグ出場権を得た。UEFAカップのグループリーグではイタリアのパルマFC、フランスのRCランス、デンマークのOBオーデンセ、オランダのSCヘーレンフェーンと同組になり、このグループを2位で通過すると、決勝トーナメント1回戦ではUEFAチャンピオンズリーググループリーグを3位で敗退したフランスのFCジロンダン・ボルドーと対戦し、ジャバド・ネクナムの得点により2試合合計1-0で勝利した。決勝トーナメント2回戦ではスコットランドのレンジャーズFCに2試合合計2-1で勝利し、準々決勝ではドイツのバイヤー・レヴァークーゼンに勝利した。大会開幕前はかませ犬として見られていたが、準決勝に駒を進めただけでなく、その攻撃的なスタイルでも称賛された。準決勝は同じスペインのセビージャFCとの対戦となり、結果的に優勝するクラブ相手に2-2(アウェーゴール差)で敗れた。2007-08シーズンと2008-09シーズンはリーグ戦でもがき苦しみ、2007-08シーズンは最終節に17位で残留を決めた。2008-09シーズンは開幕から11試合でわずか4得点と得点力不足に苦しみ、終盤戦まで降格圏内をさまよったが、降格圏内にいた36節からの強豪との3連戦(セビージャFC戦、FCバルセロナ戦、レアル・マドリード戦)を2勝1分で乗り切った。特にバルセロナには敵地で勝利し、最終節は相手に2人の退場者が出る乱戦であった。最終節で17位から14位に浮上してセグンダ・ディビシオン降格を回避した。なお、このシーズン限りで元キャプテンのセサル・クルチャガが現役引退した。

2016-17シーズンは3シーズンぶりに1部に昇格するも、なかなか降格圏を脱出できずにいた。第34節のFCバルセロナ戦で1-7と大敗し、降格が決まった[5]

成績[編集]

近年の成績[編集]

シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ 欧州カップ
2000–01 プリメーラ 15位 38 10 12 16 43 54 42 ベスト32
2001–02 プリメーラ 17位 38 10 12 16 36 49 42 ベスト32
2002–03 プリメーラ 12位 38 12 11 15 40 48 47 準決勝敗退
2003–04 プリメーラ 13位 38 11 15 12 38 37 48 ベスト16
2004–05 プリメーラ 15位 38 12 10 16 46 65 46 準優勝
2005–06 プリメーラ 4位 38 21 5 12 49 43 68 ベスト16 UEFAカップ 1回戦敗退
2006–07 プリメーラ 14位 38 13 7 18 51 49 46 準々決勝敗退 チャンピオンズリーグ
UEFAカップ
3回戦敗退
準決勝敗退
2007–08 プリメーラ 17位 38 12 7 19 37 44 43 ベスト32
2008–09 プリメーラ 15位 38 10 13 15 41 47 43 ベスト16
2009–10 プリメーラ 12位 38 11 10 17 37 46 43 準々決勝敗退
2010–11 プリメーラ 9位 38 13 8 17 45 46 47 ベスト32
2011–12 プリメーラ 7位 38 13 15 10 44 61 54 ベスト16
2012–13 プリメーラ 16位 38 10 9 19 33 50 39 ベスト16
2013–14 プリメーラ 18位 38 10 9 19 32 62 39 ベスト16
2014-15 セグンダ 18位 42 11 12 19 41 60 45 2回戦敗退
2015-16 セグンダ 6位 42 17 13 12 47 40 64 2回戦敗退
2016-17 プリメーラ 19位 38 4 10 24 40 94 22 ベスト16
2017-18 セグンダ 8位 42 16 16 10 44 34 64 3回戦敗退
2018-19 セグンダ 1位 42 26 9 7 59 35 87 2回戦敗退
2019-20 プリメーラ 10位 38 13 13 12 46 54 52 ベスト16
2020-21 プリメーラ 11位 38 11 11 16 37 48 44 ベスト16

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1929 テルセーラ 7位
1929-30 地域リーグ
1930-31 テルセーラ 3位
1931-32 テルセーラ 1位
1932-33 セグンダ 8位
1933-34 セグンダ 5位
1934-35 セグンダ 1位
1935-36 プリメーラ 12位
1939-40 セグンダ 2位
1940-41 セグンダ 5位
1941-42 セグンダ 6位
1942-43 セグンダ 4位
1943-44 セグンダ 13位
1944-45 テルセーラ 2位
1945-46 テルセーラ 5位
1946-47 テルセーラ 2位
1947-48 テルセーラ 1位
1948-49 テルセーラ 1位
1949-50 セグンダ 7位
1950-51 セグンダ 7位
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1951-52 セグンダ 6位
1952-53 セグンダ 1位
1953-54 プリメーラ 13位
1954-55 セグンダ 9位
1955-56 セグンダ 1位
1956-57 プリメーラ 6位
1957-58 プリメーラ 5位
1958-59 プリメーラ 8位
1959-60 プリメーラ 15位
1960-61 セグンダ 1位
1961-62 プリメーラ 12位
1962-63 プリメーラ 15位
1963-64 セグンダ 5位
1964-65 セグンダ 10位
1965-66 セグンダ 9位
1966-67 セグンダ 4位
1967-68 セグンダ 15位
1968-69 テルセーラ 1位
1969-70 セグンダ 15位
1970-71 テルセーラ 4位
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1971-72 テルセーラ 1位
1972-73 セグンダ 15位
1973-74 セグンダ 17位
1974-75 テルセーラ 1位
1975-76 セグンダ 19位
1976-77 テルセーラ 1位
1977-78 セグンダ 10位
1978-79 セグンダ 13位
1979-80 セグンダ 3位
1980-81 プリメーラ 11位
1981-82 プリメーラ 10位
1982-83 プリメーラ 14位
1983-84 プリメーラ 15位
1984-85 プリメーラ 6位
1985-86 プリメーラ 14位
1986-87 プリメーラ 15位
1987-88 プリメーラ 5位
1988-89 プリメーラ 10位
1989-90 プリメーラ 8位
1990-91 プリメーラ 4位
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1991-92 プリメーラ 15位
1992-93 プリメーラ 10位
1993-94 プリメーラ 20位
1994-95 セグンダ 7位
1995-96 セグンダ 10位
1996-97 セグンダ 16位
1997-98 セグンダ 15位
1998-99 セグンダ 13位
1999-00 セグンダ 2位
2000-01 プリメーラ 15位 ベスト32
2001-02 プリメーラ 17位 ベスト32
2002-03 プリメーラ 11位 ベスト4
2003-04 プリメーラ 13位 ベスト16
2004-05 プリメーラ 15位 準優勝
2005-06 プリメーラ 4位 ベスト16
2006-07 プリメーラ 14位 ベスト8
2007-08 プリメーラ 17位 ベスト32
2008-09 プリメーラ 14位 ベスト16
2009-10 プリメーラ 12位 ベスト8
2010-11 プリメーラ 9位 ベスト32
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
2011-12 プリメーラ 7位 ベスト16
2012-13 プリメーラ 16位 ベスト16
2013-14 プリメーラ 18位 ベスト16
2014-15 セグンダ 18位 2回戦敗退
2015-16 セグンダ 6位 2回戦敗退
2016-17 プリメーラ 19位 ベスト16
2017-18 セグンダ 8位 3回戦敗退
2017-18 セグンダ 1位 2回戦敗退
2019-20 プリメーラ 10位 ベスト16
2020-21 プリメーラ 11位 ベスト16
2021-22 プリメーラ

現所属メンバー[編集]

2022年1月30日現在[6]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK スペイン セルヒオ・エレーラ
2 DF スペイン ナチョ・ビダル
3 DF スペイン フアン・クルス
4 DF スペイン ウナイ・ガルシア
5 DF スペイン ダビド・ガルシア (第3主将)
6 MF スペイン オイエル (Captain sports.svg)
7 MF スペイン ホン・モンカヨラ
8 MF セルビア ダルコ・ブラシャナツ
9 FW アルゼンチン チミー・アビラ
10 MF スペイン ロベルト・トーレス (副主将)
11 MF スペイン キケ・バルハ
13 GK スペイン フアン・ペレス
No. Pos. 選手名
14 MF スペイン ルベン・ガルシア
15 DF アンゴラ ホナス・ラマーリョ (Flag of Spain.svg)
16 DF スペイン コテ
17 FW クロアチア アンテ・ブディミル
18 FW スペイン キケ・ガルシア
20 FW スペイン イバン・バルベロ
21 MF スペイン イニゴ・ペレス
23 DF スペイン アリダネ
24 MF スペイン ルーカス・トロ
28 MF スペイン ハビ・マルティネス
32 DF スペイン ヘスス・アレソ
39 DF スペイン マヌ・サンチェス

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

監督

リザーブチーム[編集]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
31 DF スペイン ウナイ・ドゥフル
33 MF スペイン イケル・ベニート
34 GK スペイン ジョエル・ラミレス
No. Pos. 選手名
36 GK スペイン ダリオ・ラモス
37 MF スペイン パウ・マルティネス

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
39 DF スペイン マヌ・サンチェス (アトレティコ・マドリード)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- GK スペイン イバン・マルティネス (カステリョン)
-- DF スペイン ホルヘ・エランド (ログロニェス)
-- MF スペイン アントニオ・オテギ (バダホス)
No. Pos. 選手名
-- MF エクアドル キケ・サベリオ (ポンフェラディーナ)
-- FW スペイン マルク・カルドナ (ゴー・アヘッド・イーグルス)
-- FW スペイン ロベール (レガネス)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]


DF[編集]


MF[編集]


FW[編集]


エンブレム[編集]

中央のライオンはパンブローナ市章から。それを取り囲む鎖のモチーフは、スペインの国章と同じくナバラ王国を象徴する。王冠もナバラ王国のものだが、設立当時はスペイン王国のものだった。ただし1931年から1939年の第二共和制時代には王冠の無いエンブレムが使われた。赤と青の色は、設立当時に合併した2つのチームカラーとの説がある。最初のエンブレムには、背景にボールが配置されていたが、1931年に無くなった。2000年に少し修正され、ライオンの背景が水色から白に変えられた[2]

脚注[編集]

  1. ^ リーガコラム:S.A.D.が切り離したリーガの地域性”. Goal.com (2013年2月28日). 2021年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c エンブレムの世界 オサスナ『サッカーマガジン』2012年2月14日号、ベースボール・マガジン社、2012年、雑誌23882-2/14, 074頁。
  3. ^ Instalaciones - Reyno de Navarra”. 2019年5月18日閲覧。
  4. ^ Osasuna recupera la mascota 'Rojillo' tras 14 años” (スペイン語) (2016年3月13日). 2021年12月29日閲覧。
  5. ^ [1]バルサ7発、レアル6発で圧勝・・・オサスナの降格決定 2017年4月28日 Soccer King
  6. ^ http://www.osasuna.es/primer-equipo/plantilla.html

外部リンク[編集]