ウーゴ・ヴィアナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はフェレイラ第二姓(父方の)はヴィアナです。
ウーゴ・ヴィアナ Football pictogram.svg
Hugo viana.JPG
名前
本名 ウーゴ・ミゲル・フェレイラ・ヴィアナ
Hugo Miguel Ferreira Viana
ラテン文字 HUGO VIANA
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1983-01-15) 1983年1月15日(35歳)
出身地 バルセロス
身長 181cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
ユース
1993-1998 ポルトガルの旗 ジル・ヴィセンテ
1998-2001 ポルトガルの旗 スポルティングCP
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2002 ポルトガルの旗 スポルティングCP 26 (1)
2002-2005 イングランドの旗 ニューカッスル 39 (2)
2004-2005 ポルトガルの旗 スポルティングCP (loan) 32 (6)
2005-2010 スペインの旗 バレンシア 44 (2)
2007-2008 スペインの旗 オサスナ (loan) 9 (1)
2009-2010 ポルトガルの旗 ブラガ (loan) 28 (4)
2010-2013 ポルトガルの旗 ブラガ 79 (12)
2013-2015 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ 24 (3)
2015-2016 アラブ首長国連邦の旗 アル・ワスル 37 (2)
代表歴
2001-2004 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 22 (3)
2001-2012 ポルトガルの旗 ポルトガル 29 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウーゴ・ミゲル・フェレイラ・ヴィアナ(Hugo Miguel Ferreira Viana, 1983年1月15日 - )は、ポルトガルバルセロス出身の元サッカー選手。元ポルトガル代表である。ポジションはミッドフィールダー(センターハーフ)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

スポルティングCP[編集]

ポルトガル北部のブラガ県バルセロスに生まれたが、首都リスボンのスポルティングCPからデビューした。2001-02シーズンは活躍し、ヨーロッパ最優秀若手選手賞を受賞した。

ニューカッスル・U[編集]

2002年夏、19歳のヴィアナはイングランド・プレミアリーグニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍した。移籍金は1200万ユーロ[1]。2シーズンの間にUEFAチャンピオンズリーグFKジェリェズニチャル・サラエヴォ[2]フェイエノールト[3]、プレミアリーグのバーミンガム・シティFC[4]ウェストブロムウィッチ・アルビオンFC[5]の4試合で得点したが、レギュラーに定着することはできず、2004-05シーズンは古巣スポルティングCPにレンタル移籍した[6]。スポルティングで本来の調子を取り戻し、同シーズンのUEFAカップでは決勝に進出した。2005年夏、スペイン・リーガ・エスパニョーラバレンシアCFにレンタル移籍した。

バレンシアCF[編集]

2006年3月には移籍金150万ポンドでバレンシアCFに完全移籍したと報道された[7]。2006-07シーズンはキケ・サンチェス・フローレス監督がダビド・アルベルダルベン・バラハのコンビを好んだため、ヴィアナはトップチームでの居場所を見つけるのに苦労した。それでもリーグ戦19試合に出場して才能の片鱗を見せ、ポルトガル代表での地位を保った。2007年8月にはCAオサスナにレンタル移籍したが、不幸にもプレシーズン中に深刻な怪我を負って4ヶ月間離脱した。復帰してからも、すでにレギュラーが確立されていたチームで活躍することはできなかったが、12月23日のRCDマジョルカ戦 (3-1) では移籍後初得点を決めた。36節から最終節までの3試合にはすべて出場し、17位でセグンダ・ディビシオン(2部)降格を回避したが、2007-08シーズンの先発出場は1試合に終わった。2008年夏にはバレンシアCFに復帰したが[8]、2008-09シーズンはウナイ・エメリ新監督の構想から完全に外れ、UEFAカップ4試合とコパ・デル・レイ数試合に出場しただけであった。

2009年7月31日、SCブラガにレンタル移籍し、3シーズンぶりにポルトガルのクラブに復帰した[9]。リーグ戦序盤は首位に立ち、8月30日のCFベレネンセス戦 (3-1) では2得点を記録した。10月31日、首位を争っていたSLベンフィカとの試合 (2-0) では直接フリーキックを決め、マン・オブ・ザ・マッチの称号を得た[10]。2010年1月にルイス・アギアルが加入してからは出場機会が減少したが、28試合に出場して4得点5アシストを記録し、クラブ史上最高位の2位に貢献した。

SCブラガ[編集]

2010年夏にSCブラガに完全移籍すると、2010-11シーズンもドミンゴス・パシエンシア監督の下でレギュラーの座を獲得し、2011年3月6日のSLベンフィカ戦 (2-1) では再び直接フリーキックで同点弾を決めた。UEFAヨーロッパリーグでは決勝トーナメントの9試合すべてに先発出場し、決勝で同じポルトガルのFCポルトに敗れたものの、準優勝と奮闘した。

アル・アハリ[編集]

2013年5月、恩師キケ・フローレスが監督を務めるUAEリーグアル・アハリへの移籍が合意[11]

アル・ワスル[編集]

2015年1月19日、アル・ワスルFCに移籍した。退団後、2016年10月13日に現役引退を発表した[12]

代表[編集]

2001年11月14日、アンゴラとの親善試合 (5-1) でポルトガル代表デビューした。2002年に日本と韓国で共催された2002 FIFAワールドカップの際には、出場停止のダニエル・ケネディに代わって大会直前にメンバー入りしたが、本大会での出場機会はなかった。2004年にはU-23ポルトガル代表としてアテネオリンピックに出場した。UEFA EURO 2004後にポルトガルA代表に復帰し、背番号10を付けて臨んだ2006 FIFAワールドカップでは2試合に途中出場した。2007年6月以降は約5年間代表から遠ざかっていたが、2012年5月23日、負傷離脱したカルロス・マルティンスの代役としてUEFA EURO 2012に出場するポルトガル代表メンバーに加わった[13]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

スポルティングCP
SCブラガ
アル・アハリ

個人[編集]

  • Medal of Merit, Order of the Immaculate Conception of Vila Viçosa (House of Braganza)[14]

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

# 日時 場所 相手 スコア 結果 大会
1 2005年10月12日 ポルトガルの旗 ポルト  ラトビア 3-0 3-0 2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選

脚注[編集]

  1. ^ Newcastle close on Viana UEFA.com、2002年6月20日
  2. ^ Magpies join Europe's elite”. BBC Sport (2002年8月28日). 2009年11月23日閲覧。
  3. ^ Newcastle go through”. BBC Sport (2002年11月13日). 2009年11月23日閲覧。
  4. ^ Newcastle reach Champions League”. BBC Sport (2003年3月3日). 2009年11月23日閲覧。
  5. ^ Baggies go out on a high”. BBC Sport (2003年3月11日). 2009年11月23日閲覧。
  6. ^ Hugo Viana heads home UEFA.com、2004年7月21日
  7. ^ It's off Hugo as Viana joins Valencia
  8. ^ “Hugo Viana returned to Camp de Mestalla (Spanish). バレンシアCF公式サイト. (2008年4月27日). http://www.valenciacf.es/noticias/prelimin.asp?idnoticia=15508&idioma=1&IdBanner=Aleatorio 2008年7月16日閲覧。  [リンク切れ]
  9. ^ Hugo Viana é reforço por uma temporada SCブラガ公式サイト、2009年7月31日 (ポルトガル語)
  10. ^ Brilliant Braga see off Benfica PortuGOAL、2009年10月31日
  11. ^ ウーゴ・ヴィアーナ、UAEへの移籍に合意 ほか Qoly.jp、2013年5月25日
  12. ^ “Hugo Viana termina carreira” (Portuguese). Rádio e Televisão de Portugal. (2016年10月13日). http://www.rtp.pt/noticias/1a-liga/hugo-viana-termina-carreira_d953928 2017年11月8日閲覧。 
  13. ^ ビアナ、ポルトガル代表に約5年ぶりの復帰 UEFA.com、2012年5月23日
  14. ^ “Selecção distinguida pelo Duque de Bragança” (Portuguese). Cristiano Ronaldo News. (2006年8月30日). http://cristianosantosronaldo.blogspot.com/2006_08_01_archive.html 2006年8月30日閲覧。 

外部リンク[編集]