エルデル・ポスティガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はマルケス第二姓(父方の)はポスティガです。
エルデル・ポスティガ Football pictogram.svg
DEP-GET 072 1200 (15516752520).jpg
名前
本名 エルデル・マヌエル・マルケス・ポスティガ
Hélder Manuel Marques Postiga
ラテン文字 Helder POSTIGA
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1982-08-02) 1982年8月2日(35歳)
出身地 ヴィラ・ド・コンデ
身長 182cm
体重 79kg
選手情報
在籍チーム インドの旗 アトレティコ・デ・コルカタ
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
ユース
1992-1996 ポルトガルの旗 ヴァルジン
1996-2000 ポルトガルの旗 ポルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001 ポルトガルの旗 ポルトB 37 (10)
2001-2003 ポルトガルの旗 ポルト 58 (22)
2003-2004 イングランドの旗 トッテナム 19 (1)
2004-2008 ポルトガルの旗 ポルト 54 (15)
2006 フランスの旗 サンテティエンヌ (loan) 16 (2)
2008 ギリシャの旗 パナシナイコス (loan) 14 (2)
2008-2011 ポルトガルの旗 スポルティングCP 71 (12)
2011-2013 スペインの旗 サラゴサ 70 (23)
2013-2014 スペインの旗 バレンシア 15 (3)
2014 イタリアの旗 ラツィオ (loan) 5 (0)
2014-2015 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 14 (1)
2015 インドの旗 アトレティコ・デ・コルカタ 1 (2)
2016 ポルトガルの旗 リオ・アヴェFC 10 (5)
2016- インドの旗 アトレティコ・デ・コルカタ 0 (0)
代表歴2
2002-2003 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 16 (12)
2003- ポルトガルの旗 ポルトガル 71 (27)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年9月18日現在。
2. 2016年9月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エルデル・マヌエル・マルケス・ポスティガ(Hélder Manuel Marques Postiga, 1982年8月2日 - )は、ポルトガル出身のサッカー選手アトレティコ・デ・コルカタ所属。ポルトガル代表である。ポジションはフォワード

経歴[編集]

クラブ[編集]

ポルト[編集]

ノルテ地方ヴィラ・ド・コンデポルトガル語版に生まれ、北部のヴァルジンSCポルトガル語版の下部組織に入団した。1998年、16歳の時にFCポルトの下部組織に移って成長を続けた。オクタヴィオ・マチャド監督はポスティガを何回かトップチームで起用し、ポスティガも監督の期待に応えた。ジョゼ・モウリーニョ監督の下で飛躍的な成長を遂げ、まだ20歳だった2002-03シーズンにはリーグ戦で13得点を挙げた。

トッテナム[編集]

2003年夏、イングランドトッテナム・ホットスパーFCに移籍した。移籍金は625万ポンド(900万ユーロ)であり、最大で836万ポンド(1200万ユーロ)まで上昇する[1]。しかし、イングランドのサッカーへの適応に失敗し、リヴァプールFC戦(リーグ)での得点[2]マンチェスター・シティFC戦(フットボールリーグカップ)での得点のわずか2得点に終わった[3]

ポルト復帰[編集]

ポルト時代のポスティガ (2007)

2004年夏、ペドロ・メンデスと入れ替わる形でFCポルトに復帰。トッテナムには750万ユーロが支払われた[4]ビクトル・フェルナンデス新監督はポスティガを積極的に起用したが、2004-05シーズンは失望のシーズンとなった。しかし、ジョゼ・コウセイロ監督が就任すると、シーズン終了までに3得点を挙げた。2005年のプレシーズンには結果を残したが、コー・アドリアーンセ新監督はポスティガのプレーに満足せず、ポスティガにBチーム降格を命じた。2006年1月1日2006 FIFAワールドカップのメンバーに選ばれるためにフランスASサンテティエンヌにレンタル移籍した。2006-07シーズン後半戦はFCメス戦 (1-0) とル・マンUC戦 (1-0) の2試合でゴールを挙げた。レンタル元で監督が交代したため、2006年夏にFCポルトに復帰した。2006-07シーズン序盤戦では2005-06シーズンのプレーから大きな改善を見せ、チームのレギュラーとして出場した。しかし、シーズンが進むにつれてプレーの質が落ち、ブラジル人アドリアーノポルトガル語版にポジションを奪われたが、最終的に2006-07シーズンはリーグ戦で10得点を挙げた。2008年1月14日、6カ月の契約でギリシャ・スーパーリーグパナシナイコスFCにレンタル移籍した[5]AEKアテネFCとのアテネ・ダービー (1-1) で移籍後初得点を挙げた。

スポルティングCP[編集]

2008年6月1日、ポルトのライバルであるスポルティングCPと3年契約を結んだ。スポルティングが移籍金250万ユーロを支払って保有権の50%を獲得したと報道された[6]。9月1日、SCブラガ戦 (1-0) 戦で移籍後初得点を挙げた。2009-10シーズンはリーグ戦で4位に終わったチームとともにポスティガも大失敗に終わり、シーズン開幕から8ヶ月も公式戦で無得点の期間が続いた。シーズン序盤は先発で起用されたが、すぐにポジションを失い、下部組織上がりのカルロス・サレイロポルトガル語版にポジションを奪われた。

レアル・サラゴサ[編集]

2011年8月31日、移籍市場が閉まる直前にスペインレアル・サラゴサに移籍した[7]。移籍金は100万ユーロ[8][9]。サラゴサにはフェルナンド・メイラルベン・ミカエルというふたりのポルトガル人選手が在籍していた。10月16日のレアル・ソシエダ戦 (2-0) で移籍後初得点を含む2得点を挙げ、そのうちの1点はバイシクルキックで挙げた[10][11]。11月6日のスポルティング・ヒホン戦 (1-1) では93分に得点して土壇場で勝ち点を奪った[12]

バレンシア[編集]

サラゴサの降格に伴い2013年8月8日トッテナム・ホットスパーFCに移籍したロベルト・ソルダードの後釜としてバレンシアCFへ移籍[13]。しかし、15試合で3ゴールに留まった。

ラツィオ[編集]

2014年1月30日SSラツィオに買い取りオプション付きでレンタル移籍した[14]

デポルティーボ・ラ・コルーニャ[編集]

2014年9月1日、デポルティーボ・ラ・コルーニャへの移籍が発表された[15]

アトレティコ・デ・コルカタ[編集]

2015年7月29日アトレティコ・デ・コルカタに移籍した。

リオ・アヴェ[編集]

2016年2月1日リオ・アヴェFCに移籍した。

アトレティコ・デ・コルカタ 復帰[編集]

2016年8月12日、アトレティコ・デ・コルカタに復帰した。

代表[編集]

ポルトガル代表でプレーするポスティガ
(2011年2月9日、アルゼンチン戦

FCポルト在籍時にはU-21ポルトガル代表に継続的に招集され、16試合に出場して13得点を挙げた。

2003年にポルトガル代表に初招集された。2004年には母国開催となったUEFA EURO 2004に出場し、準々決勝のイングランド戦では83分に1-1の同点に追いつく得点を決めた。試合はPK戦に持ち込まれ、ポスティガはチップキックでPKを決めて決勝進出を果たした[16]2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では4得点を挙げ、2006 FIFAワールドカップ本大会にも出場し、グループリーグのアンゴラ戦に先発出場して2-1で勝利した。

UEFA EURO 2008本大会では途中出場が多かったが、準々決勝のドイツ戦 (2-3) では試合終了間際にゴールを決めた。UEFA EURO 2008後は2年以上も招集外が続いたが、2010年10月のUEFA EURO 2012予選デンマーク戦とアイスランド戦のために久々に招集された。このアイスランド戦 (3-1) で得点し[17]、さらに11月17日には2010 FIFAワールドカップ優勝国のスペインとの親善試合 (4-0) でも2得点を挙げた[18]。2011年6月4日、UEFA EURO 2012予選ノルウェー戦 (1-0) で決勝点を挙げた[19]。この得点で代表での得点数を15点に伸ばし、ポルトガル代表の歴代得点ランキングで10位に浮上した[20]。11月15日、同予選プレーオフのボスニア・ヘルツェゴビナ戦セカンドレグ (6-2) では2得点を挙げ、ポルトガルの本大会出場権獲得に貢献した[21]

個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2016年9月26日時点[22]
クラブ リーグ シーズン リーグ カップ リーグカップ 欧州カップ 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
FCポルト スーペル・リーガ 2001-02 27 9 0 0 11 1 38 10
2002-03 31 13 1 0 12 6 44 19
通算 58 22 1 0 23 7 82 29
トッテナム プレミアリーグ 2003-04 19 1 5 0 0 0 24 1
通算 19 1 5 0 0 0 24 1
FCポルト スーペル・リーガ 2004-05 24 3 2 0 7 0 33 * 3
2005-06 2 0 0 0 0 0 2 0
通算 26 3 2 0 7 0 35 3
サンテティエンヌ リーグ・アン 2005-06 16 2 1 0 0 0 17 2
FCポルト スーペル・リーガ 2006-07 24 11 0 0 7 1 31 12
2007-08 5 1 2 1 0 0 4 0 11 2
通算 29 12 2 1 0 0 11 1 42 14
パナシナイコス ギリシャ・スーパーリーグ 2007-08 14 2 0 0 2 0 16 2
スポルティングCP スーペル・リーガ 2008-09 21 5 1 0 3 0 5 0 30 * 5
2009-10 22 1 0 0 2 0 7 0 31 1
2010-11 25 6 3 1 3 1 12 4 43 12
通算 68 12 3 1 8 1 24 4 104 18
レアル・サラゴサ リーガ・エスパニョーラ 2011-12 33 9 1 0 34 9
2012-13 37 14 4 0 41 14
通算 70 23 5 0 0 0 0 0 75 23
バレンシア リーガ・エスパニョーラ 2013-14 15 3 3 1 5 0 23 4
ラツィオ セリエA 2013-14 5 0 0 0 5 0
デポルティーボ・ラ・コルーニャ リーガ・エスパニョーラ 2014-15 14 1 2 1 16 2
アトレティコ・デ・コルカタ スーパーリーグ 2015 1 2 1 2
リオ・アヴェ スーペル・リーガ 2015-16 10 5
アトレティコ・デ・コルカタ スーパーリーグ 2016 0 0
総通算

*スーペルタッサ・カンディド・デ・オリベイラの1試合も含む

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

FCポルト
スポルティングCP

勲章[編集]

  • Medal of Merit, Order of the Immaculate Conception of Vila Viçosa (House of Braganza)[23]

脚注[編集]

  1. ^ Tottenham turn to Postiga UEFA.com、2003年6月25日
  2. ^ Tottenham 2–1 Liverpool”. BBC Sport (2004年1月17日). 2009年8月27日閲覧。
  3. ^ Postiga sends Spurs through”. BBC Sport (2003年12月3日). 2009年8月27日閲覧。
  4. ^ Postiga back at Porto UEFA.com、2004年7月9日
  5. ^ Panathinaikos take on Porto's Postiga UEFA.com、2008年1月15日
  6. ^ Postiga leaves Porto for Sporting UEFA.com、2008年6月1日
  7. ^ “A・マドリードのジエゴ獲得など、多くのクラブが移籍市場最終日の重要補強に成功”. WOWOWリーガニュース. (2011年9月1日). http://www.wowow.co.jp/sports/liga/news_110901_3.html 2011年9月2日閲覧。 
  8. ^ Comunicado” (Portuguese). CMVM (2011年8月31日). 2011年10月24日閲覧。
  9. ^ “Sporting sell Postiga and Yannick”. PortuGOAL. (2011年8月31日). http://www.portugoal.net/index.php/more-sporting-news/26925-sporting-sell-postiga-and-yannick 2011年8月31日閲覧。 
  10. ^ Postiga double downs Sociedad”. ESPN Soccernet (2011年10月16日). 2011年10月16日閲覧。
  11. ^ マラガ、レバンテ旋風に屈する”. Goal.com (2011年10月17日). 2011年12月31日閲覧。
  12. ^ アトレティコ、10人のヘタフェに屈する”. Goal.com (2011年11月7日). 2011年12月31日閲覧。
  13. ^ “Fichaje del jugador portugués Hélder Postiga”. Valencia CF. (2013年8月8日). http://www.valenciacf.com/contenidos/Actualidad/Noticias/2013/08/Noticia_99441.html?__locale=es 2013年8月8日閲覧。 
  14. ^ ポスチガが期限付きでラツィオへ”. UEFA.com (2014年1月30日). 2014年1月31日閲覧。
  15. ^ デポルがポスティガを獲得”. Goal (2014年9月2日). 2014年9月24日閲覧。
  16. ^ Portugal break England hearts BBC Sport、2004年6月24日
  17. ^ Portugal revival goes on in Iceland”. UEFA.com (2010年10月13日). 2011年6月9日閲覧。
  18. ^ Portugal 4-0 Spain”. ESPN Star Sports (2010年11月18日). 2011年6月9日閲覧。
  19. ^ 復調ポルトガル、3連勝で首位浮上”. livedoorスポーツ (2011年6月5日). 2011年12月31日閲覧。
  20. ^ Postiga downs Norway to lift Portugal”. UEFA.com (2011年6月4日). 2011年6月9日閲覧。
  21. ^ ポルトガル、6ゴール大勝で本大会へ”. Goal.com (2011年11月16日). 2011年12月31日閲覧。
  22. ^ Weltfussball profile
  23. ^ “Selecção distinguida pelo Duque de Bragança” (Portuguese). Cristiano Ronaldo News. (2006年8月30日). http://cristianosantosronaldo.blogspot.com/2006_08_01_archive.html 2006年8月30日閲覧。 

外部リンク[編集]