ケープレル・ラヴェラン・リマ・フェレイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はリマ第二姓(父方の)はフェレイラです。
ペペ Football pictogram.svg
Shahter-Reak M 2015 (19).jpg
レアル・マドリードでのペペ (2015年)
名前
本名 ケープレル・ラヴェラン・リマ・フェレイラ
愛称 ぺぺ、パブロ
カタカナ ペペ
ラテン文字 Pepe
ポルトガル語 Képler Laveran Lima Ferreira
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1983-02-26) 1983年2月26日(33歳)
出身地 ブラジルの旗 ブラジル
アラゴアス州の旗 アラゴアス州 マセイオ
身長 188cm
体重 81kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 レアル・マドリード
ポジション DF (CB)
背番号 3
利き足 右足
ユース
1995-2001 ブラジルの旗 コリンチャンス-AL
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2002 ポルトガルの旗 マリティモB 14 (1)
2002-2004 ポルトガルの旗 マリティモ 63 (3)
2004-2007 ポルトガルの旗 ポルト 64 (6)
2007- スペインの旗 レアル・マドリード 216 (11)
代表歴2
2007- ポルトガルの旗 ポルトガル 81 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年5月15日現在。
2. 2016年10月10日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ペペ (Pepe) こと、ケープレル・ラヴェラン・リマ・フェレイラ(Képler Laveran Lima Ferreira, 1983年2月26日 - )は、ブラジルアラゴアス州マセイオ出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラレアル・マドリード所属。ポルトガル代表。ポジションはディフェンダー

経歴[編集]

クラブ[編集]

地元のクラブであるSCコリンチャンス・アラゴアーノのユースで育つ。18歳の時にポルトガルCSマリティモと契約。2002-03シーズンにトップチームに昇格。アナトリー・ブイショヴェツ監督の信頼を得て複数のポジションで起用された。翌2003-04シーズンの開幕前にはスポルティング・クルーベ・デ・ポルトゥガルへの移籍が浮上し、2週間に渡りスポルティングの練習に参加した。しかし、両チームが合意に至らなかったため、もう1シーズンの間、マリティモでプレーした。

2004年夏、100万ユーロとトネルら3選手とのトレードでFCポルトへ移籍。契約条項にはペペの将来の移籍の際には移籍金の20%をマリティモが受け取るという条件も含まれた。移籍初年度こそ出場機会に恵まれなかったが、コー・アドリアーンセが監督に就任した2年目以降はチームの主力に成長。攻撃的な3-4-3システムにおける守備の要としてプレーし、スーペル・リーガ連覇とタッサ・デ・ポルトガル優勝に貢献した。

2007年7月10日、移籍金3000万ユーロでレアル・マドリードに移籍し5年契約を結ぶ [1]。移籍1年目からセンターバックとしてイタリア代表ファビオ・カンナヴァーロらと最終ラインを形成し、スペイン代表セルヒオ・ラモスが右サイドバックとしてプレーすることを可能にした。

セルヒオ・アグエロをマークするペペ

2009年4月21日ヘタフェCF戦で競り合った際に倒れたハビエル・カスケーロの脚と背中を蹴り、一発退場処分を受ける。同僚のイケル・カシージャスからも「クレイジーだ」と批判された[2]このプレーで、ペペは10試合の出場停止処分を科された。これにより、シーズンの残り6試合に加え、翌シーズンの最初の4試合も出場できないこととなった[3]。処分後、ペペは「なぜあんなことをやったのか覚えていない。今は人生で最もつらい時期だ。必要があれば引退も考えている」と語った[4]

2009-10シーズンは出場停止が明けた10月のセビージャFC戦で復帰し、グティフリーキックからレアル・マドリード移籍後初得点も挙げた。しかし、12月に行われたバレンシアCFとの試合で右膝の前十字靭帯を断裂[5]。全治半年と診断され、残りのシーズンを棒に振った。

怪我から復帰した2010-11シーズンは、代表でも共にプレーしている新加入のリカルド・カルヴァーリョとセンターバックのコンビを組み、安定したディフェンスを見せた[6]

これまでの実績を評価し、クラブは契約期間の延長交渉に入るが、年俸を巡って交渉が難航[7]。一時はマンチェスター・ユナイテッドFCインテルが獲得に興味を持っていると報じられたほか[8]ガゼッタ・デロ・スポルトはレアル・マドリードがユヴェントスFCジョルジョ・キエッリーニに関心を持っていると報じた[9]。最終的にはセンターバックの選手として世界で6番目に高額な年俸400万ユーロで2015年まで契約を延長した[10]

2011年4月に行われたエル・クラシコ4連戦では守備的MFとしてプレー。16日のリーグ戦、20日のコパ・デル・レイ決勝ではリオネル・メッシを徹底マークし、効果的な働きをみせた[11]。続くUEFAチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグでも着実に攻撃の芽を摘むが、後半にダニエウ・アウヴェスへのファールで退場処分を受け、その後の2失点によりチームは敗退。試合後、この判定は物議を醸した[12][13][14]

代表[編集]

ポルトガル代表でのペペ(左からP.フェレイラペペR.カルヴァーリョJ.ボシングワ

2007年夏にポルトガル国籍を取得、9月8日ポーランド戦、並びに9月12日のセルビア戦でポルトガル代表に初選出された。EURO 2008ではポルトガル代表メンバーに選出され、初戦のトルコ戦で見事初ゴールを決めた。ポルトガル代表はベスト8に終わるも、ペペ自身は大会選定の優秀選手に選ばれるなど活躍を見せた。

2010 FIFAワールドカップでは、監督のカルロス・ケイロスにより守備的ミッドフィールダーとして起用された。

EURO 2012ではブルーノ・アルヴェスとともにCBを務め、全5試合にフル出場。準々決勝のチェコ戦、準決勝のスペイン戦では無失点に抑え、自身も大会通算でわずか2回のファールしか与えず[15]デンマーク戦では先制点を挙げるなど高いパフォーマンスをみせ、2大会連続で大会選定の優秀選手に選ばれた。

2014 FIFAワールドカップでは、6月17日に行われたグループリーグ初戦のドイツ戦でトーマス・ミュラーに対する頭突き行為でレッドカードを食らい、一発退場となってしまった。

EURO 2016にも出場。負傷のため準決勝のウェールズ戦には欠場したが[16]、決勝のフランス戦ではフル出場しマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた[17]。チームは優勝を果たし、自身も大会ベストイレブンに選出された[18]

なお、祖国のブラジル代表としては各ユース世代を含めて試合への出場経験はない。

プレースタイル[編集]

高いテクニックとポジショニングセンス、速さと強さを兼ね備えたフィジカルを持ち、ボールカットに優れることから「足にはさみを持っている」と言われている。特にスピードにおいてはエトーを始め多くの快速フォワードすら凌駕する。[要出典][19]

そのボール奪取能力を買われ、本職のセンターバックでなく中盤の底として起用されることもある。

その一方で、2009年4月21日のヘタフェCF[20]2011年9月18日のレバンテUD[21]2012年1月18日のFCバルセロナ[22] など、暴力行為をピッチ上で頻繁に繰り返すことが問題視されている。しかし近年は改善傾向にあり、クリーンな守備を見せることも多い[23]

また、足の故障により戦列を離れることも少なくない。ただ、出場すれば高いレベルでプレー出来ることは確かである。

エピソード[編集]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

larger
クラブ リーグ シーズン 背番号 リーグ戦 カップ戦 欧州カップ戦 その他 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
CSマリティモ スーペル・リーガ 2001-02 4 0 0 0 0 0 0 0 4 0
2002-03 29 2 1 0 - - 0 0 30 2
2003-04 30 1 2 0 - - 0 0 32 1
通算 63 3 3 0 0 0 0 0 66 3
FCポルト 2004-05 7 15 1 1 0 5 0 0 0 21 1
2005-06 14 24 1 4 0 5 2 0 0 33 3
2006-07 14 25 4 1 0 8 0 0 0 34 4
通算 64 6 6 0 18 2 0 0 88 8
レアル・マドリード プリメーラ・ディビシオン 2007-08 3 19 0 3 0 3 0 0 0 25 0
2008-09 3 26 0 1 0 5 0 0 0 32 0
2009-10 3 10 1 1 0 6 0 0 0 17 1
2010-11 3 26 1 4 0 8 0 0 0 38 1
2011-12 3 29 1 7 0 9 0 0 0 45 1
2012-13 3 28 1 3 0 11 1 0 0 42 2
2013-14 3 30 4 7 1 11 0 0 0 48 5
2014-15 3 27 2 2 0 6 0 3 0 38 2
2015-16 3 21 1 1 0 9 0 0 0 31 1
通算 216 11 29 1 68 1 3 0 316 13
総通算 343 20 38 1 86 3 3 0 470 24

代表歴[編集]

出場[編集]

代表国 出場 得点
2007  ポルトガル 1 0
2008 12 1
2009 11 1
2010 6 0
2011 7 0
2012 12 1
2013 8 0
2014 8 0
2015 3 0
2016 10 1
通算 78 4

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 2008年6月7日 スイスの旗ジュネーヴスタッド・ドゥ・ジュネーヴ トルコの旗 トルコ 1-0 2-0 UEFA EURO 2008
2 2009年9月9日 ハンガリーの旗ブダペストプシュカーシュ・フェレンツ・シュタディオン ハンガリーの旗 ハンガリー 0-1 0-1 2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
3 2012年6月13日 ウクライナの旗リヴィウアリーナ・リヴィウ デンマークの旗 デンマーク 1-1 2-3 UEFA EURO 2012
4 2016年9月1日 ポルトガルの旗ポルトエスタディオ・ド・ドラゴン ジブラルタルの旗 ジブラルタル 5-0 5-0 親善試合

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ポルトガルの旗 FCポルト
スペインの旗 レアル・マドリード

代表[編集]

ポルトガルの旗 ポルトガル代表

脚注[編集]

  1. ^ レアル・マドリード ペペ獲得を発表 - AFP通信 2007年7月11日
  2. ^ カシージャスがペペに苦言 - Goal.com 2009年4月23日
  3. ^ レアル・マドリードのペペ 10試合の出場停止処分 - AFP通信 2009年4月25日
  4. ^ Real Madrid's Pepe: I Have No Desire To Return To Football - Goal.com 2009年4月22日
  5. ^ サッカー=レアルのペペ、ひざ負傷で6カ月間欠場へ - Reuters.com 2009年12月15日
  6. ^ レアル移籍で大活躍のカルヴァーリョ チェルシーは後悔? - yahoo!スポーツ 2010年11月9日
  7. ^ ペペ、契約延長が折り合わずに退団も? - Goal.com 2010年10月3日
  8. ^ ペペ、マドリーとの契約延長が進まず - Goal.com 2010年12月8日
  9. ^ Luis Fabiano vuole andarseneIl Real punta Chiellini e Maicon - gazzetta.it 2011年2月16日
  10. ^ レアル・マドリーのペペ、2015年までの契約延長で合意 - スポーツナビ 2011年3月22日
  11. ^ クラシコ4連戦第1戦、現地紙の報道は? - Goal.com 2011年4月17日
  12. ^ 映像ではペペはアウベスに触れていない - Realmadrid.com 2011年4月29日
  13. ^ 世界の報道:ペペのレッドカードは不当 - Realmadrid.com 2011年4月29日
  14. ^ シャビ:「ペペ退場は正しい判定だった」 - Goal.com 2011年4月28日
  15. ^ 全50人の選手を発表! Goal.com 50 - 20位 ペペ - Goal.com
  16. ^ ポルトガル代表DFペペ、別メニュー調整続く…決勝の出場は不透明 サッカーキング(2016年7月9日) 2016年7月13日閲覧
  17. ^ 負傷したC・ロナのために…完封に貢献のDFペペ「優勝にふさわしい」 サッカーキング(2016年7月11日) 2016年7月13日閲覧
  18. ^ UEFA、EURO2016のベストイレブン発表! 優勝チームからCロナなど計4名選出 フットボールチャンネル(2016年7月12日) 2016年7月13日閲覧
  19. ^ a b DF 3 ペペ - Realmadrid.com
  20. ^ ペペに10試合の出場停止処分 - UEFA.com 2009年4月24日
  21. ^ ぺぺレバンテ戦でまたも暴力行為 ぺぺ、レバンテ戦でまたも暴力行為 - Goal.com 2011年9月20日
  22. ^ シャビペペのピストンは酷かった シャビ:「ペペの“ピストン”は酷かった」 - Goal.com 2012年1月19日
  23. ^ 実はクリーン? ペペ、今季リーガのCBで唯一の警告なし - フットボールチャンネル 2014年12月15日
  24. ^ ワールドサッカーダイジェスト』第300号より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]