リカルド・クアレスマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はクアレスマ第二姓(父方の)はベルナルドです。
リカルド・クアレスマ Football pictogram.svg
Quaresma against Dynamo Kyiv.jpg
ベシクタシュでのクアレスマ(2011年)
名前
本名 リカルド・アンドラーデ・クアレスマ・ベルナルド
Ricardo Andrade Quaresma Bernardo
愛称 ハリー・ポッター、マスタング
スィガーノ
ラテン文字 Ricardo QUARESMA
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1983-09-26) 1983年9月26日(34歳)
出身地 リスボン
身長 173cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム トルコの旗 ベシクタシュJK
ポジション MF / FW
背番号 7
利き足 右足
ユース
1997-2001 ポルトガルの旗 スポルティングCP
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2003 ポルトガルの旗 スポルティングCP 59 (8)
2003-2004 スペインの旗 バルセロナ 22 (1)
2004-2008 ポルトガルの旗 ポルト 114 (24)
2008-2010 イタリアの旗 インテル・ミラノ 24 (1)
2009 イングランドの旗 チェルシー (loan) 4 (0)
2010-2012 トルコの旗 ベシクタシュ 46 (18)
2013 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ 10 (2)
2014-2015 ポルトガルの旗 ポルト 42 (10)
2015- トルコの旗 ベシクタシュ 55 (6)
代表歴2
2000 ポルトガルの旗 ポルトガル U-17 5 (2)
2000-2001 ポルトガルの旗 ポルトガル U-19 4 (0)
2002-2006 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 22 (7)
2003- ポルトガルの旗 ポルトガル 66 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年5月31日現在。
2. 2017年6月18日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

リカルド・アンドラーデ・クアレスマ・ベルナルド(Ricardo Andrade Quaresma Bernardo, 1983年9月26日 - )は、ポルトガルリスボン出身のサッカー選手スュペル・リグベシクタシュJK所属。ポジションはミッドフィールダーで主に左右のウイングとしてプレーしている。ポルトガルでの発音はクァレズマかクァレジュマに近い。

優れたプレーヤーを輩出してきたスポルティングCPのアカデミーの出身であり、先輩にルイス・フィーゴ、後輩にクリスティアーノ・ロナウドナニらがいる。

経歴[編集]

スポルティングCP[編集]

スポルティングCPのアカデミーの練習生を経て2000-01シーズンにBチームでデビューし15試合に出場。翌2001-02シーズンにはトップチームのメンバー入りを果たし、FCポルト戦でリーグデビューを飾ると中心選手として活躍(リーグで28試合出場3ゴール)、今シーズンのリーグとカップのダブル優勝に貢献。続く2002-03シーズンも31試合に出場し5ゴールで一躍脚光を浴び、シーズンオフにリーガ・エスパニョーラの名門・FCバルセロナに引き抜かれた。

FCバルセロナ[編集]

2003-04シーズン、ACミランとのフレンドリーマッチでデビュー、1得点を挙げる上々のスタートを切り、序盤戦は4-2-3-1システムの右ウイングとして先発を任されたが、若さを露呈し満足のいくプレーは出来なかった。シーズン後半には4-3-3へシステムを変更し純粋なウイングではなくよりフォワード的な選手(ロナウジーニョルイス・ガルシア)が起用される様になると先発出場の機会が激減した。フランク・ライカールト監督と起用法をめぐって対立し、シーズンオフにはデコとのトレードでFCポルトに移籍する事になった。リーグ戦では22試合に出場(内先発は11試合)し1ゴール。また、シーズン最終週で足の甲を骨折し、噂されていたUEFA EURO 2004とU-21欧州選手権の両方に欠場することを余儀なくされた。

FCポルト[編集]

ポルトでは、2004-05シーズンは32試合に出場し5得点を挙げ、リーグ2位に貢献した。翌2005-2006年シーズンには、ドリブルだけではなくクロスから多くの好機を演出しリーグのアシスト王となり、29試合に出場してリーグとカップの二冠に大きく貢献した。活躍が代表監督・ルイス・フェリペ・スコラーリの目に止まり、2006 FIFAワールドカップの予選で招集を受け試合にも出場するものの、本大会のメンバー入りはならなかった。

2006-07シーズンにはリーグ2連覇を達成した。自身も26試合に出場し6得点を記録し年間最優秀選手を受賞。技術的にも精神的にも成長を見せ、代表も継続的に呼ばれるようになり、左右のウイングとして先発出場も増えた。シーズンオフにはリーガ・エスパニョーラアトレティコ・マドリードや、プレミアリーグリヴァプールFCといったビッグクラブへの移籍も噂されたが残留し、リーグ3連覇とチャンピオンズ・リーグでの躍進を目指す事となった。

インテル・ミラノ[編集]

インテル時代のクアレスマ(2009年)

2008年8月に移籍期限ぎりぎりでイタリアの強豪インテルに1860万ユーロ(約29億3000万円)という高額な移籍金、加えてペレのトレードという事で加入した。「ビッググラブでプレーしたい」という本人の希望に加え、インテル監督に就任したモウリーニョが強く求めていた選手の1人であったが、2008年度はポルト時代ほどの活躍は見せておらず、初めてのセリエAに大苦戦。そのため、ラジオ局のリスナーが選ぶイタリア年間最悪選手賞である「金のバケツ賞」を受賞、その後はチャンピオンズリーグの登録メンバーからも外れる等、イタリアでの挑戦は散々な結果となってしまった。

チェルシーFC[編集]

2009年2月冬の移籍市場で期限ギリギリでチェルシーFCレンタル移籍するが、出場は数試合に止まり活躍は見られなかった。シーズン終了後にジェノアに放出されそうになるが本人が拒否し、インテルに復帰した。復帰後は引退したフィーゴが付けていた背番号「7」を引き継いだ。だがチームは三冠を達成したもののわずか3試合の出場に終わり、シーズン終了後にトルコのベシクタシュJKへ移籍金730万ユーロの3年契約で移籍した。

ベシクタシュJK[編集]

ベジクタシュでは、所属1年目の2011-2012シーズンは21試合に出場し、国内カップ戦で優勝した。しかし、2012年12月19日、ベシクタシュとの契約を解除した[1]

2013年1月にUAEリーグアル・アハリに加入した[2]。しかし、2013年5月に契約を解除した。

アル・アハリ退団後、無所属の状態が続いていたが、2014年1月1日、5年半ぶりにポルトに復帰した[3]

2015年7月、ベシクタシュに復帰した。

代表[編集]

代表では、2003年にデビューを飾ると、以降徐々に出番を得ると、2007年からはコンスタントに出場し、UEFA欧州選手権に3大会連続で出場するなど、代表に定着した。EURO 2016では、ラウンド16のクロアチア戦で決勝ゴールを挙げる[4]など、ポルトガル代表の初優勝に貢献した。

人物・エピソード[編集]

個人成績[編集]

クラブ[編集]

クラブ リーグ カップ リーグカップ 国際大会 その他 通算
クラブ シーズン リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
ポルトガル リーグ タッサ・デ・ポルトガル タッサ・ダ・リーガ ヨーロッパ その他 通算
スポルティングCP 2001-02 スーペル・リーガ 28 3 6 2 - - 2 0 - - 36 5
2002-03 31 5 2 0 - - 4 0 1 0 38 5
通算 59 8 8 2 0 0 6 0 1 0 74 10
スペイン リーグ コパ・デル・レイ スーペルコパ・デ・エスパーニャ ヨーロッパ その他 通算
バルセロナ 2003-04 リーガ・エスパニョーラ 22 1 2 0 - - 4 0 - - 26 1
通算 22 1 2 0 0 0 4 0 0 0 28 1
ポルトガル リーグ タッサ・デ・ポルトガル タッサ・ダ・リーガ ヨーロッパ その他 通算
ポルト 2004-05 スーペル・リーガ 32 5 1 0 - - 8 0 1 1 42 6
2005-06 29 5 4 0 - - 6 0 - - 39 5
2006-07 26 6 1 0 - - 8 2 1 0 36 8
2007-08 27 8 3 1 - - 8 2 1 0 39 11
通算 114 24 9 1 0 0 30 4 3 1 156 30
イタリア リーグ コッパ・イタリア - ヨーロッパ その他 通算
インテル 2008-09 セリエA 13 1 0 0 0 0 6 0 - - 19 1
2009-10 11 0 0 0 0 0 2 0 - - 13 0
通算 24 1 0 0 0 0 8 0 0 0 32 1
イングランド リーグ FAカップ リーグカップ ヨーロッパ その他 通算
チェルシー 2008-09 プレミアリーグ 4 0 1 0 0 0 0 0 - - 5 0
通算 4 0 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0
トルコ リーグ テュルキエ・クパス - ヨーロッパ その他 通算
ベシクタシュ 2010-11 スュペル・リグ 21 3 8 3 - - 10 5 - - 39 11
2011-12 25 5 1 0 - - 8 2 - - 34 7
通算 46 8 9 3 0 0 18 7 0 0 73 18
UAE リーグ エジプト・カップ リーグカップ ヨーロッパ その他 通算
アル・アハリ 2012-13 プレミアリーグ 10 2 1 1 - - - 11 3
通算 10 2 1 1 0 0 0 0 0 0 11 3
ポルトガル リーグ タッサ・デ・ポルトガル タッサ・ダ・リーガ ヨーロッパ その他 通算
ポルト 2013-14 スーペル・リーガ 12 4 3 1 3 1 6 4 - 24 10
2014-15 30 6 0 0 3 1 10 3 - 43 10
通算 42 10 3 1 6 2 16 7 0 0 67 20
トルコ リーグ テュルキエ・クパス - ヨーロッパ その他 通算
ベシクタシュ 2015-16 スュペル・リグ 26 4 5 0 - 6 1 - 37 5
通算 26 4 5 0 0 0 6 1 0 0 37 5
通算 ポルトガル 215 42 20 4 6 2 52 11 4 1 297 60
スペイン 22 1 2 0 - - 4 0 - - 28 1
イタリア 24 1 0 0 0 0 8 0 0 0 32 1
イングランド 4 0 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0
トルコ 72 12 14 3 0 0 24 8 0 0 110 23
UAE 10 2 1 1 0 0 0 0 0 0 11 3
総通算 347 58 40 8 6 2 88 19 4 1 486 87

代表[編集]

ポルトガル代表でプレーするクアレスマ
2017年6月18日現在


ポルトガル代表 国際Aマッチ
出場 得点
2003 1 0
2004 1 0
2005 2 0
2006 2 0
2007 12 1
2008 7 2
2009 -
2010 2 0
2011 5 0
2012 3 0
2013 -
2014 4 1
2015 6 0
2016 17 4
2017 4 1
通算 54 8

代表での得点[編集]

タイトル[編集]

ポルトガル代表
個人
  • ポルトガル最優秀選手賞 : 2 (2005, 2006)
  • ポルトガル・ゴールデンボール : 1 (2007)
  • ビドーネ・ドーロ : 1 (2008)


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Goal.com (2012年12月20日). “ベジクタシュ、クアレスマとの契約を解消”. 2012年12月20日閲覧。
  2. ^ Qoly.jp (2013年1月9日). “クアレズマ、UAEへの移籍が決定”. 2013年1月9日閲覧。
  3. ^ サッカーキング (2014年1月2日). “クアレスマが古巣ポルトに復帰「愛するクラブの力になりたい」”. 2014年1月3日閲覧。
  4. ^ ポルトガル対クロアチア - UEFA公式サイト

外部リンク[編集]