マニシェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はデ・オリヴェイラ第二姓(父方の)はリベイロです。
マニシェ Football pictogram.svg
Maniche.jpg
2009年のマニシェ
名前
本名 ヌーノ・リカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ
Nuno Ricardo de Oliveira Ribeiro
ラテン文字 MANICHE
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 (1977-11-11) 1977年11月11日(39歳)
出身地 リスボン
身長 173cm
体重 69kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1989-1996 ポルトガルの旗 ベンフィカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1999 ポルトガルの旗 アルヴェルカ 78 (10)
1999-2002 ポルトガルの旗 ベンフィカ 54 (11)
2002-2005 ポルトガルの旗 ポルト 80 (16)
2005-2006 ロシアの旗 ディナモ・モスクワ 12 (2)
2006 イングランドの旗 チェルシー (loan) 8 (0)
2006-2009 スペインの旗 アトレティコ・マドリード 64 (7)
2009 イタリアの旗 インテル (loan) 8 (1)
2009-2010 ドイツの旗 ケルン 26 (2)
2010-2011 ポルトガルの旗 スポルティングCP 17 (1)
1996-2011 通算 347 (50)
代表歴2
1997-1998 ポルトガルの旗 ポルトガル U-21 10 (0)
2003-2009 ポルトガルの旗 ポルトガル 53 (7)
監督歴
2013 ポルトガルの旗 パソス・フェレイラ (アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2010年6月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マニシェ(Maniche)ことヌーノ・リカルド・デ・オリヴェイラ・リベイロ(Nuno Ricardo Oliveira Ribeiro、1977年11月11日 - )は、ポルトガルリスボン出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポルトガル代表であった。ポジションはMF。契約会社はナイキ

経歴[編集]

クラブ[編集]

SLベンフィカのジュニアチームでサッカー選手としてのキャリアをスタートさせた。FCアルヴェルカポルトガル語版にレンタル移籍し3シーズン過ごした後、1999年にベンフィカに戻ると、サイドハーフとしてプレイし、チームの中核として活躍する。2000年8月から9月には、チームの成績不振に伴い監督に就任したジョゼ・モウリーニョの下でプレイする。だがその後、待遇をめぐってフロント陣と対立するなど規律上の問題を起こし、トップチームから追放された。

2002年、FCポルトの監督に就任していたジョゼ・モウリーニョによって同チームに迎えられる。モウリーニョはマニシェをチームの中心的プレイヤーに据え、彼をセンターハーフとしてプレイさせた。マニシェはモウリーニョの下で存在感を示し、2002-03シーズンにUEFAカップを、2003-04シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグを制するなど輝かしい時を過ごす。その後はチームの低迷に伴い移籍を希望するようになり、2005年にFCディナモ・モスクワに1600万ユーロで移籍した。

だが鳴り物入りで移籍したディナモ・モスクワでは活躍することができず、2006年1月にチェルシーFCにレンタル移籍した。ベンフィカ、FCポルト時代の恩師モウリーニョが率いるクラブで十分な存在感を示すことができず、買い取りオプション(500万ユーロ)が行使されることなくディナモ・モスクワに戻った。

2006年8月後半にアトレティコ・マドリードへと移籍すると主力として活躍したが、仮病で試合を欠場したことでハビエル・アギーレ監督の逆鱗に触れ、チームを追放された。2008年1月にイタリアのインテルにレンタル移籍し、8試合に出場し1ゴールを決めた。2008年7月に再びアトレティコへと戻り、リーグ戦とUEFAチャンピオンズリーグの双方で出場機会を得たが、指揮官との衝突が絶えず、2009年6月に迫った契約期間終了を待たずに同年5月に両者合意の下アトレティコを退団した。

2009年7月、ドイツ・ブンデスリーガ1.FCケルンと2年契約を結んだ[1]。2010年5月、1.FCケルンとの契約を解除して[2]スポルティングCPに移籍した。2011年夏にスポルティングを退団した後は所属クラブがなかったが、2012年5月に現役引退を表明した[3]

代表[編集]

2003年にポルトガル代表デビューし、それ以来50試合以上に出場している。UEFA EURO 20042006 FIFAワールドカップに出場し、2006年のドイツワールドカップでは、チーム最多の2得点を挙げている。 UEFA EURO 2008予選では存在感を示すも、本大会出場メンバーからは脱落した。なお弟のリベイロは本大会出場メンバーに選出された。

指導者[編集]

2013年6月12日、かつてクラブや代表における同僚であったコスチーニャが監督に就任したFCパソス・デ・フェレイラのアシスタントコーチを務めることとなった[4]

人物[編集]

チームワーク、スタミナ、強力なシュート力で知られているため、1980年代にベンフィカで活躍した伝説的なデンマーク人FWミカエル・マニケにちなんで、「マニシェ」とのニックネームを得る(ベンフィカの一部サポーターはマニケと発音することもある)。主にボランチを担当するが、オフェンシブハーフなどもそつなくこなす。同国屈指の司令塔デコらと同世代で、ポルトガル代表を支えた。弟のジョルジェ・リベイロもプロサッカー選手であり、マニシェ同様にベンフィカの下部組織出身である。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ポルト
チェルシー
インテル

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ポルトガル代表MFマニチェ、ケルンへ移籍”. ISM. 2009年7月21日閲覧。
  2. ^ マニシェが母国復帰へGoal.com、2010年5月17日
  3. ^ 元ポルトガル代表のマニシェが現役引退Goal.com、2012年5月15日
  4. ^ Costinha succeeds Fonseca at Paços de Ferreira UEFA.com 2013年6月12日付