キケ・サンチェス・フローレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はサンチェス第二姓(母方の)はフローレスです。
キケ・フローレス Football pictogram.svg
Quique Flores.JPG
名前
本名 エンリケ・サンチェス・フローレス
Enrique Sánchez Flores
愛称 キケ
ラテン文字 Quique FLORES
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1965-02-02) 1965年2月2日(52歳)
出身地 マドリード
身長 176cm
体重 67kg
選手情報
ポジション DF
ユース
スペインの旗 ペガソ・トレス・カントス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1984-1994 スペインの旗 バレンシア 272 (23)
1994-1996 スペインの旗 レアル・マドリード 63 (2)
1996-1997 スペインの旗 サラゴサ 9 (0)
通算 344 (2)
代表歴
1982-1983 スペインの旗 スペイン U-18 9 (0)
1984-1986 スペインの旗 スペイン U-21 13 (0)
1986-1987 スペインの旗 スペイン U-23 2 (0)
1987-1991 スペインの旗 スペイン 15 (0)
監督歴
2001-2004 スペインの旗 レアル・マドリード (ユース)
2004-2005 スペインの旗 ヘタフェ
2005-2007 スペインの旗 バレンシア
2008-2009 ポルトガルの旗 ベンフィカ
2009-2011 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
2011-2013 アラブ首長国連邦の旗 アル・アハリ
2013-2014 アラブ首長国連邦の旗 アル・アイン
2015 スペインの旗 ヘタフェ
2015-2016 イングランドの旗 ワトフォード
2016- スペインの旗 エスパニョール
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エンリケ・サンチェス・フローレスEnrique "Quique" Sánchez Flores1965年2月2日 - )は、スペインの首都マドリード出身のサッカー指導者、元サッカー選手。現役時代のポジションはDF。現在はリーガ・エスパニョーラエスパニョールの監督を務めている。

経歴[編集]

選手時代[編集]

サイドバックとして、バレンシアCFレアル・マドリード、およびレアル・サラゴサでプレー。バレンシアではキャリアの大半となる10シーズンを過ごし、2シーズンを過ごしたレアル・マドリードではリーガ・エスパニョーラ制覇を経験した。

スペイン代表としても15試合に出場し、1990年のワールドカップ・イタリア大会のメンバーにも選出された。

監督時代[編集]

キャリア初期

レアル・マドリードの下部組織で指導者としてのキャリアをスタート。2004-05シーズンに1部リーグ初昇格のヘタフェCFの監督に招聘されると、降格候補の筆頭格に挙げられていたクラブを13位に導き、1部リーグ残留を果たした。

バレンシア

ヘタフェでの手腕を買われ、2005-06シーズンより古巣バレンシアの監督に就任。就任初年度からリーグ戦を3位で終え、チャンピオンズリーグ(CL)の出場権を確保した。翌2006-07シーズンは多くの怪我人を抱えながらも、国内リーグでCL出場圏内の4位確保に成功。CLではASローマを抑えてグループリーグを首位通過すると、決勝トーナメント1回戦でインテルを撃破。準々決勝でチェルシーFCに敗れたものの、ベスト8の成績を残した。しかし、3年目のシーズンは開幕戦で黒星を喫すると低迷し、第9節のセビージャFC戦に0-3で敗れた後に解任された。

ベンフィカ

2008-09シーズン、ホセ・アントニオ・カマーチョの後任としてベンフィカの監督に就任[1]。開幕前にはホセ・アントニオ・レジェスパブロ・アイマールを獲得する大型補強を敢行した。リーグ戦では年を越すまで無敗を続けたものの、後半に失速。最終順位は3位で翌シーズンのCL出場権を逃した。また、UEFAカップではグループリーグ最下位に終わった。契約期間はあと一年残っていたものの、シーズン終了後に双方合意のもとで契約を解除した[2]

アトレティコ・マドリード

2009年10月、シーズン途中にアトレティコ・マドリードの監督に就任。深刻な不振に陥っていたチームを7ヶ月間で建て直した[3]。リーグ戦は9位に終わったものの、ヨーロッパリーグで優勝、コパ・デル・レイでは準優勝を果たした。シーズン終了後に1年間の契約延長に合意した[4]

翌2010-11シーズンは、8月に行われたUEFAスーパーカップインテルを破り優勝[5]。幸先のよいスタートを切ったものの、エースFWのディエゴ・フォルランとの確執が度々報じられ[6][7]、チーム状態が悪化。リーグ戦は7位に終わり、ヨーロッパリーグでもグループステージで敗退。シーズン終了と同時に辞任した。

ヘタフェ

アトレティコ・マドリードを退団してからはUAEのクラブで監督を務めていた。2015年1月、ヘタフェCFに10年ぶりに復帰した[8]。しかし、2月26日に突如辞任を表明した[9]

ワトフォード

2015年6月6日、プレミアリーグに昇格したばかりのワトフォードFCの監督に就任した[10]

指導方針[編集]

特に組織戦術に重きを置くタイプの監督である。バレンシア時代は全体をコンパクトに保ったうえで、ボールを奪った後は素早いカウンターを仕掛ける、堅守速攻のサッカーを志向した[11]。また、この戦術をチームに浸透させるため、視聴覚室を新設し、ここでのミーティングを頻繁に行った[12]

一方で、選手が犯すミスには厳しく、罰として招集メンバーから外すこともあった[13]

家族[編集]

獲得タイトル[編集]

選手として[編集]

監督として[編集]

監督としての成績[編集]

2016年12月22日現在

クラブ 就任 退任 記録
G W D L GF GA +/- 勝率 %
ヘタフェCF 2004年7月8日 2005年5月31日 42 15 11 16 44 51 −7 35.71
バレンシアCF 2005年5月31日 2007年10月29日 116 59 27 30 172 115 +57 50.86
SLベンフィカ 2008年5月24日 2009年6月8日 44 23 12 9 73 47 +26 52.27
アトレティコ・マドリード 2009年10月23日 2011年5月22日 102 42 23 37 164 141 +23 41.18
アル・アハリ・ドバイ 2011年11月11日 2013年6月11日 64 33 15 16 133 96 +37 51.56
アル・アイン 2013年9月28日 2014年3月8日 23 11 8 4 43 24 +19 47.83
ヘタフェCF 2015年1月5日 2015年2月26日 11 4 1 6 9 13 −4 36.36
ワトフォードFC 2015年6月5日 2016年6月30日 44 16 9 19 46 54 −8 36.36
RCDエスパニョール 2016年6月9日 18 5 9 4 22 24 −2 27.78
合計 464 208 115 141 706 556 +150 44.83

脚注[編集]

外部リンク[編集]