コルド・アギーレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアギーレ第二姓(母方の)はビダウラサガです。
コルド・アギーレ Football pictogram.svg
Aguirre (Athletic).jpg
名前
本名 Luis María Aguirre Vidaurrázaga
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 (1939-04-27) 1939年4月27日
出身地 ビスカヤ県ソンディカ英語版
没年月日 (2019-07-03) 2019年7月3日(80歳没)
身長 174cm
選手情報
ポジション MF
ユース
ソンディカ
CDゲチョ英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1957-1969 アスレティック・ビルバオ 231 (44)
1969-1970 CEサバデル 3 (0)
1970 アリカンテCF
代表歴
1961 スペインの旗 スペインB 1 (1)
1961-1965 スペインの旗 スペイン 17 (0)
監督歴
1970-1971 SDエランディオ・クルブ英語版
1971-1972 CDビリョーサ英語版
1972-1973 デポルティーボ・アラベス
1974-1975 バスク代表ユース
1975-1976 ビルバオ・アスレティック
1976-1979 アスレティック・ビルバオ
1979-1982 エルクレスCF
1983 バレンシアCF
1983 RCDマヨルカ
1985-1986 CDログロニェス
1988 UEリェイダ
1993-1994 ビルバオ・アスレティック
1995-1996 バラカルドCF
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

コルド・アギーレKoldo Aguirre)ことルイス・マリア・アギーレ・ビダウラサガLuis María Aguirre Vidaurrázaga, 1939年4月27日 - 2019年7月3日)は、スペインビスカヤ県ソンディカ英語版出身のサッカー選手・サッカー指導者。ポジションはMFスペイン代表

12年間にわたってアスレティック・ビルバオでプレーした。公式戦通算297試合に出場して61得点を挙げ、コパ・デル・レイで2度優勝した。2019年7月3日に80歳で死去した[1]

経歴[編集]

選手時代[編集]

クラブ[編集]

1939年にバスク地方ビスカヤ県ソンディカ英語版に生まれた。18歳だった1957年にCDゲチョ英語版からアスレティック・ビルバオに移籍し、すぐにトップチームに昇格した。1958年1月19日のレアル・サラゴサ戦でプリメーラ・ディビシオン(1部)デビューし、1957-58シーズンはリーグ戦3試合に出場した。同シーズンにはコパ・デル・ヘネラリシモ(現在のコパ・デル・レイ)で優勝している[1][2]

1961-62シーズンには29試合に出場してキャリア最多の11得点を挙げ、チームはプリメーラ・ディビシオンで5位となった。1965年10月10日のRCDエスパニョール戦では、わずか11分間にアギーレだけで4得点を挙げ、チームは4-3で勝利した。RCDエスパニョールのキーパーはカルメロ・セドゥルン英語版だったが、かつてセドゥルンはアギーレのチームメイトであり、またアギーレの親しい友人でもあった[3][1]。アスレティック・ビルバオでの晩年は中心選手ではなかったが、1969年には再びコパ・デル・ヘネラリシモで優勝した。

30歳だった1969年夏、アギーレはCEサバデルに移籍した。1969-70シーズンは弟のイニャキ・アギーレが白血病で死去したこともあり、家族を支えるために115分間しかプレー機会がなかった[4][1]。1970年にはアマチュアクラブのアリカンテCFに移籍した。選手としての引退後はアスレティック・ビルバオのアンバサダーでもあった[2]

スペイン代表[編集]

1961年4月19日、1962 FIFAワールドカップ予選のウェールズ戦でスペイン代表デビューした。スペイン代表としては1965年までに7試合に出場している。

指導者時代[編集]

選手生活の引退後、アギーレは下部リーグでサッカー指導者としてのキャリアを開始し、SDエランディオ・クルブ英語版CDビリョーサ英語版を指揮した。さらにデポルティーボ・アラベスビルバオ・アスレティック(アスレティック・ビルバオのセカンドチーム)で監督を務めたあと、アスレティック・ビルバオのトップチームのアシスタントコーチとなった。1976年夏にはアスレティック・ビルバオの監督に就任し、3シーズンで2度のリーグ戦3位に導いた。1977年にはコパ・デル・レイで準優勝し、UEFAカップで準優勝した[1]

1979年にはプリメーラ・ディビシオンのエルクレスCFの監督に就任したが、1981-82シーズン終了後にセグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。プリメーラ・ディビシオンのバレンシアCFは1982-83シーズンに迷走し、シーズン3人目の監督としてアギーレが就任した[5]。最終節では首位のレアル・マドリードを破るなどの結果を残し、アギーレは指揮した7試合を3勝2分2敗で終えた。バレンシアCFは15位となり、16位・17位・18位でのセグンダ・ディビシオン降格を回避した。最終節でレアル・マドリードが敗れたことで、2位だったアスレティック・ビルバオが首位に浮上し、27年ぶりの優勝を飾る結果となった[6][1]

1983-84シーズンには短期間だけプリメーラ・ディビシオンのRCDマヨルカを指揮し、再び下部リーグに指導の場を移した。1993年から1994年には再びビルバオ・アスレティックの監督を務めた。

タイトル[編集]

選手時代[編集]

指導者時代[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Death of Koldo Aguirre, genius and figure”. Athletic Bilbao (2019年7月3日). 2019年7月4日閲覧。
  2. ^ a b Agiriano, Jon; González San Martín, Miguel (2011年2月5日). “Jugando era feliz” (Spanish). エル・コレオ. https://athletic.elcorreo.com/noticias/2011-02-05/jugando-feliz-20110205.html 2019年6月26日閲覧。 
  3. ^ Relaño, Alfredo (2013年9月22日). “Cuatro goles de Aguirre a Carmelo” (Spanish). エル・パイス. https://blogs.elpais.com/memorias-blanco-negro/2013/09/cuatro-goles-de-aguirre-a-carmelo.html 2019年6月26日閲覧。 
  4. ^ Iñaki Aguirre Vidaurrazaga” (Spanish). Porteros Vascos de Leyenda (2011年2月13日). 2019年7月4日閲覧。
  5. ^ “Koldo Aqirre, sucesor de Miljanic en el Valencia” (Spanish). エル・パイス. (1983年3月9日). https://elpais.com/diario/1983/03/09/deportes/416012404_850215.html 2019年6月26日閲覧。 
  6. ^ Díaz, Pablo (2013年1月17日). “El gol de Tendillo que cambió la historia” (Spanish). マルカ. https://www.marca.com/blogs/la-liga-hecha-un-cromo/2013/01/17/el-gol-de-tendillo-que-cambio-la.html 2019年6月26日閲覧。 
  7. ^ Rovira, Ramón (1977年6月26日). “2–2: Los andaluces remontaron dos ventajas vascas” (Spanish). ムンド・デポルティーボ. http://hemeroteca.mundodeportivo.com/preview/1977/06/26/pagina-4/1030780/pdf.html 2016年2月5日閲覧。 

外部リンク[編集]