ボブ・ペイズリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボブ・ペイズリー Football pictogram.svg
名前
本名 ロバート・ペイズリー
ラテン文字 Robert Paisley
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 1919年1月23日
出身地 サンダーランド
没年月日 (1996-02-14) 1996年2月14日(77歳没)
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1939-1954 イングランドの旗リヴァプールFC 253 (10)
監督歴
1974-1983 イングランドの旗リヴァプールFC
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ボブ・ペイズリーOBEBob Paisley OBE、本名:Robert Paisley OBE1919年1月23日 - 1996年2月14日)は、イギリスサンダーランド出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

人物[編集]

1970年代から1980年代のリヴァプールFCの黄金時代を築いた名将。監督として在籍した9年間で3度のUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)優勝、6度のリーグ優勝など多くのタイトルをリヴァプールにもたらした。監督として3度のUEFAチャンピオンズカップ(現UEFAチャンピオンズリーグ)優勝を達成したのは、2018年の時点でペイズリーとカルロ・アンチェロッティジネディーヌ・ジダンの3人のみである。イングランドの年間最優秀監督を6回、月間最優秀監督を11回受賞している。

来歴[編集]

選手時代[編集]

1937年にアマチュアクラブでサッカー選手としてのキャリアをスタート。1939年にリヴァプールに加入した。しかし第二次世界大戦によってリーグ戦が中止される他ペイズリー自身も徴兵されるなどし、プレーから遠ざかった。戦争終了後、1946年からリーグ戦が再開されると共にサッカー選手として復帰すると、復帰初年度にリーグ優勝を果たす。1950年にはFAカップ準決勝でライバルのエヴァートン相手に自らゴールを決め決勝進出を果たしたが、ペイズリー自身は決勝のメンバーから漏れリヴァプールもアーセナルに敗れ準優勝に終わった。翌年からはキャプテンを務めたが、チームが2部リーグに降格すると共に1954年に選手として現役を引退した。

指導者時代[編集]

現役引退後は理学療法士としてチームに留まり、1959年にビル・シャンクリーがリヴァプールの監督になるとシャンクリーの右腕としてアシスタントコーチを務めた。シャンクリー勇退後の1974年から監督に就任。初年度は無冠だったものの、翌年からは国内外問わずヨーロッパサッカー界を席巻する。就任2シーズン目となる1975-76シーズンにリーグ優勝を果たすと共にUEFAカップも優勝。翌1976-77シーズンには、国内リーグ連覇を果たすだけでなく、クラブ史上初となるUEFAチャンピオンズカップ優勝も成し遂げた。このシーズンはリーグ優勝とUEFAチャンピオンズカップ優勝を果たしたが、FAカップは決勝でマンチェスター・ユナイテッドに2-1で敗れてトレブルを逃した。またFAカップだけは、監督として指揮した9年間で1度も優勝することはなかった。

1977-78シーズンにもチャンピオンズカップを優勝し連覇を成し遂げたが、リーグ戦ではブライアン・クラフ率いるノッティンガム・フォレストに3連覇を阻まれ、さらに翌シーズンから2シーズン連続でチャンピオンズカップ初戦敗退となった。しかし1980-81シーズンに決勝でレアル・マドリードを破って、3度目となるチャンピオンズカップ優勝を果たした[1]

また1978年から1981年までの3年間、リヴァプールFCのホームスタジアムであるアンフィールドにて全てのリーグ戦・カップ戦含めて85試合連続で無敗だった。85試合中63試合はリーグ戦であり、63試合連続リーグ戦ホーム無敗記録を樹立した(このリーグ戦ホーム無敗記録は2007年にチェルシーによって破られている)。

1983年、リーグ優勝とフットボールリーグカップ3連覇を手土産に9年間の監督生活を終えた。

引退後[編集]

監督業を引退後はリヴァプールのチームディレクターを務めたが、92年にアルツハイマー型認知症を患い退いた。1996年2月14日死去。没後の1999年にはリヴァプールFCのホームスタジアム、アンフィールドに「ペイズリー・ゲート」と名付けられた門が設けられた。

獲得タイトル[編集]

選手時代[編集]

監督時代[編集]

国内[編集]

欧州[編集]

監督成績[編集]

シーズン リーグ戦成績 FAカップ成績 フットボールリーグカップ成績 ヨーロッパカップ戦成績
1974-75 2位 4回戦進出 4回戦進出 UEFAカップウィナーズカップ2回戦進出
1975-76 優勝 4回戦進出 3回戦進出 UEFAカップ優勝
1976-77 優勝 準優勝 2回戦進出  UEFAチャンピオンズカップ優勝 
1977-78 2位 3回戦進出 準優勝 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1978-79 優勝 準決勝進出  初戦敗退 UEFAチャンピオンズカップ初戦敗退
1979-80 優勝 準決勝進出 準決勝進出 UEFAチャンピオンズカップ初戦敗退
1980-81 5位 4回戦進出 優勝 UEFAチャンピオンズカップ優勝
1981-82 優勝 5回戦進出 優勝 UEFAチャンピオンズカップベスト8
1982-83 優勝 5回戦進出 優勝 UEFAチャンピオンズカップベスト8

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://jp.uefa.com/uefachampionsleague/history/season=1980/index.html

外部リンク[編集]