パブロ・アイマール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアイマール第二姓(母方の)はジョルダーノです。
パブロ・アイマール Football pictogram.svg
Pablo Aimar playing against.jpg
名前
本名 パブロ・セサール・アイマール・ジョルダーノ
Pablo César Aimar Giordano
愛称 El Payaso(パジャッソ、ピエロ)
ラテン文字 Pablo Aimar
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン[1]
生年月日 (1979-11-03) 1979年11月3日(37歳)
出身地 リオ・クアルト
身長 170cm
体重 65kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
1985-1993 アルゼンチンの旗 エストゥディアンテス・リオ・クアルト
1993-1997 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-2000 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 82 (21)
2001-2006 スペインの旗 バレンシア 162 (27)
2006-2008 スペインの旗 サラゴサ 53 (5)
2008-2013 ポルトガルの旗 ベンフィカ 107 (12)
2013-2014 マレーシアの旗 ジョホール・ダルル・タクジム 8 (2)
2015 アルゼンチンの旗 リーベル・プレート 1 (0)
代表歴
1995  アルゼンチン U-17 6 (2)
1997  アルゼンチン U-20 7 (1)
1999-2009 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 52 (8)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パブロ・アイマール(Pablo César Aimar Giordano, 1979年11月3日 - )は、アルゼンチンコルドバ州リオ・クアルト出身の元サッカー選手。元アルゼンチン代表。現役時代のポジションはミッドフィールダー

生い立ち[編集]

1979年11月3日、コルドバ州にあるリオ・クアルトという町に生まれた。父親のロベルト・アイマールはEl Payo(バージョ、田舎者)の愛称で、古豪ニューウェルズ・オールドボーイズでの選手経験もある元サッカー選手である。パブロはEl Payaso(パジャッソ、ピエロ)と呼ばれることがあるが、これはRoberto(ロベルト)という男性名の愛称に因んだEl Payito(パジート、小さなバージョ)が原形にあり、彼の華麗なプレーに驚いたメディアが名付けたものである。また、ミドルネームは「セサール」であるが、これはアルゼンチンで開催された1978 FIFAワールドカップでアルゼンチン代表に初優勝をもたらしたセサール・ルイス・メノッティ監督に敬意を表して付けられたものである。家族は他に姉と弟がおり、弟のアンドレス・アイマールもサッカー選手であるが、パブロとは違い直毛である。

小学校に入学するのと同じ時期に地元のAAエストゥディアンテススペイン語版に入団。14歳となる1993年に名門CAリーベル・プレートのスカウトの目にとまり、トライアウトを受けて合格した。しかし、父ロベルトはプロで成功しなかった自身の経験を鑑みて、この話を断った。中流階級育ちのパブロは薬学の勉強にも熱を入れ、将来は医学系の職に就くという目標も持っていたためである[2]。しかし、CAリーベル・プレートの下部組織で長年コーチを務めるホルヘ・ブスティが電話で説得を続け、結局入団が決まった。

クラブ経歴[編集]

CAリーベル・プレート[編集]

17歳のカテゴリーに昇進した1995年にプロ契約し、1996年8月11日、CAコロン戦でプリメーラ・ディビシオンデビューを果たした。1997-98シーズンにはレギュラーに定着し、同シーズンのリーグ優勝に貢献。1998年に加入したハビエル・サビオラとは、ピッチの内外で良好な関係を築いた。

バレンシアCF[編集]

2001年1月、移籍金2400万ユーロ(約25億円)でリーガ・エスパニョーラバレンシアに移籍した。バレンシアで着けた背番号21は、FCバルセロナルイス・エンリケが着けていた背番号に由来する。2000-01シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで2年連続の決勝進出を果たし、バイエルン・ミュンヘンにPK戦で敗れたものの、クラブ史に残る成績を挙げた。2001年夏に就任したラファエル・ベニテス監督はトップ下を置かない守備的な戦術を取ったため出場機会を減らしたが、2001-02シーズン後半に差しかかったところで「フォワードの後ろでプレーさせてほしい」と直訴してポジションを得ると、33試合に出場して4得点を記録し、31シーズンぶりのリーグ優勝に貢献した。2003-04シーズンには国内リーグとUEFAカップの2冠に貢献するなど、中心選手として活躍した[3]。2004年夏のプレシーズンにはバレンシアの一員として来日し、新潟県Jリーグアルビレックス新潟と親善試合を行った。この際、同県を中心に被災者を出した水害や中越地震に心を痛め、義援金100万円を出している。この試合は5-2で新潟が勝利しているが、アイマール自身は負傷のため試合には出場していない。

2004年夏にクラウディオ・ラニエリ監督が就任すると、本来のポジション以外で起用されたり、先発メンバーを外れることが多くなった。しかし2005年2月に成績不振からラニエリが退任し、アントニオ・ロペス監督が就任した後は、チームの中心に据えられて再び輝きを取り戻した。2005-06シーズンは負傷に悩まされ、更にキケ・サンチェス・フローレス監督の起用法の影響もあって、本来のプレーを発揮するに至らなかった。2006年4月12日、酷いウイルス性の髄膜炎と診断されて入院したが[4]、すぐに回復してチームに戻った。バレンシア在籍中にはたびたび負傷に悩まされた[5][6][7]

レアル・サラゴサ[編集]

2006年7月、移籍金1200万ユーロでレアル・サラゴサと4年契約を結んだ[8][9]。攻撃的なスタイルを信奉するビクトル・フェルナンデス監督の下、2006-07シーズンはアンドレス・ダレッサンドロらとともにリーグに旋風を巻き起こし、2007年2月にはEFE通信トロフィー(リーガでプレーする中南米人の最優秀選手賞)を受賞した[10]。2007-08シーズンはバレンシアCF時代もチームメイトであったロベルト・アジャラとともにチームを引っ張ったが、リーグ戦22試合に出場して無得点に終わり、チームもセグンダ・ディビシオン(2部)降格となった。

SLベンフィカ[編集]

ベンフィカ時代 (2012年)

SLベンフィカテクニカルディレクターを務めていたマヌエル・ルイ・コスタの熱心な勧誘により、2008年7月17日、移籍金650万ユーロ(約11億円)の4年契約でSLベンフィカに移籍した[11][12]。2008-09シーズンの前半戦は度重なる負傷に悩まされ、22試合出場1得点と期待外れに終わった。2009-10シーズンは体調を良好に保ち、CAリーベル・プレート時代のチームメイトである新加入のハビエル・サビオラと素晴らしい関係を築いた。25試合に出場して4得点11アシストと大活躍し、5シーズンぶりにリーグ優勝を果たした。

2013年6月、ベンフィカからの退団を表明[13]

ジョホール・ダルル・タクジムFC[編集]

2013年9月、2014シーズンからマレーシア・スーパーリーグジョホール・ダルル・タクジムFCに加入する事が発表された。しかし、怪我のため8試合しか出場できず、2014年4月22日に解雇された[14]

CAリーベル・プレート復帰[編集]

2015年1月5日、2014年4月にジョホールFC(マレーシア)を退団後は無所属になっていたが、14年ぶりにCAリーベル・プレートに復帰することが発表された[15]。 しかし右踵の痛みに悩まされ、コパ・リベルタドーレス準決勝の招集リストからも外されたのを機に、7月15日引退を発表[16]

代表経歴[編集]

世代別代表[編集]

世代別アルゼンチン代表の常連であり、1995年にはエクアドルで開催されたFIFA U-17世界選手権で3位となった。1997年にはフアン・ロマン・リケルメエステバン・カンビアッソなどがいたU-21アルゼンチン代表として南米ユース選手権で優勝し、さらにFIFAワールドユース選手権でも優勝した。同大会のメンバーにはアイマールの他に、後のA代表の主力となるワルテル・サムエルやカンビアッソ、リケルメといった面子が顔を揃えていた。

A代表[編集]

1999年6月9日、メキシコ戦でアルゼンチンA代表にデビューし[17]、2000年8月16日、2002 FIFAワールドカップ・南米予選パラグアイ戦 (1-1) で代表初得点を決めた。2002年には日韓で共催されたワールドカップにはベロンの控えという形で3試合に出場。イングランド戦 (0-1) ではフアン・セバスティアン・ベロンとの交代で途中出場した。続くスウェーデン戦では先発起用されたが、アルゼンチン代表はグループリーグで敗退した。

2005年にはコンフェデレーションズカップに出場し、ブラジルと対戦した決勝 (1-4) で敗れたが、この試合でチーム唯一となる得点を決めた。2006 FIFAワールドカップ・南米予選ではチリ戦 (2-2) 、ベネズエラ戦 (3-0) 、ボリビア戦 (3-0) の3試合で得点して本大会出場に貢献。2006年にドイツで開催されたワールドカップの出場メンバーにも選ばれ、アルゼンチンは優勝候補の一角に挙げられていたが、準々決勝でドイツに敗れた。2007年にはコパ・アメリカに出場し、グループリーグのアメリカ戦(4-1)では約2年ぶりに代表でのゴールを決めた。決勝ではブラジルと対戦し、0-3で完敗した。この大会以降は代表から遠ざかった。

2009年10月、2010 FIFAワールドカップ・南米予選の最後の2試合のために、約2年ぶりに代表に招集された[18]。それまでディエゴ・マラドーナ監督は典型的な10番タイプの選手を起用せずにいたが、10月10日のペルー戦(2-1)ではトップ下として先発出場し、2アシストを決めた。後半開始早々には代表デビュー戦となったゴンサロ・イグアインの先制点をアシストし、同点で迎えた後半ロスタイムにはマルティン・パレルモの劇的な勝ち越し弾を導いた。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
1996-97 リーベル・プレート 1 0 1 0
1997-98 16 4 16 4
1998-99 18 2 18 2
1999-00 10 32 13 32 13
2000-01 15 2 5 1 20 3
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2000-01 バレンシア 22 10 2 - - 10 2
2001-02 21 33 4 1 0 6 2 40 6
2002-03 31 8 2 1 3 2 44 11
2003-04 25 4 5 0 8 0 38 4
2004-05 31 4 1 0 6 2 37 6
2005-06 32 5 2 0 1 0 35 5
2006-07 サラゴサ 8 31 5 1 0 - 32 5
2007-08 22 0 2 0 1 0 25 0
ポルトガル リーグ戦 リーグ杯 ポルトガル杯 期間通算
2008-09 ベンフィカ 10 22 1 2 0 1 0 25 1
2009-10 25 4 1 0 11 1 37 5
2010-11 23 5 6 1 12 1 41 7
2011-12 24 2 2 0 12 1 38 3
2012-13 13 0 3 0 3 0 19 0
マレーシア リーグ戦 マレーシア杯 FA杯 期間通算
2014 ジョホール・ダルル・タクジム 10 8 2 0 0 - 8 2
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯 アルヘンティーナ杯 期間通算
2015 リーベル・プレート 1
通算 アルゼンチン
スペイン
ポルトガル
マレーシア
総通算

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

国際Aマッチ 52試合 8得点(1999年-2009年)


アルゼンチン代表 国際Aマッチ
出場 得点
1999 2 0
2000 5 1
2001 7 0
2002 6 1
2003 9 4
2004 2 0
2005 6 1
2006 6 0
2007 7 1
2008 0 0
2009 2 0
通算 52 8

得点[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

リーベル・プレート
バレンシア
ベンフィカ

代表[編集]

U-20アルゼンチン代表

脚注[編集]

  1. ^ Aimar jura la Constitución y será jugador comunitario
  2. ^ 金子義仁『2005~2006ワールドサッカーすごいヤツ全集』フットワーク出版社、2004年、141頁
  3. ^ 金子義仁『2005~2006ワールドサッカーすごいヤツ全集』フットワーク出版社、2004年、141-144頁
  4. ^ Aimar hospitalized with meningitis UEFA.com、2006年4月13日
  5. ^ Aimar agony for Valencia UEFA.com、2002年11月18日
  6. ^ Aimar concern for Valencia UEFA.com、2004年9月20日
  7. ^ Aimar absence vexes Valencia UEFA.com、2004年11月1日
  8. ^ Aimar adds zest for Zaragoza UEFA.com、2006年7月29日
  9. ^ アイマール「必要とされているから、サラゴサに来た」 livedoorスポーツ、2006年8月1日
  10. ^ サラゴサのアイマールがEFE通信トロフィーを受賞 livedoorスポーツ、2007年2月14日
  11. ^ ベンフィカ アイマール獲得を発表 AFP BB News、2008年7月18日
  12. ^ Aimar leaves Zaragoza for Benfica UEFA.com、2008年7月17日
  13. ^ アイマールがベンフィカ退団 「素晴らしい5年間だった」 UEFA.com、2013年6月7日
  14. ^ マレーシアでプレーの元アルゼンチン代表MFアイマールが解雇 サッカーキング、2014年4月22日
  15. ^ リーベル・プレートがアイマールの入団を発表…「大きな熱意と意欲を持っている」サッカーキング 2015年1月7日
  16. ^ A los 35 años y sin lugar en este River, Pablo Aimar decidió retirarse del fútbolLa Nación 2015年7月15日
  17. ^ Argentina – Record International Players RSSSF
  18. ^ 「ふたたび動き出した夢」、ワールドサッカーダイジェスト、日本スポーツ企画出版社、2009年11月19日号、48-50頁

外部リンク[編集]