イバン・コルドバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Flag of Spain.svg この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はコルドバ第二姓(母方の)はセプルベダです。
イバン・コルドバ Football pictogram.svg
Ivan Cordoba - Inter Mailand (1).jpg
インテル時代のコルドバ (2009年)
名前
本名 イバン・ラミロ・コルドバ・セプルベダ
Iván Ramiro Córdoba Sepúlveda
ラテン文字 Ivan CORDOBA
基本情報
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
イタリアの旗 イタリア
生年月日 1976年8月11日(40歳)
出身地 メデリン
身長 173cm
体重 73kg
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1995 コロンビアの旗 D・リオネグロ 42 (1)
1996-1998 コロンビアの旗 アトレティコ・ナシオナル 73 (1)
1998-2000 アルゼンチンの旗 サン・ロレンソ 59 (8)
2000-2012 イタリアの旗 インテル 324 (15)
代表歴
1997-2011 コロンビアの旗 コロンビア 73 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

イバン・ラミロ・コルドバ・セプルベダ(Iván Ramiro Córdoba Sepúlveda, 1976年8月11日 - )は、コロンビアメデジン出身の元サッカー選手。ポジションはDFコロンビア代表では長年キャプテンを務めた。

経歴[編集]

クラブ[編集]

デポルティーボ・リオネグロでキャリアをスタートし、1996年にコロンビアリーグで当時6度の優勝を誇ったアトレチコ・ナシオナルへ移籍。1998年にはアルゼンチンCAサン・ロレンソへ移籍し、1998-99シーズンにはDFながらも6得点を記録した。

2000年1月、レアル・マドリードACミランのオファーを断ってイタリアインテルナツィオナーレ・ミラノへ移籍。マルコ・マテラッツィとCBコンビを組み、インテルのセリエA5連覇を支えた。2005年のコッパ・イタリア決勝ではコンフェデレーションズカップに招集され不在だったキャプテンのハビエル・サネッティに代わりキャプテンマークを巻いて勝利に貢献し、トロフィーを掲げた。

2009-10シーズンからはルシオの加入や、ワルテル・サムエルクリスティアン・キヴなどの存在もありローテーションで試合に出ることが増え、前シーズンよりも出場機会が減った。

2010年2月11日パルマFC戦において、インテルにおける公式戦出場記録が411試合となった。この記録はジュゼッペ・ベルゴミハビエル・サネッティジャチント・ファッケッティに次いでインテルにおいて4番目に多い出場記録である。

2012年5月5日2011-12シーズン限りでの現役引退を表明し、翌日のACミランとのミラノダービーがホームでのラストゲームとなった[1]。シーズンを通してリーグ戦4試合にしか出場していなかったが、アンドレア・ストラマッチョーニ監督は出番を与え、84分から出場し4-2での勝利に貢献した。

現役引退後はインテルのチームマネージャーに就任したが[2]、2014年9月25日に双方同意の下で契約を解消した[3]

代表[編集]

1997年コロンビア代表デビュー。カルロス・バルデラマが代表から引退するとキャプテンに就任した。

主将として臨んだ初めての国際大会であるコパ・アメリカ2001では、全6試合で無失点に押さえ、決勝のメキシコ戦では自ら決勝点を挙げ、コロンビアを史上初となるコパ・アメリカ優勝に導いた[4]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

イタリアの旗 インテル

代表[編集]

コロンビアの旗 コロンビア代表

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ インテル、ベテランのコルドバは今季が最後 - Goal.com 2012年5月6日
  2. ^ 現役引退のコルドバがインテルのマネージャーに就任「新たな冒険が始まった」 - サッカーキング 2012年7月9日
  3. ^ インテル、チームマネージャーのコルドバ氏との契約解除を発表 - サッカーキング 2014年9月26日
  4. ^ コルドバのサン・シーロでの夢 - UEFA.com 2005年4月6日

外部リンク[編集]