ファリド・モンドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はモンドラゴン第二姓(母方の)はアリです。
ファリド・モンドラゴン Football pictogram.svg
Faryd Mondragon 2.jpg
1.FCケルンでのモンドラゴン
名前
本名 ファリド・カミロ・モンドラゴン・アリ
Faryd Camilo Mondragón Alí
愛称 El Turco
ラテン文字 Faryd MONDRAGÓN
基本情報
国籍 コロンビアの旗 コロンビア
レバノンの旗 レバノン
生年月日 (1971-06-21) 1971年6月21日(45歳)
出身地 バジェ・デル・カウカ県の旗 バジェ・デル・カウカ県
Flag of Santiago de Cali.svg サンティアゴ・デ・カリ
身長 189cm
体重 94kg
選手情報
ポジション GK
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1991 コロンビアの旗 デポルティーボ・カリ 1 (0)
1992 コロンビアの旗 レアル・カルタヘナ 15 (0)
1992 コロンビアの旗 サンタフェ 2 (0)
1993 パラグアイの旗 セロ・ポルテーニョ 11 (0)
1993-1994 アルゼンチンの旗 アルヘンティノス・ジュニアーズ 21 (0)
1994-1995 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 0 (0)
1995 コロンビアの旗 サンタフェ 30 (0)
1995-1998 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 103 (1)
1999 スペインの旗 サラゴサ 12 (0)
1999-2000 アルゼンチンの旗 インデペンディエンテ 16 (0)
2001 フランスの旗 メス 30 (0)
2001-2007 トルコの旗 ガラタサライ 185 (0)
2007-2010 ドイツの旗 ケルン 106 (0)
2011 アメリカ合衆国の旗 フィラデルフィア・ユニオン 27 (0)
2012-2014 コロンビアの旗 デポルティーボ・カリ 78 (0)
通算 638 (1)
代表歴
1993-2014 コロンビアの旗 コロンビア 51 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ファリド・カミロ・モンドラゴン・アリFaryd Camilo Mondragón Alí, 1971年6月21日 - )は、コロンビアサンティアゴ・デ・カリ出身の元同国代表の元サッカー選手。現役時代のポジションはゴールキーパーレバノン人を祖先にもつ両親の下で生まれた[1]

経歴[編集]

モンドラゴンは、コロンビアデポルティーボ・カリ レアル・カルタヘナスペイン語版インデペンディエンテ・サンタフェパラグアイセロ・ポルテーニョアルゼンチンアルヘンティノス・ジュニアーズCAインデペンディエンテスペインレアル・サラゴサフランスFCメスと様々なトップリーグのクラブに所属した。

第27節ライバルのボルシアMG戦でのモンドラゴン

1990年に地元のデポルティーボ・カリでデビューし、国内の複数クラブを経てパラグアイセロ・ポルテーニョに加入。1993年にアルゼンチントップリーグに属するアルヘンティノス・ジュニアーズと契約したことで、モンドラゴンのキャリアは飛躍の機会を得ることとなった。ここでスタメンの座を掴み、翌年にCAインデペンディエンテ移籍すると1995年から4シーズンの間で正GKを務めた。

その後、スペインレアル・サラゴサに移籍するも13試合の出場に留まり、インディペンデンテに復帰。2000-01シーズン、2度目の欧州挑戦となったFCメスで安定したプレーを見せ残留に貢献していたものの、ギリシャの偽造パスポートを所持した[2][3]として罰金と2年間のフランス入国禁止の有罪判決を受けた[4]。問題の1つとなっていたEU国外枠の上限には達しておらず、2月6日の聴聞会での"パスポートは代理人が用意した", "自分は詐欺の被害者"との発言[5]を受け、ナショナルフットボールリーグ(LNF=現LFP)司法委員会からの制裁はなかった[6]が、パリ裁判所の命令は覆ることはなくフランスを去ることを余儀なくされた。

2001-02シーズンはレンタルでガラタサライSKに在籍[7]し、クラウディオ・タファレルの後釜としてリーグ優勝に貢献。シーズン終了後にモンドラゴン自身とチームは4年契約を結んだものの、昨シーズンにチームを指揮したミルチェア・ルチェスク監督の要望でベシクタシュJKが獲得に乗り出し、保有権を持つメス側とクラブ間合意している事態が発生[8]。最終的にベシクタシュは撤退し、代わりにモンドラゴンと同世代のオスカル・コルドバを獲得した[9]。その後は、2007年までの間を不動の守護神として過ごし、幾度ものセーブでチームを救い、2005-06シーズンにリーグ優勝を果たした。また、UEFAチャンピオンズリーグで2度週間最優秀選手に輝いた。

2007年5月にクリストフ・ダウム監督率いる1.FCケルンへ移籍。プレシーズンで守護神ステファン・ヴェッセルス英語版とのスタメン争いに勝ち背番号1を獲得したことで、ヴェッセルスはシーズン開幕前にイングランドエヴァートンFCへ移籍していった。ヴェッセルス退団後は常に正GKとしてプレーしていたものの、2010-11シーズン代表に関してズヴォニミル・ソルド監督と確執が生まれたことで、クロアチア人若手GKミロ・ヴァルヴォディッチ英語版に取って代わられベンチを温める日々が続いた[10]

2度目のデポルティーボ・カリでのモンドラゴン

MLSでのプレー願望から、2010年12月31日をもってケルンとの契約は解消[11]。2011年1月からに在籍したフィラデルフィア・ユニオンでは、若いチームの中でリーダーシップを発揮。その年のMLSオールスターゲームに出場し、メジャーリーグサッカー最優秀GK賞英語版は惜しくも逃したが、ケーシー・ケラーに次ぐ2位に選ばれるなど成功した[12]

2012年1月30日、デビューした古巣でキャリアの最後を迎えるため、デポルティーボ・カリと1年契約を結んだ[13]

2014年7月5日、現役引退を表明した[14]

2016年1月、自身のInstagramにて「私の人生を評価できるのは私だけであり、自己弁護の余地なく他者により判断されることに疲れた」と投稿した後、多量の抗うつ薬を服用し、自殺を図った事がコロンビアメディアで報じられた。1月12日に入院し、その後は良好な状態にあるとの事[15][16]

代表[編集]

1993年にコロンビア代表デビューし、バルセロナオリンピック1994 FIFAワールドカップのメンバーだった。1998 FIFAワールドカップではグループリーグ敗退までの全3試合に出場し、最終戦となったイングランド戦では2度得点を許したものの、幾度ものセーブでそれ以上の失点を防いだ。

2013年、41歳の年齢ながらも代表招集され、2014年の2014 サッカーワールドカップブラジル大会の登録メンバーにも名を連ねており[17]、グループリーグ対日本戦で途中出場し、ロジェ・ミラが持っていた最年長出場記録(42歳1か月8日)を塗り替えた(43歳3日)。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

アルゼンチンの旗 CAインデペンディエンテ
トルコの旗 ガラタサライSK

脚注[編集]

外部リンク[編集]