レイナルド・ルエダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はルエダ第二姓(母方の)はリベラです。
レイナルド・ルエダ Football pictogram.svg
名前
本名 レイナルド・ルエダ・リベラ
Reinaldo Rueda Rivera
ラテン文字 Reinaldo Rueda
基本情報
国籍  コロンビア
生年月日 (1957-04-16) 1957年4月16日(61歳)
出身地 サンティアゴ・デ・カリ
身長 178cm
体重 83kg
監督歴
チーム
1994-1997 コロンビアの旗 コートゥルア
1997-1998 コロンビアの旗 デポルティーボ・カリ
2002 コロンビアの旗 インデペンディエンテ・メデジン
2002-2004  コロンビアU-20
2004-2006 コロンビアの旗 コロンビア
2007-2010 ホンジュラスの旗 ホンジュラス
2010-2015 エクアドルの旗 エクアドル
2015-2017 コロンビアの旗アトレティコ・ナシオナル
2017-2018 ブラジルの旗CRフラメンゴ
2018- チリの旗 チリ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

レイナルド・ルエダ・リベラ(Reinaldo Rueda Rivera, 1957年4月16日 - )は、コロンビアサンティアゴ・デ・カリ出身のサッカー指導者。現在はサッカーチリ代表の監督を務めている。

来歴[編集]

レイナルド・ルエダ監督の似顔絵

ドイツ体育大学ケルンで学び、ドイツ語と体育学位を修得[1]。大学教授となり、コロンビア国立コーチ学校でいくつかのコースを教えた。またヨーロッパFIFAUEFAの講習を受けた。サッカー日本代表の新監督候補にも挙がった事がある。 サッカー選手としてはアマチュアや大学のクラブでプレーした。

コロンビアではコートゥルアデポルティーボ・カリインデペンディエンテ・メデジンを指揮。

コロンビア代表[編集]

コロンビア代表チームではユース年代からA代表まで監督を務めた。

2000年と2001年のトゥーロン国際大会にU-21代表を率いて出場し、それぞれ優勝、準優勝の好成績を収めた。

U-20代表では2003年のU-20南米選手権で4位に入賞、10年振りに出場権を得たFIFAワールドユース選手権では3位と躍進した。

ホンジュラス代表[編集]

2007年1月、ホンジュラス代表監督に就任。北中米カリブ海予選を突破し2010 FIFAワールドカップ出場権を獲得、28年振りの本大会出場へと導いた手腕を評価された[2]が、本大会ではグループリーグ敗退に終わり、戦術に対する批判を受けた。2010年7月28日、ホンジュラス代表監督を辞任した。

チリ代表[編集]

2018年、チリ代表の監督に就任した。

脚注[編集]

外部リンク[編集]