ジュニオール・フェルナンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はフェルナンデス第二姓(母方の)はダ・シルバ・ビトリアです。
ジュニオール・フェルナンデス Football pictogram.svg
名前
本名 アンテノール・ジュニオール・フェルナンデス・ダ・シルバ・ビトリア
Antenor Junior Fernandes da Silva Vitoria
ラテン文字 Junior Fernandes
基本情報
国籍  チリ
ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1988-10-04) 1988年10月4日(29歳)
出身地 トコピージャ英語版
身長 184cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム クロアチアの旗 NKディナモ・ザグレブ
ポジション FW (WG)
背番号 78
利き足 両足
ユース
2005-2006 チリの旗 コブレロア
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 チリの旗 コブレロア 51 (2)
2007 チリの旗 メヒジョーネス英語版(loan) 20 (12)
2010 チリの旗 マガジャーネス 25 (10)
2011 チリの旗 パレスティーノ 35 (9)
2012 チリの旗 ウニベルシダ・チレ 17 (8)
2012-2014 ドイツの旗 レヴァークーゼン 6 (0)
2013-2014 クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ (loan) 28 (13)
2014- クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ 66 (22)
2017 トルコの旗 アランヤスポル (loan) 11 (6)
代表歴2
2011- チリの旗 チリ 11 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年8月14日現在。
2. 2017年8月14日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

アンテノール・ジュニオール・フェルナンデス・ダ・シルバ・ビトリアAntenor Junior Fernandes da Silva Vitoria, 1988年10月4日 - )は、チリトコピージャ県トコピージャ出身の同国代表サッカー選手NKディナモ・ザグレブ所属。ポジションはフォワード

経歴[編集]

コブレロア[編集]

ブラジル人の両親のもとに生まれ、6歳の時にトコピージャからカラマへ移住する。兄弟のクリスティアンと共に学校へ通い、そこではスポーツと音楽に励んだ。カラマに住んでいた間はCDコブレロアのユースチームに所属し、2006シーズン中には3部に参加するBチームへ昇格した。この期間中にアレクシス・サンチェスと出会い、それ以来の友人。

その後リザーブチームへの昇格は叶わず、2007年にCDムニシパル・メヒジョーネス(3部クラブ)へローン移籍する。

レンタル先で活躍すると、グスタボ・ウェルタ英語版監督のリクエストでコブレロアのファーストチームへ加わった。プロデビューは第4節のデポルテス・ラ・セレナ英語版戦。ストライカーのフェリペ・フローレス英語版と交代で出場し、2-1で勝利した。デポルテス・メリピージャ戦で初スタメンとして出場、5-1で勝利した。

パレスティーノ[編集]

2010年にCDマガジャーネスで2部優勝・1部昇格への原動力になると、その卓越したパフォーマンスがCDパレスティーノの目に留まることとなり、2011年に移籍する。そこでも活躍するとU-25チリ代表にノミネートされる。

ウニベルシダ・チレ[編集]

CFウニベルシダ・デ・チレは、翌2012年のアペルトゥーラとコパ・リベルタドーレス優勝を目指すため、2011年11月2日にパレスティーノから保有権50%を買取り、移籍金70万USドルを支払い獲得した。12月5日に背番号9を着用することがクラブのオフィスで発表された。プレゼンテーションでは、「私はこのクラブのファン。そして、このクラブでこの背番号を背負い、偉業を成し遂げたマルセロ・サラスが私のアイドル」と語った[1]。開幕戦のデポルテス・ラ・セレナでチームデビューをすると移籍初ゴールを挙げ3-1と勝利した[2]

チーム2試合目となる12月22日のリベルタドーレスでのCDゴドイ・クルス・アントニオ・トンバ戦では、ハットトリックを記録し5-1と勝利した。[3]リベルタドーレス準々決勝1st-Legでデポルティーボ・キト相手に1-4と敗北も、2012年5月10日の2nd-Legでは、先制ゴール含む2ゴールを挙げるとチームは6-0と大勝した。88分にフランシスコ・カストロ英語版と交代でピッチを去る際に45000人の観衆は、ジュニオールの名を大合唱し活躍を讃えた。2012年6月24日のアペルトゥーラ準決勝2nd-LegCSDコロコロ戦で、ハットトリックをしヒーローになると、最近のパフォーマンスへの批判を黙らせた。

レヴァークーゼン[編集]

2012年7月6日に、5年契約でバイエル・レヴァークーゼンへ移籍した[4][5]

ディナモ・ザグレブ[編集]

ドイツでは出場機会に恵まれず、2013-14シーズンよりプルヴァHNLNKディナモ・ザグレブへローンで加入し翌年には完全移籍。2016-17シーズンから新たに就任したイヴァイロ・ペテフ英語版の下では戦力外となり、同シーズン後半はスュペル・リグアランヤスポルでプレーした[6]

代表[編集]

2011年にクラウディオ・ボルギ監督の下、チリ代表に招集された。

タイトル[編集]

ディナモ・ザグレブ

脚注[編集]

  1. ^ Junior llega a la U y dice que cumple sueño antes que Alexis
  2. ^ La “U” tuvo un estreno ganador en el Apertura
  3. ^ Copa Libertadores: U de Chile saca una 'manito' para recuperarse y golear a Godoy Cruz (5-1)
  4. ^ Bayer Leverkusen confirma llegada de Junior Fernandes
  5. ^ レバークーゼン、チリ代表FWを獲得
  6. ^ Junior Fernandes es el nuevo refuerzo del Alanyaspor de Turquia”. ADN 91.7 (2017年1月31日). 2017年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]