ジャン・ボーセジュール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はボーセジュール第二姓(母方の)はコリケオです。
ジャン・ボーセジュール Football pictogram.svg
Jean Beausejour cropped.jpg
名前
本名 ジャン・アンドレ・エマヌエル・ボーセジュール・コリケオ
Jean André Emanuel Beausejour Coliqueo
愛称 Palmatoria
ラテン文字 Jean BEAUSEJOUR
基本情報
国籍  チリ
ハイチの旗 ハイチ
生年月日 (1984-06-01) 1984年6月1日(33歳)
出身地 サンティアゴ[1]
身長 178cm[2]
選手情報
在籍チーム チリの旗 CFウニベルシダ・デ・チレ
ポジション MF / DF (LWG, LWB)
背番号 15
利き足 左足
ユース
  チリの旗 ウニベルシダ・チレ
チリの旗 カトリカ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002 チリの旗 カトリカ 16 (3)
2002-2003 チリの旗 コンセプシオン英語版 (loan) 30 (3)
2004-2005  スイスの旗 セルヴェット 11 (1)
2005 ブラジルの旗 グレミオ 55 (7)
2006 ベルギーの旗 ヘント 0 (0)
2007 チリの旗 コブレロア 22 (0)
2008 チリの旗 オヒギンス 34 (13)
2009-2010 メキシコの旗 クラブ・アメリカ 45 (3)
2010-2012 イングランドの旗 バーミンガム 39 (3)
2012-2014 イングランドの旗 ウィガン 85 (3)
2014-2016 チリの旗 コロコロ 54 (7)
2016- チリの旗 ウニベルシダ・チレ 12 (0)
代表歴2
2004 チリの旗 チリ U-23 7 (2)
2004- チリの旗 チリ 85 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月30日現在。
2. 2016年12月30日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジャン・アンドレ・エマヌエル・ボーセジュール・コリケオJean André Emanuel Beausejour Coliqueo, 1984年6月1日 - )は、チリサンティアゴ出身の同国代表サッカー選手CFウニベルシダ・デ・チレ所属。ポジションはMFDF(左ウイング、左ウィングバック)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期の経歴[編集]

父親はハイチ共和国出身であり、母親はチリ出身(マプチェ族)である[3]。2001年にウニベルシダ・カトリカからデビューし、それ以来数多くのクラブでプレーしている。2004年、スイス・スーパーリーグセルヴェットFCと1年契約を結んだ[1]。2005年にはブラジル・セリエAグレミオFBPAに加入し、2006年にはベルギー・ジュピラー・プロ・リーグKAAヘントに加入。2007年にはチリに帰国し、CDコブレロアで1年間プレーした後に2008年にCDオヒギンスに加入。オヒギンスでのプレーはチリ代表マルセロ・ビエルサ監督に注目され、3度代表に招集された。2008年12月1日にメキシコのクラブ・アメリカと3年半の契約を結び、1シーズン半をメキシコでプレーした。

バーミンガム・シティ[編集]

ロンドン・オリンピック・パークセバスティアン・ピニェラ チリ大統領(左)と談笑するボーセジュール(右)

2010年8月31日、プレミアリーグバーミンガム・シティFCと3年契約を結んだ。移籍金は公開されていない[4]。労働許可証取得を待ったためにデビューが遅れたが[5]、9月18日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC戦 (1-3) で、83分にアレクサンドル・フレブとの交代で出場してデビュー[6]フットボールリーグカップMKドンズ戦 (3-1) では初めて先発出場し、フレブとニコラ・ジギッチの得点をアシストして強い印象を残した[7]FAカップミルウォールFC戦では先制点をアシストし、さらに20ヤードの距離からクロスバーを直撃するシュートを放った[8]。FAカップ5回戦のシェフィールド・ウェンズデイFC戦では、6分にリー・ボウヤーの切り返しからインサイドキックで移籍後初得点を挙げた[9]。バーミンガムはカーリングカップで決勝に進出し、ウェンブリー・スタジアムアーセナルFCと対戦した決勝 (2-1) では後半に途中出場して優勝の瞬間に立ち会った[10]。この結果、バーミンガムは約50年ぶりの主要な欧州カップ戦となるUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得。2011年3月5日、ホームで行われたWBA戦 (3-1) で移籍後リーグ初得点を挙げ[11]、4日後のエヴァートンFC戦でリーグ2点目を決めた[12]

2011-12シーズンのUEFAヨーロッパリーグ・本選出場プレーオフではCDナシオナル(ポルトガル)と対戦し、ファーストレグ (0-0) ではバーミンガム・メイル紙によってマン・オブ・ザ・マッチに選出された[13]クリス・ヒュートン監督はボーセジュールにいっそう攻撃的な役割を演じることを求め[14]レスター・シティFC戦 (2-0) ではマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を見せた[15]。UEFAヨーロッパリーグ・グループリーグのクラブ・ブルッヘ戦では自身のミスから失点を招いたが、ジギッチのシュートの跳ね返りを押しこんで得点し、さらにペナルティエリア内でファールを受けてPKを獲得した[16]。11月のバーンリーFC戦 (2-1) では、2分に再びリバウンドボールを押し込んで先制し、リーグ戦でのシーズン初得点を記録した[17]

ウィガン・アスレティック[編集]

2012年1月25日、プレミアリーグのウィガン・アスレティックFCと2年半の契約を結んだ[18]。移籍金は公開されていない。1月31日、ホワイト・ハート・レーンで行われたトッテナム・ホットスパーFC戦 (3-1) でデビュー[19]、ホームデビュー戦となったエヴァートンFC戦ではマン・オブ・ザ・マッチ級の活躍を見せた。ボーセジュールが蹴った低いクロスが相手ディフェンダー フィル・ネヴィルの足に当たり、キーパーのティム・ハワードの手をすり抜けてオウンゴールとなった[20]

2度目の母国復帰[編集]

2014-15シーズンよりCSDコロコロと2年契約を結び再び母国に復帰[21]。2016年7月18日、CFウニベルシダ・デ・チレに移籍した[22]

代表[編集]

2010 FIFAワールドカップのホンジュラス戦でボーセジュールが決めたゴールを喜ぶチリのファン

2004年にチリ代表デビューし、2009年6月10日の2010 FIFAワールドカップ・南米予選ボリビア戦で初得点を挙げた[23]。2010年には南アフリカで開催される2010 FIFAワールドカップ本大会のメンバーに選出され、グループリーグホンジュラス戦 (1-0) では試合唯一の得点を挙げた。この勝利はチリにとって、1962 FIFAワールドカップ以来となる本大会での勝利となった[24]。チリは決勝トーナメント1回戦でブラジル代表に敗れたが、ボーセジュールはグループリーグ3試合とブラジル戦の全4試合に出場した[25]

2011年11月、2014 FIFAワールドカップ・南米予選ウルグアイ戦の前に、4人のチームメイトとともに代表から追放された。宿舎の門限を破った上に、酒に酔った状態であったと報じられている。クラウディオ・ボルギ監督は「チリ代表として、プロサッカー選手としてふさわしくない」と表現した[26]。チリサッカー連盟は後に10試合の出場停止処分を科したが、ボルギ監督は「近いうちにはボーセジュールとホルヘ・バルディビアを招集することはないだろう」と述べた[27]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

カトリカ
バーミンガム
グレミオ
ウィガン
コロコロ
  • カンペオナート・ナシオナル : 2015アペルトゥーラ

代表[編集]

チリ

個人[編集]

  • コパ・アメリカ・ベストイレブン : 2016[28]

個人成績[編集]

代表での得点[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Stats Centre: Jean Beausejour Facts ”. guardian.co.uk. 2012年1月26日閲覧。
  2. ^ First team profiles: Jean Beausejour”. バーミンガム・シティFC公式サイト. 2012年1月6日閲覧。
  3. ^ “Jean Beausejour Coliqueo apoya la causa mapuche” (Spanish). El Ciudadano (Santiago de Chile). (2010年11月12日). http://www.elciudadano.cl/2009/11/12/14127/jean-beausejour-coliqueo-apoya-la-causa-mapuche/ 2012年1月26日閲覧。 
  4. ^ Beausejour the Blue”. バーミンガム・シティFC公式サイト (2010年8月31日). 2010年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月31日閲覧。
  5. ^ “Beausejour available for Blues”. Sky Sports. (2010年9月14日). http://www.skysports.com/story/0,19528,11694_6376580,00.html 2010年9月18日閲覧。 
  6. ^ Ashenden, Mark (2010年9月18日). “West Brom 3–1 Birmingham”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/9006917.stm 2010年9月18日閲覧。 
  7. ^ “Birmingham 3–1 MK Dons”. BBC Sport. (2010年9月22日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/9009796.stm 2010年9月23日閲覧。 
  8. ^ “Millwall 1–4 Birmingham”. BBC Sport. (2011年1月8日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/fa_cup/9341908.stm 2011年1月10日閲覧。 
  9. ^ “Birmingham 3–0 Sheff Wed”. BBC Sport. (2011年1月19日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/9401043.stm 2011年1月21日閲覧。 
  10. ^ McNulty, Philip (2011年2月27日). “Arsenal 1–2 Birmingham”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/9405702.stm 2011年2月28日閲覧。 
  11. ^ Tattum, Colin (2011年3月7日). “Birmingham City 1,West Bromwich Albion 3”. Birmingham Mail. http://www.birminghammail.net/birmingham-sport/birmingham-city-fc/birmingham-city-fc-match-reports/2011/03/07/birmingham-city-1-west-bromwich-albion-3-colin-tattum-s-big-match-verdict-97319-28288832/ 2011年11月5日閲覧。 
  12. ^ Chowdhury, Saj (2011年3月9日). “Everton 1–1 Birmingham”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/9415280.stm 2011年11月5日閲覧。 
  13. ^ Tattum, Colin (2011年8月19日). “Nacional 0, Birmingham City 0”. Birmingham Mail. http://www.birminghammail.net/birmingham-sport/birmingham-city-fc/birmingham-city-fc-news/2011/08/19/nacional-0-birmingham-city-0-colin-tattum-s-big-match-verdict-and-player-ratings-97319-29265450/ 2011年8月19日閲覧。 
  14. ^ Tattum, Colin (2011年10月15日). “Jean Beausejour urged to increase his goal output at Birmingham City”. Birmingham Mail. http://www.birminghammail.net/birmingham-sport/birmingham-city-fc/birmingham-city-fc-news/2011/10/15/jean-beausejour-urged-to-increase-his-goal-output-at-birmingham-city-97319-29599256/ 2011年10月17日閲覧。 
  15. ^ Culley, Jon (2011年10月17日). “Eriksson refuses to see red as Leicester pay for indiscipline”. The Independent. http://www.independent.co.uk/sport/football/football-league/eriksson-refuses-to-see-red-as-leicester-pay-for-indiscipline-2371649.html 2011年10月17日閲覧。 
  16. ^ “Birmingham fight back against Club Brugge”. UEFA. (2011年11月3日). http://www.uefa.com/uefaeuropaleague/season=2012/matches/round=2000272/match=2007363/index.html 2012年1月26日閲覧。 
  17. ^ Fazackerley, Karen (2011年11月22日). “Birmingham 2–1 Burnley”. BBC Sport. http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/15732474.stm 2012年1月26日閲覧。 
  18. ^ “Wigan sign Birmingham City winger Jean Beausejour”. BBC Sport. (2012年1月25日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/football/16692150.stm 2012年1月25日閲覧。 
  19. ^ Mirza, Razwan (2012年1月31日). “FT: Tottenham 3 Wigan 1”. Sky Sports. http://www.skysports.com/football/match_commentary/0,19764,11065_3408808,00.html 2012年2月1日閲覧。 
  20. ^ Unwin, Will (2012年2月6日). “Baines sees own goal as Sod's law”. The Independent. http://www.independent.co.uk/sport/football/premier-league/baines-sees-own-goal-as-sods-law-6577512.html 2012年2月6日閲覧。 
  21. ^ Refuerzo de categoría para Héctor Tapia: Jean Beausejour firma por Colo Colo”. Emol.com (2014年7月10日). 2016年12月30日閲覧。
  22. ^ Lo que pierde Colo Colo con la partida de Jean Beausejour al archirrival, Universidad de Chile”. Emol.com (2016年7月18日). 2016年12月30日閲覧。
  23. ^ a b “Chile beats Bolivia 4-0 in qualifying”. Associated Press. USA Today. (2009年6月10日). http://www.usatoday.com/sports/soccer/2009-06-10-2210789855_x.htm 2011年4月4日閲覧。 
  24. ^ a b Beausejour ends Chile wait”. 2010 FIFA World Cup. FIFA (2010年6月16日). 2010年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年4月4日閲覧。
  25. ^ Players: Jean Beausejour”. 2010 FIFA World Cup. FIFA. 2012年6月4日閲覧。[リンク切れ]
  26. ^ “Chile stars sent home in disgrace”. ESPN Soccernet. (2011年11月9日). http://soccernet.espn.go.com/news/story/_/id/982037/chile-stars-sent-home-for-breaking-curfew?cc=5739 2011年12月27日閲覧。 
  27. ^ Veloso Olguin, Juan Francisco (2011年12月20日). “Chile soccer players receive 10-game ban for discipline issues”. The Santiago Times. http://www.santiagotimes.cl/sports/soccer/23115-chile-soccer-players-receive-10-game-ban-for-discipline-issues 2011年12月27日閲覧。 
  28. ^ TSG announces Copa America Centenario Awards”. CONCACAF (2016年6月27日). 2016年12月30日閲覧。
  29. ^ “Chile beats Colombia 2-0 in friendly”. Associated Press. Fox Sports. (2011年3月29日). http://msn.foxsports.com/foxsoccer/latinamerica/story/Chile-beats-Colombia-20-in-friendly 2011年4月4日閲覧。 

外部リンク[編集]