バイエル・レバークーゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイエル・レバークーゼン
原語表記 Bayer 04 Leverkusen Fußball GmbH
愛称 Die Werkself (企業のチーム)
Die Schwarzroten (黒と赤)
クラブカラー    
   
創設年 1904年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部(2023–24
昨季リーグ順位 6位(2022–23
ホームタウン レーヴァークーゼン
ホームスタジアム
バイ・アレーナ
収容人数 30,210
代表者 ドイツの旗 ヴォルフガング・ホルツホイザー
監督 スペインの旗 シャビ・アロンソ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

バイエル04レバークーゼン(Bayer 04 Leverkusen、正式名称: Bayer 04 Leverkusen Fußball GmbH)は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州レーヴァークーゼンを本拠地とするサッカークラブである。ドイツサッカーのトップリーグであるブンデスリーガに所属する。これまでにDFBポカールUEFAカップでそれぞれ1度ずつ優勝している。1958年から本拠地はバイ・アレーナである。

1904年、レーヴァークーゼンに本社を置くドイツの製薬会社、バイエル社の従業員によって設立された。以前は陸上競技や体操競技、バスケットボール、ボート、テニス、ホッケーなどに関わるスポーツクラブTSVバイエル04レバークーゼンの一部門であった。1999年にサッカー部門がクラブから分離し、現在は正式に独立した組織となっている。

概要[編集]

ブンデスリーガに所属。バイエルをスポンサーに持ち、資金提供を受けて補強を図ってきた。歴史も長く古豪チームではあるが、リーグタイトルを手にしたことはない。2002年にUEFAチャンピオンズリーグ、ブンデスリーガ、ドイツカップをあと一歩のところで逃し、全て準優勝に終わるという「準三冠」(シルバーコレクター) を達成したこともある。それ以来、他サポーターからネバークーゼンと揶揄されることもある。

以降のチャンピオンズリーグの成績としては、2002-03シーズンに2次グループリーグ・ラウンドまで進出した他、2004-05シーズンにおいても決勝トーナメント1回戦まで進出している。このところは、チャンピオンズリーグよりもUEFAカップへの出場機会が多く、2005-06から2007-08シーズン間に3季連続で出場をし、2006-07、2007-08シーズンにおいてはベスト8まで進出している。UEFAクラブランキングでは2008-09シーズン終了時で32位につけている。

2007年夏、DFマヌエル・フリードリヒ、DFアルトゥーロ・ビダル、DFルカス・シンキエヴィッツなど、守備陣にレギュラークラスを多数確保し、VfLボーフムで得点王を獲得したFWテオファニス・ゲカスを迎え入れた。UEFAチャンピオンズリーグ出場権を目標に掲げたが、失点数の多さから敗戦は13を数え、UEFAチャンピオンズリーグのみならずUEFAカップ出場権も逃した。

2008年夏にはミヒャエル・スキッベ監督を解任し、フェラーSDの強い推薦によりブルーノ・ラッバディア新監督を迎えた。MFセルゲイ・バルバレス、MFカルステン・ラメロウらベテランが引退したが、MFレナト・アウグスト、DFエンリケ、FWパトリック・ヘルメスなど若手の逸材を多数獲得した。2008-09シーズンはDFBポカールで準優勝し、リーグ戦でも一時、首位に立ったが、後半戦に調子を落とし、9位に終わった。またこのシーズン、ホームスタジアムのバイ・アレナが改修工事のためエスプリ・アレーナを使用した。

21得点を挙げたFWパトリック・ヘルメスが2009年6月に靭帯断裂の大怪我を負い、2009-10シーズン開幕から半年を棒に振ったが、リヴァプールから獲得したDFサミ・ヒーピアが若手主体のチームに安定感をもたらした。2009-10シーズン前半戦9勝8分0敗で、ハンブルガーSV (1982-83) 、バイエルン・ミュンヘン (1988-89) に次ぐブンデスリーガ史上3チーム目の無敗での「冬の王者」になった。

2010-11シーズンは前シーズンで「冬の王者」となった勢いをそのままに2位と「準三冠」を達成した2001-02シーズン以来の躍進を遂げた。2011-12シーズンは躍進の立役者ユップ・ハインケス監督はバイエルンへ、アルトゥーロ・ビダルユヴェントスへ引き抜かれ、フライブルクを躍進へと導いたロビン・ドゥット新監督を迎えた。開幕戦のマインツ戦 (0-2) を落とし、勢いに乗ることができず、2012年3月31日に行われたフライブルク戦 (0-2) で公式戦5連敗を喫したことをきっかけに解任された。結果的には優勝争いに絡むことなく、5位に終わった。

2012年4月からクラブOBのサミ・ヒーピアが監督に就任。しかし、指導者のトップライセンスを保持していないため、ユースチームの監督であったサシャ・レヴァンドフスキが名目上の監督となり、2015年夏までの二頭体制を組む。しかし成績不振の責任を問われ2014年4月5日にヒーピアは監督を解任され、レヴァンドフスキが暫定監督となった。

2014年7月、レッドブル・ザルツブルクを率いていたロガー・シュミットを監督に招聘し、前線から猛烈なプレスをかけに行く能動的なスタイルを確立[1]。さらに、グレミオから左SBのウェンデウを、シャルケ04からレンタルでDFキリアコス・パパドプーロスを、ASローマからレンタルでDFティン・イェドヴァイを、メガクラブから注目を集める逸材中の逸材であるMFハカン・チャルハノールらを獲得し、2部のアイントラハト・ブラウンシュヴァイクに期限付き移籍をしていたMFカリム・ベララビを復帰させ、戦力を充実させた。

2015年7月、メキシコ代表のハビエル・エルナンデスを獲得すると、シュテファン・キースリングと2トップを組みリーグ戦で17得点をあげて主力に定着した。

2018年から、日本のJリーグに所属するV・ファーレン長崎とアカデミー選手育成・指導者の強化を目的に育成業務提携する事を発表した。

タイトル[編集]

バイエル・レバークーゼンのサポーター(バイ・アレーナにて)

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン リーグ戦 DFBポカール 欧州カップ
ディビジョン 順位
1979-80 ブンデスリーガ1部 34 12 8 14 45 61 32 12位 2回戦敗退
1980-81 34 10 10 14 52 53 30 11位 2回戦敗退
1981-82 34 9 7 18 45 72 25 16位 3回戦敗退
1982-83 34 10 9 15 43 66 29 11位 2回戦敗退
1983-84 34 13 8 13 50 50 34 7位 1回戦敗退
1984-85 34 9 13 12 52 54 31 13位 準々決勝敗退
1985-86 34 15 10 9 63 51 40 6位 準々決勝敗退
1986-87 34 16 7 11 56 38 39 6位 2回戦敗退 UC 2回戦敗退
1987-88 34 10 12 12 53 60 32 8位 1回戦敗退 UC 優勝
1988-89 34 10 14 10 45 44 34 8位 準決勝敗退 UC 1回戦敗退
1989-90 34 12 15 7 40 32 39 5位 2回戦敗退
1990-91 34 11 13 10 47 46 35 8位 2回戦敗退 UC 3回戦敗退
1991-92 38 15 13 10 53 39 43 6位 準決勝敗退
1992-93 34 14 12 8 64 45 40 5位 優勝
1993-94 34 14 11 9 60 47 39 3位 準々決勝敗退 CWC 準々決勝敗退
1994-95 34 13 10 11 62 51 36 7位 2回戦敗退 UC 準決勝敗退
1995-96 34 8 14 12 37 38 38 14位 準決勝敗退
1996-97 34 21 6 7 69 41 69 2位 1回戦敗退
1997-98 34 14 13 7 66 39 55 3位 準々決勝敗退 CL 準々決勝敗退
1998-99 34 17 12 5 61 30 63 2位 2回戦敗退 UC 2回戦敗退
1999-00 34 21 10 3 74 36 73 2位 ベスト16 CL 1次GS敗退
UC 3回戦敗退
2000-01 34 17 6 11 54 40 57 4位 ベスト16 CL 1次GS敗退
UC 3回戦敗退
2001-02 34 21 6 7 77 38 69 2位 準優勝 CL 準優勝
2002-03 34 11 7 16 47 56 40 15位 準決勝敗退 CL 2次GS敗退
2003-04 34 19 8 7 73 39 65 3位 ベスト16
2004-05 34 16 9 9 65 44 57 6位 2回戦敗退 CL ベスト16
2005-06 34 14 10 10 64 49 52 5位 2回戦敗退 UC 1回戦敗退
2006-07 34 15 6 13 54 49 51 5位 2回戦敗退 UC 準々決勝敗退
2007-08 34 15 6 13 57 40 51 7位 1回戦敗退 UC 準々決勝敗退
2008-09 34 14 7 13 59 46 49 9位 準優勝
2009-10 34 15 14 5 65 38 59 4位 2回戦敗退
2010-11 34 20 8 6 64 44 68 2位 2回戦敗退 EL ベスト16
2011-12 34 15 9 10 52 44 54 5位 1回戦敗退 CL ベスト16
2012-13 34 19 8 7 65 39 65 3位 ベスト16 EL ベスト32
2013-14 34 19 4 11 60 41 61 4位 準々決勝敗退 CL ベスト16
2014-15 34 17 10 7 62 37 61 4位 準々決勝敗退 CL ベスト16
2015-16 34 18 6 10 56 40 60 3位 準々決勝敗退 CL GS敗退
EL ベスト16
2016-17 34 11 8 15 53 55 41 12位 2回戦敗退 CL ベスト16
2017-18 34 15 10 9 58 44 55 5位 準決勝敗退
2018-19 34 18 4 12 69 52 58 4位 ベスト16 EL ベスト32
2019-20 34 19 6 9 61 44 63 5位 準優勝 CL GS敗退
EL 準々決勝敗退
2020-21 34 14 10 10 53 39 52 6位 ベスト16 EL ベスト32
2021-22 34 19 7 8 80 47 64 3位 2回戦敗退 EL ベスト16
2022-23 34 14 8 12 57 49 50 6位 1回戦敗退 CL グループステージ敗退
EL 決勝プレーオフ
2023-24 34 EL

現所属メンバー[編集]

ブンデスリーガ 2023-24シーズン 基本フォーメーション(3-4-2-1
2023年11月20日現在[2]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK フィンランド ルーカス・フラデツキー () キャプテン
2 DF クロアチア ヨシプ・スタニシッチ ()
3 DF エクアドル ピエロ・インカピエ
4 DF ドイツ ヨナタン・ター ()
6 DF コートジボワール オディロン・コスヌ
7 MF ドイツ ヨナス・ホフマン
8 MF ドイツ ロベルト・アンドリッヒ
10 MF ドイツ フロリアン・ヴィルツ
11 MF ドイツ ナディーム・アミリ ()
12 DF ブルキナファソ エドモン・タプソバ
13 DF ブラジル アルトゥール
14 FW チェコ パトリック・シック
17 GK チェコ マチェイ・コヴァージュ
No. Pos. 選手名
18 MF ベルギー ノア・エンバンバ ()
19 FW イングランド ネイサン・テラ ()
20 DF スペイン アレハンドロ・グリマルド
21 FW モロッコ アミン・アドリ ()
22 FW ナイジェリア ヴィクター・ボニフェイス
23 FW チェコ アダム・フロジェク
24 DF オランダ ティモシー・フォス=メンサー ()
25 MF アルゼンチン エセキエル・パラシオス
30 DF オランダ ジェレミー・フリンポン ()
31 DF ベルギー マディ・モナメイ
32 MF コロンビア グスタボ・プエルタ
34 MF スイス グラニト・ジャカ
36 GK ドイツ ニクラス・ロム
47 MF モロッコ アイマン・アウリール ()

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍選手[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
2 DF クロアチア ヨシプ・スタニシッチ (バイエルン・ミュンヘン)()
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- GK オーストリア パトリック・ペンツ (ブレンビー)
-- DF ドイツ サディク・フォファナ (フォルトゥナ・シッタート)()
No. Pos. 選手名
-- FW イラン サルダル・アズムン (ローマ)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]