SCパーダーボルン07

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SCパーダーボルン07
原語表記 SC Paderborn 07
クラブカラー
創設年 1907年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン パーダーボルン
ホームスタジアム ベンテラー・アレーナ英語版
収容人数 15,000
代表者 ドイツの旗 ヴィルフリート・フィンケ
監督 ドイツの旗 マークス・ゲルーハース
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

SCパーダーボルン07SC Paderborn 07)は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州パーダーボルンを本拠地とするサッカークラブである。

クラブの歴史[編集]

前身となる2つのクラブは1907年に「アルミニア・ノイハウス[1]」(ブンデスリーガ公式サイトでは「SV07ノイハウス」としている[2])、1908年に「FCプロイセン・パーダーボルン」として創設された[2]。その後、他のクラブとの幾度かの合併や名称変更を経て1985年にアルミニアの後身「TuSシュロス・ノイハウス」とプロイセンの後身「1.FCパーダーボルン」が合併し「TuSパーダーボルン・ノイハウス」と改称[1][2]1997年に「SCパーダーボルン07」と改称した[1][2]レギオナルリーガ(3部)からオーバーリーガ(4部)に一時は降格したものの1年で復帰、2004年から2005年にかけてのシリーズで北部レギオナルリーガ2位となり、ブンデスリーガ2部へ昇格を果たした。

2004年にはレギオナルリーガ(実質3部)のチームでありながら、DFBポカールにてハンブルガーSVMSVデュイスブルクを相次いで撃破し、8強にまで残った。しかし、ハンブルクとの試合において、審判がクロアチア系マフィアの賭博と関係して不正な審判を行ったことが判明した。(ただし、パーダーボルンの勝利は認められた。)この試合の主審を務めたロベルト・ホイツァーにはサッカー界からの永久追放と、29ヶ月の禁固刑が言い渡された[3]

2007-08シーズンを17位で終え、新設される3. リーガへの降格となった。2008-09シーズンは3位となり、2部との入れ替え戦でVfLオスナブリュックと対戦。ホーム・アウェイともに勝って1年で2部復帰を決めた。

2013-14シーズンは開幕から9試合を終えた時点で勝ち点9を獲得するに留まり、年間予算も600万ユーロ(約8億4000万円)と低水準だったことから1部昇格は困難なものと考えられていたが[4]、シーズン前半を9位で折り返すとウインターブレイク明けのシーズン後期は17試合で12勝を挙げるなど好調を維持し[4]、2位でクラブ史上初のブンデスリーガ1部への昇格を決めた[2][5]

2014-15シーズンは開幕から4試合を終えた時点で、首位に立ち、シーズン前半を10位で折り返す健闘を見せたが、ウインターブレイク明けのシーズン後期は17試合で3勝2分けに留まるなど大失速し、わずか1年での2部降格となった[6]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

1980-81, 1993-94, 2000-01

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

出典[7]
  • 1985-86 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 2位
  • 1986-87 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 6位
  • 1987-88 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 8位
  • 1988-89 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 9位
  • 1989-90 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 2位
  • 1990-91 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 8位
  • 1991-92 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 5位
  • 1992-93 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 5位
  • 1993-94 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 1位
  • 1994-95 レギオナルリーガ西部/南西部 9位
  • 1995-96 レギオナルリーガ西部/南西部 5位
  • 1996-97 レギオナルリーガ西部/南西部 10位
  • 1997-98 レギオナルリーガ西部/南西部 9位
  • 1998-99 レギオナルリーガ西部/南西部 7位
  • 1999-00 レギオナルリーガ西部/南西部 13位
  • 2000-01 オーバーリーガ・ヴェストファーレン 1位
  • 2001-02 レギオナルリーガ北部 14位
  • 2002-03 レギオナルリーガ北部 8位
  • 2003-04 レギオナルリーガ北部 3位
  • 2004-05 レギオナルリーガ北部 2位
  • 2005-06 ブンデスリーガ2部 9位
  • 2006-07 ブンデスリーガ2部 11位
  • 2007-08 ブンデスリーガ2部 17位
  • 2008-09 ブンデスリーガ3部 3位
  • 2009-10 ブンデスリーガ2部 5位
  • 2010-11 ブンデスリーガ2部 12位
  • 2011-12 ブンデスリーガ2部 5位
  • 2012-13 ブンデスリーガ2部 12位
  • 2013-14 ブンデスリーガ2部 2位
  • 2014-15 ブンデスリーガ1部 18位 

現所属メンバー[編集]

2015年5月29日現在[8]
No. Pos. 選手名
1 ドイツの旗 GK ルーカス・クルーゼ
2 ドイツの旗 DF ウーヴェ・ヒューネマイアー
3 スペインの旗 DF ラファ
6 ドイツの旗 MF マーヴィン・バカロルツ
7 ドイツの旗 DF イェンス・ヴェマー
9 クロアチアの旗 FW スルジャン・ラキッチ
10 ドイツの旗 FW マヒル・サールク (Flag of Turkey.svg)
11 ドイツの旗 MF モーリッツ・シュトッペルカンプ
12 ドイツの旗 GK アレクサンダー・ニューベル
13 ドイツの旗 DF クリスティアン・シュトローディーク
14 ドイツの旗 DF トーマス・ベアテルス
No. Pos. 選手名
15 ドイツの旗 FW エリアス・カチュンガ (Flag of the Democratic Republic of the Congo.svg)
17 アルバニアの旗 MF アルバン・メハ
19 ドイツの旗 GK ニコ・ブルヒャート
20 ドイツの旗 MF マルク・ヴチノヴィッチ
21 ドイツの旗 MF ダニエル・ブリュックナー
22 ドイツの旗 DF ミヒャエル・ハインロート
23 モンテネグロの旗 MF ミルネス・ペピッチ (Flag of Germany.svg)
25 ドイツの旗 DF マーティン・アメディック
26 ドイツの旗 DF フロリアン・ハルトヘルツ
27 フランスの旗 MF イジ・ウアリ (Flag of Algeria.svg)
28 ドイツの旗 DF ティム・ヴェルカー
30 ドイツの旗 MF シュレイマン・コチ (Flag of Turkey.svg)
33 ドイツの旗 GK ダニエル・リュック
34 ドイツの旗 FW マーヴィン・ドゥクシュ

括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
34 ドイツの旗 FW マーヴィン・ドゥクシュ (ドルトムント)
out
No. Pos. 選手名
29 オランダの旗 FW リック・テン・フォールデ (ドルトレヒト)
-- ドイツの旗 FW サリウ・サネ (キール)
No. Pos. 選手名
-- ドイツの旗 MF ゼバスティアン・ショーンロウ (フェール)

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Sport-Club”. SC Paderborn 07. 2014年8月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e パーダーボルンのクラブデータ”. ブンデスリーガ公式ウェブサイト. 2014年8月2日閲覧。
  3. ^ サッカー界の10大スキャンダル 4. ロベルト・ホイツァー GOAL.com
  4. ^ a b ドイツに衝撃を与えたパーダーボルンの昇格”. UEFA.com (2014年5月12日). 2014年8月30日閲覧。
  5. ^ SC Paderborn steigt erstmals in die Bundesliga auf”. ZEIT ONLINE (2014年5月11日). 2014年8月2日閲覧。
  6. ^ シュトゥットが大逆転の残留決定…最終節は敵地で直接対決制し降格圏脱出”. サッカーキング (2015年5月24日). 2015年5月24日閲覧。
  7. ^ SC Paderborn 07”. Fussballdaten. 2014年8月30日閲覧。
  8. ^ Spieler”. SC Paderborn 07. 2015年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]