アイントラハト・ブラウンシュヴァイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アイントラハト・ブラウンシュヴァイク
原語表記 Eintracht Braunschweig Turn-und
Sportverein Eintracht von 1895
クラブカラー 黄と青
創設年 1895年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 3部
ホームタウン ブラウンシュヴァイク
ホームスタジアム アイントラハト・シュタディオン
収容人数 23,500
代表者 ドイツの旗 マルク・アルノルト
監督 ドイツの旗 マルコ・アントワープ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

アイントラハト・ブラウンシュヴァイクドイツ語: Eintracht Braunschweig)は、ドイツの北西部、ニーダーザクセン州の都市ブラウンシュヴァイクを本拠地とする総合スポーツクラブである。サッカー部門はかつてブンデスリーガで優勝した経験もある古豪であり、2020-21シーズンは2. ブンデスリーガに所属している。サッカー以外にも、バスケットボールハンドボール水泳水球など様々なスポーツ部門を抱える。近郊のクラブであるハノーファー96とライバル関係にある。

クラブの歴史[編集]

1895年、サッカーとクリケットのスポーツクラブ「FUCCアイントラハト1895」として創設された[1]。1906年に「FCアイントラハト1895」と改称し、1920年に「SVアイントラハト・ブラウンシュヴァイク」と改称した[1]第二次世界大戦後の1945年4月2日にクラブは解散を命じられたが、同年11月2日に「TSVブラウンシュヴァイク」として再編。4年後の1949年4月1日にかつての名称である「SVアイントラハト・ブラウンシュヴァイク」に改称した[1]

1963年のブンデスリーガ発足後は1部リーグ中位につけており、1967年には堅固な守備に支えられ、ブンデスリーガ最少失点で(34試合、27失点)リーグ優勝を果たした。しかし、その後は成績は振るわず1973年、1980年に2部へ降格した。この際は1期でリーグ復帰を果たしたが、1985年に3度目の2部リーグ降格を喫すると、更なる低迷がクラブを襲った。1987年に2部リーグ17位で3部リーグ(レギオナルリーガ)へ降格、さすがに1期で復帰を果たしたものの、2部リーグ中位止まりの成績を重ね、1993年には再び3部へ降格した。その後、8年間にわたって3部リーグから抜け出せず、2002年に僅差で2部復帰を果たしたものの、1シーズンで再降格した。2005年に3度目の2部リーグ昇格を果たしたが、06-07シーズン18位で降格。07-08シーズンは3部リーグで闘った。2008-09シーズンは新設されたブンデスリーガ3部に所属。2010-11シーズンにブンデスリーガ3部で優勝、2部昇格を果たした。2012-13シーズンには2部で2位となり、1部昇格を果たした。しかし1部の壁は厚く、2013-14シーズンでは最下位となり1シーズンで2部へ降格することになった。2017-18シーズンには2部17位となり8年ぶりに3部へ降格した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • ブンデスリーガ :1回
    • 1966-67
  • 北ドイツ選手権 :2回
    • 1908, 1913
  • ガウリーガ・ハノーファー南部=ブラウンシュヴァイク :2回
    • 1943, 1944
  • オーバーリーガ・ニーダーザクセン南部 :2回
    • 1946, 1947
  • オーバーリーガ・ハノーファー南部/ブラウンシュヴァイク :2回
    • 1924, 1925
  • ブラウンシュヴァイク地区リーグ :13回
    • 1905, 1906, 1907, 1908, 1909, 1910, 1911, 1912, 1913, 1916, 1917, 1918, 1920
  • レギオナルリーガ北部(2部リーグに相当): 1回
    • 1973-74
  • アマチュア=オーバーリーガ・ニーダーザクセン東部: 1回
    • 1953
  • 3. リーガ: 1回
    • 2010-11
  • レギオナルリーガ北部: 1回
    • 1974
  • レギオナルリーガ北部(3部リーグに相当): 1回
    • 2004-05
  • アマチュア=オーバーリーガ・北部: 1回
    • 1988
  • ニーダーザクセン・ポカール :2回
    • 2004, 2011

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン DFBポカール
リーグ 順位
2008-09 ブンデスリーガ3部 38 12 9 17 46 51 45 13位
2009-10 ブンデスリーガ3部 38 17 11 10 55 37 62 4位 1回戦敗退
2010-11 ブンデスリーガ3部 38 26 7 5 81 22 85 1位 1回戦敗退
2011-12 ブンデスリーガ2部 34 10 15 9 37 34 45 8位 1回戦敗退
2012-13 ブンデスリーガ2部 34 19 10 5 52 34 67 2位 2回戦敗退
2013-14 ブンデスリーガ1部 34 6 7 21 29 60 25 18位 1回戦敗退
2014-15 ブンデスリーガ2部 34 15 5 14 44 41 50 6位 ベスト16
2015-16 ブンデスリーガ2部 34 12 10 12 44 38 46 8位 ベスト16
2016-17 ブンデスリーガ2部 34 19 9 6 50 36 66 3位 1回戦敗退
2017-18 ブンデスリーガ2部 34 8 15 11 37 43 39 17位 1回戦敗退
2018-19 ブンデスリーガ3部 38 10 15 13 48 54 45 16位 1回戦敗退
2019-20 ブンデスリーガ3部 38 18 10 10 64 53 64 3位
2020-21 ブンデスリーガ2部 34 7 10 17 30 59 31 17位 2回戦敗退
2021-22 ブンデスリーガ3部 38


出典[2]

欧州の成績[編集]

シーズン 大会 ラウンド 対戦相手 ホーム アウェー プレーオフ 合計
1967-68 UEFAチャンピオンズカップ 1回戦 アルバニアの旗 ディナモ・ティラナ N/A N/A (w/o) Symbol keep vote.svg
2回戦 オーストリアの旗 ラピード・ウィーン 2-0 0-1 2-1 Symbol keep vote.svg
準々決勝 イタリアの旗 ユヴェントス 3-2 0-1 0-1 3-4 Symbol delete vote.svg
1971-72 UEFAカップ 1回戦 北アイルランドの旗 グレントラン 6-1 1-0 N/A 7-1 Symbol keep vote.svg
2回戦 スペインの旗 アスレティック・ビルバオ 2-1 2-2 4-3 Symbol keep vote.svg
3回戦 ハンガリーの旗 フェレンツヴァーロシュ 1-1 2-5 3-6 Symbol delete vote.svg
1976-77 UEFAカップ 1回戦 デンマークの旗 ホルベック 7-0 0-1 7-1 Symbol keep vote.svg
2回戦 スペインの旗 エスパニョール 2-1 0-2 2-3 Symbol delete vote.svg
1977-78 UEFAカップ 1回戦 ソビエト連邦の旗 ディナモ・キエフ 0-0 1-1 1-1 (a) Symbol keep vote.svg
2回戦 ノルウェーの旗 IKスタルト 4-0 0-1 4-1 Symbol keep vote.svg
3回戦 オランダの旗 PSV 1-2 0-2 1-4 Symbol delete vote.svg

現所属メンバー[編集]

2020年9月5日現在[3]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK ドイツ マルク・エンゲルハールト
2 MF ドイツ スティーヴ・ブライクロイツ
4 DF スウェーデン ジョセフ・バッフォ (Flag of Ghana.svg)
5 DF ノルウェー グスタフ・ヴァルスヴィク
6 MF ドイツ クイリン・モル
7 MF ドイツ エズカン・ユルドゥルム (Flag of Turkey.svg)
9 FW ドイツ ユリウス・ビアダ
10 MF ドイツ ミルコ・ボラント
11 MF ドイツ ヤン・ホッフシャイト
12 FW コンゴ民主共和国 ドミ・クンベラ
13 MF ドイツ ルイス・サムソン
14 DF ドイツ ロビン・ベッカー
15 FW スウェーデン クリストファー・ニーマン
No. Pos. 選手名
16 GK ボスニア・ヘルツェゴビナ ヤスミン・フェイジッチ
17 DF ドイツ シュテファン・ヌカンザ (Flag of Ghana.svg)
19 DF ドイツ ケン・ライヒェル
21 MF ドイツ パトリック・シェーンフェルト
22 MF スイス サリム・ケリフィ (Flag of Tunisia.svg)
23 MF ドイツ オネル・エルナンデス (Flag of Cuba.svg)
24 DF ドイツ マクシミリアン・ザウアー
27 DF ドイツ ニコ・キイェフスキ
29 FW 大韓民国 チ・ドンウォン
30 DF ドイツ ブライアン・ベーレント
33 GK オランダ エリック・フェルスタペン
34 FW ドイツ フィリップ・ティーツ
37 MF ドイツ エロス・ダツァイ (Flag of Kosovo.svg)
-- MF ドイツ フェリックス・クロース

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- FW 大韓民国 チ・ドンウォン (1.FSVマインツ05)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

その他のスポーツ[編集]

クラブはサッカー以外にもバスケットボールハンドボールホッケー水泳水球テニス体操ウィンタースポーツなどのスポーツ部門を保有する[4]

ホッケー[編集]

ホッケー部門は1924年に創設された。クラブの女子ホッケー部門は1960年代から1970年代にかけて、ドイツ選手権で6回 (1965, 1969, 1974, 1975, 1976, 1978) 、ドイツ室内選手権で3回 (1973, 1974, 1975) 優勝するなどドイツのホッケー界を牽引した[5]

バスケットボール[編集]

バスケットボール部門は1956年に創設された。クラブの女子部門は2013-14シーズンから2. 女子バスケットボール・ブンデスリーガドイツ語版に所属している[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c chronik”. Eintracht Braunschweig. 2014年8月14日閲覧。
  2. ^ Eintracht Braunschweig”. Fussballdaten. 2014年9月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年8月30日閲覧。
  3. ^ Kader”. Eintracht Braunschweig. 2017年11月5日閲覧。
  4. ^ 優勝経験ある古参、再建目指す”. ブンデスリーガ公式ウェブサイト. 2014年8月14日閲覧。
  5. ^ SPORTANGEBOTE // Hockey // Geschichte”. Eintracht Braunschweig. 2014年8月14日閲覧。
  6. ^ SPORTANGEBOTE // Basketball”. Eintracht Braunschweig. 2014年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]