VfLヴォルフスブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
VfLヴォルフスブルク
Logo-VfL-Wolfsburg.svg
原語表記 Verein für Leibesübungen Wolfsburg Fußball GmbH
愛称 Wolfs
クラブカラー  
創設年 1945年
所属リーグ ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ヴォルフスブルク
ホームスタジアム Volkswagen Arena Spielfeld 2.jpg
フォルクスワーゲン・アレーナ
収容人数 30,124
運営法人 ドイツの旗 フォルクスワーゲンAG
監督 クロアチアの旗 ニコ・コヴァチ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

VfLヴォルフスブルクVfL Wolfsburg、正式名称: Verein für Leibesübungen Wolfsburg-Fußball GmbH)は、ドイツニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本拠地を置くサッカークラブ。ヴォルフスブルクに本社を置く自動車メーカーのフォルクスワーゲンがスポンサーの一つである。

歴史[編集]

1945年に創設された。1990年代後半よりクラブの強化が進み、1995年にはブンデスリーガ2部のクラブでありながら、カップ戦で準優勝を果たした。1996-97シーズンにおいて、最終戦でヘルタ・ベルリンを得失点差で逆転、ブンデスリーガ1部へ昇格を果たした。

初のリーグ優勝[編集]

ヴォルフスブルクの選手たち (2004年)

2005-06シーズンからの2年間は残留争いに巻き込まれる不本意な成績が続いていたが、2007-08シーズンからシュトゥットガルトバイエルン・ミュンヘンを率いたフェリックス・マガトが監督に就任。前半戦こそ30得点30失点の11位と不安定な成績で終えたものの、冬の補強でCDナシオナルからGKのディエゴ・ベナリオを、浦和レッドダイヤモンズからMFの長谷部誠らを獲得しDF組織のテコ入れを図る。この補強が功を奏して後半戦は28得点16失点と安定した戦いを見せ、クラブ史上最高の5位でシーズンを終了。2008-09シーズンのUEFAカップ出場権を獲得した。

2008-09シーズンは序盤戦こそ成績が安定しなかったものの、グラフィッチエディン・ジェコの大ブレイクなどもあり、徐々に順位を上げていった。2009年4月4日バイエルン・ミュンヘン戦に圧勝して首位に立つと、最終節まで勢いは衰えず、クラブ史上初のリーグ優勝(はもとより、カップ戦を含めドイツの主要国内大会初優勝)を果たした。グラフィッチは28得点で得点王、ジェコは26得点でグラフィッチに次ぐ得点ランク2位となるなど、攻撃力の高さが目立った。なお、同一チームから20得点以上の選手が2人出るのはブンデスリーガ史上初である。また、長谷部誠と大久保嘉人は、奥寺康彦以来31年ぶりにブンデスリーガ優勝を経験した日本人となった。

リーグ優勝達成以降[編集]

ドイツ王者として出場した2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではマンチェスター・ユナイテッドCSKAモスクワ等と同組となり、最終節まで決勝トーナメント進出を争ったものの、マイケル・オーウェンにハットトリックを決められて、1-3でマンチェスター・ユナイテッドに敗れ、グループリーグにて敗退している。リーグも中位に低迷し、 アルミン・フェーは解任された。

2009-10シーズン以降、クラブの予算や戦力に見合わない低迷した成績が続き、2010-11シーズンはあわやブンデスリーガ2部降格という危機にまで陥った。

2010年、ヘルタ・ベルリンのフロントで手腕を振るっていたディーター・ヘーネスゼネラルマネージャーに招聘。2011年3月には2008-09シーズン優勝時の監督フェリックス・マガトを呼び戻し、彼の主導の下、ここ暫く続いた低迷を打破しようと試みた。

その後、クラブの立ち位置としては、優勝もしくは優勝争いをするレベルまでの戦力および予算を保持していないが、チャンピオンズリーグ出場権(2011-12シーズンからは4位以内)もしくはヨーロッパリーグ出場権(国内カップ戦優勝、リーグ戦5位6位)を狙える、上位グループに位置する戦力を有している。

2014-15シーズンは、ケヴィン・デ・ブライネがエースとして躍動し、20アシストを記録した。他にもバス・ドストイヴァン・ペリシッチらの活躍もあり、バイエルン・ミュンヘンに次ぐ2位となりCL出場権を獲得。さらに、DFBポカールでは決勝でボルシア・ドルトムントを破り初優勝を達成した。

2015-16年シーズンはマンチェスター・シティに移籍したデブライネの穴を埋めるべくシャルケ04からユリアン・ドラクスラーを獲得した。他にもボルシア・メンヒェングラートバッハからマックス・クルーゼバイエルン・ミュンヘンからダンテらを獲得。UEFAチャンピオンズリーグはベスト8まで進んだものの、レアル・マドリードに敗れた。リーグ戦は8位終えた。

16-17シーズンはベシクタシュJKからマリオ・ゴメスレアル・マドリードからボルハ・マジョラルVfBシュトゥットガルトからダニエル・ディダヴィボルシア・ドルトムントからヤクブ・ブワシュチコフスキPSVアイントホーフェンからジェフリー・ブルマなどを獲得するも、ゴメス以外のプレーヤーの得点が少なく低迷した。冬にはドラクスラーをパリ・サンジェルマンに放出し、1.FSVマインツ05からユヌス・マリアヤックス・アムステルダムからリーシェドリー・バズールを獲得した。しかし依然として調子が悪く、16位でシーズンを終えた。しかしブラウンシュヴァイクとの入れ替え戦に無事勝利し、1部残留を決めた。

2017-18シーズンはACミランリカルド・ロドリゲスオリンピック・マルセイユルイス・グスタヴォASモナコディエゴ・ベナリオを放出した。9月18日にはアンドリース・ヨンカー監督を解任した[1]

2021-22シーズンは、マルク・ファン・ボメル監督が就任。[2]

SKNザンクト・ペルテンとの提携関係[編集]

2021年5月、オーストリア・ブンデスリーガ2部に所属するSKNザンクト・ペルテンと2025年までの業務提携を締結した[3]。両クラブの男子・女子部門におけるチーム強化の情報共有、国際市場におけるスカウティング、人材交流、国際マーケティングなど競技面に限定されない様々な取り組みを共同で進めていくと公表した[4][5]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

  • なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン DFBポカール
リーグ 順位
1992-93 ブンデスリーガ2部 46 16 13 17 65 69 45 14位
1993-94 ブンデスリーガ2部 38 15 10 13 47 45 40 5位 2回戦敗退
1994-95 ブンデスリーガ2部 34 15 13 6 51 40 43 4位 準優勝
1995-96 ブンデスリーガ2部 34 10 14 10 41 46 44 12位 1回戦敗退
1996-97 ブンデスリーガ2部 34 14 16 4 52 29 58 2位 2回戦敗退
1997-98 ブンデスリーガ1部 34 11 6 17 38 54 39 14位 2回戦敗退
1998-99 ブンデスリーガ1部 34 15 10 9 54 49 55 6位 準決勝敗退
1999-00 ブンデスリーガ1部 34 12 13 9 51 58 49 7位 ベスト16
2000-01 ブンデスリーガ1部 34 12 11 11 60 45 47 9位 ベスト16
2001-02 ブンデスリーガ1部 34 13 7 14 57 49 46 10位 ベスト16
2002-03 ブンデスリーガ1部 34 13 7 14 39 42 46 8位 2回戦敗退
2003-04 ブンデスリーガ1部 34 13 3 18 56 61 42 10位 2回戦敗退
2004-05 ブンデスリーガ1部 34 15 3 16 49 51 48 9位 1回戦敗退
2005-06 ブンデスリーガ1部 34 7 13 14 33 55 34 15位 2回戦敗退
2006-07 ブンデスリーガ1部 34 8 13 13 37 45 37 15位 準決勝敗退
2007-08 ブンデスリーガ1部 34 15 9 10 58 46 54 5位 準決勝敗退
2008-09 ブンデスリーガ1部 34 21 6 7 80 41 69 1位 準々決勝敗退
2009-10 ブンデスリーガ1部 34 14 8 12 64 58 50 8位 2回戦敗退
2010-11 ブンデスリーガ1部 34 9 11 14 43 48 38 15位 ベスト16
2011-12 ブンデスリーガ1部 34 13 5 16 47 60 44 8位 1回戦敗退
2012-13 ブンデスリーガ1部 34 10 13 11 47 52 43 11位 準決勝敗退
2013-14 ブンデスリーガ1部 34 18 6 10 63 50 60 5位 準決勝敗退
2014-15 ブンデスリーガ1部 34 20 9 5 72 38 69 2位 優勝
2015-16 ブンデスリーガ1部 34 12 9 13 47 49 45 8位 2回戦敗退
2016-17 ブンデスリーガ1部 34 10 7 17 34 52 37 16位 ベスト16
2017-18 ブンデスリーガ1部 34 6 15 13 36 48 33 16位 準々決勝敗退
2018-19 ブンデスリーガ1部 34 16 7 11 62 50 55 6位 ベスト16
2019-20 ブンデスリーガ1部 34 13 10 11 48 46 49 7位 2回戦敗退
2020-21 ブンデスリーガ1部 34 17 10 7 61 37 61 4位 準々決勝敗退
2021-22 ブンデスリーガ1部 34 12 6 16 43 54 42 12位 1回戦敗退
2022-23 ブンデスリーガ1部 34

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

ブンデスリーガ 2020-21シーズン 基本フォーメーション
2022年1月31日現在[6]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK ベルギー クーン・カステールス (Captain sports.svg)
2 DF ブラジル ウィリアム
3 DF ベルギー セバスティアン・ボルナウ
4 DF フランス マクサンス・ラクロワ (Flag of Guadeloupe (local) variant.svg)
5 DF オランダ ミッキー・ファン・デ・フェン
6 DF ブラジル パウロ・オタヴィオ
7 FW ドイツ ジャン=ルカ・ヴァルトシュミット
8 MF ベルギー アステル・ヴランクス (Flag of Democratic Republic of the Congo.svg)
9 FW ドイツ マックス・クルーゼ
10 FW ドイツ ルーカス・ヌメチャ (Flag of Nigeria.svg) (Flag of England.svg)
11 MF スイス レナト・シュテフェン
12 GK オーストリア パバオ・ペルヴァン
15 DF フランス ジェローム・ルシヨン (Flag of Guadeloupe.svg)
17 FW ドイツ マクシミリアン・フィリップ
No. Pos. 選手名
18 DF アイルランド アンセルモ・ガルシア・マクナルティ (Flag of Spain.svg)
19 DF スイス ケヴィン・ムバブ (Flag of Democratic Republic of the Congo.svg)
20 MF ドイツ リドル・バク (Flag of Democratic Republic of the Congo.svg)
21 FW ポーランド バルトシュ・ビャウェク
22 MF イングランド フェリックス・ヌメチャ (Flag of Nigeria.svg) (Flag of Germany.svg)
23 FW デンマーク ヨーナス・ヴィンド
25 DF アメリカ合衆国 ジョン・ブルックス (Flag of Germany.svg)
27 MF ドイツ マクシミリアン・アルノルト
28 FW ベルギー ドディ・ルケバキオ (Flag of Democratic Republic of the Congo.svg)
30 GK ドイツ ニクラス・クリンガー
31 MF ドイツ ヤニック・ゲルハルト
35 GK ドイツ フィリップ・シュルツェ
40 MF アメリカ合衆国 ケヴィン・パレデス (Flag of Dominican Republic.svg) ★
-- MF クロアチア バルドル・フラニッチ

※括弧内の国旗はその他の保有国籍を、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍選手[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
28 FW ベルギー ドディ・ルケバキオ (ヘルタ・ベルリン)
No. Pos. 選手名
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- DF ドイツ ティム・ジールスレーベン (1.FCハイデンハイム)
-- DF クロアチア マリン・ポングラチッチ (ボルシア・ドルトムント)
-- MF ドイツ エルヴィス・レジュベツァイ (VfLボーフム)
No. Pos. 選手名
-- MF クロアチア ヨシプ・ブレカロ (トリノFC)
-- MF フランス ジョシュア・ギラヴォギ (FCジロンダン・ボルドー)
-- FW エジプト オマル・マーモウシュ (VfBシュトゥットガルト)

加入内定選手[編集]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- FW ポーランド ヤクブ・カミンスキ (レフ・ポズナン)
-- MF オーストリア パトリック・ヴィマー (アルミニア・ビーレフェルト)

2021-2022シーズン移籍[編集]

歴代監督[編集]

出典[7]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]


DF[編集]


MF[編集]


FW[編集]


関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ ヴォルフスブルク、アンドリース・ヨンカー監督を解任Kicker日本語版 2017年9月18日
  2. ^ Mark van Bommel neuer Wölfe-Coach” (ドイツ語). Mark van Bommel neuer Wölfe-Coach (2021年6月3日). 2021年6月4日閲覧。
  3. ^ WÖLFEKOOPERATION SKN St. Pölten HP
  4. ^ So sieht die Kooperation zwischen SKN St. Pölten und VfL Wolfsburg aus 90minuten.at
  5. ^ SKN St. Pölten leiht Trio von Partnerklub Wolfsburg aus Sky Sport Austria
  6. ^ Kader”. VfL Wolfsburg. 2022年1月29日閲覧。
  7. ^ VfL Wolfsburg - Trainerhistorie”. kicker.de. 2014年12月18日閲覧。

外部リンク[編集]