SpVggグロイター・フュルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SpVggグロイター・フュルト
原語表記 Spielvereinigung Greuther Fürth e. V.
愛称 Kleeblätter (クローバーの葉)
クラブカラー  
 
創設年 1903年
所属リーグ 2. ブンデスリーガ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン フュルト
ホームスタジアム Playmobil-Stadion Nordtribüne.jpg
スポーツパークロンホフ
収容人数 16,626[1]
代表者 ドイツの旗 フレット・へフラー
監督 ドイツの旗 シュテファン・ライトル
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

シュピールフェアアイニグング・グロイター・フュルトSpielvereinigung Greuther Fürth (ドイツ語発音: [ˈʃpiːlfɛɐ̯ˌʔaɪnɪɡʊŋ gʁɔʏtɐ ˈfʏʁt])、通称グロイター・フュルトGreuther Fürth) (ドイツ語発音: [ˌɡʁɔɪ̯tɐ ˈfʏʁt] ( 音声ファイル)))は、ドイツバイエルン州フュルトサッカークラブチーム。第二次世界大戦前には三度の優勝を果たした古豪だが、ブンデスリーガ発足後はもっぱらブンデスリーガ2部かレギオナルリーガに所属している。ユニフォームは緑と白。すぐ近くにニュルンベルク(南東約7km程)があるため、1.FCニュルンベルクとはライバル関係にある。

クラブの歴史[編集]

1903年に発足。陸上競技水泳テニスハンドボールなどの部門も創設され、総合スポーツクラブとして発展した。1914年、1926年、1929年にはリーグ優勝を果たしている。ブンデスリーガ発足後は、長くブンデスリーガ2部に在籍した。しかし、1982-83シーズンのリーグ最終節で逆転降格が決定し、3部リーグへと降格した。その後クラブの低迷は続くが、1996-97シーズンにレギオナルリーガ(3部)準優勝を果たし、ブンデスリーガ2部へ昇格した。

2006-07シーズンは最終節までわずかではあるが昇格の可能性を残していたが、カールスルーエSCに1-3で敗れ、5位に終わった。2007-08、2008-09シーズンも、前半戦で快進撃を続けたものの、後半戦に失速し、昇格を逃している。

2011-12シーズン、DFBポカールでベスト4まで勝ち残ったが、準決勝でイルカイ・ギュンドアンの延長後半終了間際の決勝ゴールによりボルシア・ドルトムントに0-1で惜敗した。

またブンデスリーガ2部で優勝し、ブンデスリーガ発足後初の1部昇格を決めた。

2012-13シーズン、初めての1部参戦だったがシーズンを通じて苦戦を強いられ18位(最下位)が確定。1シーズンで2部へ降格となった。

2013-14シーズン以降は2部でも中位に甘んじ、昇格争いとは無縁のシーズンが続いたが、2020-21シーズンは最終節にホルシュタイン・キールを追い抜き、土壇場で2位に滑り込み、2012-13シーズン以来となる1部復帰を果たした。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

  • なし

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン DFBポカール
リーグ 順位
1999-00 ブンデスリーガ2部 34 10 16 8 40 39 46 7位 3回戦敗退
2000-01 ブンデスリーガ2部 34 15 9 10 55 38 54 5位 2回戦敗退
2001-02 ブンデスリーガ2部 34 16 11 7 62 41 59 5位 2回戦敗退
2002-03 ブンデスリーガ2部 34 15 12 7 52 48 57 5位 1回戦敗退
2003-04 ブンデスリーガ2部 34 11 12 11 58 51 45 9位 準々決勝敗退
2004-05 ブンデスリーガ2部 34 17 5 12 51 42 56 5位 2回戦敗退
2005-06 ブンデスリーガ2部 34 15 9 10 51 42 54 5位 1回戦敗退
2006-07 ブンデスリーガ2部 34 16 6 12 53 40 54 5位 ベスト16
2007-08 ブンデスリーガ2部 34 14 10 10 53 47 52 6位 1回戦敗退
2008-09 ブンデスリーガ2部 34 16 8 10 60 46 56 5位 1回戦敗退
2009-10 ブンデスリーガ2部 34 12 8 14 51 50 44 11位 準々決勝敗退
2010-11 ブンデスリーガ2部 34 17 10 7 47 27 61 4位 2回戦敗退
2011-12 ブンデスリーガ2部 34 20 10 4 73 27 70 1位 2回戦敗退
2012-13 ブンデスリーガ1部 34 4 9 21 26 60 21 18位 1回戦敗退
2013-14 ブンデスリーガ2部 34 17 9 8 64 38 60 3位 2回戦敗退
2014-15 ブンデスリーガ2部 34 8 13 13 34 42 37 14位 2回戦敗退
2015-16 ブンデスリーガ2部 34 13 7 14 49 55 46 9位 1回戦敗退
2016-17 ブンデスリーガ2部 34 12 9 13 33 40 45 8位 3回戦敗退
2017-18 ブンデスリーガ2部 34 10 10 14 37 48 40 15位 2回戦敗退
2018-19 ブンデスリーガ2部 34 10 12 12 37 56 42 13位 1回戦敗退
2019-20 ブンデスリーガ2部 34 11 11 12 46 45 44 9位 1回戦敗退
2020-21 ブンデスリーガ2部 34 18 10 6 69 44 64 2位 3回戦敗退
2021-22 ブンデスリーガ1部 34 3 9 22 28 82 18 18位 1回戦敗退
2022-23 ブンデスリーガ2部 34

現所属メンバー[編集]

2022年1月31日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK ドイツ マリウス・フンク
2 DF ドイツ シモン・アスタ
4 DF ドイツ マクシミリアン・バウアー
5 DF オランダ ユスティン・ホーフマ
6 MF ドイツ アドリアン・ファイン
7 FW ドイツ ロビン・ケール
9 FW アンゴラ アフィミコ・プルル (Flag of France.svg)
10 FW スウェーデン ブラニミル・フルゴタ (Flag of Bosnia and Herzegovina.svg) (Flag of Croatia.svg)
11 FW ナイジェリア ディクソン・アビアマ
13 MF ドイツ マックス・クリスティアンゼン
15 DF オランダ イェトロ・ウィレムス (Flag of Curaçao.svg)
16 FW ノルウェー ホーバル・ニールセン
18 DF ドイツ マルコ・メイヤーヘーファー
No. Pos. 選手名
20 MF ドイツ トビアス・ラシュル
21 MF ドイツ ティモシー・ティルマン (Flag of United States.svg)
22 MF ドイツ セバスティアン・グリースベック
23 DF ドイツ ギデオン・ユング (Flag of Ghana.svg)
24 DF オランダ ニック・フィールヘフェル
25 GK ドイツ レオン・シャッフラン
26 GK スウェーデン アンドレアス・リンデ
27 DF ドイツ ジャン=ルカ・イッター
28 MF チュニジア ジェレミー・ドゥツィアク (Flag of Germany.svg)
30 GK ドイツ サシャ・ブルヒャート
32 DF フランス アブドゥラハマン・バリー (Flag of Guinea.svg)
37 MF アメリカ合衆国 ユリアン・グリーン (Flag of Germany.svg)
41 GK フィンランド ラッセ・シュルツ

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

監督

ローン移籍[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
5 DF オランダ ユスティン・ホーフマ (TSG1899ホッフェンハイム)
6 MF ドイツ アドリアン・ファイン (FCバイエルン・ミュンヘン)
No. Pos. 選手名
27 DF ドイツ ジャン=ルカ・イッター (SCフライブルク)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
8 MF ドイツ ニルス・ソイファート (SVザントハウゼン)
No. Pos. 選手名

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sportpark Ronhof | Thomas Sommer” (ドイツ語). sgf1903.de. 2020年3月16日閲覧。

外部リンク[編集]