1.FCウニオン・ベルリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1.FCウニオン・ベルリン
原語表記 1. FC Union Berlin
愛称 Die Eisernen
クラブカラー 赤と白
創設年 1966年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 2部
ホームタウン ベルリン
ホームスタジアム アルテ・フェルステライ
収容人数 18.992
代表者 ドイツの旗 ディルク・ツィンクラー
監督 ドイツの旗 イェンス・ケラー
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

1. FCウニオン・ベルリンドイツ語: 1. FC Union Berlin)は、ドイツの首都ベルリンを本拠地とするサッカークラブ。ブンデスリーガに在籍するヘルタ・ベルリンと異なり、旧東ドイツ地区のクラブである。東ドイツ時代は1部と2部を往復することが多く、カップ戦で1度の優勝、1度の準優勝を果たした。ドイツ再統一後もカップ戦で準優勝を1度経験している。

歴史[編集]

母体となるクラブは1906年に結成された。第二次世界大戦後、東ドイツ政府の主導でサッカークラブの再編が行われ、現在のクラブは1966年に発足した。東ドイツ時代に、1967年-68シーズンのカップ戦(FDGB-Pokal)で優勝したのが、クラブ史に残る輝かしい記録である。1985-86シーズンのカップ戦(FDGB-Pokal)でも決勝にまで進出したが、1. FCロコモティフ・ライプツィヒに敗れて準優勝に終わった。リーグ戦(DDRオーバーリーガ、東ドイツの1部リーグ)では、1970年の5位が最高位であった。

スタジアムの風景

1990年の東西ドイツ再統一後は、スポンサー難などに苦しみ、旧西ドイツのヘルタ・ベルリンが躍進するかたわらで低迷を続けた。しかし、2000-01のシーズンは、ウニオン・ベルリンにとって記念すべきものとなった。カップ戦(DFB-Pokal)において、レギオナルリーガ(3部)のクラブでありながら決勝まで進出を果たし、シャルケ04に1対4で敗れたものの、クラブの潜在的な実力を示すことになった。同年には、レギオナルリーガで優勝を果たし、ブンデスリーガ2部へと昇格を果たした。

2001-02のシーズンには6位につけたが、翌年の不振から3部へ、さらに4部へと降格してしまった。2006年、オーバーリーガ(4部)の優勝を決めてレギオナルリーガへと復帰した。2008年、新設されたブンデスリーガ3部に所属することになったが、残り3節を残した時点で優勝を決め、2部に昇格した。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • FDGB-Pokal(東ドイツカップ戦)優勝
1968

国際タイトル[編集]

なし

現所属メンバー[編集]

2016年9月1日現在
No. Pos. 選手名
1 ドイツの旗 GK ダニエル・メゼンヘーラー
2 ドイツの旗 MF クリストファー・クイリング
3 オーストリアの旗 DF エマヌエル・ポガテッツ
4 クロアチアの旗 DF ロベルト・プンチェッチ
5 ドイツの旗 DF ベンヤミン・ケッセル
6 デンマークの旗 DF クリスティアン・ペデルセン
7 ドイツの旗 MF ベンヤミン・ケーラー
8 ドイツの旗 MF シュテファン・フュルストナー
9 ドイツの旗 FW ゼーレン・ブランディ
10 ドイツの旗 MF デニス・ダウベ
11 ドイツの旗 MF マクシミリアン・ティール
12 デンマークの旗 GK ヤコブ・ブスク
13 ドイツの旗 MF ラファエル・コルテ
14 スイスの旗 MF アドリアン・ニクチ
16 オーストリアの旗 FW フィリップ・ホジナー
No. Pos. 選手名
17 スウェーデンの旗 FW シモン・ヘドルン
18 ドイツの旗 MF ケニー・プリンス・レドンド
19 クロアチアの旗 MF ダミル・クライラフ
21 ドイツの旗 FW コリン・クアナー
23 ドイツの旗 MF フェリックス・クロース
24 ドイツの旗 FW シュテフェン・スクシプスキ
25 ドイツの旗 DF クリストファー・レンツ
27 コソボの旗 MF エロル・ゼイヌラフ
28 オーストリアの旗 DF クリストファー・トリメル
29 ドイツの旗 DF ミヒャエル・パレンゼン
30 オーストリアの旗 GK ミヒャエル・グスプルニング
34 ドイツの旗 DF ファビアン・シェーンハイム
37 ドイツの旗 DF トニ・ライストナー
39 ドイツの旗 MF ルーカス・レンメル

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

外部リンク[編集]