SKスラヴィア・プラハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
SKスラヴィア・プラハ
SK Slavia Praha.png
原語表記 Sportovní klub Slavia Praha
愛称 Červenobílí(赤と白)
Sešívaní(縫物)
Věčná Slavia(永遠のスラヴィア)
クラブカラー
創設年 1892年
所属リーグ チェコ1部リーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン プラハ
ホームスタジアム シノー・ティップ・アレナ
収容人数 20,232
代表者 チェコの旗 ヤロスラフ・トフルディーク
監督 チェコの旗 インドジフ・トルピショフスキー
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

SKスラヴィア・プラハチェコ語: Sportovní klub Slavia Praha)は、チェコプラハを本拠地とするサッカークラブ。1892年に設立され、同じくプラハをホームタウンとするACスパルタ・プラハとの対戦はプラハダービーとして知られており、勢力を二分している。

歴史[編集]

1892年11月2日、プラハのヴィノフラディ地区に住む医学生らによって、学生間でのスポーツ活動を増やすために設立された。設立当初は、主にサイクリングが主体のスポーツクラブだったが、1896年にサッカー部門を設立した[1]。その年の3月25日、ACスパルタ「と初めての試合を行い、5-0で大勝した[1]。4日後には、ACスパルタ・プラハとも試合を行い、0-0でのスコアレスドローだったが、ここから両者のライバル意識が始まった[2][3]。1905年、スコットランドからジェイク・マッデンを監督に招聘し、当時最先端のサッカーを披露していたスコットランド流の戦術がスラヴィア・プラハにも持ち込まれた。

1901年のメンバー

マッデンは、後に25年間も続くクラブ黄金期の基盤を形成し、国内試合169試合で134勝を、国際試合では429試合304勝を記録した。1930年、マッデンはスラヴィア・プラハの監督を退き、18年後の1948年に82歳で死去した。

1934 FIFAワールドカップでは、スラヴィア・プラハは8人の選手をチェコスロバキア代表に送り込んだ。クラブ2度目の黄金期は、ヨーゼフ・ビカンの獲得から始まった。ビカンが中心となったスラヴィア・プラハは、戦争により満足に戦力を揃えられないながらも、1940年から国内リーグ4連覇を果たした。しかし、1950年代に突入すると、徐々にクラブの成績は後退し始め、1960年まで実に2度の2部リーグ降格を味わった。

チョスロバキア分離後の1996年、48年ぶりに14回目となるリーグ優勝を果たした[4]。この1995-96シーズン、スラヴィア・プラハは国際舞台でも成功を収め、UEFAカップではベスト4に進出。クラブ所属選手が4人選出されていたチェコ代表UEFA EURO '96で準優勝を果たした[5][6]

1996-97シーズンから2005-06シーズンまでに合計5回、UEFAチャンピオンズリーグ予選出場権を得ていたが、いずれも予選敗退に終わり、本大会出場はできなかった。しかし、2007-08シーズンのCL予選3回戦では、2戦合計3-1でアヤックス・アムステルダムに勝利を収め、クラブ史上初となる本大会出場を決めた。本戦のグループステージではアーセナルFCFCステアウア・ブカレストそしてセビージャFCと同組になった。スラヴィア・プラハはこのグループを1勝3分2負の成績で終え、グループ3位となったことで、UEFAカップベスト32へ回った。また、2006年にはエデン・スタディウムの大規模な改修を行い、観客席を21,000人まで拡大した[7]

2007-08シーズンと2008-09シーズン、クラブは再びチェコ1部リーグ優勝を果たし、CL予選出場権を手にするも、前者の予選ではACFフィオレンティーナに、後者ではモルドバFCシェリフ・ティラスポリに敗れた。翌2009-10シーズンは大きく力を落とし、リーグ戦7位に終わった。

2010年の秋、クラブが1億1200万チェコ・コルナもの負債を抱えていることが明るみに出た[8]。これにより、選手の多くが冬の移籍市場でクラブを離れ、その中の1人、ペトル・トラップは、実に3ヶ月もの間給料が未払いだったことを公表した[9]。2011年11月5日のチェコ・カップ準決勝SKシグマ・オロモウツ戦では、クラブの首脳陣に抗議するために、試合中にサポーターの一部がピッチに雪崩れ込んだ[10]

2015年9月にはCEFC中国エネルギーがクラブを買収、2018年11月には中国中信集団公司とシノボ・グループがクラブのオーナーに就任した。

クラブ名の変遷[編集]

  • 1892年 - SK ACOSプラハ (Sportovní klub Akadamický cyklistický odbor Slavia Praha)
  • 1893年 - SKスラヴィア・プラハ (Sportovní klub Slavia Praha)
  • 1948年 – ソコル・スラヴィア・プラハ (Sokol Slavia Praha)
  • 1949年 – ZSJディナモ・スラヴィア・プラハ (Základní sportovní jednota Dynamo Slavia Praha)
  • 1953年 – DSOディナモ・プラハ (Dobrovolná sportovní organizace Dynamo Praha)
  • 1954年 – TJディナモ・プラハ (Tělovýchovná jednota Dynamo Praha)
  • 1965年 – SKスラヴィア・プラハ (Sportovní klub Slavia Praha)
  • 1973年 – TJスラヴィア・プラハ (Tělovýchovná jednota Slavia Praha)
  • 1977年 – TJスラヴィアIPSプラハ (Tělovýchovná jednota Slavia Inženýrské průmyslové stavby Praha)
  • 1978年 – SKスラヴィアIPSプラハ (Sportovní klub Slavia Inženýrské průmyslové stavby Praha)
  • 1991年 – SKスラヴィア・プラハ (Sportovní klub Slavia Praha - fotbal, a.s.)

クラブのシンボル[編集]

SKスラヴィア・プラハのクラブ旗

クラブカラーは設立当初から変わらない赤と白。クラブ旗のズレた星は、新たな希望と絶えない向上心を表す[1]。クラブ名に含まれる"スラヴィア"は、ラテン語スラヴ人の住む地を意味する[11]

クラブ・カルチャー[編集]

クラブ最大のライバルは同じプラハに拠点を置くACスパルタ・プラハであり、両者の対戦はプラハ・ダービーと呼ばれる。また、ボヘミアンズ1905との間にもライバル意識が存在し、ボヘミアンズのスタジアムは、スラヴィア・プラハのホームスタジアムから数kmしか離れていない[12]

チェコサッカー界からスラヴィア・プラハはユダヤ人がクラブ設立に関わっと見られている。しかし、クラブの文献にそういった書き込みは見られず、これは真っ赤な嘘である。しかし、ACスパルタ・プラハサポーターは、プラハ・ダービーでスラヴィア・プラハを侮蔑の意味も込めて"vy židi!" ("ユダ!")と呼んでいる[13]

タイトル[編集]

エデン・スタディオン

国内タイトル[編集]

  • チェコ1部リーグ : 20回(チェコ・スロバキアリーグ時代も含む)
    • 1925, 1928–29, 1929–30, 1930–31, 1932–33, 1933–34, 1934–35, 1936–37, 1939–40, 1940–41, 1941–42, 1942–43, 1946–47, 1995–96, 2007–08, 2008–09, 2016–17, 2018-19, 2019-20, 2020-21
  • カップ : 10回(チェコ・スロバキアカップ時代も含む)
    • 1941, 1942, 1945, 1974, 1996–97, 1998–99, 2001–02, 2017–18, 2018-19, 2020-21

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン ディビジョン カップ
リーグ 順位
1993-94 1.リガ 30 16 7 7 55 28 39 2位 準決勝敗退
1994-95 1.リガ 30 19 7 4 52 20 64 2位 4回戦敗退
1995-96 1.リガ 30 23 1 6 68 28 70 1位 準々決勝敗退
1996-97 1.リガ 30 18 7 5 59 24 61 2位 優勝
1997-98 ガンブリヌス・リガ 30 17 8 5 42 22 59 2位 準決勝敗退
1998-99 ガンブリヌス・リガ 30 15 10 5 51 31 55 3位 優勝
1999-00 ガンブリヌス・リガ 30 21 5 4 53 25 68 2位 準々決勝敗退
2000-01 ガンブリヌス・リガ 30 14 10 6 46 32 52 2位 準決勝敗退
2001-02 ガンブリヌス・リガ 30 12 11 7 45 34 47 5位 優勝
2002-03 ガンブリヌス・リガ 30 18 10 2 65 19 64 2位 準々決勝敗退
2003-04 ガンブリヌス・リガ 30 15 7 8 43 24 52 4位 3回戦敗退
2004-05 ガンブリヌス・リガ 30 15 8 7 39 25 53 2位 準々決勝敗退
2005-06 ガンブリヌス・リガ 30 15 9 6 56 34 54 3位 準々決勝敗退
2006-07 ガンブリヌス・リガ 30 17 7 6 44 23 58 2位 2回戦敗退
2007-08 ガンブリヌス・リガ 30 17 9 4 45 24 60 1位 3回戦敗退
2008-09 ガンブリヌス・リガ 30 18 8 4 57 25 62 1位 準決勝敗退
2009-10 ガンブリヌス・リガ 30 11 8 11 37 35 41 7位 準決勝敗退
2010-11 ガンブリヌス・リガ 30 9 13 8 41 36 40 9位 準決勝敗退
2011-12 ガンブリヌス・リガ 30 8 10 12 28 34 34 12位 3回戦敗退
2012-13 ガンブリヌス・リガ 30 11 9 10 41 32 42 7位 3回戦敗退
2013-14 ガンブリヌス・リガ 30 8 6 16 24 51 30 13位 準々決勝敗退
2014-15 シノト・リガ 30 9 7 14 40 45 34 11位 3回戦敗退
2015-16 シノト・リガ 30 14 10 6 48 26 52 5位 3回戦敗退
2016-17 eポイステニ.czリガ 30 20 9 1 65 22 69 1位 準々決勝敗退
2017-18 HETリガ 30 17 8 5 50 19 59 2位 優勝
2018-19 フォルトゥナ・リガ 35 23 3 4 72 23 72 1位 優勝
2019-20 フォルトゥナ・リガ 35 26 7 2 68 12 85 1位 4回戦敗退
2020-21 フォルトゥナ・リガ 34 26 8 0 85 20 86 1位 優勝
2021-22 フォルトゥナ・リガ 34

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2021年7月21日現在[14]

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK チェコ オンドジェイ・コラーシュ
2 DF チェコ ダヴィド・ホヴォルカ
3 MF チェコ トマーシュ・ホレシュ
4 DF スウェーデン アイハム・ウソウ
5 DF デンマーク アレクサンダー・バー
6 DF チェコ ダヴィド・ジマ
7 MF ルーマニア ニコラエ・スタンチュ
8 MF チェコ ルカーシュ・マソプスト
9 FW ナイジェリア ピーター・オラインカ
10 MF セルビア スルジャン・プラヴシッチ
11 FW チェコ スタニスラフ・テツル
12 FW セネガル アブダラ・シマ
13 MF チェコ ダニエル・サメック
14 FW オランダ ミック・ファン・ブーレン
15 DF チェコ オンドジェイ・クーデラ
16 FW チェコ ヤン・クフタ
17 MF チェコ ルカーシュ・プロヴォド
No. Pos. 選手名
18 DF チェコ ヤン・ボジル (主将)
19 MF リベリア オスカー・ドーリー
20 MF ナイジェリア ウボング・モーゼス・エクパイ
21 MF デンマーク マッズ・エミル・マドセン
22 FW チェコ ミハエル・クルメンチーク
23 MF チェコ ペトル・シェフチーク
24 DF チェコ ラディスラフ・タカーツス
25 MF スロバキア ヤクブ・フロマダ
26 FW スロバキア イヴァン・シュランツ
27 MF コートジボワール イブラヒム・トラオレ
28 GK チェコ アレシュ・マンドス
29 FW バーレーン アブドゥラー・ユスフ・ヘラル
30 DF ウクライナ タラス・カチャラバ
31 GK チェコ プジェミスル・コヴァージュ
32 MF チェコ オンドジェイ・リングル
34 GK チェコ マティアーシュ・ヴァーグネル
41 MF チェコ デニス・ヴィシンスキー

レンタル選手[編集]

in

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
22 FW チェコ ミハエル・クルメンチーク (クラブ・ブルッヘ)
No. Pos. 選手名
30 DF ウクライナ タラス・カチャラバ (FCスロヴァン・リベレツ)
out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- GK スロバキア マルティン・ヴァントルバ (ノアシェラン)
-- FW クロアチア ペタル・ムサ (ウニオン・ベルリン)
-- DF チェコ ヤクブ・ユガス (スロヴァン・リベレツ)
-- DF チェコ オンドジェイ・カラフィアート (スロヴァン・リベレツ)
-- DF コートジボワール モハメド・ティアニ (スロヴァン・リベレツ)
-- MF チェコ ヤン・マトウシェク (スロヴァン・リベレツ)
No. Pos. 選手名
-- MF チェコ パトリク・ヘッレブランド (オパヴァ)
-- MF チェコ トマーシュ・マリーンスキー (ムラダー・ボレスラフ)
-- DF チェコ ヤロスラフ・ゼレニー (ヤブロネツ)
-- DF チェコ ルカーシュ・ポコルニー (ボヘミアンズ1905)
-- GK チェコ ヤクブ・マルコヴィチ (ヴラシム)

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Běrný, Aleš. “Přesně před 120 lety založili studenti Slavii, klub funguje dodnes”. iDnes. 2014年5月29日閲覧。
  2. ^ Historie Zápasů – 1896”. Slavia Prague. 2014年5月29日閲覧。
  3. ^ O derby. Proč a jak dlouho se nemáme rádi”. Sparta Prague. 2014年5月29日閲覧。
  4. ^ Jeřábek, Luboš (2007) (チェコ語). Český a československý fotbal – lexikon osobností a klubů. Prague, Czech Republic: Grada Publishing. p. 163. ISBN 978-80-247-1656-5 
  5. ^ SK Slavia Praha – official site Archived 9 September 2007 at the Wayback Machine.
  6. ^ SK Slavia Praha – official site Archived 27 September 2007 at the Wayback Machine.
  7. ^ Czech champions Slavia too strong for Blues”. 2008年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月13日閲覧。
  8. ^ Konec sporů: Natland se dohodl se zástupci ENICu a uhradil dluhy Slavie”. ihned.cz. 2014年5月29日閲覧。
  9. ^ Fotbalista Trapp se po dvou letech vrací ze Slavie zpátky do Plzně”. iDnes. 2014年5月29日閲覧。
  10. ^ Zápas ukončete, přikázal velitel policejního zásahu, říká delegát”. 2011年5月6日閲覧。
  11. ^ Kollar, Jan. Sláwa bohyně a půwod gména Slawůw čili Slawjanůw 
  12. ^ A look ahead: Here comes SK Slavia Praha”. Union Berlin FC. 2014年5月29日閲覧。
  13. ^ ZAUJALO NÁS: Kde se vzal pokřik jude Slavie?”. Supporters.cz. 2014年5月29日閲覧。
  14. ^ Soupiska A-tým”. SK Slavia Praha. 2021年7月31日閲覧。

外部リンク[編集]