フランティシェク・プラーニチカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランティシェク・プラーニチカ Football pictogram.svg
Frantisek planicka x gianpiero combi.jpg
1934 FIFAワールドカップ決勝でのプラーニチカ(右)
名前
ラテン文字 František Plánička
基本情報
国籍  チェコ
生年月日 1904年2月6日
出身地 プラハ
没年月日 (1996-07-20) 1996年7月20日(92歳没)
選手情報
ポジション GK
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1923-1939 チェコスロバキアの旗SKスラヴィア・プラハ 969 (0)
代表歴
1926-1938 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 73 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランティシェク・プラーニチカ(František Plánička、1904年6月2日 - 1996年7月20日)は、チェコ(旧チェコスロバキア)の元サッカー選手。ポジションはGK

人物[編集]

チェコスロバキア代表が1934年のFIFAワールドカップ・イタリア大会で準優勝した時の正ゴールキーパーにしてキャプテン。172cmとゴールキーパーとしては小柄な体躯[1]ながらボールへの鋭い反応と、勇敢なプレーで精神的な支柱となり、プラハの猫(英語:The Cat of Pragueドイツ語:Katze von Prag)の愛称で呼ばれた。1938年のFIFAワールドカップ・フランス大会準々決勝、対ブラジル戦では、相手の悪質なプレーにより骨折をしたにも関わらずプレーを続けた[2]

引退後にフェアープレー精神が称えられ、1985年にはユネスコ、1996年にはチェコのフェアープレー・アワードを受賞した。また1999年にIFFHSが選ぶ20世紀で最優秀チェコ人GKに選出された[3][4]

経歴[編集]

オーストリア・ハンガリー帝国(当時)のプラハ出身で、1926年にSKスラヴィア・プラハで選手キャリアをスタートすると一貫してスラヴィア・プラハでプレーを続けた。1925年にチェコスロバキアで初のプロリーグが創設されると優勝に貢献。リーグ戦では1929年から1931年の三連覇を含む8度の優勝(1925、1928-29、1929-30、1930-31、1932-33、1933-34、1934-35、1936-37)6度のボヘミアカップ優勝(1926年、1927年、1928年、1930年、1932年、1935年)。国際試合においても1932年のミトローパ・カップで初優勝に貢献するなど、クラブの歴史上において最も成功した時代の一つをもたらした。

チェコスロバキア代表としては、1926年1月17日のイタリア戦で代表デビュー(試合は1-3で敗退)。1934年のFIFAワールドカップ・イタリア大会準優勝、1938年のFIFAワールドカップ・フランス大会ベスト8進出に貢献するなど国際Aマッチ73試合に出場した。この記録は1966年にラディスラフ・ノヴァークによって塗り替えられるまで、チェコスロバキア歴代最多出場記録であった。

1996年7月20日、プラハで死去。92歳没。

個人タイトル[編集]

  • ユネスコ国際フェアプレー・アワード(1985年)
  • チェコ・フェアプレー・アワード(1994年)
  • IFFHS選定20世紀最優秀チェコ人GK(1999年)

脚注[編集]

  1. ^ František Plánička - Official web site of Slavia Prague
  2. ^ Planicka Der König der Robinsonaden- sport.ARD.de
  3. ^ The World's best Goalkeeper of the Century- www.iffhs.de
  4. ^ IFFHS' Century Elections- www.rsssf.com

外部リンク[編集]