レギア・ワルシャワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
レギア・ワルシャワ
原語表記 Legia Warszawa SA
愛称 Wojskowi(軍)
Legioniści(軍団)
クラブカラー 白と黒
創設年 1916年
所属リーグ エクストラクラサ
ホームタウン ワルシャワ
ホームスタジアム スタディオン・ヴォイスカ・ポルスキエゴ(ペプシ・アリーナ)
収容人数 31,800[1]
代表者 ポーランドの旗 ボグスワフ・レシノドルスキ
監督 ポルトガルの旗 リカルド・サ・ピント
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

レギア・ワルシャワポーランド語: Legia Warszawaポーランド語発音: [ˈlɛɡʲa varˈʂava])は、ポーランドワルシャワを本拠地とするサッカークラブ。バスケットボール部門も有する。

歴史[編集]

創設時の選手達

クラブは第一次世界大戦最中の1916年4月、マニィェヴィチェ近郊に駐屯していた若い兵士達によって「ドルジナ・レギオノヴァ」(drużyna legionowa、軍隊のクラブの意味)として創設された[2]。翌1917年にワルシャワへと本拠地を移転し、クラブ史上最初の試合はポロニア・ワルシャワとの間で行われた(試合は1-1の引分け)。同じワルシャワを本拠地とするポロニアとの一戦はワルシャワダービーと呼ばれている。

1920年3月14日にポーランドリーグへの参加が認められ、WKS(Wojskowy Klub Sportowy、ワルシャワのスポーツクラブの意味)と改称した[2]。当時からクラブは軍人以外の民間人の会員を受け入れていたが、軍人が役員を占め、1997年に至るまで会長を務めた人物のうち12人は将軍だった[2]。第一次大戦後の1921年にクラブは2部リーグへ参加。最初の試合はコロナ・ワルシャワとの間で行われ0-3で敗れた。

1927年5月8日にKSウッチを5-1で破り1部リーグ昇格を果たすと1930年にはユゼフ・ピウスツキの支援により新スタジアムへの移転も行われた。しかしタイトルには縁が無く、1936年に2部リーグへ降格、第二次世界大戦勃発の直前までリーグ戦は行われた。戦後、クラブには多くの優秀な選手達が集まるようになり、1955年には初のリーグ優勝を成し遂げた。また1949年にCWKS(Centralny Wojskowy Klub Sportowy、中央軍スポーツクラブ)と改称した[2]

クラブは1950年代から1960年代にかけて多くのタイトルを獲得する一方、ポーランド国内において必ずしも絶対的な地位を確立していたわけではないが、国際的にはポーランド代表に多くの選手を送り出しオリンピックでのメダル獲得に貢献した[2]。また、ヤン・トマシェフスキカジミエシュ・デイナロベルト・ガドハを擁し1969-70シーズンのUEFAチャンピオンズカップではベスト4に進出(オランダのフェイエノールトに敗退)。翌1970-71シーズンもベスト8に駒を進めた(スペインのアトレティコ・マドリードに敗退)。その後も1990-91シーズンのUEFAカップウィナーズカップでベスト4進出(イングランドのマンチェスター・ユナイテッドFCに敗退)、1995-96シーズンのUEFAチャンピオンズリーグでベスト8進出するなど国際舞台で強さを発揮していた。

1997年2月、クラブは農業機械を扱うポル=モット・ホールディング英語版韓国大宇との合資会社となり、長年に渡る軍との関係に終止符を打った[2]。2001年7月、業績不振により大宇が経営から撤退し、ポル=モットの所有となった後[2]、2004年からはメディア企業のグルパITIポーランド語版の所有となり、スタジアム建設などの投資を行ったが、一方で2000万ズウォティの債務を抱えるようになった[2]。2014年1月、弁護士のボグスワフ・レシノドルスキポーランド語版や投資家のダリウシュ・ミオドゥスキをはじめとしたグループに100パーセントの株式が買収され、クラブはレシノドルスキらの共同所有となった[3]

ギャラリー[編集]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

  • リーグ:13回
1955, 1956, 1968-69, 1969-70, 1993-94, 1994-95, 2001-02, 2005-06, 2012-13, 2013-14, 2015-16, 2016-17, 2017-18
  • カップ:19回
1955, 1956, 1964, 1966, 1973, 1980, 1981, 1989, 1990, 1994, 1995, 1997, 2008, 2011, 2012, 2013, 2015, 2016, 2018
  • スーパーカップ:3回
1989, 1994, 1997
  • リーグカップ:1回
2002

国際タイトル[編集]

1967

クラブ名の変遷[編集]

  • 1916年 : ドルジナ・レギオノヴァ (Druzyna Legjonowa)
  • 1920年 : WKSワルシャワ (WKS Warszawa)
  • 1922年 : WKSレギア・ワルシャワ (WKS Legia Warszawa)
  • 1945年 : 1.WKSワルシャワ (1. WKS Warszawa)
  • 1945年 : 1.WKSレギア・ワルシャワ (1.WKS Legia Warszawa)
  • 1949年 : CWKSワルシャワ (CWKS Warszawa)
  • 1957年 : WKSレギア・ワルシャワ (WKS Legia Warsaw)
  • 1970年 : CWKSレギア・ワルシャワ (CWKS Legia Warsaw)
  • 1989年 : ASPN CWKSレギア・ワルシャワ (ASPN CWKS Legia Warszawa)
  • 1997年 : ASPN CWKSレギア=デーウ・ワルシャワ (ASPN CWKS Legia-Daewoo Warszawa)
  • 1997年 : ASPN CWKSレギア=デーウ・ワルシャワSSA (ASPN CWKS Legia-Daewoo Warszawa SSA)
  • 2001年 : ASPN CWKSレギア・ワルシャワSSA (ASPN CWKS Legia Warszawa SSA)
  • 2003年 : KPレギア・ワルシャワSSA (KP Legia Warszawa SSA)
  • 2012年 : レギア・ワルシャワSA (Legia Warszawa SA)

過去の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2018年8月14日現在[4]
No. Pos. 選手名
1 ポーランドの旗 GK アルカディウシュ・マラシュ
2 ポーランドの旗 DF ミハウ・パズダン
4 ポーランドの旗 DF マテウシュ・ヴィエテスカ
5 ポーランドの旗 DF マテウシュ・ホウォヴニャ
6 ルクセンブルクの旗 MF クリス・フィリップス
7 クロアチアの旗 MF ドマゴイ・アントリッチ
8 イタリアの旗 MF クリスティアン・パスクアート
9 クロアチアの旗 FW エドゥアルド・ダ・シルヴァ
11 ポーランドの旗 FW ヤロスワフ・ニエズゴダ
12 ラトビアの旗 GK ヴャチェスラフス・クドリャフチェフス
14 チェコの旗 DF アダム・フロウシェク
17 ポーランドの旗 MF ミコワイ・クフィェトニェフスキ
18 ポーランドの旗 MF ミハウ・クハルチク
19 ギニアの旗 FW ホセ・カンテ
20 モンテネグロの旗 MF マルコ・ヴェショヴィッチ
21 ハンガリーの旗 MF ナギ・ドミニク
No. Pos. 選手名
22 フィンランドの旗 MF カスペル・ハマライネン
23 ポーランドの旗 DF マテウシュ・ジロ
24 ポーランドの旗 MF トマシュ・ナウォトカ
25 ポーランドの旗 DF ウカシュ・トゥジュニエツキ
26 ポルトガルの旗 MF カフー
27 スペインの旗 FW カルリートス
29 ポーランドの旗 MF クシシュトフ・モンチニスキ
30 ポーランドの旗 GK ラドスワフ・マイェツキ
32 セルビアの旗 MF ミロスラフ・ラドヴィッチ
33 ポーランドの旗 GK ラドスワフ・チェシュニアク
34 スペインの旗 DF イニャキ・アスティス
41 ポーランドの旗 DF パヴェウ・ストラルスキ
44 フランスの旗 DF ウィリアム・レミー
53 ポーランドの旗 MF セバスティアン・シマンスキ
55 ポーランドの旗 DF アルトゥル・イェンドジェイチク
99 クロアチアの旗 FW サンドロ・クレノヴィッチ

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

ポーランド代表でも活躍。1989年9月1日に自動車事故で死去。背番号10はレギア・ワルシャワの永久欠番となっている。

脚注[編集]

  1. ^ UEFA EUROPE LEAGUE STATISTICS HANDBOOK Group Stage 2011/12 (PDF)”. UEFA.com. 2014年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h Jak to z Legią było do momentu przejęcia przez Mioduskiego”. Rzeczpospolita (2014年1月10日). 2016年11月24日閲覧。
  3. ^ Pacheta: doceniamy Legię, ale mamy szansę”. Wirtualna Polska (2014年1月9日). 2014年2月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月24日閲覧。
  4. ^ Kadra”. Legia Warszawa. 2018年8月25日閲覧。

外部リンク[編集]