FCシャフタール・ドネツク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
FCシャフタール・ドネツク
ФК Шахтар Донецьк.svg
原語表記 Футбольний клуб «Шахтар» Донецьк
愛称 Оранжево-чёрные (オレンジと黒)
Горняки (鉱山労働者)
Кроты (モグラ)
クラブカラー     オレンジ    
創設年 1936年
所属リーグ ウクライナ・プレミアリーグ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ドネツィク
ホームスタジアム ドネツクドンバス・アリーナ
(ドンバス地域での戦争のため、2020年5月よりキーウのNSCオリンピスキーに一時的に移動)
収容人数 40,003[1] (メタリスト・スタジアム)
代表者 ウクライナの旗 リナト・アフメトフ
監督 クロアチアの旗 イゴール・ヨビチェビッチ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

FCシャフタール・ドネツク[注 1]ウクライナ語: Футбольний клуб «Шахта́р» Донецьк ウクライナ語発音: [fudˈbɔlʲnɪj klub ʃɐxˈtɑr doˈnɛtsʲk], 英語: Football Club Shakhtar Donetsk)は、ウクライナドネツィク[注 1]のプロサッカークラブ。

概要[編集]

2014年、ロシア・ウクライナ紛争の影響で、リヴィウへの移転を余儀なくされ、リヴィウ(2014年-2016年)とハルキウ(2017年-2020年)で試合を行っていたが、一方で事務所の本部やトレーニング施設はキエフに置いていた。2020年5月、シャフタールはキエフのNSCオリムピエスキーでホームマッチを行うようになった。

ウクライナ・プレミアリーグでは1996-97シーズンから2019-20シーズンまで24シーズン連続で2位以内につけている強豪クラブ。ウクライナ随一の大富豪リナト・アフメトフの積極的な資金投資により[2]、現在、東欧で最も資金力のあるチームとして知られている。FCディナモ・キエフとの対戦はウクライナダービーと呼ばれる。

かつてはドネツィクに新設されたドンバス・アリーナでホームマッチを行っていたが、2014年のロシア・ウクライナ紛争の影響で、暫定的に西へ1,000キロ(620mi)離れたアリーナ・リヴィウに移転を余儀なくされた。2016-17シーズンのウィンターブレイクの後、クラブは2017年初めにハルキウのメタリスト・スタジアム(ドネツクの北西250キロ)に再び移転した。2020年5月から7月にかけて、シャフタールはキエフのNSCオリンピエスキーでホームマッチを行った 。

2022年ロシアのウクライナ侵攻以降は隣国ポーランドに疎開し、首都ワルシャワを臨時の拠点として活動している[3]

クラブの歴史[編集]

1937年、クラブ創設当時の選手

ウクライナがソビエト連邦の一部であった1936年に創設された。ドネツクは以前からドネツ炭田で潤う都市であるが、チーム名の「シャフタール (シャフチョール) 」は「鉱夫」、「炭鉱・鉱山労働者」のことである。旧ソ連リーグ時代には、1961年・1962年とカップ戦で連覇を果たした。その後も1980年、1983年とカップ戦で優勝した。

ソビエト連邦の崩壊とウクライナの独立に伴い、1992年よりウクライナ・プレミアリーグが発足すると参加し、ウクライナの大富豪リナト・アフメトフの積極的なクラブ投資により近年力を付け、2001-02シーズンでFCディナモ・キエフの10連覇を阻止し、リーグ戦初優勝を果たした。

2005年、2006年にはリーグ連覇を果たしている。2009年にはウクライナ勢として初めてUEFAカップ優勝を達成[4]。2010年、UEFAチャンピオンズリーグではアーセナルを抑えてグループリーグを首位通過し、ウクライナのクラブとしては2チーム目のベスト16進出。決勝トーナメント1回戦ではASローマを破り、クラブ史上初のベスト8進出。屈強な守備陣とジャジソンウィリアンルイス・アドリアーノらを擁したテクニカルな攻撃陣はCLの舞台でも大いに威力を発揮した。

1999年に開いたサッカー教室で多くの子供たちを集めているなど、未来の人材育成にも力を入れている。ドネツクはウクライナ随一の産業地帯であり、その財力を元にシャフタール・ドネツクは旧ソビエト連邦諸国のみではなく、ブラジル等から有力選手を確保している。

最近ではギリシャオリンピアコスからメキシコ代表ネリー・カスティージョイタリアリヴォルノからクリスティアーノ・ルカレッリ(推定年俸約6億5千万円)を獲得するなど豊富な資金力を武器に移籍市場で活発的な動きを見せている。

2014年、ロシアとのウクライナ東部紛争の影響でホームスタジアムをドンバス・アリーナから一時的にでアリーナ・リヴィウに移転した[5]。2017年の冬以降は、メタリスト・スタジアムをホームスタジアムとしている。

近年では、ブラジル人選手の発掘に長けており、ウィリアンアンジ・マハチカラに、ルイス・アドリアーノACミランに、フェルナンジーニョマンチェスター・シティに、ドウグラス・コスタバイエルン・ミュンヘンに、フェルナンドUCサンプドリアにそれぞれ高額な移籍金で売却している。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位 ウクライナ・カップ
1992 ウクライナ・プレミアリーグ 4位 18 10 6 2 31 10 26 準決勝敗退
1992-93 ウクライナ・プレミアリーグ 4位 30 11 12 7 44 32 34 ベスト32
1993-94 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 34 20 9 5 64 32 49 ベスト16
1994-95 ウクライナ・プレミアリーグ 4位 34 18 8 8 52 29 62 優勝
1995-96 ウクライナ・プレミアリーグ 10位 34 13 6 15 44 43 45 準決勝敗退
1996-97 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 30 19 5 6 72 28 62 優勝
1997-98 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 30 20 7 3 61 25 67 ベスト16
1998-99 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 30 20 5 5 70 25 65 準決勝敗退
1999-00 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 30 21 3 6 60 16 66 準々決勝敗退
2000-01 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 26 19 6 1 71 21 63 優勝
2001-02 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 26 20 6 0 49 10 66 優勝
2002-03 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 30 22 4 4 61 24 70 準優勝
2003-04 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 30 22 4 4 62 19 70 優勝
2004-05 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 30 26 2 2 63 19 80 準優勝
2005-06 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 30 23 6 1 64 14 75 ベスト16
2006-07 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 30 19 6 5 57 20 63 準優勝
2007-08 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 30 24 2 4 75 24 74 優勝
2008-09 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 30 19 7 4 47 16 64 準優勝
2009-10 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 30 24 5 1 62 18 77 ベスト4
2010-11 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 30 23 3 4 53 16 72 優勝
2011-12 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 30 25 4 1 80 18 79 優勝
2012-13 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 30 25 4 1 82 18 79 優勝
2013-14 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 28 21 2 5 62 23 65 準優勝
2014-15 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 26 17 5 4 71 21 56 準優勝
2015-16 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 26 20 3 3 76 25 63 優勝
2016-17 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 32 25 5 2 66 24 80 優勝
2017-18 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 32 24 3 5 71 24 75 優勝
2018-19 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 32 26 5 1 73 11 83 優勝
2019-20 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 32 26 4 2 80 26 82 ベスト16
2020-21 ウクライナ・プレミアリーグ 2位 26 16 6 4 54 19 54 準々決勝敗退
2021-22 ウクライナ・プレミアリーグ 1位 18 15 2 1 49 10 47 準々決勝進出
2022-23 ウクライナ・プレミアリーグ

欧州の成績[編集]

現所属メンバー[編集]

2019-20シーズン 基本フォーメーション
2022年9月2日現在

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
1 GK ウクライナ オレクシー・シェフチェンコ
2 FW ブルキナファソ ラシナ・トラオレ
4 DF ウクライナ セルゲイ・クリフツォフ
5 DF ウクライナ ヴァレリー・ボンダル
6 MF ウクライナ タラス・ステパネンコ
7 MF ウクライナ アンドリー・トトヴィツキー
8 MF ウクライナ ヘオルヒー・スダコフ
9 FW ウクライナ マリアン・シュヴェッド
10 MF ウクライナ ミハイロ・ムドリク
11 MF ウクライナ オレクサンドル・ズブコフ
12 GK ウクライナ ティムール・プザンコフ
14 FW ウクライナ ダニロ・シカン
15 DF ウクライナ ボグダン・ミハイリチェンコ
16 MF ウクライナ ドミトロ・クリスキフ
17 MF クロアチア ネヴェン・ジュラセク
No. Pos. 選手名
19 FW ウクライナ アンドリー・クラコフ
20 MF ウクライナ ドミトロ・トパロフ
21 MF ウクライナ アルテム・ボンダレンコ
22 DF ウクライナ ミコラ・マトヴィエンコ
23 DF ブラジル ルーカス・テイラー
26 DF ウクライナ エフィム・コノプリャ
27 MF ウクライナ オレグ・オチェレトコ
28 DF ウクライナ マリアン・ファリナ
29 MF ウクライナ イゴール・ナザリャナ
30 GK ウクライナ アンドリー・ピアトフ
32 DF ウクライナ エドゥアルド・コジック
34 MF ウクライナ イヴァン・ペトリアク
81 GK ウクライナ アナトリー・トルビン
99 DF ウクライナ ヴィクトル・コルニエンコ
-- FW ナイジェリア オラレンワジュ・カヨデ

レンタル移籍[編集]

out

注:選手の国籍表記はFIFAの定めた代表資格ルールに基づく。

No. Pos. 選手名
-- DF ウクライナ ヴァレリー・ボンダレンコ (FKオレクサンドリーヤ)
-- DF ウクライナ ドミトロ・カピヌス (メタリスト・ハルキウ)
-- DF ブラジル ヴィニシウス・トビアス (レアル・マドリード・カスティージャ)
-- DF ブラジル ヴィトン (インテルナシオナル)
-- DF ブラジル マルロン (モンツァ)
-- MF ブラジル テテ (リヨン)
-- MF ウクライナ オレクサンドル・ドランバエフ (ズルテ・ワレヘム)
-- MF ウクライナ オレクシー・カシュチュク (サバーFK)
No. Pos. 選手名
-- MF ブラジル マイコン (コリンチャンス)
-- MF ブラジル ペドリーニョ (アトレチコ・ミネイロ)
-- MF イスラエル マノル・ソロモン (フラム) (Flag of Portugal.svg)
-- MF ウクライナ マクシム・チェク (フサバイルFK)
-- FW ウクライナ アンドリー・ボリャチュク (メタリスト・ハルキウ)
-- FW ブラジル マルキーニョス・シプリアーノ (クルゼイロ)
-- FW ウクライナ ボグダン・ヴィウヌィーク (FCチューリッヒ)
-- FW ウクライナ デニス・スヴィチュカ (リェイダ・エスポルティウ)

歴代監督[編集]

氏名 国籍 期間
オレグ・オシェンコフ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1960-1969
オレー・バツィレヴィッチ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1972-1973
ヴィクトア・ノソフ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1979-1985
オレー・バツィレヴィッチ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 1986
ヴァレリー・ヤレムチェンコ  ウクライナ 1989-1994, 1996-1999
アナトリー・ブイショヴェツ ロシアの旗 ロシア 1999
ヴィクトア・プロコペンコ  ウクライナ 1999-2001
ヴァレリー・ヤレムチェンコ  ウクライナ 2001-2002
ネヴィオ・スカラ イタリアの旗 イタリア 2002
ベルント・シュスター ドイツの旗 ドイツ 2003-2004
ミルチェア・ルチェスク  ルーマニア 2004-2016
パウロ・フォンセカ ポルトガルの旗 ポルトガル 2016-2019
ルイス・カストロ ポルトガルの旗 ポルトガル 2019-2021
ロベルト・デ・ゼルビ イタリアの旗 イタリア 2021-2022
イゴール・ヨビチェビッチ クロアチアの旗 クロアチア 2022-

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

トリビア[編集]

  • ジョー・ストラマーのバンド、ザ・メスカレロスのアルバム『グローバル・ア・ゴーゴー』の中には「シャフタール・ドネツク」という曲がある。これはこのクラブから着想を得て書かれた曲だと言われている。
  • オレンジ革命時、チームカラーのオレンジ色が問題となったが、オーナーのアフメトフは変更を否定し、今日まで至る。
  • 2012年11月20日に行われたUEFAチャンピオンズリーググループステージ第5節の対FCノアシェラン戦にて、ノアシェランに先制を許した直後の前半26分に、選手の治療のために止まった試合が主審ドロップボールにより再開されたものの、ミッドフィールダーのウィリアンがノアシェラン側に返したボールを、シャフタールのフォワードルイス・アドリアーノが反応し、唖然として立ち尽くすノアシェランのゴールキーパーを尻目に無人のゴールに決めてしまう珍事が発生した。この一連のプレーはフェアプレーに反する行為だとして議論を呼び、UEFAは翌21日、シャフタール・ドネツクFWルイス・アドリアーノに対して規律処分を検討することを明らかにした[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2022年3月31日発表の日本政府によるウクライナにおける地名の呼称変更により、ウクライナ語名の「ドネツィク」が公式名称で、それに基づきチーム名も「FCシャフタール・ドネツィク」となるが「FCシャフタール・ドネツク」の方が定着している。

出典[編集]

外部リンク[編集]