オリンピスキ・スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オリンピスキ・スタジアム
Olimpiysky National Sports Complex
"Олімпійський"

Kyiv NSC Olimpiyskyi 6.jpg

UEFA Nuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.pngNuvola apps mozilla.png
施設情報
所在地  ウクライナキエフ
位置 北緯50度26分0.38秒 東経30度31分19.61秒 / 北緯50.4334389度 東経30.5221139度 / 50.4334389; 30.5221139座標: 北緯50度26分0.38秒 東経30度31分19.61秒 / 北緯50.4334389度 東経30.5221139度 / 50.4334389; 30.5221139
開場 1923年
修繕 1941年1999年2011年
拡張 1966年1978年
所有者 ウクライナ青少年・スポーツ省[1]
グラウンド  天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
旧称
レッド・スタジアム(開場時-1935年)
Kosior Respublikanskiy Stadium (1936年-1938年)
Respublikanskiy Stadium (1938年-1941年)
Khrushchev Respublikanskiy Stadium (1941年-1962年)
キエフ・セントラル・スタジアム(1963年-1978年)
Respublikanskiy Stadium (1978年-1996年)
NSCオリンピスキ(1996年-現在)[2]
使用チーム、大会
サッカーウクライナ代表
UEFA EURO 2012
FCディナモ・キエフ
収容能力
50,000 (1941)
47,756 (1949)
100,062 (1967)
83,450 (1999)
70,050 (2011)[3][4]

オリンピスキ・スタジアムウクライナ語:Національний спортивний комплекс "Олімпійський", 英語:Olimpiyskiy National Sports Complex)はウクライナの首都キエフにある競技場である。ウクライナでは最大の規模を、東ヨーロッパではロシアモスクワにあるルジニキ・スタジアムに次ぐ2番目の規模を有する。

概要[編集]

1923年8月12日に供用を開始。サッカーのFCアルセナル・キエフの本拠地として使用されているが、FCディナモ・キエフが重要な国際試合や国内試合を開催する際は、同競技場で試合を行う。

1980年モスクワオリンピックではサッカーの予選会場として使用された。

2008年より老朽化したスタジアムの全面改築工事に着手し、2011年10月9日に同国大統領のヴィクトル・ヤヌコーヴィチの出席の下、再び供用が開始された[5]

2012年7月1日EURO 2012決勝戦が、2018年5月27日にはUEFAチャンピオンズリーグ決勝が行われた。

アクセス[編集]

  • キエフ地下鉄オリンピスカ駅から約300m、パラッツスポルト駅から約400m。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
エルンスト・ハッペル・シュターディオン
ウィーン
EURO
決勝戦会場

2012
次代:
スタッド・ド・フランス
サン=ドニ
先代:
ミレニアム・スタジアム
(カーディフ)
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2018
次代:
ワンダ・メトロポリターノ
(マドリード)