ヴロツワフ市立競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴロツワフ市立競技場
Stadion Miejski we Wrocławiu
Stadion Wroclaw 2011-11-18.jpg
施設情報
所在地 ポーランド・ヴロツワフ
起工 2009年
開場 2011年9月10日
所有者 ヴロツワフ市
運用者 SMG
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
建設費 7億2970万ズウォティ
設計者 JSK Architekci
使用チーム、大会
シロンスク・ヴロツワフ
UEFA EURO 2012
収容能力
42,771 [1]

ヴロツワフ市立競技場: Stadion Miejski w Wrocławiu)はポーランドヴロツワフにあるサッカー専用球技場である。

ユーロ2012ではグループリーグ・A組の3試合が行われた。

また、2012年10月16日にはこの会場でサッカー日本代表サッカーブラジル代表の試合が開催された[2]

脚注[編集]

  1. ^ WROCŁAW 2012 - NOWY STADION WE WROCŁAWIU Archived 2010年4月30日, at the Wayback Machine.
  2. ^ SAMURAI BLUE(日本代表) 欧州遠征(10月)フランス代表およびブラジル代表と対戦 日本サッカー協会公式サイト、2012年8月31日掲載、2012年8月31日閲覧。