スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ
Stadio Giuseppe Meazza
"サン・シーロ (San Siro)"
Scudo2009.jpg
施設情報
所在地 Via Piccolomini 5, 20151 Milan, Italy
位置 北緯45度28分40.89秒
東経9度7分27.14秒
座標: 北緯45度28分40.89秒 東経9度7分27.14秒
開場 1926年
拡張 1956年1989年
所有者 ミラノ市
グラウンド ハイブリッド芝
ピッチサイズ 105 x 68 m
使用チーム、大会
MilanACミラン (セリエA)(1926年-現在)
Interインテル (セリエA)(1948年-現在)
収容能力
80,018

スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ (Stadio Giuseppe Meazza) は、イタリアロンバルディア州ミラノにあるフットボール専用スタジアム。保有者はミラノ市。一般呼称はサン・シーロ競技場(Stadio San Siro)若しくはサン・シーロ (San Siro)。セリエAインテルACミランのホームスタジアムとして使用されている他、チャンピオンズ・リーグ、コンサートなどの各種試合やイヴェントなどに使用されている。また隣接してミラノ市営地下鉄の駅も存在する(但し駅名はSan Siro Stadio)。

概要[編集]

1925年に供用開始。その後1990年イタリアワールドカップに併せて大改築が行われ現在見られるような形となり、同開幕戦にも使用された。イタリア国内最大の80,018人が収容される。総面積355000 m²。

現在の構造は四隅や外周部など各所に巨大ならせん状のコンクリートの柱が配置され、その上に巨大な鉄骨製の梁が乗っているような形状となっている。また観客席上部を覆うような形での半透明の屋根(ひさし)がかかっているが、競技スペース部分そのものには天井がないため、降雨時には選手が降雨の中で試合を行う。同様に降雨時には観客席にも雨が吹き込むことがよくある。

1980年、インテルとACミランの両チームに所属した名選手ジュゼッペ・メアッツァが亡くなったことを受け、所有権を持つミラノ市がその業績を称えて、スタジアムの正式名称を旧称の「サン・シーロ」から「ジュゼッペ・メアッツァ」とした。

一部の日本人の勘違いによる、ミラノでは“サン・シーロ”の名称を使わないという説は完全に間違いであり、ミラノでは恒常的に“サン・シーロ競技場”若しくは“サン・シーロ”とのみ呼ばれており、正式名称であるメアッツァの名前で呼ばれることは少ない。その証拠に本競技場はミラノ市保有であり、ミラノ市交通局(ATM)が管理するミラノ市営地下鉄もミラノ市の管理だが、ミラノ市営地下鉄での本競技場駅名は "San Siro Stadio" であり、Stadio Meazzaではない。また本競技場のオフィシャルサイトは Stadio San Siro であり、Meazzaではない。これらの事実からもミラノでは恒常的に本競技場名がSan Siroの通称名のみで呼ばれていることが判明する。なお日本のサッカーゲームウイニングイレブンにおいてはゲームであるためか、同じスタジアムを「サン・シーロ」はACミランのホーム扱い、「ジュゼッペ・メアッツァ」はインテルのホーム扱い、という形で登場させている。

また同じミラノ市内に有名な歌劇場「スカラ座」があることから、一部で「カルチョのスカラ座」という愛称が使われることもある。

2012年、オランダのデッソ社が開発したハイブリッド芝であるデッソ・グラスマスターが導入され芝の改善が図られた。

スタジアム周辺[編集]

スタジアムの横にはサンシーロ競馬場がある。

アクセス[編集]

市内西部に位置し、交通の便はよい。

  • トラム - 16番のトラムに乗り、終点 (San Siro Stadio M5) で下車。
  • 地下鉄 - Linea M5の終点、サン・シーロ・スターディオ駅で下車。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
スタッド・ド・フランス
サンドニ
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2001
次代:
ハムデン・パーク
グラスゴー
先代:
オリンピアシュタディオン
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2016
次代:
ミレニアム・スタジアム