キエフ地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

キエフ地下鉄(ウクライナ語:Київський метрополітен)は、ウクライナの首都キエフの市内を走る地下鉄である。

ロゴ


概要[編集]

キエフ地下鉄は、ソ連時代の1960年に最初の区間(1号線ヴォグザーリナヤ駅~ドニェープル駅間5.2 km)が開通した。これによってキエフは、モスクワレニングラートに次いで地下鉄を有するソ連3番目の都市となった。その後も延伸を続け、1976年には2号線のクレニーウスィカ・チェルヴォノアルミースィカ線、1989年には3号線のスィレーツィコ・ペチェールスィカ線が開業した。

2017年現在キエフには3路線、総延長67.6 kmの地下鉄が走っているが、現在新たに1路線が建設工事中であり、また、2号線と3号線は延伸工事中である。

路線[編集]

キエフ地下鉄路線網
# 路線名 開通 最新の駅開業年 路線長 駅数
1 スヴャトーシノ・ブロヴァルー線
(Свято́шинсько-Броварська́ лінія)
1960年 2003年 22.65 km 18
2 クレニーウカ・赤軍線
(Куренівсько-Червоноармійська лінія)
1976年 2013年 20.95 km 18
3 スィレーツィ・ペチェールシク線
(Сирецько-Печерська лінія)
1989年 2008年 23.86 km 16
合計: 67.6 km 52

利用[編集]

運賃は2015年3月現在、全区間均一4.0フリヴニャである。入場の際は、自動券売機か窓口で非接触型ICカード回数券か、「ジェトン」と呼ばれる青いプラスチック製のトークンを購入し、自動改札機に通す。改札機のランプが赤から緑へ変わる前に入ろうとするとトラブルの原因となる。なお、出場の際はそのまま出るだけである。改札のあるエスカレーターの下部には大抵監視員の女性がいる。

運用本数は1分~3分に1本程度の割合であるが、何らかの事情により5分程度間隔が開いたり、所要時間が多くかかったりする場合もある。利用客は、当然のことながら市の中心部に向かって増加する。

なお、地下鉄と並行してマルシュルートカなど別の交通機関も走っており、中にはほぼ同じルートを辿る路線もあるが、運賃、行き先、細かい経由地点の違いなどから利用客はこれらを使い分けている。「ジェトン」はマルシュルートカの運賃の支払いの際に現金の代わりとして用いられている場合も見られるが、これは一般的なものではない。

車輌[編集]

1970年代から80年代にかけて製造されたソ連製や、新型のウクライナ製など数種が運用されている。新型車輌はクレニーウスィカ・チェルヴォノアルミースィカ線を中心に運用されており、一方でスヴャトーシノ・ブロヴァールスィカ線にはソ連製の旧型車輌が多い。車輌はいずれも3ドアである。いずれの車輌も車内にサムスン電子製のLCD式の車内案内表示装置を備えており、駅案内やコマーシャルが流されている。車内表記と放送はすべてウクライナ語である。さらに、到着時には英語での駅名アナウンスも行われている。

車体塗装は青色に、黄色の帯を入れてウクライナの国旗の色に仕立て上げられている。先頭車輌側面には、国章である「トルィーズベツィ」が付けられているものもある。また、キエフ市の宣伝のラッピングをした特別車輌も走っている。これには国章の他、キエフの市章である大天使ミカエルが描かれ、また黄色の尾を引く流星もあしらわれている。

特に旧型車輌は自動ドアの閉まり方が急速なので乗車の際には注意が必要である。

現用車両[編集]

過去の車両[編集]

外部リンク[編集]