フォルクスパルクシュタディオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イムテック・アレーナ
"フォルクスパルクシュタディオン"
AOL-Arena.jpg
施設情報
所在地 ドイツハンブルク
位置 座標: 北緯53度35分13.77秒 東経9度53分55.02秒 / 北緯53.5871583度 東経9.8986167度 / 53.5871583; 9.8986167
開場 1951年-1953年 フォルクスパルクシュタディオンとして
修繕 1953年7月12日 ; 1998年 (新スタジアム)
所有者 ハンブルガーSV
運用者 ハンブルガーSV
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ
105 x 68 m
建設費 6400万ユーロ(改築)
旧称
フォルクスパルクシュタディオン (1953-2001)
AOLアレナ (2001-2007)
HSHノルトバンク・アレナ (2007-2010)
FIFAワールドカップスタジアム・ハンブルク (2006 FIFAワールドカップ)
使用チーム、大会
ハンブルガーSV(ブンデスリーガ) (2000-現在)
ハンブルク・シーデビルズ (NFLヨーロッパ) (2005-2007)
1974 FIFAワールドカップ
UEFA欧州選手権1988
2006 FIFAワールドカップ
収容能力
57,274

フォルクスパルクシュタディオン (Volksparkstadion)は、ドイツハンブルクにあるサッカースタジアム。ネーミングライツを導入しており。2011年より名称がイムテック・アレーナImtech Arena)となっている。

概要[編集]

1953年に「フォルクスパルクシュタディオン (Volksparkstadion)」(直訳すると「市民公園競技場」)として開場した。地元のサッカークラブチーム「ハンブルガーSV」、アメリカンフットボールNFLヨーロッパのチーム・ハンブルク・シーデビルズの本拠地としてそれぞれ使用され、サッカーでは1974年西ドイツW杯では東西ドイツの対戦会場となり、その他1988年EURO1988など多くの国際試合でも使用されてきた。旧名時代は客席に屋根がかかっておらず、スタンドから見える高いクレーンにつけられた照明塔が特徴的だったが、現在は客席が屋根で覆われているので当時の面影はない。

2000年AOLネーミングライツを取得し「AOLアレナ (AOL Arena)」に改称。
2006年ドイツW杯でも5試合の開催が行われた。

なお、FIFA(国際サッカー連盟)の規定では、FIFAが主催する国際大会においては、FIFAが認定した公式パートナー・サプライヤー以外の企業のスタジアムの広告や命名権(ネーミングライツ)によるスタジアムの企業名露出を禁止していること、また2006年5月をもってAOL社とのスポンサー契約が終了したことから、ドイツW杯期間中は「FIFAワールドカップスタジアム・ハンブルク」として開催された。ドイツW杯以降、AOLとの命名権契約はないもののAOLアレナと呼ばれ続けていた。2007年3月、ドイツの州立銀行HSHノルトバンクが2500万ユーロで3年間の命名権を買い取り、2007-08年シーズンから「HSHノルトバンクアレーナ」に改称することとなった。契約が切れた後、オランダの企業イムテックが命名権を取得し、現在の名称となった。なお、UEFA主催試合ではハンブルク・アレーナと呼ばれる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ブンデスリーガ スタジアム 2013-14

アリアンツ・アレーナ | AWDアレーナ | バイ・アレーナ | ボルシア・パルク | エスプリ・アレーナ | コファス・アレーナ | グルンディッヒ・シュタディオン | ヴァルトシュタディオン | マゲ・ゾラール・シュタディオン | メルセデス・ベンツ・アレーナ | オリンピアシュタディオン | アイエムテック・アレーナ | トローリ・アレーナ | ライン・ネッカー・アレーナ | SGLアレーナ | ズィグナル・イドゥナ・パルク | フェルティンス・アレーナ | フォルクスワーゲン・アレーナ | ヴェーザーシュタディオン