ジュリアス・アガホワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジュリアス・アガホワ Football pictogram.svg
Julius Aghahowa.jpeg
名前
ラテン文字 Julius Aghahowa
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1982-02-12) 1982年2月12日(35歳)
出身地 ベニンシティ
身長 179cm
体重 73kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
ユース
ナイジェリアの旗 ポリス・マシーンズ
ナイジェリアの旗 ベンデル・インシュアランス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999 ナイジェリアの旗 ベンデル・インシュランス
1999-2000 チュニジアの旗 エスペランス・チュニス
2000-2007 ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク 89 (32)
2007-2008 イングランドの旗 ウィガン・アスレティック 20 (0)
2008-2009 トルコの旗 カイセリスポル 29 (6)
2009-2012 ウクライナの旗 シャフタール・ドネツク 10 (1)
2010 ウクライナの旗 セヴァストポリ 10 (1)
代表歴2
1999-2007 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 32 (14)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年2月28日現在。
2. 2008年3月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジュリアス・アガホワJulius Aghahowa, 1982年2月12日 - )は、ナイジェリアベニンシティ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはFW。得点を決めた際にバク転のゴールパフォーマンスをすることで知られる[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

アガホワは地元警察のポリス・マシーンズでキャリアを始め、ベンデル・インシュランスFC英語版に移籍した。アフリカユース選手権1999英語版開幕前にデンマーク・セカンドディビジョン英語版FCミルティランと契約するも、大会で成功を収めたことで大きなクラブでプレーしたいとの思いから移籍を取りやめ、チュニジア王者エスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニスへ加入[2]。同シーズンにリーグ優勝を経験した。

シャフタール・ドネツク[編集]

2000-01シーズン途中にウクライナFCシャフタール・ドネツクへ移籍200万ポンドで加入[3]し、翌シーズンにリーグ優勝した。2006年のリーグ戦でアガホワは無得点に終わったものの、勝ち点が同数のため開催されたFCディナモ・キエフとの優勝決定戦では、交代出場するとロスタイムに決勝点を挙げ勝利に導いたことでマン・オブ・ザ・マッチに選出された[1]

ウィガン・アスレティック[編集]

2007年1月30日、労働許可書が下りたことでイングランドウィガン・アスレティックFCへ移籍金210万ポンド[1]で加入[3]し、2月3日のポーツマスFC戦でデビューした。在籍1年半の間に得点を挙げることが出来ず、2008年6月20日にカイセリスポルと契約した[4]

シャフタール復帰[編集]

2009年7月4日、カイセリスポルから放出されたアガホワは自由移籍でシャフタール・ドネツクに復帰[5]し、活躍を誓った。しかし、レギュラーの座を掴めず、2010-11シーズン初めにFCセヴァストポリへ貸し出され、2011-12シーズン終了後に放出された。

代表[編集]

ユース年代としては、母国で開催された1999 FIFAワールドユース選手権に出場し、翌2000年にシドニーオリンピックに出場。

A代表としては、翌年のアフリカネイションズカップ2000に18歳ながら参加。セネガルとの準々決勝で終了間際に同点を決めると、さらに延長戦で決勝点を決めたことで一躍注目を集めた。

2001年10月7日に行われた日本との親善試合では、後半10分に登場すると日本ディフェンス陣の網をかいくぐり、いとも簡単に同点弾を決めた。

アフリカネイションズカップ2002で得点王とベストイレブンに輝く。2002 FIFAワールドカップではグループリーグ敗退に終わり、スウェーデン戦の1得点がナイジェリア代表の総得点となった。

タイトル[編集]

クラブ
エスペランス・スポルティーブ・ドゥ・チュニス
FCシャフタール・ドネツク
個人

脚注[編集]

  1. ^ a b c "Time for Aghahowa to stop blowing hot and cold"
  2. ^ "Top 12: Stjernerne som Superligaen missede"
  3. ^ a b "Wigan complete deal for Aghahowa"
  4. ^ "Striker Aghahowa makes Wigan exit"
  5. ^ "Agakhova came back to Shakhtar"

外部リンク[編集]