ビクトル・オビンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ヴィクター・オビンナ Football pictogram.svg
VictorObinna11092010.jpg
ウェストハム時代(2010年)
名前
本名 ヴィクター・ヌソフォー・オビンナ
Victor Nsofor Obinna
ラテン文字 Victor OBINNA
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1987-03-25) 1987年3月25日(31歳)
出身地 ジョス
身長 182cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション FW (ST)
利き足 右足
ユース
2003 ナイジェリアの旗 プラトー英語版
2004 ナイジェリアの旗 クワラ英語版
2005 ナイジェリアの旗 エニンバ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005 ナイジェリアの旗 エニンバ 13 (11)
2005-2008 イタリアの旗 キエーヴォ 82 (19)
2008-2011 イタリアの旗 インテル 9 (1)
2009-2010 スペインの旗 マラガ (loan) 26 (4)
2010-2011 イングランドの旗 ウェストハム (loan) 25 (3)
2011-2015 ロシアの旗 ロコモティフ・モスクワ 45 (3)
2014 イタリアの旗 キエーヴォ (loan) 10 (2)
2015-2016 ドイツの旗 デュースブルク 15 (3)
2016-2017 ドイツの旗 ダルムシュタット 2 (0)
2017-2018 南アフリカ共和国の旗 ケープ・タウン・シティ英語版 12 (1)
代表歴2
2005–2014[1] ナイジェリアの旗 ナイジェリア 48 (12)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年2月11日現在。
2. 2017年3月31日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴィクター・ヌソフォー・オビンナVictor Nsofor Obinna, 1987年3月25日 - )は、ナイジェリアジョス出身の同国代表サッカー選手。現在は無所属。ポジションはフォワード

経歴[編集]

キエーヴォ[編集]

ナイジェリアのユースチームでキャリアをスタートし、2005年にセリエAACキエーヴォ・ヴェローナに3年契約で移籍しトップチームデビュー。セリエAデビュー戦となった2005年9月11日のパルマFC戦で、セリエA初得点となる決勝ゴールを挙げた。2006年1月にはインテルナツィオナーレ・ミラノとの共同保有となった。このシーズン、オビンナは6得点を挙げキエーヴォの躍進(リーグ7位、後にカルチョ・スキャンダルで4位に浮上)に貢献した。2006-07シーズンの結果キエーヴォはセリエBに降格するが、自身はクラブに残留。自己最多の32試合に出場し8得点を挙げ、キエーヴォのセリエB優勝及び1シーズンでの昇格に貢献した。

インテル[編集]

2008年8月、インテルへ完全移籍。10月19日のASローマ戦で移籍後初得点を挙げるが出場機会は少なく、9試合の出場に終わった。2009-10シーズンリーガ・エスパニョーラマラガCFレンタル移籍し、10月4日のシェレスCD戦でリーガ初得点を記録した。2010-11シーズンプレミアリーグウェストハム・ユナイテッドFCへレンタル移籍をした。

ロコモティフ・モスクワ[編集]

インテルとの契約が終了しフリーエージェントになっていた2011年6月、ロシア・プレミアリーグに所属するFCロコモティフ・モスクワと4年契約を締結した[2]。2014年1月から半年間は、かつて所属したACキエーヴォ・ヴェローナにレンタル移籍した[3]

ドイツ時代[編集]

ロコモティフ・モスクワ退団後の2015年9月9日、2. ブンデスリーガで15位に沈むMSVデュースブルクと1年間の延長オプション付きでシーズン終了まで契約した[4]

2016年8月5日、ブンデスリーガに昇格したSVダルムシュタット98のトライアルに合格し契約を交わした[5]

ケープ・タウン・シティ[編集]

2017年9月13日よりABSAプレミアシップケープ・タウン・シティFCに加入したが、翌年2月3日に契約を解除した[6]

代表歴[編集]

アフリカネイションズカップ2006ナイジェリア代表に始めて招集されると、グループリーグのガーナ戦で初出場。準々決勝のチュニジア戦では代表初得点となる同点ゴールを挙げ、ナイジェリアはこの試合で最終的にPK戦で勝利した。2008年には北京オリンピック代表に選出され、3試合に出場。銀メダルを獲得した。南アフリカW杯予選では3得点を挙げ、ナイジェリアの杯出場に貢献。アフリカネイションズカップ2008では代表落ちしたものの、アフリカネイションズカップ2010では代表に返り咲き、全6試合に出場。準々決勝のザンビア戦ではPK戦で3人目のキッカーとしてPKを成功し、3位決定戦のアルジェリア戦では決勝点を挙げ、ナイジェリアの3位入賞に貢献した。

エピソード[編集]

彼の苗字『オビンナ(Obinna)』はナイジェリアのイグボ語で、「神の心」という意味を持っている。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

エニンバ
キエーヴォ
インテル

代表[編集]

ナイジェリア U-23

脚注[編集]

  1. ^ Obinna, Victor”. National-Football-Teams.com. 2017年3月31日閲覧。
  2. ^ «Локомотив» подписал контракт с Обинной
  3. ^ Victor Obinna ritorna al ChievoVerona ACキエーヴォ・ヴェローナ公式ウェブサイト 2014年1月31日付
  4. ^ Duisburg findet in Obinna einen weiteren Stürmer”. kicker (2015年9月9日). 2018年2月11日閲覧。
  5. ^ Obinna am Ziel in Darmstadt”. kicker (2016年8月5日). 2018年2月11日閲覧。
  6. ^ Cape Town City Part Ways With Nigerian Striker”. Soccer Laduma (2018年2月3日). 2018年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]