ジョゼフ・ヨボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョゼフ・ヨボ Football pictogram.svg
JosephYobo.JPG
名前
本名 ジョゼフ・イクポ・チコアズル・ヨボ
Joseph Ikpo Chicoazul Yobo
ラテン文字 Joseph Yobo
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 (1980-09-06) 1980年9月6日(37歳)
出身地 カノ
身長 188cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション MFDF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2001 ベルギーの旗 スタンダール・リエージュ 46 (2)
2001-2003 フランスの旗 マルセイユ 23 (0)
2001-2002 スペインの旗 テネリフェ(loan) 0 (0)
2002-2003 イングランドの旗 エヴァートン(loan) 24 (0)
2003-2012 イングランドの旗 エヴァートン 220 (8)
2010-2012 トルコの旗 フェネルバフチェ (loan) 69 (2)
2012-2014 トルコの旗 フェネルバフチェ 21 (1)
2014 イングランドの旗 ノリッジ (loan) 20 (0)
代表歴2
2001-2014 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 100 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年5月11日現在。
2. 2014年7月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョゼフ・イクポ・チコアズル・ヨボJoseph Ikpo Chicoazul Yobo, 1980年9月6日 - )は、ナイジェリアカノ出身のナイジェリア代表サッカー選手。ポジションはMFDF

クラブ経歴[編集]

1996年ナイジェリアのサッカークラブミシュラン・ポートハーコートのユースチームに加入。現クルー・アレクサンドラ所属のジョージ・アビーと共に成長した。二人は大の親友である。

1998年ベルギーの強豪スタンダール・リエージュへ移籍。トップチームデビューは2000年。3年間在籍し、46試合に出場し2得点を挙げている。

2001年にはフランスオリンピック・マルセイユへ移籍を果たしたが、デビューしてすぐにスペインCDテネリフェへローンで放出される。しかし、テネリフェでは9ヶ月間在籍したが1試合も出場することはなかった。

2002年アーセナルユヴェントスなどからオファーを受けるも、それらを断り7月7日にローンでエヴァートンへ移籍。モイーズ政権で最初の移籍選手となった。また、当初はイングランドに移籍する気はなかったが、マクルズフィールドでプレー経験のあるジョージ・アビーに相談し、彼の助言のおかげで移籍する事が出来たと後に語っている。

モイーズはヨボのパフォーマンスに驚嘆し、即座に完全移籍のオファーを提示。長期間に渡る交渉の末、2003年5月22日におよそ£5mをマルセイユに支払い完全移籍を果たした。

2003-04シーズンには、エバートンの年間最優秀若手選手賞を受賞。2006年7月22日、5年間の大型契約を結んだ。

2006-07シーズンはリーグ戦全試合に出場。UEFAカップ出場権獲得に貢献した。2007-08シーズンのUEFAカップAELラリッサにおいては、フィリップ・ネビルの不在もありチームキャプテンを務める事になった。クラブ創設130年余の歴史の中で、アフリカ人選手がエバートンのキャプテンマークを巻いたのはヨボが初めてである。

2009年5月22日、エヴァートンとの5年契約にサインした。しかし、エヴァートンでは同時期に加入したシルヴァン・ディスタンヨニー・ハイティンハ、さらにはフィル・ジャギエルカの前になかなか出番に恵まれず、2010年8月31日トルコフェネルバフチェへレンタル移籍。2年間のレンタル移籍を経て、2012年8月4日に250万ユーロでフェネルバフチェへ完全移籍した[1]

2014年1月30日ノリッジ・シティFCにレンタル移籍し、3年半ぶりにプレミアに復帰した[2]

代表経歴[編集]

2002年アフリカネイションズカップでは全6試合に出場。準決勝でセネガルに敗れるも、3位決定戦ではマリ代表に1-0で勝利した。また、日韓W杯でも全試合出場を果たしたが、死のグループと言われたF組のクジを引いたことにも影響され、ナイジェリアはグループリーグで敗退した。

慈善活動[編集]

2007年、ナイジェリアの恵まれない子供達を支援すべくJoseph Yobo Charity Foundation(ジョセフ・ヨボチャリティー財団)を設立した。 村の子供達が通う小さな学校から大学に至るまで、およそ300校以上のスクールに奨学金を寄付した。(2007年7月18日時点)
また、アヤックス・ケープタウンFCに倣って設立されたEverton Lagos FC(エバートン・ラゴスFC)と連携し、ナイジェリアのオゴニ地区にフットボール・キャンプを開いた。

事件[編集]

2008年7月5日ポートハーコートで弟のノルム・ヨボが武装集団に誘拐された。彼らは身代金を要求してきたが、結局12日後の17日に無事解放された。この間エバートンのビル・ケンライト会長は、ヨボに「我々は家族だ。苦しい時は私に何でも言いなさい。」と言葉をかけた。その後も毎日ヨボの元を訪ねて相談に乗っていた。この事にヨボは大変感謝し、恩返しに更なる飛躍を誓う旨のコメントを出している。

タイトル[編集]

クラブ
フェネルバフチェSK
個人
  • Everton's Young Player of the Year Award 2003-04
  • CAF Awards 年間ベストイレブン (ディフェンダー部門) 2007-08

脚注[編集]

外部リンク[編集]