ヴィンセント・エニェアマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヴィンセント・エニェアマ Football pictogram.svg
Krasnodar-Lille (21).jpg
名前
ラテン文字 Vincent Enyeama
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
生年月日 1982年8月29日(33歳)
出身地 カドゥナ
身長 180cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 LOSCリール・メトロポール
ポジション GK
背番号 1
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2000
2001-2004
2005
2005-2007
2007-2011
2011-
2012-2013
ナイジェリアの旗 イボム・スターズ
ナイジェリアの旗 エニンバ・インターナショナルFC
ナイジェリアの旗 イゥアニャヌゥ・ナシオナーレ
イスラエルの旗 ブネイ・イェフダ
イスラエルの旗 ハポエル・テルアビブ
フランスの旗 リール
イスラエルの旗マッカビ・テルアビブ (loan)
56 (1)
100 (10)
36 (0)
56 (0)
112 (8)
111 (0)
27 (0)
代表歴2
2002-2015 ナイジェリアの旗 ナイジェリア 101 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2015/16シーズン終了時点現在。
2. 2015年6月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴィンセント・エニェアマVincent Enyeama, 1982年8月29日 - )は、ナイジェリアカドゥナ出身のサッカー選手。ポジションはGK

来歴[編集]

プロデビュー以来長らくナイジェリアのチームでのプレーを続けていたが2005年ブネイ・イェフダ・テルアビブFCに移籍、欧州の舞台へとプレーの場を移す。

その後、ハポエル・テルアビブFCへと移籍し正GKの座を確立する。その活躍からアーセナルFCが獲得を打診しているとの報道もなされた。

2011年7月1日フランスLOSCリール・メトロポールに移籍した。しかしながら、出場機会が得られず、翌シーズンにマッカビ・テルアビブFCへと移籍した。マッカビ・テルアビブでは正GKとして27試合に出場し、10シーズンぶりのリーグ制覇に貢献した。2013-14シーズンは保有権を持つリールに復帰。前シーズン後半戦にレギュラーを託されたステーヴ・エラナミカエル・ランドローSCバスティアへ)が抜けた穴を埋められず、ランドローの後釜としてすぐさま正GKの座を確立した。

リール復帰後は高パフォーマンスを発揮し、2013年12月3日に行われたオリンピック・マルセイユ戦でパリ・サンジェルマンFCサルヴァトーレ・シリグが保持していたリーグ・アン連続無失点記録を更新した[1]

代表歴[編集]

ナイジェリア代表としては、2002 FIFAワールドカップが代表初招集という珍しい体験をしている。この大会中の対イングランド代表戦にて代表デビューを飾り(2002年6月12日)、世界有数の強豪相手に無失点と実力を発揮した。なお、チームはグループステージ敗退となってしまったが、これ以降は正ゴールキーパーとして代表に定着している。2010 FIFAワールドカップ初戦のアルゼンチン戦と第2戦のギリシャ戦では失点し敗れはしたものの、リオネル・メッシのミドルシュートを好セーブで防ぐなどともに1失点に抑え、大会選定のマンオブザマッチに選ばれた。

所属クラブ[編集]

イスラエルの旗 マッカビ・テルアビブFC (loan) 2012-2013

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ナイジェリアの旗 エニンバ
イスラエルの旗 ハポエル・テルアビブFC
イスラエルの旗 マッカビ・テルアビブFC
  • イスラエル・プレミアリーグ:2012-13

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エニェアマ、好セーブ連発で無失点記録を伸ばす Qoly.jp、2013年12月4日

外部リンク[編集]