ビクター・モーゼス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビクター・モーゼス Football pictogram.svg
Victor Moses 1.png
チェルシー時代のモーゼス (2012年)
名前
ラテン文字 Victor Moses
基本情報
国籍 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1990-12-12) 1990年12月12日(26歳)
出身地 ナイジェリアの旗 ナイジェリア カドゥナ州カドゥナ
身長 178cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 チェルシーFC
ポジション FW (WG) / MF
背番号 15
利き足 右足
ユース
2001-2007 イングランドの旗 クリスタル・パレス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2010 イングランドの旗 クリスタル・パレス 58 (11)
2010-2012 イングランドの旗 ウィガン・アスレティック 74 (8)
2012- イングランドの旗 チェルシー 33 (3)
2013-2014 イングランドの旗 リヴァプール (laon) 19 (1)
2014-2015 イングランドの旗 ストーク (laon) 19 (3)
2015-2016 イングランドの旗 ウェストハム (laon) 21 (1)
代表歴2
2005 イングランドの旗 イングランド U-16 1 (0)
2006-2007 イングランドの旗 イングランド U-17 15 (9)
2008-2009 イングランドの旗 イングランド U-19 12 (2)
2010 イングランドの旗 イングランド U-21 1 (0)
2012- ナイジェリアの旗 ナイジェリア 28 (9)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月5日現在。
2. 2016年11月12日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ビクター・モーゼスVictor Moses, 1990年12月12日 - )は、ナイジェリアカドゥナ州カドゥナ出身のサッカー選手プレミアリーグチェルシーFC所属。ナイジェリア代表。ポジションはフォワードミッドフィールダー

来歴[ソースを編集]

生い立ち[ソースを編集]

ナイジェリアで生まれ育ったが、11歳の時に両親を殺人事件で失いナイジェリアからイングランドに移住した。

クラブ[ソースを編集]

高校時代にクリスタル・パレスのスカウトの目にとまり、2004年からユースチームに所属した。2007年にトップデビューを飾って以降リーグ戦40試合に出場しており、アーセナルリヴァプールバルセロナトッテナム・ホットスパーエヴァートンなどからの関心が伝えられていた。

2010年2月1日、ウィガン・アスレティックに移籍することが決まった。移籍金250万ポンドで契約期間は3年半。2月6日のサンダーランド戦でデビューを果たした。5月3日のハル・シティAFC戦で初ゴールを記録した。

2012年8月、チェルシーFCに移籍が決定。9月15日のクイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦でデビューを果たした。11月3日のスウォンジ・シティAFC戦にてチェルシーでのリーグ戦初ゴールを記録した。

2013-14シーズンよりリヴァプールFCへレンタル移籍。

2014-15シーズンよりストーク・シティFCへレンタル移籍 [1]

2014-15シーズン終了後に一度はチェルシーFCへ復帰するも、2015年9月1日にウェストハム・ユナイテッドFCへ1年間のレンタル移籍を発表した。

3シーズン連続のローン移籍でのたらいまわし状態により、放出候補とみられていたが、チェルシー再建を任された、アントニオ・コンテ監督にプレシーズンマッチでのプレーが評価され、2016-17シーズンはチームに残留した[2]。シーズンの序盤は、主にサブメンバーだったが、コンテ監督が3バックを導入したハル・シティ戦からは、「3-4-3」の右ウィングバックとして起用されると、豊富な運動量により攻守にわたり躍動し、コンテ監督から絶対的な信頼を得、チームのキーマンとしてレギュラーの座を確保した[3][4]

代表[ソースを編集]

2005年にイングランドU-16代表で初めて代表に呼ばれた。U-17代表では、UEFA U-17欧州選手権2007に出場し3ゴールを挙げトニ・クロースと共に得点王となりチームを準優勝に導いた。FIFA U-17ワールドカップでもチームトップの3ゴールを決めたが、ブラジル代表戦で負傷しその後は欠場。チームは準々決勝でドイツ代表に敗れた。U-19代表ではUEFA U-19欧州選手権2008に出場したがゴールを挙げることなくチームはグループステージ敗退となった。

イングランド代表として着実にキャリアを上げていったが、A代表では故郷であったナイジェリア代表を選択した。2012年2月29日のアフリカネイションズカップ2013予選ルワンダ戦でナイジェリア代表デビューした。同年10月12日のアフリカネイションズカップ2013予選、リベリア戦で代表初得点を含む2得点を挙げた。アフリカネイションズカップ2013では初戦を除く5試合でスタメン出場、エチオピア戦で決勝ゴールを含む2ゴール (いずれもPK) を挙げるなど、チームの優勝に貢献した。

個人成績[ソースを編集]

クラブでの成績[ソースを編集]

2016年11月5日現在 出典:soccerway.com

クラブ シーズン リーグ戦 カップ戦 リーグ杯 UCL[* 1] UEL[* 2] その他 合計
リーグ 試合 得点 試合 得点 試合 得点 出場 得点 試合 得点 試合 得点 試合 得点
イングランドの旗 クリスタル・パレス 2007-08 チャンピオンシップ 13 3 1 0 0 0 - - 2 0 16 3
2008-09 27 2 3 0 2 0 - - - 21 6
2009-10 18 6 1 0 2 0 - - - 21 6
合計 58 11 5 0 4 0 - - 2 0 69 11
イングランドの旗 ウィガン 2009-10 プレミアリーグ 14 1 0 0 0 0 - - - 14 1
2010-11 21 1 2 0 3 1 - - - 26 2
2011-12 38 6 1 0 0 0 - - - 39 6
2012-13 1 0 0 0 0 0 - - - 1 0
合計 74 8 3 0 3 1 - - - 80 9
イングランドの旗 チェルシー 2012-13 プレミアリーグ 23 1 5 2 3 2 4 1 6 4 2 0 43 10
2015-16 0 0 0 0 0 0 0 0 - 1 0 1 0
2016-17 10 2 0 0 2 1 - - 0 0 12 3
合計 33 3 5 2 5 3 4 1 6 4 3 0 56 13
イングランドの旗リヴァプール(loan) 2013-14 プレミアリーグ 19 1 2 1 1 0 - - - 22 2
イングランドの旗ストーク(loan) 2014-15 プレミアリーグ 19 3 2 1 2 0 - - - 23 4
イングランドの旗ウェストハム(loan) 2015-16 プレミアリーグ 21 1 4 1 1 0 - - - 26 2
合計 224 27 21 5 16 4 4 1 6 4 5 0 276 41
  1. ^ 予選、プレーオフも含む。
  2. ^ 予選、プレーオフも含む。

代表[ソースを編集]

2016年11月12日現在出典:national-football-teams.com

代表国 出場 得点
 ナイジェリア 2012 6 2
2013 12 4
2014 6 1
2015 0 0
2016 4 2
通算 28 9

代表での得点[ソースを編集]

 #  日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果[* 1] 大会
1. 2012年10月13日 ナイジェリアの旗U. J. エスエネ・スタジアムキャラバー  リベリア
3–0
○6–1
アフリカネイションズカップ2013予選
2.
6–1
3. 2013年1月29日 南アフリカ共和国の旗ロイヤル・バフォケン・スタジアムルステンブルク  エチオピア
1–0
○2–0
アフリカネイションズカップ2013
4.
2–0
5. 2013年9月7日 ナイジェリアの旗U. J. エスエネ・スタジアムキャラバー  マラウイ
2–0
○2–0
2014 FIFAワールドカップ・アフリカ2次予選
6. 2013年11月16日 ナイジェリアの旗U. J. エスエネ・スタジアムキャラバー  エチオピア
1–0
○2–0
2014 FIFAワールドカップ・アフリカ3次予選
7. 2014年6月7日 アメリカ合衆国の旗エバーバンク・フィールドジャクソンビル  アメリカ合衆国
1–2
●1–2
親善試合
8. 2016年11月12日 ナイジェリアの旗ゴッズウィル・アクパビオ・国際スタジアムウヨ  アルジェリア
1–0
○3–1
2018 FIFAワールドカップ予選
9.
3–1
  1. ^ 勝(○)、分(▲)、敗(●)

タイトル[ソースを編集]

イングランドの旗 チェルシーFC[ソースを編集]

 ナイジェリア[ソースを編集]

個人[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]