オリンピック・マルセイユ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オリンピック・マルセイユ
原語表記 Olympique de Marseille
愛称 Les Phocéens, L'OM, Les Olympiens
クラブカラー 水色
創設年 1899年
所属リーグ Ligue de Football Professionnel (LFP)
所属ディビジョン リーグ・アン
ホームタウン マルセイユ
ホームスタジアム Stade Vélodrome (20150405).jpgスタッド・ヴェロドローム
収容人数 67,394
代表者 フランスの旗 ジャック=アンリ・エイローフランス語版
監督 フランスの旗 リュディ・ガルシア
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

オランピック・ドゥ・マルセイユ: Olympique de Marseille)は、フランスマルセイユに本拠地を置くサッカークラブチーム。英語読みのオリンピック・マルセイユとも呼ばれる。

概要[編集]

フランスプロフットボールリーグ (LFP) のトップディヴィジョン・リーグ・アンに所属している。愛称はロエム (L'OM)、クラブのスローガンは "Droit Au Butゴールへ一直線)" であり、エンブレムやユニフォームにその文字が窺える。

過去に、エリック・カントナディディエ・デシャンディディエ・ドログバフェルナンド・モリエンテスフランク・リベリーサミル・ナスリらが在籍してきた。フランスのクラブとしてはパリ・サンジェルマンFCと共に欧州でも最も人気のあるサッカークラブの一つである(2006年の調査)[1]

2013年2月、『デロイト』が公表したデロイト・フットボール・マネー・リーグによると、2011-12シーズンのクラブ収入は1億4350万ユーロ(約161億円)であり、欧州第16位である。当時はフランスで最も収入の高いクラブであったが、現在は宿敵パリ・サンジェルマンFCに抜かれている[2]

歴史[編集]

UEFAチャンピオンズリーグ 1992-93決勝のスターティングメンバー

1899年に設立。リーグ・アンにおいてサンテティエンヌの10回に次ぐ優勝9回を誇る名門。ル・クラスィク(またはフランスダービー)と呼ばれるパリ・サンジェルマンとの一戦は大変な盛り上がりをみせ、フランス中の注目を集める。オリンピック・リヨンとの対戦はショック・ドランピック(オリンピック・ダービー)と呼ばれる。

黄金期[編集]

1986年に会長に就任したベルナール・タピの豊富な財力により、1980年代後半から1990年代初頭にかけて勢いをみせ、ヨーロッパの舞台でも活躍。1990-91シーズンにUEFAチャンピオンズリーグで決勝まで進出し、その2年後に同大会ではフランスのクラブでは初の優勝を飾った。

しかし、リーグでの八百長発覚により1992-93シーズンのリーグ・アン優勝を剥奪され、同年のチャンピオンズリーグ優勝についても、タイトル自体は剥奪されなかったものの、チャンピオンとして活動する権利を奪われた。同時に当時の会長の脱税などスキャンダルが相次ぎ、クラブも2部に降格処分を受けた。ディディエ・デシャンファビアン・バルテズら一部の主力選手は残留して降格直後のシーズンは優勝するも、ペナルティは翌年も続いたため昇格が認められず、次シーズンに2位という結果で1部復帰を果たした。

ドレフュス会長時代[編集]

1996年、フランス人実業家ロベール・ルイ・ドレフュス英語版が会長に就任すると、移籍市場ではローラン・ブランウィリアム・ギャラスファブリッツィオ・ラバネッリら実力者を次々に獲得してチームの立て直しと戦力強化を図る。

1998-99シーズン、自国開催のワールドカップ優勝メンバーだったクリストフ・デュガリーロベール・ピレスがチームに加入。リーグでは2位、UEFAカップでは決勝へ進出するも、ブランのバックパスミスからの失点などでパルマ相手に敗れて準優勝。

1999-2000シーズン、ブランをインテルへ放出したことで、チームのバランスが崩れてリーグでは低迷する。UEFAチャンピオンズリーグでは2次グループリーグラウンドまで進出するもラツィオチェルシーフェイエノールトと同組となり最下位での敗退。主力選手を次々に放出したことで戦力低下し、以降リーグ優勝から遠ざかった。

2001年には元会長のタピがスポーツディレクターとして復帰。アフリカの有望選手や若手など積極的に補強するも低迷は続いた。リーグ・アンにおける2000年代はリヨンが2001-02シーズン以降2007-08シーズンまで7連覇を記録したが、その間もリーグ・アンの平均観客動員数1位の座はマルセイユが守り続けていた。近年は安定して5万人を超える平均観客動員数を誇っており(2003-04から2007-08シーズン間の過去5シーズンで4シーズン達成)、フランス国内における人気の程が覗える。

過渡期[編集]

マルセイユの国章

2004-05シーズンには元日本代表監督フィリップ・トルシエが指揮を執り、その縁もあって中田浩二も在籍した。

欧州カップ戦においては、2003-04、2007-08シーズンにチャンピオンズリーグに出場をしているが、いずれもグループリーグラウンドで敗退を喫している。もっとも2003-04シーズンでは、出場したチャンピオンズリーグのグループリーグで3位に入り、決勝トーナメントより出場の権利を得たUEFAカップにて準優勝(決勝でバレンシアに0-2で敗れる)しており、2000年代の欧州カップ戦において目覚しい活躍がないわけではない。

2006-07シーズンはリヨンに次ぐ2位に入り、4シーズンぶりのUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得したものの、首位リヨンとの勝ち点差は17であった。MFフランク・リベリーバイエルン・ミュンヘンに約49億円[3]の移籍金で移籍させ、MFカリム・ジアニ、MFボウデヴィン・ゼンデン、MFブノワ・シェイル、DFガエル・ジヴェなどを獲得した。しかし、開幕から不振が続き、2007年9月にアルベール・エモン監督が解任された。一時期は19位まで低迷したチームを後任のエリック・ゲレツ監督が立て直し、GKセドリック・カラッソからポジションを奪ったGKスティーヴ・マンダンダなどが台頭し、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

2008年夏にはMFサミル・ナスリアーセナルに放出したが、ライバルのリヨンからMFハテム・ベン・アルファを獲得した。DFイウトン、FWバカリ・コネなどの新戦力がレギュラーに定着し、2009年1月にシャフタール・ドネツクから獲得したFWブランドンが後半戦だけで7得点するなど、新加入選手が軒並み期待通りの働きを見せた。31節から35節まで首位を守り、ボルドー、リヨンと最終節まで優勝を争ったが、勝ち点3差で優勝を逃した。しかし、敗戦数は2007-08シーズンの10から5に減らした。

久しぶりの歓喜[編集]

2009年7月4日、約13年間に渡ってクラブの筆頭株主であったロベール・ルイ・ドレフュスが白血病により死去した[4]。遺言により夫人のマルガリータ・ルイ・ドレフュス英語版がクラブ株式を相続し、筆頭株主となった。

2009年夏、クラブのアイドルであるディディエ・デシャンを監督に招聘し、MFルイス・ゴンサレス、DFガブリエル・エインセ、DFスレイマン・ディアワラ、FWフェルナンド・モリエンテスなど大型補強を施した。UEFAチャンピオンズリーグからの敗退が決まってからは尻上がりに調子を上げ、リーグカップ優勝で18シーズンぶりのタイトルを獲得するとリーグ優勝も果たした[5]

2010年夏、セサル・アスピリクエタを補強していたマルセイユは移籍期限直前にトゥールーズFCからFWアンドレ=ピエール・ジニャックOGCニースからFWロイク・レミーの2人を約3000万ユーロの資金を使って補強した[6][7]。この年は1992-93年度以来18年ぶりにチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに進出。リーグ戦は2連覇こそ逃したものの、5年連続でチャンピオンズリーグ出場権を獲得、リーグカップ2連覇も果たした。

低迷期[編集]

2011年夏、ガブリエル・エインセエドゥアール・シセ、そしてチーム最古参選手だったタイエ・タイウォが退団。ボルドーからMFアルー・ディアラFCロリアンからDFジェレミー・モレル、MFモルガン・アマルフィターノASモナコからDFニコラ・ヌクルが入団した。しかしこのシーズンも序盤では不振で、第7節のETG戦がリーグ戦初勝利であった。シーズン中盤にはリーグ戦13試合不敗という記録を残したが、後半戦になって成績が低迷し、サポーターのストライキもしばしばあった。[8]リーグでは10位という結果に終わったが、CLではインテル・ミラノを破ってベスト8に進出した。また、リーグカップ3連覇も果たした。

2012年夏、監督のディディエ・デシャンフランス代表監督に就任し、代わりにエリ・ボーを招聘。しかしCL出場権も逃し、財政難に見舞われていた[9]マルセイユは、緊縮財政でセサル・アスピリクエタチェルシーFCへ、アルー・ディアラウェストハム・ユナイテッドFCへ、ステファーヌ・エムビアクイーンズ・パーク・レンジャーズFC(QPR)へ放出。QPRから元イングランド代表MFジョーイ・バートンをレンタルで獲得した。

2014年5月2日、マルセロ・ビエルサ2014-15シーズンからの監督就任が合意したことを発表した。戦術マニアと評されるビエルサに率いられたチームはFWアンドレ=ピエール・ジニャックが得点ランキング2位となる21ゴールを挙げる大活躍を見せたこともあり、シーズンを4位で終える。しかし2015-2016シーズンは2015年8月の開幕戦のSMカーン戦の敗戦後にビエルサが電撃辞任する波乱の幕開けとなる。クラブは急遽、前オリンピアコスFC監督のミチェルを新監督に招聘するが、前シーズンの立役者であったジニャックの退団などの影響もあり低迷し、2016年4月の第34節時点で15位という極度の成績不振によりミチェルを解任、後任にはアシスタントコーチを務めていたフランク・パッシを昇格させたが、最終的に13位でシーズンを終える。

クラブ売却[編集]

2015-2016シーズン終盤にはサポーターによる抗議行動なども起こった中、2016年4月にマルガリータ・ルイ・ドレフュスがクラブの身売りの意向を表明、7月にはヴァンサン・ラブルン会長も辞任した。深刻な財政難からチームを支えていたGKスティーヴ・マンダンダや前シーズンに台頭したFWミシー・バチュアイなどの放出を余儀なくされたが、2016年8月、元ロサンゼルス・ドジャースのオーナーでもあったアメリカ人実業家フランク・マッコート英語版によるクラブ買収が合意、同年10月に正式に調印し、マッコートがクラブ株式の95%を買い取り、ドレフュス家が引き続き5%を保有する。調印後、新会長にはフランス人実業家のジャック=アンリ・エイローフランス語版が就任し、2016-2017シーズン第9節時点で12位と低迷していたフランク・パッシを解任、元ASローマ監督のリュディ・ガルシアの新監督就任が発表された。

ユニフォーム[編集]

オリンピック・マルセイユのホームユニフォームを基調とし、襟や手首部分にチームカラーの水色のストライプが入る。アウェイユニフォームはチームカラーの水色を基調としている。

ホームカラー
1932-1935
1971-1972
1987-1989
1989-1991
1991-1994
1994-1996
1996-1997
1997-1998
1998-1999
1999-2000
2000-2001
2001-2002
2002-2003
2003-2004
2004-2005
2005-2006
2006-2007
2007-2008
2008-2009
2009-2010
2010-2011
2011-2012
2012-2013
2013-2014
2014-2015
2015-2016
2016-2017

ライバル[編集]


ル・クラスィク(ザ・クラシックの意[10]、フランス・ダービーやル・クラシコとも呼ばれる)[11][12]は、パリ・サンジェルマンとオリンピック・マルセイユの間で行われるダービーマッチの名称で、フランスにおけるナショナル・ダービーである。対戦の名称は、レアル・マドリードFCバルセロナ(ともにスペイン)が対戦するエル・クラシコに由来している。 PSGとマルセイユのライバル意識が1980年代後半から1990年代初頭にかけて激しさを増すと、有料テレビ局でPSGの元オーナー・Canal+とマルセイユのベルナール・タピ会長が両者の対立を煽り、フランス中のサッカーファンにとって興味深い試合に仕立て上げた[13]。 両クラブはスタッド・ヴェロドローム(マルセイユ)とパルク・デ・プランス(PSG)という世界クラスのスタジアムを持ち、白熱した雰囲気や熱烈なサポーターを持つことで名高い。両クラブのサポーターは憎しみ合っており、両クラブサポーターの衝突を防ぐために万全の警備体制が敷かれるが、それでも両者が出会うと暴力事件に事欠かない[14]

それぞれの本拠地であるパリマルセイユは、フランスで最も大きな2都市である。両クラブのタイトル数を合わせると、リーグ・アンで11回優勝、クープ・ドゥ・フランスで18回優勝、クープ・ドゥ・ラ・リーグで6回優勝、トロフェ・デ・シャンピオンで5回優勝している。ヨーロッパの主要大会で優勝経験があるのは、PSG(1995-96シーズンのUEFAカップウィナーズカップ)とマルセイユ(1992-93シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ)のみである。両者がリーグ・アンの覇権を握っており、真に全国的なクラブであり忠実で情熱的なファンクラブを持つ。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

国際タイトル[編集]

過去の成績[編集]

  • 1986-1987 ディヴィジョン・アン 02位
  • 1987-1988 ディヴィジョン・アン 06位
  • 1988-1989 ディヴィジョン・アン 01位
  • 1989-1990 ディヴィジョン・アン 01位
  • 1990-1991 ディヴィジョン・アン 01位
  • 1991-1992 ディヴィジョン・アン 01位
  • 1992-1993 ディヴィジョン・アン 01位(後に八百長発覚により失格)
  • 1993-1994 ディヴィジョン・アン 02位(八百長のペナルティにより降格)
  • 1994-1995 ディヴィジョン・ドゥ 01位(ペナルティにより昇格見送り)
  • 1995-1996 ディヴィジョン・ドゥ 02位(昇格)
  • 1996-1997 ディヴィジョン・アン 11位
  • 1997-1998 ディヴィジョン・アン 04位
  • 1998-1999 ディヴィジョン・アン 02位
  • 1999-2000 ディヴィジョン・アン 15位
  • 2000-2001 ディヴィジョン・アン 15位
  • 2001-2002 ディヴィジョン・アン 09位
  • 2002-2003 リーグ・アン 03位
  • 2003-2004 リーグ・アン 07位
  • 2004-2005 リーグ・アン 05位
  • 2005-2006 リーグ・アン 05位
  • 2006-2007 リーグ・アン 02位
  • 2007-2008 リーグ・アン 03位
  • 2008-2009 リーグ・アン 02位
  • 2009-2010 リーグ・アン 01位
  • 2010-2011 リーグ・アン 02位
  • 2011-2012 リーグ・アン 10位
  • 2012-2013 リーグ・アン 02位
  • 2013-2014 リーグ・アン 06位
  • 2014-2015 リーグ・アン 04位
  • 2015-2016 リーグ・アン 13位


現所属メンバー[編集]

2016-17シーズン 開幕戦フォーメーション

Soccer.Field Transparant.png

プレ
# 16
酒井宏樹
# 2
フボチャン
# 15
ドリア
# 3
レキク
# 4
ディアビ
# 5
カベッラ
# 7
ハウィ
# 20
ディアッラ
# 10
サール
# 17
ゴミス
# 18


2016年9月1日現在
No. Pos. 選手名
1 コンゴ共和国の旗 GK ブライス・サンバ
2 日本の旗 DF 酒井宏樹
3 ブラジルの旗 DF ドリア
4 オランダの旗 DF カリム・レキク
5 フランスの旗 MF アブー・ディアビ
6 ポルトガルの旗 DF ロランド
7 フランスの旗 MF レミ・カベッラ
10 フランスの旗 MF ラッサナ・ディアッラ
11 フランスの旗 FW ロマン・アレッサンドリーニ
12 カメルーンの旗 DF アンリ・ベディモ
13 アルメニアの旗 DF ガエル・アンドニアン
14 カメルーンの旗 FW クリントン・エンジ
15 スロバキアの旗 DF トマーシュ・フボチャン
16 フランスの旗 GK ヨアン・プレ
17 ギニアの旗 FW ブナ・サール
18 フランスの旗 FW バフェティンビ・ゴミス
No. Pos. 選手名
19 フランスの旗 MF ウィリアム・ヴァンクール
20 チュニジアの旗 MF サイフ=エディン・ハウィ
22 ベルギーの旗 FW アーロン・レジャ・イセカ
23 フランスの旗 MF ジネディーヌ・マシャク
24 フランスの旗 DF ロッド・ファンニ
25 ニュージーランドの旗 MF ビル・ティロマ
26 フランスの旗 FW フロリアン・トヴァン
27 フランスの旗 MF マキシム・ロペス
28 フランスの旗 FW アントワーヌ・ラビヤール
29 カメルーンの旗 MF アンドレ・フランク・ザンボ
32 フランスの旗 FW ジェレミー・ポルサン=クレメンテ
33 カメルーンの旗 FW サマド・ムハンマドゥ
34 フランスの旗 DF アルホセイニ・サネ
40 フランスの旗 GK フロリアン・エスカール
-- ノルウェーの旗 DF エイリク・ハウガン
監督

レンタル移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
14 カメルーンの旗 FW クリントン・エンジ (トッテナム)
18 フランスの旗 FW バフェティンビ・ゴミス (スウォンジー)
19 フランスの旗 MF ウィリアム・ヴァンクール (ローマ)
No. Pos. 選手名
22 ベルギーの旗 FW アーロン・レジャ・イセカ (アンデルレヒト)
23 フランスの旗 MF ジネディーヌ・マシャク (トゥールーズ)
26 フランスの旗 FW フロリアン・トヴァン (ニューカッスル)

2015/16移籍[編集]

歴代監督[編集]

  • イングランドの旗 ピーター・ファーマー 1923-1924
  • スコットランドの旗 ビクター・ギブソン 1925-1929
  • イングランドの旗 チャーリー・ベル 1932-1933
  • オーストリアの旗 ヴィンツェンツ・ディートリッヒ 1933-1935
  • ハンガリーの旗 エイセンホッフェル・ヨージェフ 1935-1938, 1939-1941
  • ハンガリーの旗 コフト・ヴィルモシュ 1938
  • フランスの旗 アンドレ・ガスカール 1938-1939, 1941-1942
  • フランスの旗 ポール・セツ 1942
  • フランスの旗 アンドレ・ブラン 1942-1943
  • フランスの旗 ローラン・アンリ 1943-1944
  • フランスの旗 ジョゼフ・ゴンサレス 1943, 1944
  • フランスの旗 ポール・ワルテル 1944-1947
  • イタリアの旗 ジュゼッペ・ジリッツィ 1947-1949, 1958
  • フランスの旗 オーギュスト・ジョルダン 1949-1950
  • フランスの旗 アンリ・ルスラー 1950-1954
  • フランスの旗 ロジェール・ロリオン 1954-1956
  • フランスの旗 ジャン・ロビン 1956-1958, 1963-1964
  • スイスの旗 ルイス・マウレール 1958-1959
  • フランスの旗 リュシアン・トルペル 1959-1962
  • ブラジルの旗 オットー・グロリア 1962
  • フランスの旗 アルマン・ペンヴェルヌ 1962
  • スペインの旗 ルイス・ミロ 1962
  • フランスの旗 ロベール・ドメルグ 1966-1968
  • フランスの旗 ジャン・ジョルカエフ 1968
  • フランスの旗 リュシアン・ルデュク 1970-1972
  • ドイツの旗 クルト・リンダー 1972-1973
  • フランスの旗 マリオ・ザテッリ 1964-1966, 1968-1970, 1972, 1973-1974
  • フランスの旗 ジョゼフ・ボネル 1973
  • チリの旗 フェルナンド・リエラ 1973-1974
  • フランスの旗 ホセ・アリバス 1976-1977
  • ユーゴスラビアの旗 イヴァン・マルコヴィッチ 1977-1978


歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]


MF[編集]


FW[編集]


脚注[編集]

  1. ^ Según una investigación, Boca no es la mitad más uno” (スペイン語). minutouno (2008年2月26日). 2013年10月17日閲覧。
  2. ^ [1] 2013年2月に国際監査法人『デロイト』が公表した2010-11シーズンの欧州サッカーのクラブ収入ランキング。
  3. ^ Goal.com世界の富裕選手リスト2013
  4. ^ マルセイユの筆頭株主ドレフュス氏が死去uefa.com、2009年7月5日
  5. ^ マルセイユ、18年ぶりのリーグ優勝達成uefa.com、2010年5月5日
  6. ^ http://web.gekisaka.jp/264281_61887_foreign
  7. ^ http://web.gekisaka.jp/265213_61618_foreign
  8. ^ http://lci.tf1.fr/sport/les-supporters-de-l-om-font-la-greve-des-encouragements-6779235.html
  9. ^ http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/france/2886591/9177526
  10. ^ “Second time lucky as Marseille face PSG in Ligue 1's Le Classique”. 101 Great Goals. (2009年11月19日). http://www.101greatgoals.com/second-time-lucky-as-marseille-face-psg-in-ligue-1s-le-classique/41027/ 2010年4月23日閲覧。 
  11. ^ “Ligue 1 Preview: Paris Saint-Germain – Olympique de Marseille”. Goal.com. (2010年2月26日). http://goal.com/en/news/90/france/2010/02/26/1808160/ligue-1-preview-paris-saint-germain-olympique-de-marseille 2010年2月28日閲覧。 
  12. ^ “Paris s'impose dans la douleur dans le Classico”. ActuPSG. (2012年4月8日). http://www.actupsg.fr/afficher_actu.php?affiche_actu=3549 2012年4月22日閲覧。 
  13. ^ “Rewind to 1993: The shame of Marseille”. ESPNsoccernet. (2011年3月10日). http://soccernet.espn.go.com/columns/story/_/id/894439/rewind-to-1993:-the-shame-of-marseille?cc=3888 2011年10月8日閲覧。 
  14. ^ “OM-PSG D-2: The match that divides a nation”. リーグ・アン公式サイト. (2009年10月23日). http://www.ligue1.com/ligue1/article/om-psg-d-2-the-match-that-divides-a-nation.htm 2009年10月25日閲覧。 

外部リンク[編集]