バカリ・コネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バカリ・コネ Football pictogram.svg
Bakari Koné (Baky).jpg
名前
愛称 バキー
ラテン文字 Bakari Koné
基本情報
国籍 コートジボワールの旗 コートジボワール
生年月日 1981年9月17日(32歳)
出身地 アビジャン
身長 163cm
体重 61kg
選手情報
在籍チーム カタールの旗 ウンム・サラールSC
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
2004-2010 コートジボワールの旗 コートジボワール 42 (9)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

バカリ・コネBakari Koné, 1981年9月17日 - )は、コートジボワール出身、同国代表サッカー選手カタール・スターズリーグウンム・サラールSC所属。ポジションはFW。実弟にサッカー選手のアルナ・コネカラモコ・コネがいる。

経歴[編集]

1994年に当時のコートジボワールアビジャンでスカウトを受け、ASECミモザのユースチームに入団。5年間を過ごし、1999年にトップチームデビューを飾る。2002年からはカタールアル・イテハド(当時。現在の名称はアル・ガラファ)に移籍し、レギュラーとして1シーズンプレー。その後、2003-04シーズンからはフランスリーグ・ドゥロリアンに移籍。これ以降は活躍の場をヨーロッパに移すこととなる。

ロリアンでは1シーズン目からレギュラーを獲得しいきなり10得点を挙げると、2シーズン目となった2004-05シーズンは25試合に出場し24ゴールを挙げる大活躍で、リーグ・アン昇格に大きく貢献。バカリ自身もリーグ・ドゥ得点王、リーグ・ドゥ最優秀選手を獲得する。この活躍からリールストラスブールオセールなどから注目され、結局2005-06シーズンからはニースへ移籍。シーズン開幕戦のトロワ戦でいきなりリーグ・アンデビューを飾ると、移籍2試合目のトゥールーズ戦でリーグ・アン初ゴールを記録。レギュラーを勝ち取り、2007-08シーズンにはリーグ・アン移籍後初めての2ケタ得点で、リーグ6位の14ゴールを挙げる。リーグ・アンでも成功を収めたことから、攻撃陣強化を望む強豪・オリンピック・マルセイユが獲得に乗り出し、移籍金1000万ユーロで移籍。マルセイユでの最初のシーズンとなった2008-09シーズンもレギュラーを獲得。リーグ・アンに加えてチャンピオンズリーグUEFAカップにも初出場ながら全試合に出場し、チャンピオンズリーグ・グループステージのPSV戦ではチャンピオンズリーグ初ゴールを決めた。これらの活躍や後述の代表での活躍もあり、2009年3月にヤヤ・トゥーレディディエ・ドログバを抑えてコートジボワール年間最優秀選手を受賞した。

代表では、2004年9月5日のワールドカップ予選・スーダン戦でコートジボワール代表デビューし、代表初ゴールも記録。以降は代表に定着し、2005年12月12日のルーマニアとの親善試合では弟・アルナとの兄弟アベックゴールも記録。アフリカネイションズカップ2006のメンバーにも選ばれると、準決勝のカメルーン戦では貴重な同点ゴールを挙げると、チームはPK戦の末に勝利。決勝進出に大きく貢献したが、決勝のエジプト戦では負傷してしまい、チームも準優勝に終わる。ワールドカップ・ドイツ大会のメンバーにも選ばれるが、コートジボワールはアルゼンチンオランダセルビア・モンテネグロと同組の「死の組」に入ってしまう。しかしバカリは3試合すべてに出場し、オランダ戦ではミドルシュートを決めワールドカップ初得点を記録するなどコートジボワールの善戦に貢献した。続くアフリカネイションズカップ2008でもチームの中心として4試合に出場するが、5-1と大勝したギニア戦での1ゴールに終わり、チームも4位に終わる。しかしその後のワールドカップ予選では4試合に出場し3ゴールと絶好調で、チームを牽引した。

所属クラブ[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

コートジボワールの旗 ASECミモザ
  • コートジボワール・プレミア・ディビジョン : 2000, 2001, 2002
  • CAFスーパーカップ : 1999
フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
カタールの旗 レフウィヤSC

個人[編集]

  • リーグ・ドゥ最優秀選手 : 2004-05
  • リーグ・ドゥ得点王 : 2004-05
  • リーグ・アン月間最優秀選手 : 2007年9月, 2007年10月
  • コートジボワール年間最優秀選手 : 2008-09
  • カタール・スターズリーグシーズン最優秀選手 : 2010-2011

外部リンク[編集]