スティーヴ・マンダンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スティーヴ・マンダンダ Football pictogram.svg
Steve Mandanda 2018.jpg
フランス代表でのマンダンダ(2018年)
名前
ラテン文字 Steve MANDANDA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
 コンゴ民主共和国
生年月日 (1985-03-28) 1985年3月28日(33歳)
出身地 ザイールの旗 ザイール キンシャサ
身長 185cm
体重 82kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 オリンピック・マルセイユ
ポジション GK
背番号 30
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2008 フランスの旗 ル・アーヴル 71 (0)
2007-2008 フランスの旗 マルセイユ (loan) 34 (0)
2008-2016 フランスの旗 マルセイユ 300 (0)
2016-2017 イングランドの旗 クリスタル・パレス 9 (0)
2017- フランスの旗 マルセイユ 31 (0)
代表歴2
2003-2006 フランスの旗 フランス U-21 19 (0)
2008 フランスの旗 フランス B 2 (0)
2008- フランスの旗 フランス 28 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年7月29日現在。
2. 2018年7月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

スティーヴ・マンダンダSteve Mandanda1985年3月28日 - )は、ザイール(現・コンゴ民主共和国)・キンシャサ出身でフランス国籍のサッカー選手フランス代表リーグ・アンオリンピック・マルセイユ所属。ポジションはGK

経歴[編集]

クラブ[編集]

ル・アーヴルACの下部組織で育ち、2005年8月にプロデビューすると、デビュー戦からの4試合で1点しか許さなかった。すぐさまレギュラーの座を獲得し、2005-06シーズンは30試合、2006-07シーズンは37試合に出場した。2007年夏のシーズンオフにはアストン・ヴィラFCのトライアルなども受けたが[1]7月14日オリンピック・マルセイユへレンタル移籍した。

セドリック・カラッソが膝を負傷して長期欠場したため、正GKの座を掴んだ。カラッソが復帰してもポジションを明け渡さず、UEFAチャンピオンズリーグUEFAカップで好プレーを見せて一躍ビッグクラブから注目を集める存在となった(カラッソはシーズン終了後にトゥールーズFCに移籍)。リーグ戦では失点数こそ多かったものの、グレゴリー・クペミカエル・ランドローなどリーグを代表する錚々たる実力者達を抑えてシーズン最優秀GK賞を受賞した[2]2008年3月5日、マルセイユと4年契約を結んで完全移籍を果たした。

2016年、マルセイユを離れ、プレミアリーグクリスタル・パレスFCに移籍[3]。2017年シーズンから再びマルセイユに復帰、UEFAヨーロッパリーグ決勝進出を助けた、また3度目のリーグ・アン最優秀GK賞とリーグ・アンベストイレブンに選出された。

代表[編集]

2003年からU-21フランス代表に選ばれ、2006年に出場したUEFA U-21欧州選手権では大会ベストイレブンに選ばれた。2007年にははじめてフランスA代表候補に選ばれた。2008年2月5日のコンゴDR戦にフランスB代表の一員として出場し、弟のパルフェ・マンダンダと対戦した。5月27日、UEFA EURO 2008本大会前の親善試合・エクアドル戦でフランスA代表デビューし、他の代表GK候補が軒並み調子を落としていたこともあり、本大会出場メンバーに第3GKとして登録された。

UEFA EURO 2008後にグレゴリー・クペがフランス代表引退を表明したため、マンダンダが正GKに抜擢され、2010 FIFAワールドカップ欧州予選のはじめの数試合はレギュラーを務めた。しかし、2009年夏頃にウーゴ・ロリスにポジションを奪われ、本大会には第2GKとして臨んだ。

2014 FIFAワールドカップに臨むフランス代表にも呼ばれていたが、2014年5月17日のEAギャンガン戦において、首を痛め負傷退場となった。その後頸椎亀裂骨折で約6週間の離脱の見込みとなったため、ワールドカップの欠場が決まった[4]

2018FIFAワールドカップロシア大会では1次リーグ第3戦デンマーク戦で先発出場したのみであったが、ワールドカップを優勝。

その他[編集]

所属クラブ[編集]

フランスの旗 オリンピック・マルセイユ (loan) 2007-2008

タイトル[編集]

クラブ[編集]

オリンピック・マルセイユ

代表[編集]

個人[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]