フランソワ・クレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フランソワ・クレール Football pictogram.svg
François Clerc Asse.JPG
名前
ラテン文字 Francois CLERC
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1983-04-18) 1983年4月18日(33歳)
出身地 ブール=カン=ブレス
身長 187cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム フランスの旗 ガゼレク・アジャクシオ
ポジション DF (RSB)
背番号 29
利き足 右足
ユース
1992-1997 フランスの旗 ブール=ペロナ
1997-2001 フランスの旗 リヨン
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2005 フランスの旗 リヨンB 67 (7)
2004-2005 フランスの旗 トゥールーズ (loan) 7 (0)
2005-2010 フランスの旗 リヨン 78 (1)
2010-2012 フランスの旗 ニース 61 (5)
2012-2016 フランスの旗 サンテティエンヌ 85 (3)
2016- フランスの旗 ガゼレク・アジャクシオ 0 (0)
代表歴
2005-2006 フランスの旗 フランス U-21 3 (0)
2006-2008 フランスの旗 フランス 13 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年6月11日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

フランソワ・クレールFrançois Clerc, 1983年4月18日 - )は、フランスアン県ブール=カン=ブレス出身のサッカー選手元フランス代表である。ポジションはディフェンダー。日本の一部メディアではクレルクと表記する媒体もある。

経歴[編集]

オリンピック・リヨンの下部組織出身で、徐々に頭角を現してきている。レンタルのトゥールーズFCから戻った2005-06シーズンにおいてアントニー・レヴェイエールの負傷の穴を埋めたことで重用されるようになった。

この活躍により各国リーグからのオファーも舞い込むこととなり、代表ではEURO2008のエントリーメンバーにも選出。最終節のイタリア戦でウィリー・サニョルに代わって出番を得たが、出場はこの1試合だけでグループリーグ敗退に終わった。

その後右膝の十字靱帯断裂を負ってからは輝きを失い始め、再びレヴェイエールにポジションを奪われてしまい、代表からも疎遠となってしまった。さらにその後はラミーヌ・ガサマも台頭して完全に存在感を失ってしまった。

2010-11シーズン、夏の移籍マーケット最終日にあたる2010年9月1日に駆け込みでOGCニースへ移籍。ニースではレギュラーとして本来の輝きを取り戻した。

2012年7月9日、古巣リヨンのライバルであるASサンテティエンヌへ移籍。

2016年6月9日ガゼレク・アジャクシオへ移籍[1]

プレースタイル[編集]

  • 大舞台でも変わらぬプレーを見せる安定感と、攻守のバランスの良さが持ち味。攻撃の印象の強いリヨンにおいては攻めあがったセンターバックのカバーもしっかりできる存在である[要出典]

所属クラブ[編集]

フランスの旗 トゥールーズFC 2004-2005 (loan)

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ASサンテティエンヌ

脚注[編集]

  1. ^ François Clerc signe en Ligue 2, au Gazélec Ajaccio”. EUROSPORT (2016年6月9日). 2016年12月10日閲覧。(フランス語)

外部リンク[編集]