マチュー・フラミニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マテュー・フラミニ Football pictogram.svg
Mathieu Flamini Arsenal Members' Day 2015 (19929864949).jpg
アーセナルFC時代のフラミニ (2015年)
名前
ラテン文字 Mathieu FLAMINI
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1984-03-07) 1984年3月7日(35歳)
出身地 マルセイユ
身長 178cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 無所属
ポジション MF(DMF)
利き足 右足
ユース
2001-2013 フランスの旗 マルセイユ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2004 フランスの旗 マルセイユ 14 (0)
2004-2008 イングランドの旗 アーセナル 102 (7)
2008-2013 イタリアの旗 ミラン 97 (7)
2013-2016 イングランドの旗 アーセナル 66 (3)
2016-2017 イングランドの旗 クリスタル・パレス 10 (0)
2018-2019 スペインの旗 ヘタフェ 9 (0)
代表歴2
2004-2005 フランスの旗 フランス U-21 8 (1)
2007-2008 フランスの旗 フランス 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月25日現在。
2. 2018年12月25日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マテュー・フラミニ(Mathieu Flamini, 1984年3月7日 - )は、フランスマルセイユ出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

アーセナル時代

1984年マルセイユイタリア人の父とフランス人の母との間に生まれた。地元のオリンピック・マルセイユのユースに所属し、2003年12月にはトップチームにデビューを果たした。2003-04シーズンは14試合に出場し才能の片鱗を見せた。しかし、マルセイユが長期のプロ契約を結ばなかったため、そこに目をつけたアーセナルFCが獲得に動き、2004-05シーズンからはアーセナルへ移籍することとなった。この年はボランチ、あるいはサイドハーフの控えとしてプレーした。

2005-06シーズンは当初セスク・ファブレガスジウベルト・シウバの控えという立場であったが、アシュリー・コールガエル・クリシーパスカル・シガンローレンらの左サイドバックが立て続けに怪我をし払底してしまったため、急遽フラミニが左サイドバックに起用されることとなった。フラミニはこのチャンスを逃さず、無難なプレー振りを披露。監督のアーセン・ベンゲルからも高い評価を得た。

2006-07シーズンは出場機会が減少し、シーズン終了後には移籍も視野に入れているとの発言もしたが、結局残留することとなった。

フランス国内では、彼の2006 FIFAワールドカップのメンバー入りを望む声もあったという。2007年2月7日の親善試合(アルゼンチン戦)には代表メンバーに初招集されたが、出場機会はなかった。 2007-08シーズンは序盤からレギュラーを奪取し、首位に立つ原動力になっている。

2008-09シーズンからはイタリアのACミランでプレー。報道によれば、移籍金はなしで年俸450万ユーロの4年契約でサインしたという。 加入当初こそ苦しんだものの徐々にチームにフィットし、シーズン終盤には怪我人の相次いだDFラインの応急策として右サイドバックを務めた所そのままレギュラーに定着。同シーズンにレンタル移籍でミランに入団したデビッド・ベッカムとの見事な連携を見せた。

2012-13シーズン終了後、契約満了につきミランを退団。無所属の状態が続き、古巣アーセナルの練習場でトレーニングしていた。2013年8月29日、アーセナル復帰が決定[1]。その後、契約満了により2015-16シーズンをもってアーセナルを退団した。

2016年9月8日、クリスタル・パレスFCへの加入が決定した[2]

2018年2月2日ヘタフェCFに今季限り半年間の契約を締結。12月2日に再契約した。

エピソード[編集]

  • 2008年5月21日、ACミランへの移籍報道の際にプライベートについて「自分はいたってノーマルな人間だ。今のところ彼女はいないが、友人は多い。友人と外食したり映画に行ったりするのが好きだ。イタリアのメディアは、選手のプライベートにあまり踏み込まないと聞いているのでほっとしている」と語っている。
  • 2008年に「GFバイオケミカル」という企業を起ち上げ、友人や家族にも秘密でエネルギービジネスに参入した。2015年にこの企業を運営していたことを公にし、同社で将来的に石油燃料に代わるエネルギーとして期待される有機化合物レブリン酸を研究し、世界初の大量生産を実現したことを明かした[3]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

アーセナル
ミラン

個人成績[編集]

クラブ シーズン リーグ カップ 国際大会 その他 合計
リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
マルセイユ 2003-04 リーグ・アン 14 0 1 0 9 0 - 24 0
合計 14 0 1 0 9 0 - 24 0
アーセナル 2004-05 プレミアリーグ 21 1 7 0 4 0 0 0 32 1
2005-06 プレミアリーグ 31 0 5 0 12 0 1 0 49 0
2006-07 プレミアリーグ 20 3 6 0 6 1 - 32 4
2007-08 プレミアリーグ 30 3 2 0 8 0 - 40 3
合計 102 7 20 0 30 1 1 0 153 8
ミラン 2008-09 セリエA 29 0 1 0 7 0 - 37 0
2009-10 セリエA 25 0 2 1 5 0 - 32 1
2010-11 セリエA 23 2 2 0 5 0 - 30 2
2011-12 セリエA 2 1 0 0 0 0 0 0 2 1
2012-13 セリエA 18 4 1 0 3 0 - 22 4
合計 97 7 6 1 20 0 0 0 123 8
アーセナル 2013-14 プレミアリーグ 27 2 3 0 6 0 - 36 2
2014-15 プレミアリーグ 23 1 2 0 7 0 1 0 33 1
2015-16 プレミアリーグ 16 0 4 2 4 0 0 0 24 2
合計 66 3 9 2 17 0 1 0 93 5
合計 アーセナル 168 10 29 2 47 1 2 0 246 13
クリスタル・パレス 2016-17 プレミアリーグ 10 0 3 0 - - 13 0
ヘタフェ 2017-18 プリメーラ 0 0 0 0 - - 0 0
総通算 289 17 39 3 76 1 2 0 406 21

脚注[編集]

  1. ^ フラミニがアーセナル復帰”. Goal (2013年8月30日). 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ Flamini Joins Crystal Palace”. cpfc.co.uk (2016年9月8日). 2016年9月8日閲覧。
  3. ^ フラミニが衝撃告白。4兆円規模の市場開拓でエネルギー革命!? - フットボールチャンネル 2015年11月15日

外部リンク[編集]