クロード・マケレレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クロード・マケレレ Football pictogram.svg
Claude Makelele.jpg
名前
本名 クロード・マケレレ・シンダ
愛称 マカ
ラテン文字 Claude Makélélé
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1973-02-18) 1973年2月18日(43歳)
出身地 ザイールの旗 ザイール キンシャサ
身長 170cm
体重 66kg
選手情報
ポジション MF (DH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1991 フランスの旗 ムラン
- フランスの旗 ブレスト
1991-1992 フランスの旗 ナントB 12 (0)
1991-1997 フランスの旗 ナント 169 (9)
1997-1998 フランスの旗 マルセイユ 32 (2)
1998-2000 スペインの旗 セルタ 70 (3)
2000-2003 スペインの旗 レアル・マドリード 94 (0)
2003-2008 イングランドの旗 チェルシー 144 (2)
2008-2011 フランスの旗 パリ・サンジェルマン 98 (1)
代表歴2
1995-1996 フランスの旗 フランス U-21 11 (1)
1995-2008 フランスの旗 フランス 70 (0)
監督歴
2014 フランスの旗 SCバスティア
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月4日現在。
2. 2014年11月4日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クロード・マケレレ・シンダ(Claude Makélelé Sinda, 1973年2月18日 - )は、コンゴ民主共和国(旧ザイールキンシャサ出身の元フランス代表サッカー選手

キャリアを通して守備的MFでプレー。中盤の底のポジションはマケレレのポジションとして「マケレレロール(Makélélé Role)」と呼ばれることもある[1]

来歴[編集]

1973年にザイールにて生まれ、1977年にフランスサヴィニー=ル=タンプルへと移る。本人へのインタビューによれば、子供の頃の憧れの選手は、元ブラジル代表のペレ[2]。15歳の頃に、ムランのクラブであるUSムランに加入し、リリアン・テュラムらとともにプレーした[2]

1993年、リーグ・アンFCナントでキャリアをスタートし、フランス国籍を獲得。身体能力の高さを活かした活躍が評価され、1995年7月22日のノルウェー戦でフランス代表デビューを果たす。また1995-96シーズンではUEFAチャンピオンズリーグベスト4進出に貢献した。さらにその年に、アトランタ五輪にフランス代表として出場するがベスト8で敗退。

その後オリンピック・マルセイユを経て、1998年にリーガ・エスパニョーラセルタ・デ・ビーゴへ移籍。UEFAカップにおいてリヴァプールFCユヴェントスFCなどの強豪チームを破った試合で活躍し、評価を上昇させた。

2000年にはレアル・マドリードへ移籍し、超攻撃的サッカーを標榜するスター集団の中において、中盤の守備を担うハードワーカーとして活躍し、2001-02シーズンにはチャンピオンズリーグの制覇に貢献。当時のチームメイトから「彼こそ、俺たちのバロンドールだ」という、最大級の賛辞が送られた。2002年、フランス代表は日韓W杯に出場するが、マケレレは出場機会に恵まれず、FWの不調やエースジネディーヌ・ジダンの故障も響きグループリーグで敗退する。しかし、クラブでは攻撃重視の選手を擁する中盤の底で守備を担い、イバン・エルゲラや最終ラインを支えるフェルナンド・イエロと共に守備の役割をしっかりとこなし、チームに欠かせない存在であった。しかし2002-03シーズン終了後、給料の問題などもありレアル・マドリードを退団。もっとも自身は後のインタビューの中で、自身の仕事に敬意を払われなかったことが問題なのであり、当時のレアル・マドリードの会長、フロレンティーノ・ペレスに「どんなに金を積まれても、私は出て行く」と言ったと述べている。その後レアル・マドリードは失点が増加、マケレレへの依存度が高かったにも関わらず彼を評価できなかったペレス会長には批判が浴びせられた。

チェルシーで同僚のアレックス

その後ロシアの石油王、ロマン・アブラモヴィッチが新オーナーとなったチェルシーFCへ移籍。移籍後初シーズンはプレミアリーグ2位、UEFAチャンピオンズリーグではASモナコに準決勝で敗れるなど、タイトルを手にすることはできなかった。しかし2004-05シーズンにはプレミアリーグとフットボールリーグカップを獲得。2004年より監督に就任したジョゼ・モウリーニョはマケレレをシーズンの最優秀選手と褒め称え、FIFProによる2005年のベストイレブンにもチームメイトであるフランク・ランパードジョン・テリーらとともに選出された[3]

EURO2004以降代表から遠ざかっていたが、2006年ドイツW杯の欧州予選でフランス代表は予選敗退の危機を迎える。ドメネク監督の希望によりジダン、リリアン・テュラムとともに代表に復帰し、見事土壇場からの予選通過に貢献する。2006年5月15日、本選出場メンバーに選ばれ決勝戦まで進んだが、PK戦の末に準優勝に終わる。W杯終了後、地元のTV局のインタビューで、代表引退を明らかにしたが、ユーロ2008の予選でドメネク監督に招集され、モウリーニョ監督を巻き込み騒動となった。EURO2008本大会にも招集されたものの、チームはグループリーグ敗退。改めて代表引退を発表した。代表引退の記者会見の席で、フランス代表としてはメジャーなタイトルを得られなかったことについては「フランス代表のユニフォームを着ることができたことが、私のトロフィーだ」と語っている。

PSGでのマケレレ

2008年7月21日、パリ・サンジェルマンFCがマケレレの獲得に関してチェルシーと合意。同時にキャプテンにも就任した。2010-11シーズン終了後に現役引退。

引退後[編集]

引退後は、古巣のパリ・サンジェルマンで名将カルロ・アンチェロッティ監督の下でアシスタントコーチを経験した後、リーグ・アンの2014-2015シーズンからSCバスティアの監督に就任。しかし、12試合で2勝しか挙げられず、11月3日に解任された[4]。その後、2016年1月8日にASモナコのテクニカルディレクターに就任したが[5]、同年6月6日に契約解除が発表された[6]

所属クラブ[編集]

選手
監督

タイトル[編集]

ナント
レアル・マドリード
チェルシー
パリSG

脚注[編集]

  1. ^ The Makelele role”. UEFA.com. 2012年11月13日閲覧。
  2. ^ a b マケレレ氏がマドリーでの思い出を語る
  3. ^ The FIFPro World XI of the Year 2004/2005”. FIFPro. 2012年11月13日閲覧。
  4. ^ 降格圏バスティア、マケレレを解任”. Goal. 2014年11月4日閲覧。
  5. ^ マケレレ氏がモナコのディレクターに就任”. SANSPO.COM. 2016年1月8日閲覧。
  6. ^ モナコがマケレレ氏と契約解除”. Goal.com. 2016年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]