パスカル・シンボンダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パスカル・シンボンダ Football pictogram.svg
Pascal chimbonda.jpg
名前
ラテン文字 Pascal CHIMBONDA
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1979-02-21) 1979年2月21日(37歳)
出身地 レザビーム
身長 182cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 カーライル・ユナイテッドFC
ポジション DF (CB, RSB)
背番号 39
利き足
代表歴
2006 フランスの旗 フランス 1 (0)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パスカル・シンボンダPascal Chimbonda, 1979年2月21日 - )はグアドループレザビーム出身のサッカー選手。ポジションはディフェンダー。名字の表記には「シャンボンダ」「シムボンダ」も存在する。

来歴[編集]

2006 FIFAワールドカップに向けてのフランス代表発表において最も驚きを与えた選手。ウィリー・サニョルの控えとしてアントニー・レヴェイエールフランソワ・クレールを抑えての招集で同じくこの時点で初招集だったフランク・リベリーと同じく2005-06シーズンの活躍が評価され代表入りとなったが、フランス国内ではリーグ・アンで活躍するリベリーとは対照的に注目度は低かった。しかし招集後は27歳でレ・ブルーの仲間入りを果たした遅咲きのヒーローとして注目の的となった。

ル・アーヴルAC出身で、その後SCバスティアに移籍した。ここで右サイドバックとして頭角を現し、2005年イングランドウィガンに移籍、ここで選手会選出のプレミアリーグ最優秀右サイドバックに選出されるなど大活躍した。しかし2005-06シーズン終了前に移籍希望を公言してポール・ジュエル監督を激怒させ[1]、シーズン終了後にトッテナムへ放出された。

トッテナムでも主力としてプレー。その後サンダーランドへ移籍をするも出場機会に恵まれず、1年半を経て古巣へ復帰した。

その他[編集]

バスティア時代、ASサンテティエンヌ戦で試合中に相手サポーターから激しい人種差別を受けたことがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジュエル監督は「顔も見たくない」とマスコミに語った

所属クラブ[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。