2006 FIFAワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2006FIFAワールドカップ
2006 FIFA World Cup
FIFA Fußball-Weltmeisterschaft Deutschland 2006
大会概要
開催国 ドイツの旗 ドイツ
日程 2006年6月9日 - 7月9日
チーム数 32 (6連盟)
開催地数 12 (12都市)
大会結果
優勝 イタリアの旗 イタリア (4回目)
準優勝 フランスの旗 フランス
3位 ドイツの旗 ドイツ
4位 ポルトガルの旗 ポルトガル
大会統計
試合数 64試合
ゴール数 147点
(1試合平均 2.3点)
総入場者数 3,353,655人
(1試合平均 52,401人)
得点王 ドイツの旗 ミロスラフ・クローゼ(5点)
最優秀選手 フランスの旗 ジネディーヌ・ジダン
 < 20022010
公式サッカーボール+Teamgeistアディダス
画像はクロアチア-オーストラリア戦で使用されたもの

2006 FIFAワールドカップ: 2006 FIFA World Cup)は、2006年6月9日から7月9日にかけて、ドイツで開催された第18回目のFIFAワールドカップである。ドイツでの開催は1974年西ドイツ大会から32年ぶりで、ヨーロッパでの開催は10度目である。理事による決選投票では、ドイツ12票に対して、次点の南アフリカは11票と接戦だった。

優勝トロフィーは、3代目になる。地球を2人の人間が支えるデザインで、2代目の大陸と日本が陸続きになっていたのが正確に修正された。高さ36.8cm、重さ6175g。前大会までは、優勝国が次の大会まで管理していたが、今大会からは表彰式直後にFIFAによって回収・保管されることになり、優勝国にはレプリカが贈られることになった。

開催国選定の経緯[編集]

前述のとおりドイツ12票対南アフリカ11票と接戦の末ドイツ開催が決まったが、これにはちょっとしたエピソードがある。

今大会の開催国は、2000年7月6日スイスチューリッヒで行われた、FIFA理事会における決選投票で決められた。ドイツ南アフリカイングランドモロッコが最終選考に残り、1回目の投票でモロッコが、2回目の投票でイングランドが、それぞれ脱落し、ドイツと南アフリカの最終決戦となった。

ところが、最終決選投票を前にして、当時のOFC会長でもあったチャールズ・デンプシー理事が突然会場を離れ、ニュージーランドへ帰国してしまった。彼はイングランド出身であったため、イングランドが残っていた間はイングランドに票を入れていたが、イングランドが脱落した場合は南アフリカに票を回すつもりであった。ゼップ・ブラッター会長も、アフリカでのワールドカップ開催を希望していただけに、ドイツ開催決定は大方の予想を裏切るものとなった。

デンプシー理事は棄権については「生命の危険を感じた」と語っており、脅迫を受けていたことも語った。ただ、棄権の理由についてはUEFAからの圧力がかかったなどいくつか理由があるが、明確な理由は判明していない[1]。なおデンプシー理事はその後、FIFA理事とOFC会長を辞任した。

予選大会[編集]

当初は、本大会出場チームの32から36チームへの拡大[2]や、オセアニアの出場枠拡大(0.5→1)[3]も検討されていたものの、最終的に変更はなされなかった[4]

また、この大会より前回優勝国の予選免除が廃止となった。それに伴い、前回(2002年・韓国/日本共催大会)優勝国のブラジルも予選からの参加となった。

出場国[編集]

出場選手は2006 FIFAワールドカップ参加チームを参照。

大陸連盟 出場
枠数
予選大会
予選順位
出場国・地域 出場決定日 出場回数 備考
UEFA 1+13 開催国 ドイツの旗 ドイツ 2000年7月6日[5] 14大会連続16回目[6]
欧州予選 1組 1位 オランダの旗 オランダ 2005年10月8日 2大会ぶり8回目
2位 チェコの旗 チェコ 2005年11月16日 4大会ぶり9回目[7]
2組 1位 ウクライナの旗 ウクライナ 2005年9月3日 初出場
3組 1位 ポルトガルの旗 ポルトガル 2005年10月8日 2大会連続4回目
4組 1位 フランスの旗 フランス 2005年10月12日 3大会連続12回目
2位 スイスの旗 スイス 2005年11月16日 3大会ぶり8回目
5組 1位 イタリアの旗 イタリア 2005年10月8日 12大会連続16回目
6組 1位 イングランドの旗 イングランド 2005年10月8日 3大会連続12回目
2位 ポーランドの旗 ポーランド 2005年10月8日 2大会連続7回目
7組 1位 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ 2005年10月12日 2大会ぶり10回目[8]
2位 スペインの旗 スペイン 2005年11月16日 8大会連続12回目
8組 1位 クロアチアの旗 クロアチア 2005年10月8日 3大会連続3回目
2位 スウェーデンの旗 スウェーデン 2005年10月12日 2大会連続11回目
CONMEBOL 4.5 南米予選 1位 ブラジルの旗 ブラジル 2005年9月4日 18大会連続18回目
2位 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 2005年6月9日 9大会連続14回目
3位 エクアドルの旗 エクアドル 2005年10月8日 2大会連続2回目
4位 パラグアイの旗 パラグアイ 2005年10月8日 3大会連続7回目
CONCACAF 3.5 最終予選 1位 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2005年9月3日 5大会連続8回目
2位 メキシコの旗 メキシコ 2005年9月7日 4大会連続13回目
3位 コスタリカの旗 コスタリカ 2005年10月8日 2大会連続3回目
4位 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ 2005年11月16日 初出場
CAF 5 最終予選 1組 1位 トーゴの旗 トーゴ 2005年10月8日 初出場
2組 1位 ガーナの旗 ガーナ 2005年10月8日 初出場
3組 1位 コートジボワールの旗 コートジボワール 2005年10月8日 初出場
4組 1位 アンゴラの旗 アンゴラ 2005年10月8日 初出場
5組 1位 チュニジアの旗 チュニジア 2005年10月8日 3大会連続4回目
AFC 4.5 最終予選 A組 1位 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 2005年6月9日 4大会連続4回目
2位 韓国の旗 韓国 2005年6月9日 6大会連続7回目
B組 1位 日本の旗 日本 2005年6月8日 3大会連続3回目
2位 イランの旗 イラン 2005年6月8日 2大会ぶり3回目
OFC 0.5 2次予選 1位 オーストラリアの旗 オーストラリア 2005年11月16日 8大会ぶり2回目
  • 備考欄の「☆」は欧州予選プレーオフ、「○」は大陸間プレーオフに勝利の上、出場が決定したチーム。

本大会[編集]

概要[編集]

無風・欧州中心の大会[編集]

強豪国が次々と敗れて新興国が上位に進出し、「新時代の到来」と呼ばれた2002年日韓大会から打って変わり、本大会は波乱が殆ど起こらない、順当な上位の顔ぶれとなった。

グループリーグでは、組合せに恵まれなかったものの強豪と互角に戦ったコートジボワール、「出場全チーム中最弱」と万人に目されながらイングランドスウェーデンを苦しめたトリニダード・トバゴなどの好チームも見受けられたものの、概ね下馬評通りに大会が進んだ。2年前のUEFA欧州選手権2004で素晴らしいサッカーを披露し、上位進出の呼び声も高かったチェコが、曲者揃いのグループで敗退したことは、数少ないサプライズであった。

また、ガーナメキシコオーストラリアを除く13チームが欧州・南米勢により占められた決勝トーナメント1回戦でも、強豪同士の潰し合いでスペインオランダが姿を消した以外、強豪国が順当に勝ち上がっている。

1998年フランス大会以来2大会ぶりに欧州・南米勢のみで占められた準々決勝では、下馬評で圧倒的な優勝候補と目されていたブラジル、グループリーグで「最も華麗なチーム」と呼ばれたアルゼンチンの南米2強がいずれも姿を消し、ベスト4は1982年スペイン大会以来、6大会ぶりに欧州のチームが独占した。

酷暑の昼間開催の試合が多かったことと合わせ、欧州開催の地の利が存分に発揮された大会だったと言える。

審判改革、カードの乱発[編集]

誤審問題で大揺れした日韓大会の反省から、本大会では審判に関して様々な改革が行われた。従来はバラバラの国から選んでいた主審、副審を、意思の疎通がしやすいよう出来るだけ同国出身の組合せに統一し、更に組合せを試合ごとにシャッフルせずにチームを組ませ、試合中にはインカムで連絡を交わすことで、ジャッジの向上を図った。更に、遅延行為などに対する判定はより厳しくすることが求められた。

この審判改革は一定の成果を挙げたが、ジャッジが厳格化されたことから、結果的には前回大会をはるかに越える枚数のカードの乱発を生んだ(1大会の退場者総数28人は史上最多)。審判がカード提示の記録をミスして、同一選手に3枚のイエローカードが提示された一次リーグF組のクロアチア対オーストラリア戦、ワールドカップ史上最多タイの16枚のイエローカード、最多の4枚のレッドカードが提示された決勝トーナメント1回戦のポルトガル対オランダ戦など、いくつかの試合においてはまたもその判定が物議を醸すこととなった。

なお、日本から派遣された上川徹が、グループリーグのポーランドエクアドル戦、イングランド対トリニダード・トバゴ戦、並びに3位決定戦のドイツポルトガル戦の3試合で主審を務め(副審として組んだのは日本人の広嶋禎数と韓国人の金大英)、日本人として初めてワールドカップで2試合以上、かつ決勝トーナメントの笛を吹いた主審となっている。

4強各国の躍進、ブラジルの失墜[編集]

前述したように、全体的には波乱が殆ど起こらなかった本大会だが、ベスト4の顔ぶれはそれなりに意外なものとなった。特に世界を驚かせたのは、開幕前の下馬評が非常に低かったドイツとフランスの躍進である。

タレントに欠けると言われ、親善試合でも結果が出なかった開催国のドイツは、蓋を開ければ抜群の得点力を武器に勝ち進み、戦前の予想を大きく覆す3位に入賞。クローゼが得点王にも輝いた。また、予選、親善試合、更には開幕後のグループリーグでも大苦戦し、早期敗退が有力視されたフランスは、本大会限りで引退するジダンの花道を飾ろうとチームが団結し、最終的には準優勝に輝いた。 大会開催前に勃発した国内リーグ、セリエAのカルチョ・スキャンダルの影響が心配されたイタリアは、全7試合でわずか2失点(うち1点はオウンゴール)という伝統の守備が光り、24年ぶり4回目の優勝を果たした。ちなみにこの時のイタリア代表は登録選手全員がセリエA所属であり、国内リーグ所属選手のみで構成されたチームが優勝するのは1982年のイタリア代表以来であった。 開幕前はダークホース扱いだったポルトガルは、グループリーグを3戦全勝で突破し、苦しみながらも1966年イングランド大会以来40年ぶりに準決勝に進出し、4位に入賞した。

対照的に、「カルテット・マジコ」と呼ばれる豪華な攻撃陣を抱え、圧倒的な優勝候補筆頭に挙げられていた前回優勝国のブラジルは、自慢のカルテットが全く機能せずに準々決勝でフランスに敗退。王者の座をイタリアに明け渡すことになった。

人種差別問題[編集]

決勝トーナメント1回戦のフランス対スペインの試合前において、フランス黒人選手に対して罵る行為がおきた。そのため、準々決勝4試合において人種差別に反対する声明を起こした。

チケット問題[編集]

チケットの転売を防止するために、前回の日韓大会よりチケットに購入者の名前を記載した観戦チケットを発行したが、本大会は更にICチップをチケットに組み込み、チケットを発行した。このICチップには、購入者の名前、生年月日、パスポート番号などの個人情報をホストコンピューターに記録し、チケットに記載されている購入者の名前と共に身分証明書とチケットを照合し、本人確認が出来るシステムを行なった。組織委員会は「他人名義での入場は許可しない」と公式見解を示し、入場者には入場時に写真や自署入りの身分証明書を携帯するように呼びかけた。チケットはインターネットを通じて販売した約307万枚の他に公式スポンサーや各国サッカー協会に分配された。
しかし2006年春頃よりスポンサーが顧客などに贈ったはずのチケットやVIP用チケットが、インターネットオークションに大量に流出。更にはチケットに購入者として名義登録された人が、今回のシステムを十分に理解しながら他人に譲渡した例も多く、厳しい本人確認を行なえば、ゲートの混乱は避けられないと予想された[9]

結局大会が開催されると本人確認は行なわれず、チケットが本物であれば入場が出来た。入場の際は、ICチップ部分を入場ゲートの読み取り部分にかざし、真贋を見分ける方法を取った。これにより会場外ではダフ屋が横行、更には開催まで間に合う試合に関してはインターネットオークションでも転売された[10]。最終的にICチップを利用した本人確認、転売防止策は失敗に終わり、ICチップはチケットの真贋のみに利用されただけであった。

日本戦チケット騒動[編集]

また前々回のフランス大会、前回の日韓大会に続き、またもやチケットに関する問題が発生した。
ワールドカップの観戦ツアーを予定していたマックスエアサービスが、開幕戦直前となる2006年5月31日に観戦ツアーの中止を発表した。
マックス社は5月30日の夜、自身のホームページを通じ「観戦ツアーを全てキャンセルする」と発表。突然の中止発表にツアーの参加予定は混乱し、問い合わせが相次いだ翌日の31日にマックス社は会見を行い、「中国側にだまされた」とし、ツアーの中止に関して謝罪した。
マックス社は知人の中国人男性から「中国国際体育放遊公司」社を紹介され、2006年1月に3744人分のチケット入手を依頼する契約を締結。マックス社はFIFAからの中国サッカー協会割当分を入手を見込んでいたため、その入手のために公司と契約、その際公司側から「2008年には北京オリンピックがあり、各大使館との間でW杯チケットと五輪チケットを交換する約束が出来ている。」と説明を受け、契約の際に「公社がチケットを確保出来なかった場合、受け取った金額はマックス社に全額返金する」と記載されていた。更に公司側より「チケット代金を払ってもらわないと、チケットを入手出来ない。」と要求されたため、マックス社はチケット入手予定者の名簿を渡し、中国側に代金約8000万円を支払った。しかし5月下旬になってもチケットが届かなかったため、社長自ら北京に出向いたところ、5月29日になって公司側より「チケットが入手出来ない。あと3日待って欲しい。」と言われ、同日夕方より先方と連絡が取れなくなった。 (尚、中国国際体育放遊公司は、中国のスポーツ部門の監督省庁である国家体育総局直属の国家第1旅行会社である。) [11][12]

この事態に国土交通省は観戦ツアーを計画している旅行会社に対し、チケット確保に万全を期するように決め、31日付で日本旅行協会に通達、チケット入手先との契約などを改めて点検し、参加者の募集を終えた後も入手先との連絡を密に取ることなどを決めた[13]。またツアー中止の報道を受け、ツアーを企画している旅行代理店には「チケットの入手は大丈夫か?」との問い合わせが殺到した。

この時点で公司側は「代金の9割は返金した。残りの1割が未返金なのは、チケットを確保出来る見込みがあるから。」と語った。しかしながらマックス社は「約半分は返金されたが、残り半分は返金されていない。」と語り、両者の言い分が食い違う事態となった[14]

その後マックス社は、再度会見を行なった。会見の場で、ツアーに申し込んだ顧客1270人のうち、すでに代金を支払った866人に対し、ツアー中止発表後に国内のチケット業者からチケットを購入した148枚を割り当てた顧客と、自力でチケットを入手した顧客を含めた計258人分のツアーは予定通り手配したが、残りの608人に対してはツアー代金の返金の目処が立っていないことを発表した。また中国側より支払代金の一部4120万円は返金されたが、残りの代金3080万円はまだ返金されておらず、「中国側に損害賠償を請求するほか、社の全資産を償却してでも、最終的には顧客に全額返金したい。」と語った。 また国交省の調べたところ、チケットの発送等の遅れにより、この日までにツアーを企画した29社中13社で計250枚のチケットが、未入手であることが判明した[15]

この騒動に乗じて、旅行業者登録の無い業者「WC-tours」が、業者登録があるかのようにチケット付き観戦ツアーを企画、ホームページで参加者を募集する事態も発生、「申し込み日翌日より3営業日に申込金全額を支払わなければ、自動的にキャンセル」と客に支払いを急がせる記載をした。同社は6月1日に毎日新聞の取材に対し「チケットは200枚用意し、現地にて手渡す予定。ツアーは20-30種類で35万-90万円。ほとんど残りは無い。」と説明したが、後日連絡が取れなくなった。このような代金の振込みを急がせる記載を行なったため、実際に代金を振り込んでしまった客もいた。尚、この業者が記載していた東京都の登録番号は別の業者の登録番号であり、当時すでに登録が抹消されていた。また日本旅行業協会も「登録していた事実は無い。」とし、記載されていた住所も別の会社が入居していた。これに対し東京都産業労働局は「正規に登録している業者なら都として指導できるが、登録番号を偽装している業者には指導が出来ない。」と語り、注意を呼びかけるのが精一杯であった[16]

6月15日、マックス社は東京地裁に自己破産を申し立てるなどの法的手段を取り、ツアー申込者への全額返金が出来ない事態となった[17]

その他[編集]

  • FIFA2004年ゴールデンゴールシルバーゴール両方式での延長戦を廃止したのに伴い、この大会から決勝トーナメントにおける延長戦は3大会ぶりに前・後半フルタイム必ず行う旧来の方式に戻された。
  • 3大会連続3回目の出場となった日本は、3戦1分2敗でグループリーグ敗退。中立地での初勝利は叶わなかった。またアジアの出場国すべてがグループリーグ敗退に終わり、アジア勢の躍進はならなかった。
  • ジダンフィーゴカーンネドベド中田英寿など、何人かの有力選手がこの大会限りで現役生活や代表に別れを告げた。
  • 大会前は「ロナウジーニョのための大会」と言われていたが、今大会は良くも悪くも「ジダンのための大会」であったと言える。ジダンは今大会のMVPに選ばれている。
  • 大会史上初めて、ハットトリックの達成者が出なかった。
  • ロナウド(ブラジル)がゲルト・ミュラー(西ドイツ)の14得点を抜き、ワールドカップ通算得点歴代1位(15得点)になる。
  • 決勝はイタリア対フランスであったが、各ユニフォームプーマ社製とアディダス社製であり、両社ともドイツの会社である。
  • 本大会のドイツ代表を追いかけたドキュメンタリー映画『Deutschland. Ein Sommermärchen』がある。監督は『ベルンの奇蹟』を撮ったゼーンケ・ヴォルトマン。タイトルはハインリヒ・ハイネの叙事詩『Deutschland. Ein Wintermärchen』(邦題『ドイツ。冬物語』)の捩りであり、叙事詩がメランコリックな内容であったのに対し映画は楽天的で明るい内容であるという皮肉的な意味を持つ。
  • フランスは優勝を逃したが、地区予選から決勝までの全17試合が無敗であり(PSOは勝敗に関わらず引分扱い)、1990年大会で優勝した西ドイツが作った記録である13試合を上回った。

会場一覧[編集]

都市 競技場 大会期間中の名称 使用クラブ 収容人数
ベルリン オリンピアシュタディオン オリンピアシュタディオン ヘルタ・ベルリン 77,176人
ドルトムント ジグナル・イドゥナ・パルク FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムント ボルシア・ドルトムント 64,000人
フランクフルト コメルツバンク・アレーナ FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルト アイントラハト・フランクフルト 50,132人
ゲルゼンキルヒェン ヴェルティンス・アレーナ FIFAワールドカップスタジアム・ゲルゼンキルヒェン シャルケ04 53,804人
ハンブルク AOLアレーナ FIFAワールドカップスタジアム・ハンブルク ハンブルガーSV 51,055人
ハノーファー AWDアレーナ FIFAワールドカップスタジアム・ハノーファー ハノーファー96 44,652人
カイザースラウテルン フリッツ・ヴァルター・シュタディオン フリッツ・ヴァルター・シュタディオン 1.FCカイザースラウテルン 41,170人
ケルン ラインエネルギーシュタディオン FIFAワールドカップスタジアム・ケルン 1.FCケルン 46,120人
ライプツィヒ ツェントラールシュタディオン ツェントラールシュタディオン FCザクセン・ライプツィヒ 44,199人
ミュンヘン アリアンツ・アレーナ FIFAワールドカップスタジアム・ミュンヘン バイエルン・ミュンヘン, TSV1860ミュンヘン 66,000人
ニュルンベルク イージークレジット・シュタディオン フランケン・シュタディオン 1.FCニュルンベルク 41,926人
シュトゥットガルト ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオン ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオン VfBシュトゥットガルト 54,267人

Germany WC.png

ベルリン - 決勝
ドルトムント
フランクフルト
ゲルゼンキルヒェン
ハンブルク
ハノーファー
カイザースラウテルン
ケルン
ライプツィヒ
ミュンヘン - 開幕戦
ニュルンベルク
シュトゥットガルト

FIFA主催の国際大会では、FIFA管理エリア内での公式スポンサー・サプライヤー以外の企業名の露出は一切許されないため、命名権を採用しているスタジアムについては大会中スタジアムの呼称を「FIFAワールドカップ・スタジアム(独語:FIFAヴェルトマイスターシャフト・シュタディオン)・(都市名)」と一時的に変更し開催する。

結果[編集]

順位の決め方[編集]

本大会でも予選のときと同様に勝ち点で並んだ場合は得失点差ではなく、当該チームの直接対決で上回ったほうが上位になる方式を適用する予定であったが、ユーロ2004のグループCでの談合疑惑を見て、本大会では前回までの勝ち点が並んだ場合は得失点差で上回ったほうが上位になる方式に戻された。なお変更後の規定では、2チーム以上が勝ち点で並んだ場合、全3試合の得失点差、総得点の順に決定する。それでも決まらない場合は、当該チームの直接対決の結果で順位付けを行い、これが引き分けだった場合はくじ引きで順位を決定する。

組み合わせ抽選[編集]

本大会のグループリーグの組み合わせ抽選は、開催国であるドイツ・ライプツィヒで、2005年12月9日に行われた。この抽選会の模様は全世界に生中継され(137カ国)、日本でも12月10日早朝にNHKスカパー!にて生中継された。またこの抽選を引き当てる代表として中山雅史が選ばれ、ドイツの抽選会に参加し、抽選の大役を担った。

抽選方法は、以下の通りとなり、

  • ホスト国であるドイツと、過去のW杯本大会直近2大会の成績並びに過去3年のFIFAランキングで算出したシード国としてブラジル、イングランド、スペイン、メキシコ、フランス、アルゼンチン、イタリア(W杯シードポイント順。尚、ホスト国のドイツは4位)の7か国、計8カ国をシード国として「ポット1」に振り分ける。

ドイツ大会公式シード算出方法と結果は以下の通り([1])。

  1. 過去2大会の成績は優勝が32ポイント、準優勝が31ポイントと順位に従い減るものとし、グループリーグ敗退は3位で敗退時9ポイント、4位で敗退時8ポイントになる。そして、1998年仏W杯本大会の成績は1倍、2002年日韓W杯本大会の成績は2倍として合計ポイントを3で割る。→W杯2大会のポイント(1)
  2. 過去3年のFIFAランキングが出場国中最も高い国に32ポイント、それに次ぐ国に31ポイントを与え合計を3で割る。計算するFIFAランキングは年平均ではなく、2003年と2004年は12月時点のFIFAランキング、2005年は11月時点のFIFAランキングを使う(抽選会が12月の為)。→3年間のFIFAランキングのポイント(2)

(1)+(2)=ワールドカップ(W杯)シードポイント W杯シードポイント上位6カ国と開催国ドイツと前回大会優勝のブラジルが第1シード。


さらにそれ以外の国々を大陸別に分類した上で、

  • シード国以外の南米2か国、アフリカ5か国、オセアニア1か国を「ポット2
  • シード国以外のヨーロッパ8か国を「ポット3
  • アジア4か国、シード国以外の北中米・カリブ海3か国を「ポット4

に分けて抽選が行われた。但し、ヨーロッパのうち、ヨーロッパで最もFIFAランキングが低かったセルビア・モンテネグロは同じ組にヨーロッパのチームが3か国入ることを避けるため、「スペシャルポット」に入れられた。

詳細な手順は以下の通りである。

  1. ドイツは開幕戦を行なうためA組1番、ブラジルはF組1番に決定。
  2. 残りのポット1の6か国を順にドローし、B-E、G-H組に入れる。尚、ポット1のシード国は各組の1番に配置。
  3. ポット2-4に選ばれた国は、各ポットからA-H組の順に1か国ずつ選ばれた後、選ばれた組の何番に配置されるかが抽選される。この選ばれた番号により、試合日等が決定される。
  4. ポット2の8か国を順にドローし、A-H組に入れる。
    尚、シード国に南米大陸の国があるため、「ポット2」は、南米大陸の国2か国が選ばれる前に他の大陸の国が選ばれた場合、A→H組の順に見て南米大陸がシード国で配置されている組に先に配置する。(今回1番目にエクアドルが選ばれた後に2番目にコードジボワールが選ばれたが、本来であればコートジボワールはB組に配置される所、まだパラグアイが選ばれていなかったため、先にアルゼンチンのいるC組に配置された)。
  5. ポット3の8か国を順にドローし、A-H組に入れる。
  6. セルビア・モンテネグロが入る組をブラジル、アルゼンチン、メキシコが入った組から1つ選ぶ。
  7. セルビア・モンテネグロが入った組を除き、ポット4の7か国を順にドローし、各組に入れる。
    尚、シード国に北中米大陸・カリブ海地区の国(メキシコ)があるため、「ポット4」は、メキシコが配置されている組への抽選の際に北中米大陸・カリブ海地区の国が選ばれた国は、A→H組の順に見てその次の組に配置する(今回の場合、メキシコが配置されたD組にはアメリカ、トリニダード・トバゴ、コスタリカは選ばれなかったため、A→H組の順に順当に配置された)。

日本はシード国がブラジルのグループFに組み入れられ、グループCとグループEに強豪国が揃った。

グループリーグ[編集]

日時はすべて現地時間UTC+2)。

グループ A[編集]

チーム
1 ドイツの旗 ドイツ 3 3 0 0 8 2 +6 9
2 エクアドルの旗 エクアドル 3 2 0 1 5 3 +2 6
3 ポーランドの旗 ポーランド 3 1 0 2 2 4 −2 3
4 コスタリカの旗 コスタリカ 3 0 0 3 3 9 −6 0


2006年6月9日
18:00
ドイツ ドイツの旗 4 - 2 コスタリカの旗 コスタリカ FIFAワールドカップスタジアム・ミュンヘンミュンヘン
観客数: 66,000人
主審: アルゼンチンの旗 オラシオ・エリソンド
ラーム 6分にゴール 6分
クローゼ 17分にゴール 17分61分
フリンクス 87分にゴール 87分
レポート ワンチョペ 12分にゴール 12分73分

2006年6月9日
21:00
ポーランド ポーランドの旗 0 - 2 エクアドルの旗 エクアドル FIFAワールドカップスタジアム・ゲルゼンキルヒェンゲルゼンキルヒェン
観客数: 52,000人
主審: 日本の旗 上川徹
レポート C.テノリオ 24分にゴール 24分
デルガド 80分にゴール 80分


2006年6月14日
21:00
ドイツ ドイツの旗 1 - 0 ポーランドの旗 ポーランド FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムントドルトムント
観客数: 65,000人
主審: スペインの旗 ルイス・メディナ・カンタレホ
ノイビル 90+2分にゴール 90+2分 レポート

2006年6月15日
15:00
エクアドル エクアドルの旗 3 - 0 コスタリカの旗 コスタリカ FIFAワールドカップスタジアム・ハンブルクハンブルク
観客数: 50,000人
主審: ベナンの旗 コフィ・コジア
C.テノリオ 8分にゴール 8分
デルガド 54分にゴール 54分
カビエデス 90+2分にゴール 90+2分
レポート


2006年6月20日
16:00
エクアドル エクアドルの旗 0 - 3 ドイツの旗 ドイツ オリンピアシュタディオンベルリン
観客数: 72,000人
主審: ロシアの旗 ワレンチン・イワノフ
レポート クローゼ 4分にゴール 4分44分
ポドルスキ 57分にゴール 57分

2006年6月20日
16:00
コスタリカ コスタリカの旗 1 - 2 ポーランドの旗 ポーランド FIFAワールドカップスタジアム・ハノーファーハノーファー
観客数: 43,000人
主審: シンガポールの旗 シャムスル・マイディン
ゴメス 25分にゴール 25分 レポート ボサチキ 33分にゴール 33分65分


グループ B[編集]

チーム
1 イングランドの旗 イングランド 3 2 1 0 5 2 +3 7
2 スウェーデンの旗 スウェーデン 3 1 2 0 3 2 +1 5
3 パラグアイの旗 パラグアイ 3 1 0 2 2 2 0 3
4 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ 3 0 1 2 0 4 −4 1


2006年6月10日
15:00
イングランド イングランドの旗 1 - 0 パラグアイの旗 パラグアイ FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルトフランクフルト
観客数: 48,000人
主審: メキシコの旗 マルコ・ロドリゲス
ガマーラ3分にゴール 3分 (OG) レポート

2006年6月10日
18:00
トリニダード・トバゴ トリニダード・トバゴの旗 0 - 0 スウェーデンの旗 スウェーデン FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムントドルトムント
観客数: 62,959人
主審: シンガポールの旗 シャムスル・マイディン
レポート


2006年6月15日
18:00
イングランド イングランドの旗 2 - 0 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ フランケン・シュタディオンニュルンベルク
観客数: 41,000人
主審: 日本の旗 上川徹
クラウチ 83分にゴール 83分
ジェラード 90+1分にゴール 90+1分
レポート

2006年6月15日
21:00
スウェーデン スウェーデンの旗 1 - 0 パラグアイの旗 パラグアイ オリンピアシュタディオンベルリン
観客数: 72,000人
主審: スロバキアの旗 ルボス・ミシェル
ユングベリ 89分にゴール 89分 レポート


2006年6月20日
21:00
スウェーデン スウェーデンの旗 2 - 2 イングランドの旗 イングランド FIFAワールドカップスタジアム・ケルンケルン
観客数: 45,000人
主審: スイスの旗 マッシモ・ブサッカ
アルベック 51分にゴール 51分
ラーション 90分にゴール 90分
レポート J.コール 34分にゴール 34分
ジェラード 85分にゴール 85分

2006年6月20日
21:00
パラグアイ パラグアイの旗 2 - 0 トリニダード・トバゴの旗 トリニダード・トバゴ フリッツ・ヴァルター・シュタディオンカイザースラウテルン
観客数: 46,000人
主審: イタリアの旗 ロベルト・ロセッティ
サンチョ25分にゴール 25分 (OG)
クエバス 86分にゴール 86分
レポート


グループ C[編集]

チーム
1 アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3 2 1 0 8 1 +7 7
2 オランダの旗 オランダ 3 2 1 0 3 1 +2 7
3 コートジボワールの旗 コートジボワール 3 1 0 2 5 6 −1 3
4 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ 3 0 0 3 2 10 −8 0


2006年6月10日
21:00
アルゼンチン アルゼンチンの旗 2 - 1 コートジボワールの旗 コートジボワール FIFAワールドカップスタジアム・ハンブルクハンブルク
観客数: 49,480人
主審: ベルギーの旗 フランク・デ・ブレーケル
クレスポ 24分にゴール 24分
サビオラ 38分にゴール 38分
レポート ドログバ 82分にゴール 82分

2006年6月11日
15:00
セルビア・モンテネグロ セルビア・モンテネグロの旗 0 - 1 オランダの旗 オランダ ツェントラールシュタディオンライプツィヒ
観客数: 37,216人
主審: ドイツの旗 マルクス・メルク
レポート ロッベン 18分にゴール 18分


2006年6月16日
15:00
アルゼンチン アルゼンチンの旗 6 - 0 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ FIFAワールドカップスタジアム・ゲルゼンキルヒェンゲルゼンキルヒェン
観客数: 52,000人
主審: イタリアの旗 ロベルト・ロセッティ
ロドリゲス 6分にゴール 6分41分
カンビアッソ 31分にゴール 31分
クレスポ 78分にゴール 78分
テベス 84分にゴール 84分
メッシ 88分にゴール 88分
レポート

2006年6月16日
18:00
オランダ オランダの旗 2 - 1 コートジボワールの旗 コートジボワール ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンシュトゥットガルト
観客数: 52,000人
主審: コロンビアの旗 オスカル・ルイス
ファン・ペルシー 23分にゴール 23分
ファン・ニステルローイ 27分にゴール 27分
レポート B.コネ 39分にゴール 39分


2006年6月21日
21:00
オランダ オランダの旗 0 - 0 アルゼンチンの旗 アルゼンチン FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルトフランクフルト
観客数: 48,000人
主審: スペインの旗 ルイス・メディナ・カンタレホ
レポート

2006年6月21日
21:00
コートジボワール コートジボワールの旗 3 - 2 セルビア・モンテネグロの旗 セルビア・モンテネグロ FIFAワールドカップスタジアム・ミュンヘンミュンヘン
観客数: 66,000人
主審: メキシコの旗 マルコ・ロドリゲス
ディンダン 37分にゴール 37分 (PK)67分
カルー 86分にゴール 86分 (PK)
レポート ジギッチ 10分にゴール 10分
イリッチ 20分にゴール 20分


グループ D[編集]

チーム
1 ポルトガルの旗 ポルトガル 3 3 0 0 5 1 +4 9
2 メキシコの旗 メキシコ 3 1 1 1 4 3 +1 4
3 アンゴラの旗 アンゴラ 3 0 2 1 1 2 −1 2
4 イランの旗 イラン 3 0 1 2 2 6 −4 1


2006年6月11日
18:00
メキシコ メキシコの旗 3 - 1 イランの旗 イラン フランケン・シュタディオンニュルンベルク
観客数: 41,000人
主審: イタリアの旗 ロベルト・ロセッティ
ブラボ 28分にゴール 28分76分
ジーニャ 79分にゴール 79分
レポート ゴルモハマディ 36分にゴール 36分

2006年6月11日
21:00
アンゴラ アンゴラの旗 0 - 1 ポルトガルの旗 ポルトガル FIFAワールドカップスタジアム・ケルンケルン
観客数: 45,000人
主審: ウルグアイの旗 ホルヘ・ラリオンダ
レポート パウレタ 4分にゴール 4分


2006年6月16日
21:00
メキシコ メキシコの旗 0 - 0 アンゴラの旗 アンゴラ FIFAワールドカップスタジアム・ハノーファーハノーファー
観客数: 43,000人
主審: シンガポールの旗 シャムスル・マイディン
レポート

2006年6月17日
15:00
ポルトガル ポルトガルの旗 2 - 0 イランの旗 イラン FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルトフランクフルト
観客数: 48,000人
主審: フランスの旗 エリック・プラ
デコ 63分にゴール 63分
C.ロナウド 80分にゴール 80分 (PK)
レポート


2006年6月21日
16:00
ポルトガル ポルトガルの旗 2 - 1 メキシコの旗 メキシコ FIFAワールドカップスタジアム・ゲルゼンキルヒェンゲルゼンキルヒェン
観客数: 52,000人
主審: スロバキアの旗 ルボス・ミシェル
マニシェ 6分にゴール 6分
シモン・サブローザ 24分にゴール 24分 (PK)
レポート フォンセカ 29分にゴール 29分

2006年6月21日
16:00
イラン イランの旗 1 - 1 アンゴラの旗 アンゴラ ツェントラールシュタディオンライプツィヒ
観客数: 38,000人
主審: オーストラリアの旗 マーク・シールド
バフティアリザデ 75分にゴール 75分 レポート フラヴィオ 60分にゴール 60分


グループ E[編集]

チーム
1 イタリアの旗 イタリア 3 2 1 0 5 1 +4 7
2 ガーナの旗 ガーナ 3 2 0 1 4 3 +1 6
3 チェコの旗 チェコ 3 1 0 2 3 4 −1 3
4 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 3 0 1 2 2 6 −4 1


2006年6月12日
18:00
アメリカ合衆国 アメリカ合衆国の旗 0 - 3 チェコの旗 チェコ FIFAワールドカップスタジアム・ゲルゼンキルヒェンゲルゼンキルヒェン
観客数: 52,000人
主審: パラグアイの旗 カルロス・アマリージャ
レポート コレル 5分にゴール 5分
ロシツキー 36分にゴール 36分76分

2006年6月12日
21:00
イタリア イタリアの旗 2 - 0 ガーナの旗 ガーナ FIFAワールドカップスタジアム・ハノーファーハノーファー
観客数: 43,000人
主審: ブラジルの旗 カルロス・シモン
ピルロ 40分にゴール 40分
イアクインタ 83分にゴール 83分
レポート


2006年6月17日
18:00
チェコ チェコの旗 0 - 2 ガーナの旗 ガーナ FIFAワールドカップスタジアム・ケルンケルン
観客数: 45,000人
主審: アルゼンチンの旗 オラシオ・エリソンド
レポート ギャン 2分にゴール 2分
ムンタリ 82分にゴール 82分

2006年6月17日
21:00
イタリア イタリアの旗 1 - 1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フリッツ・ヴァルター・シュタディオンカイザースラウテルン
観客数: 46,000人
主審: ウルグアイの旗 ホルヘ・ラリオンダ
ジラルディーノ 22分にゴール 22分 レポート ザッカルド27分にゴール 27分 (OG)


2006年6月22日
16:00
チェコ チェコの旗 0 - 2 イタリアの旗 イタリア FIFAワールドカップスタジアム・ハンブルクハンブルク
観客数: 50,000人
主審: メキシコの旗 ベニート・アルチュンディア
レポート マテラッツィ 26分にゴール 26分
インザーギ 87分にゴール 87分

2006年6月22日
16:00
ガーナ ガーナの旗 2 - 1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フランケン・シュタディオンニュルンベルク
観客数: 41,000人
主審: ドイツの旗 マルクス・メルク
ドラマニ 22分にゴール 22分
アッピアー 45分にゴール 45分 (PK)
レポート デンプシー 43分にゴール 43分


グループ F[編集]

チーム
1 ブラジルの旗 ブラジル 3 3 0 0 7 1 +6 9
2 オーストラリアの旗 オーストラリア 3 1 1 1 5 5 0 4
3 クロアチアの旗 クロアチア 3 0 2 1 2 3 −1 2
4 日本の旗 日本 3 0 1 2 2 7 −5 1


2006年6月12日
15:00
オーストラリア オーストラリアの旗 3 - 1 日本の旗 日本 フリッツ・ヴァルター・シュタディオンカイザースラウテルン
観客数: 46,000人
主審: エジプトの旗 エッサム・アブデルファタ
ケーヒル 84分にゴール 84分89分
アロイージ 90+2分にゴール 90+2分
レポート 中村俊輔 26分にゴール 26分

2006年6月13日
21:00
ブラジル ブラジルの旗 1 - 0 クロアチアの旗 クロアチア オリンピアシュタディオンベルリン
観客数: 72,000人
主審: メキシコの旗 ベニート・アルチュンディア
カカ 44分にゴール 44分 レポート


2006年6月18日
15:00
クロアチア クロアチアの旗 0 - 0 日本の旗 日本 フランケン・シュタディオンニュルンベルク
観客数: 41,000人
主審: ベルギーの旗 フランク・デ・ブレーケル
レポート

2006年6月18日
18:00
ブラジル ブラジルの旗 2 - 0 オーストラリアの旗 オーストラリア FIFAワールドカップスタジアム・ミュンヘンミュンヘン
観客数: 66,000人
主審: ドイツの旗 マルクス・メルク
アドリアーノ 49分にゴール 49分
フレッジ 89分にゴール 89分
レポート


2006年6月22日
21:00
日本 日本の旗 1 - 4 ブラジルの旗 ブラジル FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムントドルトムント
観客数: 65,000人
主審: フランスの旗 エリック・プラ
玉田圭司 34分にゴール 34分 レポート ロナウド 45+1分にゴール 45+1分81分
ジュニーニョ 53分にゴール 53分
ジウベルト 59分にゴール 59分

2006年6月22日
21:00
クロアチア クロアチアの旗 2 - 2 オーストラリアの旗 オーストラリア ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンシュトゥットガルト
観客数: 52,000人
主審: イングランドの旗 グラハム・ポール
スルナ 2分にゴール 2分
コヴァチ 57分にゴール 57分
レポート ムーア 38分にゴール 38分 (PK)
キューウェル 79分にゴール 79分


グループ G[編集]

チーム
1 スイスの旗 スイス 3 2 1 0 4 0 +4 7
2 フランスの旗 フランス 3 1 2 0 3 1 +2 5
3 韓国の旗 韓国 3 1 1 1 3 4 −1 4
4 トーゴの旗 トーゴ 3 0 0 3 1 6 −5 0


2006年6月13日
15:00
韓国 韓国の旗 2 - 1 トーゴの旗 トーゴ FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルトフランクフルト
観客数: 48,000人
主審: イングランドの旗 グラハム・ポール
李天秀 54分にゴール 54分
安貞桓 72分にゴール 72分
レポート カデル 31分にゴール 31分

2006年6月13日
18:00
フランス フランスの旗 0 - 0 スイスの旗 スイス ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンシュトゥットガルト
観客数: 52,000人
主審: ロシアの旗 ワレンチン・イワノフ
レポート


2006年6月18日
21:00
フランス フランスの旗 1 - 1 韓国の旗 韓国 ツェントラールシュタディオンライプツィヒ
観客数: 43,000人
主審: メキシコの旗 ベニート・アルチュンディア
アンリ 9分にゴール 9分 レポート 朴智星 81分にゴール 81分

2006年6月19日
15:00
トーゴ トーゴの旗 0 - 2 スイスの旗 スイス FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムントドルトムント
観客数: 65,000人
主審: パラグアイの旗 カルロス・アマリージャ
レポート フライ 16分にゴール 16分
バルネッタ 88分にゴール 88分


2006年6月23日
21:00
トーゴ トーゴの旗 0 - 2 フランスの旗 フランス FIFAワールドカップスタジアム・ケルンケルン
観客数: 45,000人
主審: ウルグアイの旗 ホルヘ・ラリオンダ
レポート ヴィエラ 55分にゴール 55分
アンリ 61分にゴール 61分

2006年6月23日
21:00
スイス スイスの旗 2 - 0 韓国の旗 韓国 FIFAワールドカップスタジアム・ハノーファーハノーファー
観客数: 43,000人
主審: アルゼンチンの旗 オラシオ・エリソンド
センデロス 23分にゴール 23分
フライ 77分にゴール 77分
レポート


グループ H[編集]

チーム
1 スペインの旗 スペイン 3 3 0 0 8 1 +7 9
2 ウクライナの旗 ウクライナ 3 2 0 1 5 4 +1 6
3 チュニジアの旗 チュニジア 3 0 1 2 3 6 −3 1
4 サウジアラビアの旗 サウジアラビア 3 0 1 2 2 7 −5 1


2006年6月14日
15:00
スペイン スペインの旗 4 - 0 ウクライナの旗 ウクライナ ツェントラールシュタディオンライプツィヒ
観客数: 43,000人
主審: スイスの旗 マッシモ・ブサッカ
アロンソ 13分にゴール 13分
ビジャ 17分にゴール 17分48分 (PK)
トーレス 81分にゴール 81分
レポート

2006年6月14日
18:00
チュニジア チュニジアの旗 2 - 2 サウジアラビアの旗 サウジアラビア FIFAワールドカップスタジアム・ミュンヘンミュンヘン
観客数: 66,000人
主審: オーストラリアの旗 マーク・シールド
ジャジリ 23分にゴール 23分
ジャイディ 90+2分にゴール 90+2分
レポート アル・カフタニ 57分にゴール 57分
アル・ジャバー 84分にゴール 84分


2006年6月19日
18:00
サウジアラビア サウジアラビアの旗 0 - 4 ウクライナの旗 ウクライナ FIFAワールドカップスタジアム・ハンブルクハンブルク
観客数: 50,000人
主審: イングランドの旗 グラハム・ポール
レポート ルソル 4分にゴール 4分
レブロフ 36分にゴール 36分
シェフチェンコ 46分にゴール 46分
カリニチェンコ 84分にゴール 84分

2006年6月19日
21:00
スペイン スペインの旗 3 - 1 チュニジアの旗 チュニジア ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンシュトゥットガルト
観客数: 52,000人
主審: ブラジルの旗 カルロス・シモン
ラウル 71分にゴール 71分
トーレス 76分にゴール 76分90分 (PK)
レポート ムナリ 8分にゴール 8分


2006年6月23日
16:00
サウジアラビア サウジアラビアの旗 0 - 1 スペインの旗 スペイン フリッツ・ヴァルター・シュタディオンカイザースラウテルン
観客数: 46,000人
主審: ベナンの旗 コフィ・コジア
レポート ファニート 36分にゴール 36分

2006年6月23日
16:00
ウクライナ ウクライナの旗 1 - 0 チュニジアの旗 チュニジア オリンピアシュタディオンベルリン
観客数: 72,000人
主審: パラグアイの旗 カルロス・アマリージャ
シェフチェンコ 70分にゴール 70分 (PK) レポート


決勝トーナメント[編集]

グループリーグ 1回戦 準々決勝 準決勝 決勝
                                   
  6月24日 ミュンヘン            
A ドイツの旗 コスタリカの旗 ポーランドの旗 エクアドルの旗 1位  ドイツの旗 ドイツ  2
  6月30日 ベルリン
B イングランドの旗 パラグアイの旗 トリニダード・トバゴの旗 スウェーデンの旗 2位  スウェーデンの旗 スウェーデン  0  
   ドイツの旗 ドイツ (PK)  1 (4)
6月24日 ライプツィヒ
   アルゼンチンの旗 アルゼンチン  1 (2)  
C アルゼンチンの旗 コートジボワールの旗 セルビア・モンテネグロの旗 オランダの旗 1位  アルゼンチンの旗 アルゼンチン (aet)  2
  7月4日 ドルトムント
D メキシコの旗 イランの旗 アンゴラの旗 ポルトガルの旗 2位  メキシコの旗 メキシコ  1  
   ドイツの旗 ドイツ  0
6月26日 カイザースラウテルン
   イタリアの旗 イタリア (aet)  2  
E イタリアの旗 ガーナの旗 アメリカ合衆国の旗 チェコの旗 1位  イタリアの旗 イタリア  1
  6月30日 ハンブルク
F ブラジルの旗 クロアチアの旗 オーストラリアの旗 日本の旗 2位  オーストラリアの旗 オーストラリア  0  
   イタリアの旗 イタリア  3
6月26日 ケルン
   ウクライナの旗 ウクライナ  0  
G フランスの旗 スイスの旗 韓国の旗 トーゴの旗 1位  スイスの旗 スイス  0 (0)
  7月9日 ベルリン
H スペインの旗 ウクライナの旗 チュニジアの旗 サウジアラビアの旗 2位  ウクライナの旗 ウクライナ (PK)  0 (3)  
   イタリアの旗 イタリア (PK)  1 (5)
6月25日 シュトゥットガルト
   フランスの旗 フランス  1 (3)
B イングランドの旗 パラグアイの旗 トリニダード・トバゴの旗 スウェーデンの旗 1位  イングランドの旗 イングランド  1
  7月1日 ゲルゼンキルヒェン
A ドイツの旗 コスタリカの旗 ポーランドの旗 エクアドルの旗 2位  エクアドルの旗 エクアドル  0  
   イングランドの旗 イングランド  0 (1)
6月25日 ニュルンベルク
   ポルトガルの旗 ポルトガル (PK)  0 (3)  
D メキシコの旗 イランの旗 アンゴラの旗 ポルトガルの旗 1位  ポルトガルの旗 ポルトガル  1
  7月5日 ミュンヘン
C アルゼンチンの旗 コートジボワールの旗 セルビア・モンテネグロの旗 オランダの旗 2位  オランダの旗 オランダ  0  
   ポルトガルの旗 ポルトガル  0
6月27日 ドルトムント
   フランスの旗 フランス  1   3位決定戦
F ブラジルの旗 クロアチアの旗 オーストラリアの旗 日本の旗 1位  ブラジルの旗 ブラジル  3
  7月1日 フランクフルト 7月8日 シュトゥットガルト
E イタリアの旗 ガーナの旗 アメリカ合衆国の旗 チェコの旗 2位  ガーナの旗 ガーナ  0  
   ブラジルの旗 ブラジル  0  ドイツの旗 ドイツ  3
6月27日 ハノーファー
   フランスの旗 フランス  1    ポルトガルの旗 ポルトガル  1
H スペインの旗 ウクライナの旗 チュニジアの旗 サウジアラビアの旗 1位  スペインの旗 スペイン  1
 
G フランスの旗 スイスの旗 韓国の旗 トーゴの旗 2位  フランスの旗 フランス  3  
 

日時はすべて現地時間UTC+2)。

1回戦[編集]


2006年6月24日
17:00
ドイツ ドイツの旗 2 - 0 スウェーデンの旗 スウェーデン FIFAワールドカップスタジアム・ミュンヘンミュンヘン
観客数: 66,000人
主審: ブラジルの旗 カルロス・シモン
ポドルスキ 4分にゴール 4分12分 レポート

2006年6月24日
21:00
アルゼンチン アルゼンチンの旗 2 - 1
(延長)
メキシコの旗 メキシコ ツェントラールシュタディオンライプツィヒ
観客数: 43,000人
主審: スイスの旗 マッシモ・ブサッカ
クレスポ 10分にゴール 10分
ロドリゲス 98分にゴール 98分
レポート マルケス 6分にゴール 6分

2006年6月25日
17:00
イングランド イングランドの旗 1 - 0 エクアドルの旗 エクアドル ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンシュトゥットガルト
観客数: 52,000人
主審: ベルギーの旗 フランク・デ・ブレーケル
ベッカム 60分にゴール 60分 レポート

2006年6月25日
21:00
ポルトガル ポルトガルの旗 1 - 0 オランダの旗 オランダ フランケン・シュタディオンニュルンベルク
観客数: 41,000人
主審: ロシアの旗 ワレンチン・イワノフ
マニシェ 23分にゴール 23分 レポート

2006年6月26日
17:00
イタリア イタリアの旗 1 - 0 オーストラリアの旗 オーストラリア フリッツ・ヴァルター・シュタディオンカイザースラウテルン
観客数: 46,000人
主審: スペインの旗 ルイス・メディナ・カンタレホ
トッティ 90+5分にゴール 90+5分 (PK) レポート

2006年6月26日
21:00
スイス スイスの旗 0 - 0
(延長)
ウクライナの旗 ウクライナ FIFAワールドカップスタジアム・ケルンケルン
観客数: 45,000人
主審: メキシコの旗 ベニート・アルチュンディア
レポート
    PK戦  
シュトレラー ミス
バルネッタ ミス
カバニャス ミス
0 - 3 ミス シェフチェンコ
成功 ミレフスキー
成功 レブロフ
成功 グセフ
 

2006年6月27日
17:00
ブラジル ブラジルの旗 3 - 0 ガーナの旗 ガーナ FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムントドルトムント
観客数: 65000人
主審: スロバキアの旗 ルボス・ミシェル
ロナウド 5分にゴール 5分
アドリアーノ 45+1分にゴール 45+1分
ゼ・ロベルト 84分にゴール 84分
レポート

2006年6月27日
21:00
スペイン スペインの旗 1 - 3 フランスの旗 フランス FIFAワールドカップスタジアム・ハノーファーハノーファー
観客数: 43,000人
主審: イタリアの旗 ロベルト・ロセッティ
ビジャ 28分にゴール 28分 (PK) レポート リベリー 41分にゴール 41分
ヴィエラ 83分にゴール 83分
ジダン 90+2分にゴール 90+2分

準々決勝[編集]


2006年6月30日
17:00
ドイツ ドイツの旗 1 - 1
(延長)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン オリンピアシュタディオンベルリン
観客数: 72,000人
主審: スロバキアの旗 ルボス・ミシェル
クローゼ 80分にゴール 80分 レポート アジャラ 49分にゴール 49分
    PK戦  
ノイビル 成功
バラック 成功
ポドルスキ 成功
ボロウスキ 成功
4 - 2 成功 クルス
ミス アジャラ
成功 ロドリゲス
ミス カンビアッソ
 

2006年6月30日
21:00
イタリア イタリアの旗 3 - 0 ウクライナの旗 ウクライナ FIFAワールドカップスタジアム・ハンブルクハンブルク
観客数: 50,000人
主審: ベルギーの旗 フランク・デ・ブレーケル
ザンブロッタ 6分にゴール 6分
トーニ 59分にゴール 59分69分
レポート

2006年7月1日
17:00
イングランド イングランドの旗 0 - 0
(延長)
ポルトガルの旗 ポルトガル FIFAワールドカップスタジアム・ゲルゼンキルヒェンゲルゼンキルヒェン
観客数: 52,000人
主審: アルゼンチンの旗 オラシオ・エリソンド
レポート
    PK戦  
ランパード ミス
ハーグリーヴス 成功
ジェラード ミス
キャラガー ミス
1 - 3 成功 シモン・サブローザ
ミス ヴィアナ
ミス プティ
成功 ポスティガ
成功 C.ロナウド
 

2006年7月1日
21:00
ブラジル ブラジルの旗 0 - 1 フランスの旗 フランス FIFAワールドカップスタジアム・フランクフルトフランクフルト
観客数: 48,000人
主審: スペインの旗 ルイス・メディナ・カンタレホ
レポート アンリ 57分にゴール 57分

準決勝[編集]


2006年7月4日
21:00
ドイツ ドイツの旗 0 - 2
(延長)
イタリアの旗 イタリア FIFAワールドカップスタジアム・ドルトムントドルトムント
観客数: 65,000人
主審: メキシコの旗 ベニート・アルチュンディア
レポート グロッソ 119分にゴール 119分
デル・ピエロ 120+1分にゴール 120+1分

2006年7月5日
21:00
ポルトガル ポルトガルの旗 0 - 1 フランスの旗 フランス FIFAワールドカップスタジアム・ミュンヘンミュンヘン
観客数: 66,000人
主審: ウルグアイの旗 ホルヘ・ラリオンダ
レポート ジダン 33分にゴール 33分 (PK)

3位決定戦[編集]


2006年7月8日
21:00
ドイツ ドイツの旗 3 - 1 ポルトガルの旗 ポルトガル ゴットリーブ・ダイムラー・シュタディオンシュトゥットガルト
観客数: 52,000人
主審: 日本の旗 上川徹
シュヴァインシュタイガー 56分にゴール 56分78分
プティ60分にゴール 60分 (OG)
レポート ヌーノ・ゴメス 88分にゴール 88分

決勝[編集]


2006年7月9日
20:00
イタリア イタリアの旗 1 - 1
(延長)
フランスの旗 フランス オリンピアシュタディオンベルリン
観客数: 69,000人
主審: アルゼンチンの旗 オラシオ・エリソンド
マテラッツィ 19分にゴール 19分 レポート ジダン 7分にゴール 7分 (PK)
    PK戦  
ピルロ 成功
マテラッツィ 成功
デ・ロッシ 成功
デル・ピエロ 成功
グロッソ 成功
5 - 3 成功 ヴィルトール
ミス トレゼゲ
成功 アビダル
成功 サニョル
 

優勝国[編集]

 2006 FIFAワールドカップ優勝国 

イタリア
6大会ぶり4回目

得点ランキング[編集]

順位 選手名 国籍 得点数
1 ミロスラフ・クローゼ ドイツの旗 ドイツ 5
2 ロナウド ブラジルの旗 ブラジル 3
ジネディーヌ・ジダン フランスの旗 フランス
ティエリ・アンリ フランスの旗 フランス
エルナン・クレスポ アルゼンチンの旗 アルゼンチン
マキシ・ロドリゲス アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ルーカス・ポドルスキ ドイツの旗 ドイツ
フェルナンド・トーレス スペインの旗 スペイン
ダビド・ビジャ スペインの旗 スペイン

表彰[編集]

個人賞[編集]

選手名 国籍 備考
ゴールデンボール(大会MVP) ジネディーヌ・ジダン フランスの旗 フランス 準優勝
シルバーボール ファビオ・カンナヴァーロ イタリアの旗 イタリア 優勝
ブロンズボール アンドレア・ピルロ イタリアの旗 イタリア 優勝
ゴールデンシューズ(得点王) ミロスラフ・クローゼ ドイツの旗 ドイツ 5得点
シルバーシューズ エルナン・クレスポ アルゼンチンの旗 アルゼンチン 3得点
ブロンズシューズ ロナウド ブラジルの旗 ブラジル 3得点
ヤシン賞(最優秀GK) ジャンルイジ・ブッフォン イタリアの旗 イタリア 2失点
最優秀若手選手賞 ルーカス・ポドルスキ ドイツの旗 ドイツ 21歳

ベストプレーヤー[編集]

ポジション 選手名 国籍
GK ジャンルイジ・ブッフォン イタリアの旗 イタリア
イェンス・レーマン ドイツの旗 ドイツ
リカルド・ペレイラ ポルトガルの旗 ポルトガル
DF ロベルト・アジャラ アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ジョン・テリー イングランドの旗 イングランド
リリアン・テュラム フランスの旗 フランス
フィリップ・ラーム ドイツの旗 ドイツ
ファビオ・カンナヴァーロ イタリアの旗 イタリア
ジャンルカ・ザンブロッタ イタリアの旗 イタリア
リカルド・カルヴァーリョ ポルトガルの旗 ポルトガル
MF ゼ・ロベルト ブラジルの旗 ブラジル
パトリック・ヴィエラ フランスの旗 フランス
ジネディーヌ・ジダン フランスの旗 フランス
ミヒャエル・バラック ドイツの旗 ドイツ
アンドレア・ピルロ イタリアの旗 イタリア
ジェンナーロ・ガットゥーゾ イタリアの旗 イタリア
ルイス・フィーゴ ポルトガルの旗 ポルトガル
マニシェ ポルトガルの旗 ポルトガル
FW エルナン・クレスポ アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ミロスラフ・クローゼ ドイツの旗 ドイツ
ティエリ・アンリ フランスの旗 フランス
ルカ・トーニ イタリアの旗 イタリア
フランチェスコ・トッティ イタリアの旗 イタリア

オフィシャルパートナー[編集]

オフィシャルパートナーの掲示

2006 FIFAワールドカップドイツオフィシャルパートナー

前大会まで6大会20年にわたって協賛してきた日本ビクターが業績不振のため降板し、本大会ではAV機器分野のスポンサーが確保できなかった(次の南アフリカ大会でAV機器分野ではソニーと契約)。また、ジレットは本大会時点で会社そのものがプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)に吸収合併されて消滅している。

公式テーマソング[編集]

公式マスコット[編集]

ゴレオ6世と、その手に乗るピレ
ゴレオ6世の人気は芳しくなく、大会開幕を前にゴレオのグッズ製作会社が経営破綻してしまった。

脚注[編集]

  1. ^ FIFA president Blatter a big loser with Germany getting 2006 World Cup. 2000 SoccerTimes.com
  2. ^ FIFA agreed to raise number of finalists”. 国際サッカー連盟 (2003年5月3日). 2012年1月15日閲覧。
  3. ^ Oceania receives direct slot”. 国際サッカー連盟 (2002年12月18日). 2012年1月15日閲覧。
  4. ^ 32 teams for the 2006 FIFA World Cup”. 国際サッカー連盟 (2003年6月28日). 2012年1月15日閲覧。
  5. ^ 今大会の開催国決定日。
  6. ^ 西ドイツ時代を含む。
  7. ^ チェコスロバキア時代を含む。チェコとしては初出場。
  8. ^ ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア時代を含む。セルビア・モンテネグロとしては初出場。
  9. ^ W杯チケット 本人確認できるの? 朝日新聞夕刊2006年6月3日付
  10. ^ ダフ屋出た 「IDチップ」意味なし? 入場確認スルー 毎日新聞2006年6月10日付
  11. ^ W杯チケット届かず 読売新聞夕刊2006年5月31日付
  12. ^ ツアー中止 バイト代ためたのに「早く代金返して」 毎日新聞2006年6月1日付
  13. ^ 「チケット確保に万全を」W杯 国交省、旅行会社に要請へ 読売新聞夕刊2006年6月1日付
  14. ^ W杯観戦大丈夫? 問い合わせ相次ぐ 毎日新聞2006年6月2日付
  15. ^ W杯ツアー中止 600人分返金のメド立たず チケット不足 さらに13社250枚 読売新聞2006年6月6日付
  16. ^ W杯ツアー 幽霊業者が募集 旅行業者無登録 1億円集金 毎日新聞2006年6月7日付
  17. ^ W杯チケット マックス社破産へ 弁済できず 毎日新聞2006年6月16日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]