グループリーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グループリーグ方式で行われた大会の例(2011 FIFA女子ワールドカップより)

グループリーグとは、数チーム(人)を1組としてその中のチーム(選手)同士によるリーグ戦を各組で行う大会形式のこと。プールとも言う。

概略[編集]

オリンピックFIFAワールドカップなどの国際大会で行われる。国内カップ戦でも試合数を多くしたい場合に行われる。また、北米のプロスポーツリーグや日本プロ野球・プロバスケットボールなどカンファレンス(2リーグ)制を敷いている場合、各カンファレンス(リーグ)をグループリーグとして捉えることもできる。

基本的に出場チーム(選手)を各グループ同数になるように複数グループに分けて総当たり戦(ラウンドロビン)を実施する。ただし、稀に一部グループでチーム(選手)数が異なる場合(アテネオリンピック女子サッカーなど)や、総当たり戦以外の方式を採用する場合(第2回ワールド・ベースボール・クラシックなど)もある。グループリーグの組み合わせは抽選によって決まる場合が多いが、この場合特定のグループに強豪チームや同一地区のチームが集中しないように、全参加チームを「ポット」に分けて行われることが多い(抽選はポットごとに行われるため、同じポットに入ったチームは同じグループに入らない)[1][2]

グループ上位に入ったチーム(選手)は決勝トーナメントに進出して優勝を争う。グループリーグ通過順位によって決勝トーナメントの組み合わせに影響する場合がほとんどであるが、大会によってはグループリーグを2度行う場合(1982 FIFAワールドカップなど)[3]、下位トーナメントを行う場合、グループリーグを特定の順位で終えたチーム(選手)の中から、成績上位の数チーム(選手)をグループリーグ通過とする場合(1986 FIFAワールドカップなど。この場合、チーム(選手)が多いグループでは、下位のチーム(選手)との対戦成績を除くなどして、試合数の違いによるばらつきをなくした状態で比較される。またこの場合、成績下位の数チーム(選手)間で次ラウンド進出決定戦を行うケースもある)など様々である。

グループリーグが採用されている大会[編集]

日本国内[編集]

国際[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 例としてFIFAワールドカップの場合、開催国やFIFAランキング上位国・及び出場国の地域別でポット分けされ、各ポットからA組→H組の順に抽選される。但し“1.欧州は同じ組に2カ国まで”・“2.欧州を除く地域は同じ地域の国は同じ組に入らない”の2大原則のため、抽選が変則的になる場合もある。
  2. ^ また国際大会の場合、国家間の関係が悪い代表同士が同一グループにならないような措置が取られることもある(AFCアジアカップ2007サウジアラビアタイ2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ロシアジョージア等)。
  3. ^ この場合、決勝リーグの順位で最終順位が決定する場合(1950 FIFAワールドカップなど)や、1位同士で決勝、2位同士で3位決定戦となる場合(1978 FIFAワールドカップなど)もある。

関連項目[編集]