1974 FIFAワールドカップ・決勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1974 FIFAワールドカップ・決勝
大会名 1974 FIFAワールドカップ
2-1で西ドイツ
開催日 1974年7月7日
会場 ミュンヘン・オリンピアシュタディオン(ミュンヘン)
主審 イングランド ジャック・テイラー
観客数 75,200人
1970
1978

1974 FIFAワールドカップ・決勝は、1974年7月7日に、ドイツミュンヘンミュンヘン・オリンピアシュタディオンで行われた、FIFAワールドカップの決勝である。試合開始早々にヨハン・クライフがペナルティーエリアでウリ・ヘーネスに倒されオランダがPKを得ると、これをヨハン・ニースケンスげ決めて先制[1]。その後パウル・ブライトナーの得点で同点とし、ゲルト・ミュラーが決勝点を決めて[2]、西ドイツが2度目の優勝を果たした。

試合結果[編集]

オランダ
西ドイツ
GK 8 ヤン・ヨングブルート
RB 20 ヴィム・シュルビア
CB 17 ヴィム・ライスベルヘン 69分に交代退場 69分
CB 2 アリー・ハーン
LB 12 ルート・クロル
DM 6 ビム・ヤンセン
CM 13 ヨハン・ニースケンス 40分に警告 40分
CM 3 ヴィレム・ファン・ハネヘム 23分に警告 23分
RW 16 ヨニー・レップ
LW 15 ロブ・レンセンブリンク 46分に交代退場 46分
CF 14 ヨハン・クライフ captain 45分に警告 45分
控え選手:
GK 18 ピート・スフライフェルス
DF 5 リヌス・イスラエル
MF 7 テオ・デ・ヨンク 69分に交代出場 69分
MF 10 レネ・ファン・デ・ケルクホフ 46分に交代出場 46分
FW 9 ピート・カイザー
監督:
リヌス・ミケルス
NED-FRG 1974-07-07.svg
GK 1 ゼップ・マイヤー
RB 2 ベルティ・フォクツ 4分に警告 4分
CB 5 フランツ・ベッケンバウアー captain
CB 4 ハンス=ゲオルク・シュヴァルツェンベック
LB 3 パウル・ブライトナー
CM 16 ライナー・ボンホフ
CM 12 ヴォルフガング・オヴェラート
AM 14 ウリ・ヘーネス
RW 9 ユルゲン・グラボウスキ
LW 17 ベルント・ヘルツェンバイン
CF 13 ゲルト・ミュラー
控え選手:
GK 21 ノルバート・ニグブル
DF 6 ホルスト=ディーター・ヘットゲス
MF 8 ベルンハルト・クルマン
MF 15 ハインツ・フローエ
FW 11 ユップ・ハインケス
監督:
ヘルムート・シェーン

脚注[編集]

  1. ^ World Cup stunning moments: the Cruyff Turn is born in 1974” (英語). ザ・ガーデイアン. 2022年4月7日閲覧。
  2. ^ Neeskens just about holds his nerve” (英語). FIFA. 2022年4月7日閲覧。

外部リンク[編集]