玉田圭司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
玉田 圭司 Football pictogram.svg
Flickr - tpower1978 - KIRIN Challenge Cup (1).jpg
名前
カタカナ タマダ ケイジ
ラテン文字 TAMADA Keiji
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-04-11) 1980年4月11日(38歳)
出身地 千葉県浦安市
身長 173cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗名古屋グランパス
ポジション FW / MF
背番号 28
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1999-2005 柏レイソル 109 (30)
2006-2014 名古屋グランパス 233 (66)
2015-2016 セレッソ大阪 57 (13)
2017- 名古屋グランパス 28 (6)
代表歴2
2004-2010[1] 日本の旗 日本 72 (16)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年11月20日現在。
2. 2010年6月29日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

玉田 圭司(たまだ けいじ、1980年4月11日 - )は、千葉県浦安市出身のプロサッカー選手。ポジションはフォワードミッドフィールダーJリーグ名古屋グランパス所属。マネジメント事務所はレプロエンタテインメント。元日本代表

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

幼稚園の時に5歳年上の兄の影響を受けて入船少年SCでサッカーを始め、中学時にはカネヅカFCに入団。幼少時から一貫してフォワードとしてプレーし、中学卒業後習志野市立習志野高等学校に入学。1年からレギュラーとなって国体に3年連続出場を果たすと、3年時には高校選手権千葉大会決勝で市立船橋相手に決勝ゴールを挙げて同校6年ぶりの本大会出場に貢献。本大会では鹿児島工との1回戦でゴールを挙げたものの、試合には敗れた。同級生には吉野智行と元プロ野球選手松比良平太がいる。高校時代は「左の切り札」と呼ばれており、当時から周囲の評価は高かった[2]1999年柏レイソルに加入。背番号は28

柏レイソル[編集]

1999年の1stステージ第2節アビスパ福岡戦で初出場[3]。デビュー戦で玉田の抜群のスピードを見た都並敏史は、将来の日本を背負う逸材と称えたという[2]。シーズン終了後には杉山新と共にブラジルミラソウFCへ短期留学を経験した[4]。だが、その後2年間は出場機会に恵まれず、2001年までの3年間で出場試合は15、得点はなかった。

しかし、2002年になると状況が一変する。チームは1stステージを14位で折り返し、2ndステージでは残留を目指して新監督にマルコ・アウレリオを迎えた[5]。アウレリオは個人能力重視へとチームを転換する過程で埋もれていた玉田の才能を見出し、左サイドの中盤での出場機会を与える[5]。2ndステージ第1節コンサドーレ札幌戦(札幌厚別公園競技場)でプロ初得点を挙げる[3] と、リーグ戦2ndステージだけで3得点を挙げた。この活躍によってエースストライカーとしての信頼を受けるようになり、2003年にはリーグ戦28試合に出場し11得点を挙げた。これは、Jリーグ得点ランキング10位、日本人選手に限れば久保竜彦大久保嘉人に次ぐ3位[5] であり、翌2004年にも10得点を挙げ2年連続2桁得点を達成した。また、同年6月26日のセレッソ大阪戦(長居スタジアム)ではプロ入り後初のハットトリックを達成している。

日本代表にも選出され順調かと思われたが、翌2005年には度重なる怪我により、出場試合数こそ減らなかったものの6得点に留まる[6]。チームも低迷し、リーグ戦16位、入れ替え戦でもヴァンフォーレ甲府に二試合合計8-3で敗れ、J2降格が決定した。当時「ワールドカップ出場が夢」と語っていた玉田は、翌年に控えるドイツワールドカップでの代表選出を目指してJ1チームの移籍先を探すこととなる[7]。その後大宮アルディージャ清水エスパルス名古屋グランパスエイトからオファーが届き、その中でも当時の日本代表選手だった楢崎正剛や親交が深かった藤田俊哉が在籍していた名古屋を玉田本人が希望する[8]。チーム間の交渉が難航した[9] ものの完全移籍でまとまり、2006年1月19日に名古屋が正式に獲得を発表[10]。背番号は「11」が与えられた[10]

名古屋グランパス[編集]

前年当時のクラブ史上最低順位となる14位で終えた名古屋からの期待は大きく鳴り物入りでの加入であったが、加入一年目の2006年は当時の監督セフ・フェルホーセンから玉田が得意としていないポストプレイヤーとしての役割を求められたことで不振に陥り、思うような活躍ができない状態が続いた[11]2007年は怪我の影響もあり、出場試合はわずか14に留まった[12]

しかし2008年シーズン、新監督にドラガン・ストイコビッチが就任すると、ストイコビッチは玉田に攻撃の核として期待を寄せ[13]、得意なドリブルのプレーが求められたことでプレーにキレを取り戻した[14]。得点こそ4得点であったが、6アシストを記録しフローデ・ヨンセン小川佳純らを生かすチャンスメイカーとして機能。持ち味のドリブルやパスで終盤まで優勝争いに貢献した。

2010年は元日の天皇杯決勝でガンバ大阪に敗れてシーズンが始まったが、リーグ戦ではW杯による中断期間からの再開以降に10得点を記録するなど好調を維持し過去最多となる13得点を挙げ、名古屋のリーグ初優勝の原動力として優秀選手賞を受賞した。

2011年はシーズン序盤の3月に負傷し29日に行われた東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ、4月6日のACLFCソウル戦(名古屋市瑞穂公園陸上競技場)を欠場したものの、29日の川崎フロンターレ戦(瑞穂)からスタメン復帰。その試合で2ゴールを挙げる活躍を見せ名古屋の勝利に貢献した。このシーズンは最終的にキャリアハイとなる14得点(リーグ6位タイ)を挙げ、チームは柏との激しい優勝争いを繰り広げる。名古屋の最終節となったアルビレックス新潟戦(東北電力ビッグスワンスタジアム)は玉田の直接フリーキックによる決勝弾で勝利を収めたものの埼玉スタジアム浦和レッズに勝利を収めた柏が勝ち点を上回り、名古屋はリーグ戦2位に終わった。

2014年シーズン終了をもって、名古屋を退団した[15]

セレッソ大阪[編集]

名古屋退団発表後セレッソ大阪から獲得の打診を受けると、かつて日本代表で指導を受けた大熊清強化部長の存在もあり[16]、2015年より同クラブへ完全移籍[17]。背番号は20。移籍一年目ながらチームトップとなる10得点を挙げ、同年12月のJ1昇格プレーオフ決勝の福岡(年間3位)戦では先制ゴールを挙げるも同点に追いつかれ、プレーオフの規定によりJ1昇格を逃した。

2016年12月5日、同シーズンをもって契約満了に伴い、セレッソ大阪を退団することが発表された[18]

名古屋復帰[編集]

退団翌日にロアッソ熊本がオファーを出したが[19]、後日古巣の名古屋グランパスからオファーが届いた時点で名古屋への復帰を即決し、後に名古屋が正式に獲得を発表。3年ぶりの名古屋復帰となった。背番号は先にサンフレッチェ広島から移籍加入が決まっていた佐藤寿人が11番を着用することが決まっていたため、玉田は柏時代の2005年以来となる28を選択した。

シーズン序盤は佐藤寿人との併用によりベンチスタートとなることが多かったものの6ゴールを挙げ、玉田がゴールを決めた試合の名古屋は全試合勝利を収め、名古屋の1年でのJ1復帰に貢献した。

日本代表[編集]

日本代表に初選出されたのは2004年。代表チームの得点力不足に悩むジーコによって、ドイツW杯・アジア地区1次予選の日本代表に選出され、3月31日の親善試合シンガポール戦で初出場し[1][7][20]、4月25日の親善試合ハンガリー戦で代表初ゴールを挙げた。アジアカップでは全試合に出場し、中でも準決勝のバーレーン戦では後半の一時逆転ゴール、延長戦前半に決勝ゴールを挙げて勝利に貢献した。最終的にこの大会では中澤佑二と同数の3ゴールを挙げる活躍を見せ日本のアジアカップ連覇に貢献した[20]

アジア杯での活躍がジーコに強烈な印象を与えたことや、玉田のようなドリブラー的な役割を得意とする選手が当時の代表には稀少であったこともあり、ジーコジャパンにとって必要不可欠な存在となっていく[7]。2006年はチームでの成績は振るわなかったが、ドイツW杯日本代表に選出され[7][20]、ブラジル戦では先制点となるゴールを決めた[12]

怪我の影響や代表監督の交代もありしばらく代表から遠ざかっていたが、2008年3月26日南アフリカW杯アジア3次予選の対バーレーン戦で1年8ヶ月ぶりに代表復帰した[21]。それ以来岡田武史率いる日本代表への招集も増え、エース格の活躍を見せた[21]

南アフリカワールドカップ本戦ではオランダ戦とパラグアイ戦に途中出場[1]

エピソード[編集]

  • 小学生の時に参加したサッカー教室で横浜フリューゲルス横浜FCなどで活躍したモネールから「君は将来大物になる」と褒め称えられた。
  • 柏に在籍していた2004年、名古屋の親会社・トヨタ自動車のテレビCMへの出演経験がある[22]
  • コーラ好き。グランパスと同じ名古屋市を本拠地とする中日ドラゴンズ落合博満監督(当時)が「風邪予防にいい」と言っていたことからよく飲んでいるという[23]
  • 大の『ウイニングイレブン』ファン。対人プレイを好み、本人曰く「1人では絶対にやらない」[24] 。雑誌「We-Ele」の企画で、当時チームメイトの山口慶本田圭佑須藤右介と対戦し優勝した[25]
  • グランパスの幹部は「期待が大きいほど乗るタイプ」といい、現役時代のストイコビッチと似ていると語っている[13]
  • 「理想のゴールは?」の問いには「マラドーナの5人抜きドリブル」を挙げている[5]
  • 2009年1月11日、千葉県習志野市のJR津田沼駅近くにもんじゃ焼き店「MONJA DINING TAMA」をオープンした[26]
  • 同年12月、一般女性と入籍したことを明らかにした[27]
  • ファンを大事にしている。それゆえ、ファンにストーカーまがいの行動をされたときはショックを受け、ブログでファンにモラルを求めたことがある[28]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1999 28 J1 5 0 1 0 0 0 6 0
2000 5 0 1 0 0 0 6 0
2001 2 0 0 0 1 0 3 0
2002 13 3 2 0 1 0 16 3
2003 28 11 5 0 2 1 35 12
2004 28 10 0 0 1 0 29 10
2005 28 6 0 0 0 0 28 6
2006 名古屋 11 26 6 1 0 2 0 29 6
2007 14 5 4 2 2 0 20 7
2008 31 4 2 0 1 0 34 4
2009 27 8 1 0 4 1 32 9
2010 29 13 1 0 2 1 32 14
2011 33 14 0 0 3 0 36 14
2012 25 5 0 0 3 1 28 6
2013 31 9 6 2 1 0 38 11
2014 17 2 4 1 2 2 23 5
2015 C大阪 20 J2 33 10 - 0 0 33 10
2016 24 3 - 2 1 26 4
2017 名古屋 28 28 6 - 1 0 29 6
2018 J1
通算 日本 J1 342 96 28 5 24 6 394 107
日本 J2 85 19 - 3 1 85 18
総通算 427 115 28 5 27 7 479 125

その他の公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2009 名古屋 11 9 2
2011 3 0
2012 7 2
通算 AFC 19 4

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 72試合 16得点 (2004年 - 2010年)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2004 18 5
2005 16 2
2006 7 2
2007 0 0
2008 12 4
2009 10 1
2010 9 2
通算 72 16

ゴール[編集]

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2004年04月25日 ハンガリー、ザラエゲルセグ ハンガリーの旗 ハンガリー ● 2-3 親善試合
2. 2004年08月03日 中国済南市 バーレーンの旗 バーレーン ○ 4-3 AFCアジアカップ2004
3.
4. 2004年08月07日 中国、 北京市 中華人民共和国の旗 中国 ○ 3-1
5. 2004年11月17日 日本さいたま市 シンガポールの旗 シンガポール ○ 1-0 2006 FIFAワールドカップ・アジア予選
6. 2005年01月29日 日本、横浜市 カザフスタンの旗 カザフスタン ○ 4-0 キリンチャレンジカップ2005
7.
8. 2006年06月04日 ドイツデュッセルドルフ マルタの旗 マルタ ○ 1-0 親善試合
9. 2006年06月22日 ドイツ、ドルトムント ブラジルの旗 ブラジル ● 1-4 2006 FIFAワールドカップグループリーグ
10. 2008年05月24日 日本、愛知県豊田市 コートジボワールの旗 コートジボワール ○ 1-0 キリンカップサッカー2008
11. 2008年10月15日 日本、さいたま市 ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン △ 1-1 2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
12. 2008年11月13日 日本、神戸市 シリアの旗 シリア ○ 3-1 キリンチャレンジカップ2008
13. 2008年11月19日 カタールドーハ カタールの旗 カタール ○ 3-0 2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
14. 2009年09月09日 オランダユトレヒト ガーナの旗 ガーナ ○ 4-3 親善試合
15. 2010年02月11日 日本、東京 香港の旗 香港 ○ 3-0 東アジアサッカー選手権2010
16.

タイトル[編集]

柏レイソル
名古屋グランパス
  • 2010年 J1リーグ
  • 2011年 スカパー!年間ベストゴール
日本代表

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “玉田 圭司”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ta/keiji_tamada.html 
  2. ^ a b 日本代表:選手紹介 玉田圭司 - ウェイバックマシン(2006年6月18日アーカイブ分) - J's GOAL
  3. ^ a b 名古屋グランパス. “選手データ 玉田圭司”. 2013年12月20日閲覧。
  4. ^ 玉田、杉山がブラジル短期留学 - ウェイバックマシン(2001年7月9日アーカイブ分) - Reysol Supporter's Square(1999年12月5日)
  5. ^ a b c d Number Web (2004年6月4日). “玉田圭司「遅れてきたレフティ」”. 2013年5月8日閲覧。
  6. ^ 名古屋テレビ (2006年3月4日). “光る!スポーツ研究所 グランパスコーナー No.086 玉田圭司”. 2009年7月3日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ a b c d ドイツW杯カウントダウン 第9回 玉田圭司”. 2009年7月3日閲覧。
  8. ^ 柏FW玉田の名古屋入り濃厚 - ウェイバックマシン(2006年1月15日アーカイブ分) - 日刊スポーツ(2006年1月13日)
  9. ^ 中日スポーツ (2006年1月15日). “玉田の獲得難航 柏は完全移籍希望”. 2009年7月3日閲覧。
  10. ^ a b 中日スポーツ (2006年1月20日). “玉田、入団決定 名古屋に救世主”. 2009年7月3日閲覧。
  11. ^ All About (2006年5月8日). “苦しいチーム事情にも、見えた光明”. 2009年7月3日閲覧。
  12. ^ a b 快速FW玉田、地元で“公約”果たす キリン杯サッカー - ウェイバックマシン(2008年5月29日アーカイブ分) - 産経新聞(2008年5月24日)
  13. ^ a b 中日スポーツ (2008年3月12日). “玉田、輝きを再び ピクシー監督助言「攻撃の核に」”. 2009年7月3日閲覧。
  14. ^ 中日スポーツ (2008年3月7日). “玉田、ゴール&アシスト“10” 移籍3年目、不退転の決意”. 2009年7月3日閲覧。
  15. ^ 名古屋グランパス (2014年11月25日). “玉田 圭司選手、契約満了のお知らせ”. 2014年12月7日閲覧。
  16. ^ サッカーダイジェスト No.1323』 日本スポーツ企画出版社2015年、41-42頁。
  17. ^ セレッソ大阪 (2015年1月6日). “玉田圭司選手 移籍加入のお知らせ”. 2015年1月6日閲覧。
  18. ^ “C大阪 元日本代表FW玉田と来季は契約結ばず”. スポニチアネックス. (2016年12月6日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2016/12/06/kiji/K20161206013854750.html 2016年12月6日閲覧。 
  19. ^ “玉田獲得交渉へ 元日本代表、鋭い突破持ち味”. 熊本日日新聞. (2016年12月7日). http://kumanichi.com/roasso/kiji/201612/20161207001.xhtml 2016年12月7日閲覧。 
  20. ^ a b c 代表復帰!玉田も「驚いた」…26日W杯アジア予選バーレーン戦 - ウェイバックマシン(2008年3月18日アーカイブ分) - スポーツ報知(2008年3月15日)
  21. ^ a b 日刊スポーツ (2009年3月20日). “玉田がバーレーン戦「ケリつける」”. 2009年7月3日閲覧。
  22. ^ 柏レイソル (2004年10月17日). “TOYOTA『MORE THAN BEST』新CMに玉田圭司選手が登場”. 2013年5月8日閲覧。
  23. ^ 日本代表FW玉田も「オレ流」信者!? - ウェイバックマシン(2011年9月16日アーカイブ分) - 日刊スポーツ(2006年4月25日)
  24. ^ J'sGOAL (2007年9月15日). “J1 注目選手スペシャルインタビュー Vol.8:玉田圭司選手”. 2010年4月15日閲覧。
  25. ^ 『We-Ele』付属DVD
  26. ^ Narinari.com (2009年1月4日). “「日本人だから」日本代表のFW玉田圭司選手がもんじゃ焼き店オープン。”. 2013年5月8日閲覧。
  27. ^ 玉田圭司選手、入籍のお知らせ 名古屋(09.12.28) - J's GOAL(2009年12月28日)
  28. ^ 悲しいこと - 玉田圭司オフィシャルブログ(2010年3月7日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]