名良橋晃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名良橋 晃 Football pictogram.svg
名前
愛称 ナラ
カタカナ ナラハシ アキラ
ラテン文字 NARAHASHI Akira
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1971-11-26) 1971年11月26日(45歳)
出身地 千葉県千葉市花見川区
身長 170cm
体重 67kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1990-1993 日本の旗 フジタ工業 85 (14)
1994-1996 日本の旗 ベルマーレ平塚 114 (7)
1997-2006 日本の旗 鹿島アントラーズ 196 (16)
2007 日本の旗 湘南ベルマーレ 1 (0)
代表歴
1994-2003[1] 日本の旗 日本 38 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

名良橋 晃(ならはし あきら、1971年11月26日 - )は、千葉県千葉市花見川区出身の元サッカー選手である。ポジションDF(右サイドバック)。解説者

略歴[編集]

小学校時代は地元千葉のサッカー少年団で、キックボクサーの元日本チャンピオン立嶋篤史とチームメートであった。

1年の留年を経て千葉英和高等学校を卒業後、1990年日本サッカーリーグ1部のフジタ(現:湘南ベルマーレ)に加入。同時に日本ユース代表にも選ばれ、サイドバックとしてのいろはをデットマール・クラマーコーチに叩き込まれた。ちなみに後にベルマーレでもチームメートとなる田坂和昭とはこの時以来の親友。

平塚では、左サイドバックの岩本輝雄と共に、超攻撃型サイドバックとして、チームを牽引。1993年のジャパンフットボールリーグ1部ではサイドバックにも関わらずアシスト王に輝いている。

1994年3月12日ヴェルディ川崎戦でJリーグデビューを果たし、同年9月27日オーストラリア戦で日本代表デビューを果たした[1]。しかし代表監督が加茂周に変わると代表からしばらく遠ざかってしまう。

1997年、代表復帰のためにはJリーグで優勝を争うチームに所属する必要があると考え鹿島アントラーズに移籍。当時の鹿島には、名良橋が尊敬する右サイドバックの名手、ジョルジーニョ(鹿島ではボランチとしてプレイ)が在籍しており、それが移籍の決め手になったという。ちなみに移籍する一年前から鹿島への移籍を熱望していた。

代表ではそれまでレギュラーだった柳本が怪我により長期離脱すると、名良橋はアントラーズで活躍を見せ目論見通り代表に復帰し、レギュラーに定着。 フランスW杯でも日本代表の右ウイングバックとして全3試合に出場した。 監督がフィリップ・トルシエに変わると、右サイドは望月、伊東、明神、酒井、石井など、本来ボランチの選手を主に起用する形となり召集されることはなかったが、クラブでは常に安定したパフォーマンスを示していた事で、代表監督がジーコに変わるとすぐさま召集を受け、ジーコジャパン立ち上げ当初のレギュラーとして出場する。しかしジーコがディフェンスラインを総入れ替えすると、以降は代表に召集されなくなった。 度々強烈なミドルシュートを披露したが、ポストに当たるなど惜しいシーンが数回ありながら、代表でのゴールはとうとう最後までなかった。

2006年本田泰人と共に鹿島と来季の契約を更新しない事が発表された。現役引退を表明した本田と対照的に名良橋は現役続行を希望し、2007年2月に古巣ベルマーレに11年ぶりに復帰したが、同年7月末に契約満了により退団。現役続行を希望し、新たな移籍先を探すも決まらずに2008年2月に引退を発表。今後は指導者を目指すことにし、2009年度よりSC相模原で、ジュニアユース総監督を務めることが決まった。

2008年3月13日JFAアンバサダーに就任。同月17日、元U-23日本代表の松原良香が主催するフェリーチェFCのコーチとして参加した。

引退後[編集]

2009年からはNHKCS日テレスカパーなどでサッカー解説を務め、細かな視点や豊富な知識を活かしたトークを行っている。 また、SC相模原ジュニアユースの総監督も務めている。サッカーのコメンテーターとして、あるいはバラエティ番組などで度々テレビ出演するが、現役時代には想像もつかない極度なほどの激痩せした姿を見せ、ネットなどでは病気を心配する声があがった。

選手時代の特徴[編集]

攻守に長ける右サイドバック。バルセロナオリンピック予選出場時には左サイドバックを務めていた[2]。年齢を重ねるごとにディフェンスの安定感を増し、攻守にバランスの取れた選手へと成長を遂げた。ダイナミックな激しいスライディングや攻撃時には中に切れ込んでの弾丸シュートも得意としていた。他にも全盛期には躍動感やスピードがとてもあるオーバーラップも特徴的だった。

エピソード[編集]

鹿島アントラーズ所属時にはムードメイカーとしてもしられていた。

雑誌の企画で鹿島の新井場徹との対談の時「この顔だから僕いつも損してると思うんですよ(笑)」と漏らしていた。

鹿島アントラーズから移籍する時に「自分が着けていた2番は必ず篤人(内田篤人)に着けさせてくれ」と懇願した。後日、内田は「僕には重いと最初は断ったんですけどね。ナラさんが絶対に篤人に着けさせてくれ。と言ったと聞いて期待と嬉しさを感じて着けましたよ。」と話していた。

所属クラブ[編集]

指導者経歴[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1989-90 フジタ JSL1部 0 0 -
1990-91 JSL2部 25 5 1 0
1991-92 8 25 3 3 0
1992 旧JFL1部 18 1 -
1993 17 5 5 0 1 0 23 5
1994 平塚 - J 39 2 1 0 4 0 44 2
1995 46 4 - 2 0 48 4
1996 29 1 14 1 3 0 46 2
1997 鹿島 32 17 1 7 1 5 0 29 2
1998 22 33 5 1 0 4 0 38 5
1999 2 J1 15 2 7 1 2 1 24 4
2000 26 3 7 1 4 0 37 4
2001 27 3 6 0 3 0 36 3
2002 25 1 8 0 5 0 38 1
2003 27 1 4 0 0 0 31 1
2004 12 0 4 0 0 0 16 0
2005 11 0 0 0 3 0 14 0
2006 3 0 0 0 0 0 3 0
2007 湘南 35 J2 1 0 - - 1 0
通算 日本 J1 310 23 59 4 35 1 404 28
日本 J2 1 0 - - 1 0
日本 JSL1部 0 0 -
日本 JSL2部 50 8 4 0
日本 旧JFL1部 35 6 5 0
総通算 396 37 68 4

その他の公式戦

  • 1997年
  • 1998年
    • XEROX SUPER CUP 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合0得点
  • 1999年
    • XEROX SUPER CUP 1試合1得点
  • 2000年
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合1得点
  • 2001年
    • XEROX SUPER CUP 1試合0得点
    • Jリーグチャンピオンシップ 2試合0得点
  • 2002年
    • XEROX SUPER CUP 1試合0得点
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2002-03 鹿島 2 3 0
通算 AFC 3 0

その他の国際公式戦

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 38試合 0得点(1994-2003)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1994 1 0
1995 9 0
1996 0 0
1997 13 0
1998 9 0
1999 0 0
2000 0 0
2001 0 0
2002 2 0
2003 4 0
通算 38 0

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “名良橋 晃”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_na/akira_narahashi.html 
  2. ^ 【相馬直樹&名良橋晃がサイドバックを語る!】攻守両面でキーになるポジション。アウトサイドはただ上がってナンボじゃない!(1)”. J's GOAL (2008年4月17日). 2013年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]