小村徳男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小村 徳男 Football pictogram.svg
名前
愛称 オム、ノリ
カタカナ オムラ ノリオ
ラテン文字 OMURA Norio
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1969-09-06) 1969年9月6日(47歳)
出身地 日本の旗 島根県松江市
身長 181cm
体重 79kg
選手情報
ポジション DF
利き足 右足
ユース
1985-1987 島根県立松江南高等学校
1988-1991 順天堂大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992-2001 横浜マリノス/横浜F・マリノス 248 (22)
2002-2003 ベガルタ仙台 48 (4)
2004-2006 サンフレッチェ広島 67 (3)
2006-2007 横浜FC 33 (1)
2008 ガイナーレ鳥取 17 (0)
代表歴2
1995-2002[1] 日本の旗 日本 30 (4)
監督歴
2013 ガイナーレ鳥取
1. 国内リーグ戦に限る。2008年12月24日現在。
2. 2007年10月5日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

小村 徳男(おむら のりお、1969年9月6日 - )は、島根県松江市出身の元サッカー選手(DF)、指導者。

来歴[編集]

松江市立乃木小学校松江市立湖南中学校出身[2]島根県立松江南高等学校時代からセンターバックとしてプレーするものの、当時は無名の存在だった[2]

順天堂大学には学業推薦で入学、サッカー部に所属するものの当初は実質3軍に所属した[2]。大学2年時に1軍に抜擢され[2]、大学3年でレギュラーとなる[3]。この年は、順天堂大学蹴球部黄金期で数々のタイトルを獲得した[3]。大学卒業の翌年にJリーグ開幕を控え、当時JSLに所属しJリーグ参加を表明していたマツダ(サンフレッチェ広島)、松下(ガンバ大阪)、三菱(浦和レッドダイヤモンズ)、住金(鹿島アントラーズ)、日産(横浜マリノス)などからオファーが届いた中で、大学時代から代表で共にプレーした井原正巳とのプレーを選択する[3]

1992年、横浜マリノスに入団[3]。Jリーグ開幕とともに井原とセンターバックのコンビで活躍。井原に次ぐセンターバックの人員として日本代表にも招集され、1998年のフランスW杯のアジア一次予選ではライバルのUAE戦で1-0となる貴重なゴールを決めるなど、レギュラーとして起用される。しかしチームが3バックを基調とした際に加わったもう1人のストッパーの秋田が存在感を示すと、岡田体制後4バックに戻した際に控えとなり、さらにサイドバックの中西がストッパーとして活躍し始めると、本大会では3バックにも関わらずベンチ要因となった。それでも第3戦ジャマイカ戦では前2戦で累積警告となった中西に代わって後半途中まで出場した。

2002年にベガルタ仙台に移籍。チームの守備の柱として奮闘。

2004年からは地元島根に近いサンフレッチェ広島へ移籍。

2006年シーズン途中にJ2横浜FCに期限付き移籍し、J2優勝に貢献。シーズン終了後には移籍元の広島からの戦力外通告に伴い完全移籍した。

しかし2007年シーズンにはチームがJ2落ちし、シーズン終了後に戦力外通告を受ける。その後、地元である山陰からJリーグ参入を目指す日本フットボールリーグガイナーレ鳥取へ移籍。2008年シーズン終了後、「来年に向けて監督・チームとの信頼関係を築くことができず」として現役引退[4]

2009年、JFAアンバサダー[5] として各地でサッカー教室を開催、同年Jリーグアウォーズにて功労選手賞を受賞。2010年、JFA 公認S級コーチライセンスを講習[5]

2012-13シーズンより、フジテレビワンツーネクストでのドイツ・ブンデスリーガ中継で解説者を務める。

2012年12月7日、2013年シーズンからガイナーレ鳥取の監督に就任することが発表された[6]。だが第28節終了時点で20位と低迷し、8月12日に解任された[7]

エピソード[編集]

  • 横浜Mに在籍していた1996年11月9日の対広島戦(三ツ沢球技場)で、DFとして非常に稀なハットトリックを達成したこと(試合も3-1で勝利)もある[8]。なお、この試合は広島の得点も小村のクリアミスによるオウンゴールだったため、1試合における両チームの全得点を1人のDFがたたき出したという珍記録でもある。
  • 広島在籍時の2006年3月21日の京都パープルサンガ戦(西京極)で後半ロスタイムに広島のゴールキーパー下田崇が退場した。このとき広島は交代枠を使い切っていたため控えGKとの交代が出来ず、小村が控えGK・木寺浩一のユニフォームを借りてGKを務めた。GKとしてのプレーは相手フリーキックのワンプレーのみで、それも味方の作った壁が跳ね返したため、1度もボールに触れることなく試合終了となった。GKに選ばれた理由は単に身長が高いためだと言われている。なお、試合は引き分けている。
  • 横浜F・マリノス在籍当時の2000年2ndステージ開幕戦・対FC東京においても、正GKの川口能活が負傷退場・交代枠無しという理由で、同じくGKを務めた事がある。
  • 国際Aマッチデビューは小村自身が「忘れもしない」という1995年のスコットランド戦。記念すべき代表デビューの試合で退場になった。
  • ポルトガル語が堪能で、チームメイトにブラジル人がいる場合は積極的に通訳・コミュニケーション役も務めた。
  • 趣味は将棋[9]で、2015年にはかつてのチームメイトで同じ趣味を持つ波戸康広とともに第73期名人戦を見学した[10]日本将棋連盟フットサル部の特別コーチも務めており、その縁で同年の東急将棋まつりでは渡辺明棋王(当時)との席上対局も実現した[11]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
1992 横浜M - J - 1 1 4 1 5 2
1993 29 0 3 0 3 0 35 0
1994 33 3 3 2 4 1 40 6
1995 43 5 - 2 1 45 6
1996 24 5 14 4 1 0 39 9
1997 5 9 0 0 0 2 0 11 0
1998 32 3 0 0 1 0 33 3
1999 横浜FM J1 27 3 6 0 3 0 36 3
2000 30 2 6 2 3 2 39 6
2001 21 1 5 0 0 0 26 1
2002 仙台 4 28 4 5 0 2 0 35 4
2003 20 0 5 0 1 0 26 0
2004 広島 3 25 3 5 1 1 0 31 4
2005 33 0 5 0 2 0 40 0
2006 9 0 1 0 - 10 0
横浜FC 30 J2 15 1 - 0 0 15 1
2007 J1 18 0 1 0 2 0 21 0
2008 鳥取 JFL 17 0 - 0 0 17 0
通算 日本 J1 381 29 60 10 31 5 472 44
日本 J2 15 1 - 0 0 15 1
日本 JFL 17 0 - 0 0 17 0
総通算 413 30 60 10 31 5 504 45

その他の公式戦

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 30試合 4得点(1995年 - 2002年)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
1995 4 0
1996 12 2
1997 10 2
1998 4 0
2002 0 0
通算 30 4

関連項目[編集]

指導者経歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2013 鳥取 J2 20位 28 26 5 11 12 - -

解任時点の成績。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]