田中佑昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
田中 佑昌 Football pictogram.svg
名前
愛称 ユースケ
カタカナ タナカ ユウスケ
ラテン文字 TANAKA Yusuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-02-03) 1986年2月3日(30歳)
出身地 福岡県八女市
身長 176cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 ヴァンフォーレ甲府
ポジション MF
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2011 アビスパ福岡 263 (37)
2012-2015 ジェフユナイテッド市原・千葉 121 (19)
2016- ヴァンフォーレ甲府 34 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年11月3日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

田中 佑昌(たなか ゆうすけ、1986年2月3日 - )は、福岡県八女市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

本来はFWでの入団だったが、右サイドハーフにもコンバートされ、現在の主なポジションになっている アビスパ時代から俊足を活かしたスピードに乗ったドリブル、身体能力の高さ、フィジカルの強さが武器[1]

アビスパユースからトップチームに昇格すると、いきなり主力として活躍。2004年のルーキーシーズンはJ2第5節の横浜FC戦で初出場・初先発。その年の8月11日、ホームでの湘南ベルマーレ戦でプロ初ゴールを挙げた。この年は結局得点は湘南戦での1ゴールだったが、28試合に出場した。

2005年シーズンも主にFWとしての起用で、途中加入のFWグラウシオと抜群のコンビネーションを見せた。 自身も33試合7得点でアビスパのJ1昇格に大きく貢献した。 06年もJ1での出場機会が多く、主力として完全に定着し、安定した活躍が認められた2007年に背番号を11に変更。 2009年にはJ2で40試合10得点をマークした。 福岡ユース出身選手で初のリーグ戦二桁得点を挙げる活躍を見せた。

アビスパ在籍中に2度のJ1昇格を経験。 J1での2シーズンの通算成績は主にサイドハーフでの出場で54試合3得点。

アビスパの主力として存在感を充分に示し、活躍していたが、2011年オフに右サイドの補強を急務としていたJ1サンフレッチェ広島など、J1・J2の複数クラブからのオファーがあった中、J2のジェフユナイテッド市原・千葉への完全移籍を選択した。

移籍先のジェフでは主にサイドハーフでの起用が多かった。前述の最大の武器である俊足を活かしたドリブル、裏への飛び出し、ペナルティエリア内でのシュート能力も向上した。 また持ち味のフィジカルの強さで守備にも積極的に参加した。

ジェフに在籍した4シーズンの通算成績は171試合に出場、19得点。

2015年オフ、契約満了の為千葉を退団[2]。12月25日にJ1のヴァンフォーレ甲府への移籍が決定。

エピソード[編集]

趣味はゴルフ。

  • 実家で飼っているネコの名前が「リティ」であり、奇しくも2007シーズンから2008シーズン途中まで自身の指揮官かつ、所属クラブのレジェンドのピエール・リトバルスキーの愛称と同じものである。
  • 2012年5月13日、FC町田ゼルビア戦で3得点を記録し、ハットトリックを達成した。

試合中はポーカーフェイスでありながらも、時より熱い気持ちのこもったプレーを見せることで、一部のジェフサポーターからは『千葉で一番熱い男』と称された事もあった。

グラウンド内外でのチームメイトからの信頼・人望が厚く、若手選手には積極的にアドバイスを送っている。

アビスパ福岡入団からしばらくは髪型はミディアムヘアだったが、2007年頃から長髪にし、後ろで髪を結ぶスタイルを今でも続けている。

好きなサッカー選手はケンペス。以前はドログバと公言していた。

福岡時代、福岡の試合のテレビ中継で解説を務めた元日本代表の永島昭浩は「なぜアビスパには外国籍選手が4人いるんだ?」と語った。これは田中本人が肌が地黒で長髪スタイルだったので永島が勘違いしたものだった。 地黒、長髪の風貌からか、他チームのサポーターなどから度々外国籍選手と間違われている。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2004 福岡 32 J2 28 1 - 1 1 29 2
2005 27 33 7 - 0 0 33 7
2006 J1 22 2 1 0 2 0 25 2
2007 11 J2 46 5 - 2 0 48 5
2008 39 7 - 1 0 40 7
2009 40 10 - 2 0 42 10
2010 23 5 - 3 1 26 6
2011 J1 32 1 1 0 2 0 35 1
2012 千葉 19 J2 34 8 - 1 0 35 8
2013 6 37 9 - 1 0 38 9
2014 22 0 - 1 0 23 0
2015 28 1 - 2 0 30 1
2016 甲府 14 J1 34 5 4 0 1 0 39 5
2017
通算 日本 J1 88 8 7 0 5 0 99 8
日本 J2 330 53 - 14 2 344 55
総通算 418 61 7 0 19 2 443 63

その他の公式戦

出場歴[編集]

タイトル[編集]

個人
  • Jリーグフェアプレー個人賞:1回(2016年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]