山根視来

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
山根 視来 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヤマネ ミキ
ラテン文字 YAMANE Miki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1993-12-22) 1993年12月22日(27歳)
出身地 神奈川県横浜市
身長 178cm
体重 72kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション DF
背番号 13
利き足 右足
ユース
1998-2003 あざみ野F.C.
2004-2005 東京ヴェルディ1969ジュニア
2006-2008 東京ヴェルディJrユース
2009-2011 ウィザス高校
2012-2015 桐蔭横浜大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2016-2019 湘南ベルマーレ 100 (3)
2020- 川崎フロンターレ 38 (4)
代表歴2
2021-  日本 4 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2021年3月25日現在。
2. 2021年6月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

山根 視来(やまね みき、1993年12月22日 - )は、神奈川県横浜市出身のプロサッカー選手Jリーグ川崎フロンターレ所属。ポジションはディフェンダー日本代表

来歴[編集]

クラブ[編集]

父と兄の影響で5歳の時にあざみ野F.C.に加入し、小学校4年の時に東京ヴェルディの下部組織へ加入した[1]。同ユースチームへは昇格できず、ウィザス高校へ進学した[1]

高校2年の時、東日本大震災に見舞われ、学校が被災[2]。当時監督だった大石篤人の指示で[1]、実家の近隣にある桐蔭横浜大学に練習場所を一時移した[2]。この時の縁がきっかけとなり、同大学に進学し、主力として4年間活躍した[1]

2016年より、湘南ベルマーレへ加入[3]。1年目は負傷の影響もあり、リーグ戦では出場機会は無かった。2017年の開幕戦・水戸ホーリーホック戦では「3-4-3」の右CBに抜擢されてリーグ戦デビューを果たした。

2018年4月7日の第6節鹿島アントラーズ戦ではプロ入り初得点をマークし、勝利に貢献した[4]

2020年より、川崎フロンターレに完全移籍[5]。7月26日、第7節の湘南ベルマーレ戦で古巣相手に得点した[6]。 シーズン当初から右サイドバックのポジションを確保すると、自身のプレースタイルを遺憾無く発揮し、自身最多得点となる4得点をマークした。シーズン通して安定した活躍が認められ、自身初となるJリーグベストイレブンに選出された。

代表[編集]

2021年3月18日韓国代表との国際親善試合およびFIFAワールドカップ2022カタールアジア2次予選AFCアジアカップ中国2023予選モンゴル代表戦のメンバーとして日本代表に初選出[7]。3月25日、国際親善試合の韓国代表との試合で代表デビューし、代表初ゴールも決めた。

プレースタイル[編集]

大学までは攻撃的なポジションで活躍したが、2017年、当時の湘南の曺貴裁監督によって3バックの右にコンバート。本来備わっていたドリブル技術を武器に、積極的な攻撃参加で攻撃に厚みをもたらす。2020年に移籍した川崎では右サイドバックを務める。運動量が豊富で球際にも強い。最終ラインからドリブルで飛び出していけることはもちろん、タッチライン際だけでなくハーフスペースも積極的に狙える。思い切りの良さが魅力で、密集地帯でのボール扱いも苦にしない[8][9]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2013 桐蔭横浜大 11 - - - 1 0 1 0
2015 7 - - 2 1 2 1
2016 湘南 13 J1 0 0 2 0 2 0 4 0
2017 J2 37 0 - 2 0 39 0
2018 J1 32 1 8 0 0 0 40 1
2019 31 2 3 0 0 0 34 2
2020 川崎 31 4 5 0 2 0 38 4
2021
通算 日本 J1 94 7 18 0 4 0 116 7
日本 J2 37 0 - 2 0 39 0
日本 - - 3 1 3 1
総通算 131 7 18 0 9 1 158 8
出場歴

タイトル[編集]

タイトル[編集]

湘南ベルマーレ
川崎フロンターレ

個人[編集]

代表歴[編集]

  • 国際Aマッチ初出場 - 2021年3月25日 - 国際親善試合 vs韓国代表横浜国際総合競技場
  • 国際Aマッチ初得点 - 2021年3月25日 - 国際親善試合 vs韓国代表(横浜国際総合競技場)

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 4試合 1得点(2021年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2021 4 1
通算 4 1

出場[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 結果 大会
1. 2021年3月25日 日本の旗横浜 横浜国際総合競技場 大韓民国の旗 韓国 ○3-0[10] 国際親善試合

ゴール[編集]

No. 開催日 開催都市 スタジアム 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2021年3月25日 日本の旗横浜 横浜国際総合競技場 大韓民国の旗 韓国 ○3-0 国際親善試合

脚注[編集]

  1. ^ a b c d “この春、桐蔭横浜大学からサッカーJ1の湘南ベルマーレに入団した 山根 視来(みき)さん”. タウンニュース. (2016年3月17日). http://www.townnews.co.jp/0101/2016/03/17/324553.html 2017年2月6日閲覧。 
  2. ^ a b “<首都スポ>山根「逆襲だ」 関東大学サッカー桐蔭横浜大”. 中日スポーツ. (2014年5月14日). オリジナルの2014年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140515184633/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/sports/news/CK2014051402000165.html 2017年2月6日閲覧。 
  3. ^ “桐蔭横浜大学 山根視来選手 2016シーズン加入内定のお知らせ” (プレスリリース), 湘南ベルマーレ, (2015年12月27日), http://www.bellmare.co.jp/137708 2017年2月6日閲覧。 
  4. ^ ラストプレーの“サヨナラ弾”!!湘南がDF山根のプロ初得点で鹿島を下す ゲキサカ(2018年4月7日)2018年4月7日閲覧。
  5. ^ “山根視来選手加入のお知らせ” (プレスリリース), 川崎フロンターレ, (2019年12月25日), https://www.frontale.co.jp/info/2019/1225_5.html 2019年12月25日閲覧。 
  6. ^ 「変化を見せたかった」川崎F山根視来が古巣湘南に恩返し弾 ゲキサカ(2020年7月26日)2020年8月1日閲覧。
  7. ^ SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー 国際親善試合韓国代表戦(3/25 神奈川/日産スタジアム)FIFAワールドカップ2022カタールアジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選モンゴル代表戦(3/30 千葉/フクダ電子アリーナ)” (日本語). JFA|公益財団法人日本サッカー協会. 2021年3月18日閲覧。
  8. ^ 日本代表デビュー! 山根視来ってどんな選手? DFなのにドリブラー、酒井宏樹らと異なるプレースタイル”. 2021年3月29日閲覧。
  9. ^ 山根視来は唯一無二の武器を持っている。日本代表デビュー戦で初得点、ハイブリッドで新しいサイドバック像とは…”. 2021年3月29日閲覧。
  10. ^ 国際親善試合 スタメン/試合結果” (日本語). JFA|公益財団法人日本サッカー協会. 2021年4月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]